5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ニコニコマイリストランキング工作認定スレ part9

1 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 05:00:45 ID:1DBhxjNh0
☆マイリスト不正工作をする作者を認定するスレです。
☆次スレは>>950が立てること。

前スレ
ニコニコマイリストランキング工作認定スレ part8
http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/streaming/1249539835/

工作監視に役立つサイト
ニコニコチャート:推移ツール
http://www.nicochart.jp/daily/chart
Nearch - 動画情報収集&検索サイト
http://www.nearch.jp/
ニコ解 アワラン(マイリスト)のリスト
http://nicokai.lopple.net/rankings/hourly/
ニコニコ動画ランキング分析
http://toturev.sakura.ne.jp/nico/index.htm
ニコニコファーム:工作チェック
http://nico.xii.jp/fake/
ニコニコマイリストランキング工作認定wiki
http://www39.atwiki.jp/kousakunintei/

2 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 05:01:26 ID:1DBhxjNh0
■常時監視作者(認定スレの英雄達)
・あんかけ→AN-ANに改名【ガチムチ→萌えアニメ】(批判コメ即消し+フィルター+粘着工作)
http://www.nicovideo.jp/mylist/13054131
http://www.nicovideo.jp/mylist/13054128
http://d.hatena.ne.jp/ankake/
http://twitter.com/ankake1

・ふぃん。【とらドラ・けいおん・作業用BGM】(スレ荒らし+不自然なマイリス初動+粘着工作)
http://www.nicovideo.jp/mylist/10897856
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3980489

・はせな【エア本など主に病的内容】(工作自白)
http://www.nicovideo.jp/mylist/10000721
http://www.nicovideo.jp/mylist/9999909

・マナヅル3【36秒シリーズなどのサンドキャニオン系統】(不自然なマイリス変動)
http://manaduru3.blog24.fc2.com/
http://www.nicovideo.jp/mylist/7947513
http://www.nicovideo.jp/mylist/11987920

・くぎゅううう 【釘宮ガチムチけいおんなど】(不自然なマイリス増加+粘着工作)
http://www.nicovideo.jp/mylist/7411522
http://www.nicovideo.jp/mylist/8149127
http://twitter.com/kugyuuu

・BRICK 【初代ハンマーの人ハンマー系は大体こいつ】 (不自然なマイリス増加)
http://www.nicovideo.jp/mylist/11111110
http://www.nicovideo.jp/mylist/11754005
http://twitter.com/BRICK8

・神速かのん(かのたん・リア充)【・・・おまえだれ?】 (不自然なマイリス増加+スレ荒らしをtwitterで告白)
http://www.nicovideo.jp/mylist/3334730
http://twitter.com/kanon_ayuayu
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4345136

・りーふ【ハルヒ けいおんなどはやりもの】 (不自然なマイリス増加+粘着工作)
http://www.nicovideo.jp/mylist/9999999
http://www.nicovideo.jp/mylist/8888888
http://www.nicovideo.jp/mylist/11316857
http://dmleaf.blog55.fc2.com/

・iksody【ガチムチ中心(ガチムチ以外は別マイリス)】(性的チルノ釣り+不自然なマイリス変動)
http://www.nicovideo.jp/mylist/8512628
http://www.nicovideo.jp/mylist/9918102


・tinatina【ガチムチ・なのは・京アニ】(低クオリティ作品多数なのに毎時入り+フィルター)
http://www.nicovideo.jp/mylist/4904800

・MS【バイオ・エア本など】(不自然なマイリス初動・変動+粘着工作)
http://www.nicovideo.jp/mylist/8180214
http://www.nicovideo.jp/mylist/7144678

・lucky【京アニ・禁書・合唱など】(不自然なマイリス初動+粘着工作)
http://www.nicovideo.jp/mylist/3250526

3 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 05:02:22 ID:1DBhxjNh0
・ran422【らきすたなど流行りもの】(粘着工作+スレ監視+痛い人)
http://www.nicovideo.jp/mylist/1936290
http://twitter.com/ran422
http://blog.livedoor.jp/ran422/

・tatsu【CLANNADなど流行りもの】
(投稿動画全部粘着工作+平日朝から毎日工作+リアルニート)
http://www.nicovideo.jp/mylist/13768171
http://ameblo.jp/tatsunicomad/
http://twitter.com/tatsu910

・taka-to【デスノ】(工作+コメ消し+過去に痛い発言多数)
http://www.nicovideo.jp/mylist/4865784
http://twitter.com/taka_to
http://ameblo.jp/taka-to/
mixi→id=19460025

4 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 05:03:25 ID:1DBhxjNh0
認定スレ三神

あんかけ=あんあん=ぷりん大使=AN-AN
再生1で工作かました神
http://www.nicovideo.jp/mylist/12350001

ふぃん
認定スレ荒らして掘られた神
http://www.nicovideo.jp/mylist/10897856

はせな
合作で他人も巻き込んで自爆した神
http://www.nicovideo.jp/mylist/10000721


認定スレ期待の工作作者

tatsu
平日朝から毎日粘着工作+もっと評価されるべきと自演コメント+リアルニート
http://www.nicovideo.jp/mylist/13768171

5 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 05:04:26 ID:rkVCA+8f0
>>1
乙んぽ

6 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 05:04:40 ID:1DBhxjNh0
898 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/08/04(火) 16:58:55 ID:TlJF+lIC0

