5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

C言語なら俺に聞け(入門編)Part 61

1 :デフォルトの名無しさん:2010/03/05(金) 23:27:18
C言語の*入門者*向け解説スレッドです。
★前スレ
C言語なら俺に聞け(入門編)Part 60
http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1264920499/
★過去スレ
http://makimo.to:8000/cgi-bin/search/search.cgi?q=%82b%8C%BE%8C%EA%82%C8%82%E7%89%B4%82%C9%95%B7%82%AF&andor=AND&sf=0&H=&view=table&D=tech&shw=5000
★初心者、初級者の方は他の質問スレのほうが良いかもしれません。
例えば
【初心者歓迎】C/C++室 Ver.72【環境依存OK】
http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1267775473/
とか
★教えて欲しいのではなく宿題を丸投げしたいだけなら
↓宿題スレ↓へ行ってください。
C/C++の宿題片付けます 134代目
http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1263824755/
★C++言語についてはなるべく聞かないでください。C++対応明記スレへどうぞ
★分からない事をなるべく詳しく書いて下さい。
★ソースコードを晒すと答えやすくなるかもしれません。
  # 抜粋/整形厳禁、コンパイラに渡したソースをそのまま貼ること
  # サイズが大きい場合は宿題スレのアップローダ等を利用してください
★開発環境や動作環境も晒すと答えが早いかもしれません。
★質問者は最初にその質問をした時のレス番号を名前欄に書いて下さい。

2 :デフォルトの名無しさん:2010/03/05(金) 23:30:36
           ,.―――‐ 、
          /      ,.―`.ヽ
        /   |   /:/: :ィ: : : : :\
        / .f⌒h/`:/l:/^\:/l:/: :|`     ゲ  な
        〈 _! l /ムl: :/ _   '^jノ|     ソ .ん
        _| 人_|: l ,, ̄   =l: |,_    ?. で
        {:::_~,.:::}」: |.  「 7 '''}!::::|__
        / /.,.=、|:!:.ト . l_/ ,.ィ_└┐:|__
      (   └勹ノl:| |\、 // '|!V〉\;/

3 :デフォルトの名無しさん:2010/03/05(金) 23:42:31
すみません前スレのスタックフレームの者ですが、
局所変数は関数呼び出し時に、スタック領域に確保されるということでおkですよね。

局所変数の大きさはソース見ればわかる、という回答者の方もいますが
実行時にソースを読んでいるわけではないですよね。
そうするとコンパイル時に大きさを求めて、そんで実行時、スタック領域に
局所変数に必要な大きさのフレームを確保する必要があると思うのですが
その大きさは、、、やはりどこから求めているのかわかりません。

4 :デフォルトの名無しさん:2010/03/05(金) 23:43:51
>>3
コンパイル時に変数の個数はわかってるだろ。


5 :デフォルトの名無しさん:2010/03/05(金) 23:46:19
>>3
局所変数は関数内で有限個だから、コンパイル時に種類と個数を(どうにかして)数え上げれば、スタック上に準備すべきサイズもわかります。
実行時に求めるわけではありません。コンパイル時に判明することです。

6 :デフォルトの名無しさん:2010/03/05(金) 23:51:41
どうにかして数え上げればっていうか、どの型の変数が何個使われてるとか
ばっちりわかってないと、コンパイルできないだろ。

C99は実行時に配列の長さを指定できるけど、べつにそういうの気にしてるわけじゃないよな。
質問者は。

7 :デフォルトの名無しさん:2010/03/05(金) 23:52:20
>>5
> スタック上に準備すべきサイズもわかります。

それはコンパイル時に判明したサイズですよね。
実行時もそのサイズを知る必要があると思うのですが、どこにあるのですか。
実行バイナリファイルにあるのでしょうか。
プロセスの仮想空間にロードされた後もわかるのでしょうか。

8 :デフォルトの名無しさん:2010/03/05(金) 23:56:32
>>3
スタックの大きさは決めうち
コンパイルオプションで変えられる

実行時に呼ばれた関数が必要としている分だけ
スタック領域を準備しようとするけど実行時に不足していればスタックオーバーフローで止まる

再帰関数で油断してたり、巨大な配列を自動変数で確保しようとしたりするとよく起こること

9 :5:2010/03/05(金) 23:56:51
>>6
んー、確かにC99可変長配列の扱いはありましたね。

10 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 00:00:56
>>7
コンパイル時に自動変数に必要なサイズが判明しておれば、それにしたがってスタックポインタを変化させるコードをコンパイル時に生成すればいいのでは。
実行時にあらためて自動変数のサイズを求める必要はないはずです。仮想メモリの話は関係ないと思います。

11 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 00:06:08
>>7
http://homepage1.nifty.com/~sha_w/masm/model.html

このページのPROC 〜 ENDPのところにスタックフレームを作ってるアセンブラのコードが
あるでしょ。

add sp, 0FFFCh ;ローカル変数領域の作成

のところで、たとえば、intの変数が三つあったら、add sp, 12 ってコードが生成される。
それだけの話。

12 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 00:06:37
>>10
つまり、局所変数のサイズが300バイトだとしたら

スタックポインタ = (現在の)スタックポインタ + 300バイト + その他情報の大きさ

みたいな命令を、関数呼び出し毎にしているってことなのでしょうか。
質問ばかりですみません。

13 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 00:07:42
>>11
まちがえた。add sp, -12 だな。

14 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 00:08:26
>>11
なるほど。少し納得しました。
これで寝られそうです。みなさん、ありがとう。

15 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 00:34:25
これは酷い
http://fx.104ban.com/up/src/up13600.jpg

16 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 00:38:03
>>15
みゃくらくもなくグロ

17 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 00:39:17
こんな板でも貼る奴いるんだな

18 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 00:44:48
寝る前に見てしまった...orz

19 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 01:25:51
>>15
とにかくグロ注意
みゃくらくは不明だが...
(誰か削除依頼したほうが良さげ)

20 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 01:34:21
そんなもんどうでもいい

21 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 01:36:47
誤爆だったw
すまんwwww
これで許してwwwhttp://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/g/gatinko-uragazou/20080315/20080315232919.jpg

22 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 01:38:49
コラなんか要らんわぼけ


23 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 09:14:42
アセンブラを勉強すれば関数呼び出し時のスタック操作とか自分でやるから理解が深まるけどな。
しかし、なんでここまで気にするんだろ?

24 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 12:13:05
たぶん自分独自のコンパイラ開発しようとしてるんだろ。ううんきっとそう

25 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 12:45:36
エラー時にスタックトレースを出力したいとか

26 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 15:05:44
>>23
ここまで気にする人だから、Cを学ぼうとしているんだろう。
低レベルに興味ない奴はVBとかJavaに行くだろ。

27 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 15:09:15
知らなくても察しが付くことだけどな

28 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 15:14:13
そうか?それって天才じゃね?

29 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 15:29:55
問題:
配列a[10]に対して、以下のコードと同等の結果になるコードを、gcc c言語のインラインアセンブラによるSSE3を駆使したコードで書け
なお、long long型のサイズは8バイト。


4 long long a[10] = { 0x1234L, 0x5678L, 0x9012L, 0x3456L, 0x7890L, 0x1234L, 0 x5678L, 0x9012L, 0x3456L, 0x7890L };
5
6 int i=5;
7 do{
8 *(a+i+0) *= 0x3L; *(a+