tatsuの投稿動画全部工作ってどういうことなの・・・
手口も初動から毎時復帰、粘着とひどすぎる
これ完全に三神レベルだろ

ネイティブロバート【松岡修造】
http://nicokai.lopple.net/movies/view/sm7138474
Desk No Goose【おめーの席×SnowGoose】
http://nicokai.lopple.net/movies/view/sm7101455
【CLANNAD】あぁん!先進国古河パン【画質修正】
http://nicokai.lopple.net/movies/view/sm7072857
69位 *10pt. ~[+10] 59% 恭介のパーフェクト(21)(21)教室
http://nicokai.lopple.net/rankings/hourly/20090416110000
【CLANNAD】SAICO ZONE【RED ZONE】
http://nicokai.lopple.net/movies/view/sm6252739
63位 *11pt. ~[+11] 工作 H.K.B.芸人たちは今何をしているのか?最終鬼畜ブレイク・G【手描き】
http://nicokai.lopple.net/rankings/hourly/20090423090000
【けいおん!】桜高軽音前線
http://nicokai.lopple.net/movies/view/sm6950424
【音ゲーMAD】ROBART ZONE【松岡修造】
http://nicokai.lopple.net/movies/view/sm7163135
97位 *20pt. ~[+20] 40% 決戦のきもちわるい【みなみけ×FF6】
http://nicokai.lopple.net/rankings/hourly/20090619220000
92位 *12pt. ~[+12] 工作 二重のキワミィ64【キワミスター】
http://nicokai.lopple.net/rankings/hourly/20090624090000
28位 *51pt. ~[+51] 37% K-ON! WORLD
http://nicokai.lopple.net/rankings/hourly/20090704130000
14pt. ~[+14] 32% テイルズキャニオン【デスティニー】
http://nicokai.lopple.net/rankings/hourly/20090719090000
【動画版】運命先進国テイルズオブ
http://nicokai.lopple.net/movies/view/sm7681800
テイルズオブエキサイティンッ!!
http://nicokai.lopple.net/movies/view/sm7733137
42位 *38pt. ~[+38] 80% エンジェル・ゲーム【東方天使羽】
http://nicokai.lopple.net/rankings/hourly/20090726100000
http://nicokai.lopple.net/movies/view/sm7743166

【CLANNAD】おっぱいっていいな【にんげんっていいな】
http://nicokai.lopple.net/movies/view/sm7034840
【動画版】犯☆THE☆銀河のパーフェクト最高教室【CLAMMAD】
http://nicokai.lopple.net/movies/view/sm6193870
岡崎のパーフェクト最高教室
http://nicokai.lopple.net/movies/view/sm6272097

7 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 05:05:28 ID:1DBhxjNh0
944 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/08/06(木) 05:45:11 ID:AW8Faft00
tatsuの自演コメ
http://nico.xii.jp/comment/?url=sm6183147&user_id=9I1E3yFaH9C4yosZ66EUHBVRawk
http://nico.xii.jp/comment/?url=sm6252739&user_id=25YUp6Hx5M3a8yWlxvdnn1tSa4s
http://nico.xii.jp/comment/?url=sm6499494&user_id=x15G0xCT3lDq826ZvCXbCXDPTeA
http://nico.xii.jp/comment/?url=sm7530501&user_id=kINb_O_Gk2nwDOFAyGiaTSiF_Kg
http://nico.xii.jp/comment/?url=sm6272432&user_id=rt9yoc33moLoqakjaatbDYf4caQ

00:03 02/17 20:10:53 9I1E3y 1
3 00:08 02/17 20:22:55 9I1E3y [↓] !?
5 02:49 02/17 20:25:49 9I1E3y [↓] wwwww
16 00:03 02/17 20:37:11 9I1E3y ループwwwww
21 01:46 02/17 20:39:07 9I1E3y おめでとう
27 00:20 02/17 20:43:52 9I1E3y 捨てんなwwww
30 00:03 02/17 20:56:41 9I1E3y ループwwww
32 01:05 02/17 20:57:46 9I1E3y アッキーww
35 00:08 02/17 21:11:38 9I1E3y 便利カバーwwww
36 01:46 02/17 21:13:13 9I1E3y おめでとう
92 00:08 02/18 07:33:31 9I1E3y 便座カバーwww
93 01:55 02/18 07:35:22 9I1E3y だんまくww
94 02:26 02/18 16:44:59 9I1E3y バイwwww
95 00:04 02/18 17:54:51 9I1E3y ww
96 00:29 02/18 18:53:31 9I1E3y もっと評価されるべき
97 02:06 02/18 18:55:18 9I1E3y これはのびる
98 00:08 02/18 20:21:21 9I1E3y ww

8 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 07:01:02 ID:QSASVKIf0
認定スレ四天王

まんてん【自演工作自白+初動・粘着工作常習。修造工作員】
http://www.nicovideo.jp/mylist/10529281

自動販売機の中の人【工作ばれてスレ荒らし。初動・粘着工作常習。】
http://www.nicovideo.jp/mylist/1760163
http://www.nicovideo.jp/mylist/11701170
http://www.nicovideo.jp/mylist/11700117

qwerty【初動・粘着工作常習。元ガチムチ工作員】
http://www.nicovideo.jp/mylist/1367681

( ^ω^)【合唱】(マイリス率100%超え。マイリス率は常に20%以上。粘着工作)
http://www.nicovideo.jp/mylist/7448797

9 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 08:39:21 ID:m0XDWHOE0
ミサカオドルはluckyじゃなくてフィル
http://zoome.jp/nutville/diary/7

別人のふりしてこそこそ上げた意図がわからなすぎる

10 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 13:20:06 ID:TyrBg1hD0
2009-08-29 01:00:00
38位 *40pt. ~[+40] 工作 ◆ReMix◇ 天樂:にゃーん ◇してみた◆ 3日前
60位 *29pt. ~[+29] 工作 とりあえず合体。 21日前

2009-08-29 02:00:00
02位 460pt. [+351] 35% 【初音ミク】LOL -lots of laugh-【オリジナル】 5日前
03位 124pt. [+102] 48% 【総合16位に転落】ニコニコ動画でレベルage【支援大歓迎】 571日前
06位 *94pt. ~[+94] 工作 Korpiklaani - Wooden Pints 908日前
24位 *40pt. ~~[+0] 工作 ◆ReMix◇ 天樂:にゃーん ◇してみた◆ 3日前
31位 *33pt. ~[+33] 44% 夢桜歌ってみた【柿チョコ×バルシェ】 1日前
37位 *33pt. ~[+33] 56% 【ライオン替え歌】 ヤオイン 【バ行の腐女子】 322日前

2009-08-29 03:00:00
01位 492pt. ~[+32] 59% 【初音ミク】LOL -lots of laugh-【オリジナル】 5日前
05位 *80pt. ~[-44] 35% 【総合16位に転落】ニコニコ動画でレベルage【支援大歓迎】 571日前
08位 *44pt. ~~[+4] 69% ◆ReMix◇ 天樂:にゃーん ◇してみた◆ 3日前

2009-08-29 05:00:00
09位 *26pt. ~[+26] 69% 創価学会から日本奪還!ミラー 472日前
29位 *12pt. ~[+12] 39% 修羅場トリオで恋はあせらずてってってー【You can't hurry love】 1日前
54位 **7pt. ~~[+7] 78% 【ZUTTO -for a long time-】歌わせて頂いた byRill(りる ・w・* 1日前
55位 **7pt. ~~[+7] 50% 【K○】オ・ト・メ・ゴ・コ・ロ【歌ってみた】 1日前
80位 **5pt. ~~[+5] 56% 【KAITO】てんとう虫のフリーダムサンバ【2匹】 1日前
84位 **5pt. ~~[+5] 36% 柴田らの攻撃性 まとめ 1日前
94位 **5pt. ~~[+5] 63% 【MAD】CLANNAD 〜AFTER SCAPE〜 「朋也の物語」 8日前

2009-08-29 07:00:00
08位 *43pt. ~[+43] 100% 創価学会から日本奪還!ミラー 472日前
94位 **6pt. ~~[+6] 40% アイドルマスター 「おーぃ!車屋さん (Holy Night Live!!)」 真 春香 雪歩 206日前

2009-08-29 08:00:00
06位 *55pt. ~[+12] 59% 創価学会から日本奪還!ミラー 472日前
80位 **8pt. ~~[+8] 工作 【初音ミク】 カクテルカラー 【オリジナル】 3日前
92位 **7pt. ~~[+7] 工作 Boku-Boku .β 歌って(み)た【初音ミクオリジナル】 4日前
94位 **6pt. ~~[+6] 60% 「SPiCa」を歌ってみた【わたあめ】 1日前
95位 **6pt. ~~[+6] 38% ドラクエ8 すばらしき寄り道だらけの旅62(クリア後) 1日前

2009-08-29 09:00:00
17位 *41pt. ~[-14] 46% 創価学会から日本奪還!ミラー 472日前
55位 *17pt. ~[+17] 工作 【東方自作アレンジ】Bad Apple!! 2日前
60位 *16pt. ~[+16] 54% 【東方手書き】いとなみ寓話【六者六様】 1日前
71位 *13pt. ~[+13] 52% 【幽霊楽団】 Fantastic Prhythm Show 【東方ボーカルアレンジ】その5 1日前
77位 *12pt. ~[+12] 58% 【東方幻想麻雀】ゆっくり麻雀 6回目【初プレイ】 1日前

2009-08-29 10:00:00
57位 *21pt. ~[+21] 47% 【替え歌】U.I.ミンスは売国なのか? Sweets Money Midnight 1日前
81位 *16pt. ~[+16] 工作 【よっぺい】 チルノとよっぺいのタミフル教室 【MAD】 1日前
82位 *16pt. ~[+16] 54% ショルキー(AX-Synth)で「ナイト・オブ・ナイツ」を演奏してみた 1日前
88位 *15pt. ~[+15] 32% Project TRI『僕と少女と宇宙船』第1話「発進」【後編】 2日前
92位 *15pt. ~[+15] 工作 とある魁精が幻想入り 4話(前編) 1日前
95位 *13pt. ~[+13] 38% アイドルマスター 真 「Halo」 1日前

11 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 13:24:37 ID:TyrBg1hD0
2009-08-29 13:00:00
29位 *47pt. ~[+47] 48% 【NoNoWire09】アイドルマスター cosmic dream 真ソロ【真誕生祭】 1日前
49位 *32pt. ~[+32] 工作 【パチンコ】CRF創聖のアクエリオンSF-TV 目指せ河森監督!その69 1日前
73位 *22pt. ~[+22] 48% 【替え歌物真似】from 麻生Y to Y太郎 in中川昭一【らっこフェスティバル】 1日前

2009-08-29 14:00:00
21位 *52pt. ~[+52] 工作 capsule Piano MiX 2 3日前
30位 *42pt. ~~[-5] 44% 【NoNoWire09】アイドルマスター cosmic dream 真ソロ【真誕生祭】 1日前

2009-08-29 16:00:00
63位 *21pt. ~[+21] 33% 【替え歌物真似】from 麻生Y to Y太郎 in中川昭一【らっこフェスティバル】 1日前

2009-08-29 17:00:00
60位 *24pt. ~[+24] 71% ややピュアな俺がドリームクラブ実況 その1 2日前
66位 *23pt. ~[+23] 工作 Oasis - Live Forever (LIVE) 655日前
77位 *19pt. ~[+19] 工作 【実況】 8月32日 23時間前

2009-08-29 18:00:00
48位 *30pt. ~[+30] 工作 遥も葵もクルミもみんな可愛すぎるので5分間ひたすらループしてみた 22時間前
55位 *28pt. ~[+28] 工作 バタフライを歌ってみたbyKevin 21時間前
83位 *19pt. ~[+19] 53% メタ・タピオカパン 22時間前

2009-08-29 19:00:00
16位 *71pt. ~[+43] 49% バタフライを歌ってみたbyKevin 21時間前
65位 *26pt. ~[+26] 93% 【Prism】炉心融解ver.下田麻美 7日前

2009-08-29 21:00:00
26位 *64pt. ~[+64] 32% 和気藹々とごっちゃに!を歌ってしまった。Ver.ASK 16時間前

2009-08-29 22:00:00
24位 *62pt. ~[+62] 工作 ゆとりの俺がポケモンファイアレッドを30回目の実況(更新報告所) 75日前

12 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 13:31:25 ID:TyrBg1hD0
2009-08-30 00:00:00
47位 *44pt. ~[+44] 工作 【パチンコ】CRF創聖のアクエリオンSF-TV その8@本気のあの御方 50日前
78位 *29pt. ~[+29] 32% 【初音ミク】スネ夫が自慢話をするときに流れている曲【歌詞つき】 15時間前

2009-08-30 01:00:00
59位 *28pt. ~[+28] 工作 【パチンコ】CRF創聖のアクエリオンSF-TV 目指せ河森監督!その70 13時間前

2009-08-30 03:00:00
04位 *58pt. ~[+58] 64% 【PV】初音ミクさんが歌う【鳩山由起夫の消失】 1日前
08位 *44pt. ~[+44] 71% 【替え歌物真似】from 麻生Y to Y太郎 in中川昭一【らっこフェスティバル】 1日前

2009-08-30 05:00:00
01位 158pt. [+158] 工作 世にも奇妙なモノ♂語り 第二話「暑いのう、ヤス」 8時間前
35位 *13pt. ~[+13] 69% 【MAD】銀/魂−紅桜篇×コバルトブルー 1日前
71位 **7pt. ~~[+7] 35% 【アコギ】 爽やかな気分になれるBGM集 【作業用】 8時間前
73位 **7pt. ~~[+7] 32% 【TV HIKYOアニメ】『卑怯戦隊うろたんだー』【第一話〜第十四話】 10時間前
80位 **7pt. ~~[+7] 工作 [20コメで]トルネコの大冒険を一発でクリアしたろうと思う〜part0〜[継続] 2日前

2009-08-30 07:00:00
04位 *84pt. ~[+84] 72% 【総合16位に転落】ニコニコ動画でレベルage【支援大歓迎】 571日前
17位 *27pt. ~[+27] 41% 【MAD】銀/魂−紅桜篇×コバルトブルー 1日前
70位 **7pt. ~~[+7] 42% 【初音ミク】 SPACE SHIP 【オリジナルPV】 7時間前
81位 **6pt. ~~[+6] 40% 【アコギ】 爽やかな気分になれるBGM集 【作業用】 8時間前

2009-08-30 08:00:00
01位 117pt. ~[+91] 53% 【PV】初音ミクさんが歌う【鳩山由起夫の消失】 1日前
60位 *11pt. ~[+11] 58% Project TRI『僕と少女と宇宙船』第1話「発進」【前編】 2日前
76位 **9pt. ~~[+9] 工作 【僕と少女と宇宙船ED曲】シュレディンガーの猫【オリジナル】 14日前
81位 **8pt. ~~[+8] 54% Project TRI『僕と少女と宇宙船』第1話「発進」【後編】 2日前

2009-08-30 09:00:00
13位 *54pt. ~[+32] 30% 初音ミク オリジナル曲 「裏表ラバーズ」 7時間前
39位 *25pt. ~[+25] 工作 【MAD】 CLANNAD クラナド - Θ月Θカゞ<るなら (渚ver.) 5時間前
51位 *16pt. ~[+16] 32% 東方の小悪魔が主人公のゲーム作ってみる その10 18時間前
52位 *16pt. ~[+16] 44% 【東方手書き劇場】映姫様が病気 season2 22時間前
56位 *16pt. ~[+16] 62% スネ夫が激しく踊る時にかかる曲とナイツを合わせてみた(フル) 23時間前
58位 *15pt. ~[+15] 43% 3人用【 ニコニコオールスター】 1日前
65位 *15pt. ~[+15] 43% 東方紅魔郷から地霊殿までのZUN絵まとめ 22時間前
72位 *13pt. ~[+13] 52% 【東方手書き】 紅魔郷 19時間前
75位 *12pt. ~[+12] 工作 セリカに練乳 14時間前
80位 *12pt. ~[+12] 工作 【8月29日は】迷走Mind踊ってみた【真の誕生日】 1日前
96位 *10pt. ~[+10] 32% アイドルマスター 今夜はまこまこナイト!2nd NIGHT 15時間前

2009-08-30 10:00:00
14位 *60pt. ~[+60] 工作 つるぺったん Full ver. 860日前
15位 *58pt. ~[+58] 工作 アイドルマスター KOTOKO Princess Bride! 841日前
33位 *37pt. ~[+37] 36% 【総合16位に転落】ニコニコ動画でレベルage【支援大歓迎】 571日前
50位 *24pt. ~[+24] 工作 【アッー!】イサキはとれたの?を朗読してみた【ガチホモ】 135日前
56位 *22pt. ~[+22] 52% らんま1/2熱闘編 セクシーシーン集 6日前

2009-08-30 11:00:00
25位 *62pt. ~[+25] 33% 【総合16位に転落】ニコニコ動画でレベルage【支援大歓迎】 571日前
91位 *18pt. ~[+18] 工作 [POB] パンツ・オブ・ブラザース 6日前

13 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:29:36 ID:eW+1txEP0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


14 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:29:44 ID:XEkVvmxw0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


15 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:29:50 ID:Fk3ZJsZQ0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


16 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:29:58 ID:tGKhsF2F0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


17 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:30:05 ID:Na5lHiwa0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


18 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:30:13 ID:1rpdljSN0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


19 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:30:20 ID:pCSOKzT+0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


20 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:30:27 ID:jK/eKAv70
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


21 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:30:34 ID:7zCUthnk0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


22 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:30:41 ID:qe7z+BIm0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


23 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:30:48 ID:JBtlx3ME0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


24 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:30:54 ID:TNS0GQxD0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


25 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:31:01 ID:sMbk7plA0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


26 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:31:07 ID:3NUoZjha0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


27 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:31:13 ID:ZPlmrX+i0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


28 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:31:20 ID:2OkcSybs0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


29 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:31:26 ID:JdvrWFlp0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


30 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:31:32 ID:OBepfhXc0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


31 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:31:39 ID:ruCHZZlU0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


32 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:31:45 ID:wY4IU8yA0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


33 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:31:52 ID:keJLEFd60
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


34 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:31:58 ID:8yP2C9VR0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


35 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:32:05 ID:qDq8qJX+0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


36 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:34:11 ID:8tf60PTm0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




37 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:34:17 ID:ytF7DI3e0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




38 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:34:23 ID:6M6TlJx40
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




39 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:34:30 ID:MXHk59sU0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




40 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:34:39 ID:ujxUFoWI0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




41 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:34:45 ID:ZEpZ7jCS0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




42 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:34:51 ID:YXultzQ70
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




43 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:34:58 ID:VNIAxxs90
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




44 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:35:05 ID:DUKJ9ZMK0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




45 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:35:12 ID:sqcf1Kv10
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




46 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:35:19 ID:JFV/EBvw0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




47 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:35:25 ID:uwqQnntO0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




48 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:35:31 ID:5Luk/jHa0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




49 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:35:40 ID:dxvtdJHO0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




50 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:35:47 ID:xZTLUsFi0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




51 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:35:53 ID:KTpZ8Zrd0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




52 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:35:59 ID:DN+1I0ry0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




53 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:36:06 ID:7BawrcE60
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




54 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:36:13 ID:N1btqwZ20
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




55 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:36:19 ID:Us58YgL60
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




56 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:36:25 ID:su527h600
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




57 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:36:34 ID:udBTWoK+0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




58 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:36:41 ID:uht0RXwv0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




59 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:36:49 ID:xE5aiHKk0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




60 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:36:55 ID:jizIrhcx0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




61 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:37:03 ID:zZHXU4qc0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




62 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:37:11 ID:oOxcBJp+0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




63 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:37:18 ID:ivf6wh2C0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




64 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:37:39 ID:Cr9p6RC50
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




65 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:38:20 ID:FoVY4jSq0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




66 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:42:54 ID:xPzbmROO0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


67 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:44:26 ID:xPzbmROO0
autodelay=2000

68 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:44:51 ID:1QvP0jcP0
autodelay=2000

69 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:46:08 ID:YljT/fUb0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


70 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:46:49 ID:YljT/fUb0
DELAY=5000

71 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:47:13 ID:dzgyr7w90
DELAY=5000

72 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:48:05 ID:dzgyr7w90
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


73 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:49:27 ID:oo9tsVwK0
                  ,,               |      |
              , :':'":::::::"':: .、         /    { j
             ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /     |
            /.:::,: -ミ::::彡'''ヽ::::::::::',    ′     |
             }::/         ',:::::::::.    !      |
            l:! ,,,,....、 ,,,...,,  ,::::::::!   !      |
.              l| :ッ==:}  ッ=ミ  リ;':::′  l     |
             {    ノ       };′ / \    |
             ヽ   `__'^ :.    ノ  /   `'ー '"|
              '. <エエエフ   l{  /       |   シュー
              ヽ `¨¨  .;'  | ,:'           l
             , -rlヽ- -‐'/  l|丁ヽ        l
         _,. '"   |        /              l
.     x‐='´      ヽ      /        /⌒ll
      /           `¨¨¨¨ ´       /7  ,:ヘ
    l      l{                    / {_/ /┐
.     l      l|,          ;        /     ィ
      l  \   {        ;       {       }
     ,   ヾ  ∨       ;       ノ      /
     ′      \     ,'   |  /     /!
        ',        }    /    l /    /  |
        ',  , -‐¬ミll}   /  ,. '′   /    |
.       ∨      } _,.  '"     /      |
.        ',     ノ´        /          |


     ',  |  /                   ,,....,,... ,
 \   ',  |  /   /            , :'::::::::::::::::::::::`:. ,
   \     ヽ /            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
    ノ                      ':::/´ `゙゙"´ ゙'ヽ::::::::::':,
──ノ      (  ̄ ̄           l:,′        ':::::::::{
   )                    l:| ,,,..,,,、 ,,,...,,  }:::::,′
  /  _   / \                l| =rッ、}  ,rッy  l:::/!
/  /  | /⌒ / } \             ',   丿     ''"ノ
    /  |/   /ノ                   ',   ` '^:.    {'′
      〈   /                ヽ  r=、     ,        ゾウ!
      ,' \/                __':. `⌒′ ;  ',、
     ,'   l          ,.  ''" ̄   | ヽ二.. /    }`  、
     ,'   !       ,  '′        |        /    ` 、
    ,′  l      /            |       /         `  、
    ,′   l  _,. -‐'′             \__,,. '′           \
   ,     |''" ヽ        l                              \
        ノ    ∨         l                             \
   |             ',    ,、 '"∨                                  \
   |          },.  '′   |                       l        ヽ
   |     _, -‐ ''"         |                         |、     ,. '" \
   `¨¨¨¨´              |                      | \  /      ヽ


74 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 15:01:25 ID:tMDjOFAw0
定期的にくるNE!

75 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 15:14:51 ID:sQl6Nu+00
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない












76 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 15:15:02 ID:6eKdViVJ0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない












77 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 15:15:11 ID:LlNS/KSC0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない












78 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 15:15:25 ID:R1D+uRvB0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




79 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 15:15:35 ID:0650mpCo0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




80 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 15:15:42 ID:cpoKNUSy0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




81 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 15:15:50 ID:mJ1JworS0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない




82 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 15:18:40 ID:shmnA1kc0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

83 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 15:20:20 ID:dFMhIKw40
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない


84 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 15:22:00 ID:+FAswQL/0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

85 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 15:36:18 ID:u0fFkEjM0
2009-08-30 00:00:00
47位 *44pt. ~[+44] 工作 【パチンコ】CRF創聖のアクエリオンSF-TV その8@本気のあの御方 50日前
78位 *29pt. ~[+29] 32% 【初音ミク】スネ夫が自慢話をするときに流れている曲【歌詞つき】 15時間前

2009-08-30 01:00:00
59位 *28pt. ~[+28] 工作 【パチンコ】CRF創聖のアクエリオンSF-TV 目指せ河森監督!その70 13時間前

2009-08-30 03:00:00
04位 *58pt. ~[+58] 64% 【PV】初音ミクさんが歌う【鳩山由起夫の消失】 1日前
08位 *44pt. ~[+44] 71% 【替え歌物真似】from 麻生Y to Y太郎 in中川昭一【らっこフェスティバル】 1日前

2009-08-30 05:00:00
01位 158pt. [+158] 工作 世にも奇妙なモノ♂語り 第二話「暑いのう、ヤス」 8時間前
35位 *13pt. ~[+13] 69% 【MAD】銀/魂−紅桜篇×コバルトブルー 1日前
71位 **7pt. ~~[+7] 35% 【アコギ】 爽やかな気分になれるBGM集 【作業用】 8時間前
73位 **7pt. ~~[+7] 32% 【TV HIKYOアニメ】『卑怯戦隊うろたんだー』【第一話〜第十四話】 10時間前
80位 **7pt. ~~[+7] 工作 [20コメで]トルネコの大冒険を一発でクリアしたろうと思う〜part0〜[継続] 2日前

2009-08-30 07:00:00
04位 *84pt. ~[+84] 72% 【総合16位に転落】ニコニコ動画でレベルage【支援大歓迎】 571日前
17位 *27pt. ~[+27] 41% 【MAD】銀/魂−紅桜篇×コバルトブルー 1日前
70位 **7pt. ~~[+7] 42% 【初音ミク】 SPACE SHIP 【オリジナルPV】 7時間前
81位 **6pt. ~~[+6] 40% 【アコギ】 爽やかな気分になれるBGM集 【作業用】 8時間前

2009-08-30 08:00:00
01位 117pt. ~[+91] 53% 【PV】初音ミクさんが歌う【鳩山由起夫の消失】 1日前
60位 *11pt. ~[+11] 58% Project TRI『僕と少女と宇宙船』第1話「発進」【前編】 2日前
76位 **9pt. ~~[+9] 工作 【僕と少女と宇宙船ED曲】シュレディンガーの猫【オリジナル】 14日前
81位 **8pt. ~~[+8] 54% Project TRI『僕と少女と宇宙船』第1話「発進」【後編】 2日前

2009-08-30 09:00:00
13位 *54pt. ~[+32] 30% 初音ミク オリジナル曲 「裏表ラバーズ」 7時間前
39位 *25pt. ~[+25] 工作 【MAD】 CLANNAD クラナド - Θ月Θカゞ<るなら (渚ver.) 5時間前
51位 *16pt. ~[+16] 32% 東方の小悪魔が主人公のゲーム作ってみる その10 18時間前
52位 *16pt. ~[+16] 44% 【東方手書き劇場】映姫様が病気 season2 22時間前
56位 *16pt. ~[+16] 62% スネ夫が激しく踊る時にかかる曲とナイツを合わせてみた(フル) 23時間前
58位 *15pt. ~[+15] 43% 3人用【 ニコニコオールスター】 1日前
65位 *15pt. ~[+15] 43% 東方紅魔郷から地霊殿までのZUN絵まとめ 22時間前
72位 *13pt. ~[+13] 52% 【東方手書き】 紅魔郷 19時間前
75位 *12pt. ~[+12] 工作 セリカに練乳 14時間前
80位 *12pt. ~[+12] 工作 【8月29日は】迷走Mind踊ってみた【真の誕生日】 1日前
96位 *10pt. ~[+10] 32% アイドルマスター 今夜はまこまこナイト!2nd NIGHT 15時間前

2009-08-30 10:00:00
14位 *60pt. ~[+60] 工作 つるぺったん Full ver. 860日前
15位 *58pt. ~[+58] 工作 アイドルマスター KOTOKO Princess Bride! 841日前
33位 *37pt. ~[+37] 36% 【総合16位に転落】ニコニコ動画でレベルage【支援大歓迎】 571日前
50位 *24pt. ~[+24] 工作 【アッー!】イサキはとれたの?を朗読してみた【ガチホモ】 135日前
56位 *22pt. ~[+22] 52% らんま1/2熱闘編 セクシーシーン集 6日前

2009-08-30 11:00:00
25位 *62pt. ~[+25] 33% 【総合16位に転落】ニコニコ動画でレベルage【支援大歓迎】 571日前
91位 *18pt. ~[+18] 工作 [POB] パンツ・オブ・ブラザース 6日前

86 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 15:51:50 ID:sG0WVIti0
       _,,....-'´─-<::::::::`゙':.、
      ,:'´:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::\     
    /!::::_;;:: -──-- 、:;_::ヽ;:::::::::;>- 、 
   / ,rァ'´          `ヽ!:::ァ'    ,ハ 
   | '7   / ナト /!   ,ハ  i `O      |          
   ヽ|  ! / /' |__,/\ト /!  |     イ  ニタリ
    |__|,.イ rr=-,::::::::r=;ァ -ト、_ハ、     \
     /`|/,,         | |  \ ヽ   ヽ
      !/i、    'ー=-'   ,ハ/  ノ´`ヽ!   ノ  
     〈 ,ハ,>、       ''/ 八 (   | /
     ∨´\/!`>‐rァ / _//`ヽ)  レ'´
      ノノ´  |/!/レ'´レ'´ヽ‐-、´   (|

87 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 15:53:14 ID:nIVLgNzu0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない


88 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 15:54:01 ID:nIVLgNzu0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

89 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 15:56:44 ID:nIVLgNzu0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

90 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 15:58:58 ID:nIVLgNzu0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいな

91 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 18:11:46 ID:X/RNjkbY0
いいぞもっとやれwwwwww

92 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 19:01:11 ID:4TRYlTxu0
359 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[sage] 投稿日:2009/08/30(日) 15:36:36 ID:jgRH77JV0
>>351
隠さなきゃまずいことでも書かれたのか?
ひょっとしてこれ?


9 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[sage] 投稿日:2009/08/30(日) 08:39:21 ID:m0XDWHOE0
ミサカオドルはluckyじゃなくてフィル
http://zoome.jp/nutville/diary/7

別人のふりしてこそこそ上げた意図がわからなすぎる


368 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[sage] 投稿日:2009/08/30(日) 15:46:31 ID:dwPdwZRh0
>>359
そういえば一時期投稿者名がぷよぷよの時のluckyの別名義(AAA)になってたって情報あったな
ミスリードを見越して意図的にやったなら最悪だな


370 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[sage] 投稿日:2009/08/30(日) 15:48:11 ID:THyMvn9E0
>>368
luckyの別名義ってそうなのー?
それじゃあluckyが相当疑われたんじゃないの?
かわいそう

93 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 19:02:23 ID:bx0jMaOD0
sが以前このスレ煽ってたのー?

94 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 19:17:36 ID:Mu4PzjiR0
tatsuはスルーか

95 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 19:19:28 ID:D91TZGPB0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいな




96 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 19:28:25 ID:91IbZY870
速く報告したいから中途半端に諦めんなよ!

97 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/30(日) 20:21:42 ID:WxgAk2b70
フィルはミサカの工作がバレた時のために
わざわざluckyの別名義を使って自分から目をそらすつもりだったのかしら
らきすたの人達って…

98 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/30(日) 20:22:47 ID:bx0jMaOD0
ここで新人発掘するか

99 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/30(日) 21:25:20 ID:QSASVKIf0
認定スレ三神

あんかけ=あんあん=ぷりん大使=AN-AN
再生1で工作かました神
http://www.nicovideo.jp/mylist/12350001

ふぃん
認定スレ荒らして掘られた神
http://www.nicovideo.jp/mylist/10897856

はせな
合作で他人も巻き込んで自爆した神
http://www.nicovideo.jp/mylist/10000721


認定スレ期待の工作作者

tatsu
平日朝から毎日粘着工作+もっと評価されるべきと自演コメント+リアルニート
http://www.nicovideo.jp/mylist/13768171

100 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/30(日) 21:25:27 ID:sF2dwp740
AAAなんて適当に付けられる名前だろw
意図的にやったなら良くないが

101 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/30(日) 21:26:07 ID:QSASVKIf0
認定スレ四天王

まんてん【自演工作自白+初動・粘着工作常習。修造工作員】
http://www.nicovideo.jp/mylist/10529281

自動販売機の中の人【工作ばれてスレ荒らし。初動・粘着工作常習。】
http://www.nicovideo.jp/mylist/1760163
http://www.nicovideo.jp/mylist/11701170
http://www.nicovideo.jp/mylist/11700117

qwerty【初動・粘着工作常習。元ガチムチ工作員】
http://www.nicovideo.jp/mylist/1367681

( ^ω^)【合唱】(マイリス率100%超え。マイリス率は常に20%以上。粘着工作)
http://www.nicovideo.jp/mylist/7448797

102 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/30(日) 21:28:51 ID:bx0jMaOD0
ありがとー感謝!

103 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/30(日) 21:44:19 ID:LROjAU650
>>100
シンシア→シンバルP→AAA
リアルタイムで見てたけどスレでluckyの名前が出だしたらAAAに変わった
その前になんでころころ変えてたのか知らんが

104 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/30(日) 21:56:13 ID:rsqNQiR+0
>>101の唯一のソースがこれな

>427 :名無しさん@お腹いっぱい。 [sage]: 2009/08/16(日) 00:12:06 ID:ogBEXkmO0
>まんてんはブログで自演工作仄めかしてたはず
>面白くもないMADに工作する信者はいないから自販機とqwertyも確定だろう
>まんてんとqwertyは加藤達也並にずっと粘着してるしタチ悪い


まぁ勇み足だわな

105 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/30(日) 22:18:18 ID:Per08zJv0
459 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/07/23(木) 20:37:14 ID:HvYATD7B0
http://nicokai.lopple.net/movies/view/sm7700155

マイリス率120パー
いやぁran422の見事な初動工作ですね

これをいれたかったな

106 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/30(日) 22:36:28 ID:C0TqnLj9P
>>104
>>101は合唱以外ネタ

107 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/30(日) 22:51:03 ID:rsqNQiR+0
>>106
嫌疑段階の物件とガチの物件が混ざるとアレだから入れてほしくないんだけど
それ言うと本人認定されるんだよね

108 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/30(日) 23:37:19 ID:E1G4/KVU0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

109 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/30(日) 23:39:09 ID:E1G4/KVU0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

110 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/31(月) 02:10:12 ID:AYTuHR9n0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

111 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/31(月) 02:20:32 ID:AYTuHR9n0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

112 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/31(月) 02:21:55 ID:uFbcEnMv0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない


113 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/31(月) 02:35:27 ID:AYTuHR9n0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

114 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/31(月) 02:36:21 ID:uFbcEnMv0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない


115 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/31(月) 02:53:41 ID:AYTuHR9n0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

116 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/31(月) 03:11:09 ID:uFbcEnMv0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

117 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/31(月) 14:11:07 ID:p/w9NuZN0
【MAD】 ミサカオドル 【とある魔術の禁書目録】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8083907

ミラー  作者:フィルさん

作者はAAAだろw

118 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/31(月) 14:37:18 ID:lcOJ0M5c0
工作とばれたくないから名前を伏せて、
あたかもまたluckyの工作かよ、と見せる作戦だったようだね
じゃないと名前をAAAにする必要性がない

まとめると
・luckyを陥れるため
・luckyに罪を擦り付けるため

119 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/31(月) 15:32:29 ID:Y5EFdLyA0
フィルたち悪すぎ
名前変えまくってたのも撹乱するためだな

120 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/31(月) 17:10:22 ID:AYTuHR9n0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

121 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/31(月) 18:41:31 ID:I8ZjZ/nNO
フィルそんな悪いとは思わないけど
むしろ普段工作しているluckeyが自業自得だろ
リカニカンムリヲタダサズっていうじゃん

122 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/31(月) 18:51:31 ID:W6CBaUf20
luckey(笑)

123 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/31(月) 18:59:05 ID:0B2FbZ3l0
というかミサカの工作データはあるのか?

124 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/08/31(月) 19:02:09 ID:UDUjNmOT0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

125 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 00:15:09 ID:WaAiqNWc0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

126 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 00:20:38 ID:WaAiqNWc0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

127 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 12:28:17 ID:AoBeHaDo0

Twitterの中でtatsuの動画が凄い、とかいう話題いっさい出ないんだよな
本人も嫌われているのはわかってるだろうに
一人オナニーをずっと続けてるtatsuは本当に寂しい人間
空気を読んで消えたカズモンを見習ってほしい

128 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 12:34:53 ID:9o/ItZOE0
ZOOMEでも大活躍の工作神
tatsu
http://zoome.jp/tatsumad/
ran422
http://zoome.jp/ran422/
taka-to
http://zoome.jp/taka-to/
フィル
http://zoome.jp/nutville/
くぎゅううう
http://zoome.jp/kugyuu/

129 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 12:39:15 ID:YZDsZVRGO
あいつは音MADだけでなく多くの動画作者にも迷惑をかけてるのを自覚しろ
一人で工作し続けたいならTwitterなんかやめて一生孤独にやってろよ
工作の癖に「〇〇再生超えた」
とかいちいちほざくな
心から祝っている奴なんか一人もいないんだからさ


130 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 12:45:27 ID:AoBeHaDo0
>>128

個人的には工作の頻度とクオリティを考えると
一時より自重しているフィルとくぎゅうううはまだいい

あとは糞
一番最悪なのはtatsu

131 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 13:01:42 ID:9Xp3Y1Mg0
絶対に許さない

132 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 13:34:48 ID:UBaJD9+U0
zoomeで工作って本気で言ってるのか?
上位でもクリップ数たったの2桁だぞ

133 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 13:44:25 ID:YZDsZVRGO
Zoomeでも垢持ってる工作作者って意味だろ?

134 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 13:47:36 ID:YZDsZVRGO
くぎゅう荒らしてたやつがtatsu潰しに協力してくれると心強いんだがな

135 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 14:59:02 ID:TEtMfhX70
twitterまで監視するのはすごいと思うが
さすがに暇人にも程があるだろw

136 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 17:46:04 ID:YZDsZVRGO
工作ばかりしている暇人tatsuは救いようがない

137 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 17:52:52 ID:GyIWu0wy0
シジミ蝶消えたぞwwtatsu涙目w

138 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 18:03:55 ID:Wnlda5zJ0
tatsuもフィルも、投コメで権利会社を名指しで煽った文を書くのはどういうつもりなの
削除覚悟で作ってる俺カコイイ!したいのかね
生き残っていた動画も巻き込まれて削除されているっていうのに…

139 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 18:07:57 ID:YZDsZVRGO
tatsuもろとも消えてほしい

140 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 18:27:23 ID:XaG33DwXP
>>138
tatsuは真性だけどフィルは偽名だから調子のったんだろうな

141 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 18:29:51 ID:9Xp3Y1Mg0
お前らtatsuさんをいじめるなよ

142 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 18:34:03 ID:ShkfxqiJ0
ID:YZDsZVRGO
なんでそんなに必死なの?

143 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 18:34:51 ID:YZDsZVRGO
他の作者に迷惑かけるなという警告をしてるだけだよ


144 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 18:43:22 ID:BKXmGQXY0
tatsuみたいのが堂々工作してるから
音MADは工作ジャンルと思われてるよな

145 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 18:49:48 ID:YZDsZVRGO
嫌われtatsuの一生

・クオリティの低い動画を短期間に複数出しその全てを工作
・痛すぎる自演
・taka-toのパクリ(ブログや動画)
・工作の癖に再生数をやたら誇張(twitter)
・自分が有名だと誤解しているせいか態度がでかい(合作)



146 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 18:57:38 ID:ShkfxqiJ0
>>145
あいつ今何の合作に参加してんの?

147 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 19:01:25 ID:Bzoanedm0
このスレのおかげで音MAD=工作ということがわかりました!
ありがとうございます!

148 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:35:01 ID:zU6bb8wq0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

149 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:35:15 ID:0tAVHOoy0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

150 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:35:28 ID:uJLdAbY+0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

151 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:36:02 ID:J2Zx9lPl0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

152 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:36:19 ID:EWGkxyG70
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

153 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:36:37 ID:BvyNRP8t0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

154 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:36:52 ID:wtyhzXZ40
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

155 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:37:16 ID:ofcj9T2S0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

156 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:37:33 ID:D+tQuEcG0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

157 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:38:33 ID:Me65rrDd0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

158 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:38:48 ID:PzFrmmSM0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

159 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:39:03 ID:swuJPJCv0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

160 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:39:18 ID:eHQrT90C0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

161 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:39:33 ID:C6EtdqMf0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

162 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:39:47 ID:ofcj9T2S0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

163 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:40:02 ID:/yws9UJk0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

164 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:40:16 ID:Y4JOEfry0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

165 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:40:30 ID:EWGkxyG70
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

166 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:40:49 ID:dEYD+g430
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

167 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:41:04 ID:J2Zx9lPl0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

168 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:41:23 ID:ofcj9T2S0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

169 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:41:37 ID:UnaZ+qyx0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

170 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:41:51 ID:ocBOdMk/0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

171 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:42:05 ID:Izo0a4et0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

172 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:42:21 ID:Me65rrDd0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

173 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:42:37 ID:vzTvwKko0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

174 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:42:51 ID:Izo0a4et0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

175 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:43:09 ID:JXjk7r/Y0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

176 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:43:23 ID:BvyNRP8t0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

177 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:43:36 ID:ofcj9T2S0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

178 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:43:50 ID:LP7xK3DB0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

179 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:44:03 ID:OvQCJ3Ya0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

180 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:44:17 ID:5VXF64Er0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

181 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:44:32 ID:APm1/ZuU0
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

182 :自治スレにてLRおよび名無し名変更改正論議中:2009/09/01(火) 21:44:40 ID:9Xp3Y1Mg0
 _人人人人人人人人人人人人人人人_
 >    ゆっくりしていってね!!!  <
  ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

        ,. ‐ァ‐.. ̄ ̄ミ....、
      /.:/'..:./.:/::i.:..ヽ:.:.:..ヽ.
     /:ィ:/..:.:.ム/:::.:}厶::l_:.∨:.i⌒ヽ
       {::{ ..:/{ハ::/   }ハ::.V:}:::::::: ヽ
      ∧イ(ヒ_]   ヒ_ン)小:|ハ:::::::: .'.
      //:.::::}///_//'.:}イ:}   '::::::. {
    /,:{/{ :人  、__ソ  /.:从′|:::.:..i
    ,'/.:::∧{  >┬ ‐ チ}:/、_   ':::::::. {
.   {'.:.:./ /´/:.:{ィ爪 /′}:..::`ヽ {:.ト::::.|
.   |..:.:{  {..:.>{{_小_》..:../:..:..:.. } |:.| }:リ

 _人人人人人人人人人人人人人人人_
 >    ゆっくりしていってね!!!  <
  ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

        ,. ‐ァ‐.. ̄ ̄ミ....、
      /.:/'..:./.:/::i.:..ヽ:.:.:..ヽ.
     /:ィ:/..:.:.ム/:::.:}厶::l_:.∨:.i⌒ヽ
       {::{ ..:/{ハ::/   }ハ::.V:}:::::::: ヽ
      ∧イ(ヒ_]   ヒ_ン)小:|ハ:::::::: .'.
      //:.::::}///_//'.:}イ:}   '::::::. {
    /,:{/{ :人  、__ソ  /.:从′|:::.:..i
    ,'/.:::∧{  >┬ ‐ チ}:/、_   ':::::::. {
.   {'.:.:./ /´/:.:{ィ爪 /′}:..::`ヽ {:.ト::::.|
.   |..:.:{  {..:.>{{_小_》..:../:..:..:.. } |:.| }:リ
 _人人人人人人人人人人人人人人人_
 >    ゆっくりしていってね!!!  <
  ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

        ,. ‐ァ‐.. ̄ ̄ミ....、
      /.:/'..:./.:/::i.:..ヽ:.:.:..ヽ.
     /:ィ:/..:.:.ム/:::.:}厶::l_:.∨:.i⌒ヽ
       {::{ ..:/{ハ::/   }ハ::.V:}:::::::: ヽ
      ∧イ(ヒ_]   ヒ_ン)小:|ハ:::::::: .'.
      //:.::::}///_//'.:}イ:}   '::::::. {
    /,:{/{ :人  、__ソ  /.:从′|:::.:..i
    ,'/.:::∧{  >┬ ‐ チ}:/、_   ':::::::. {
.   {'.:.:./ /´/:.:{ィ爪 /′}:..::`ヽ {:.ト::::.|
.   |..:.:{  {..:.>{{_小_》..:../:..:..:.. } |:.| }:リ


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>7(URL)■■■■■■■■■■
> > ttps://     ○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_k.jp■■■■■■■■■ P|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_○| ̄ /test/read.cgi/streaming/1251576045/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)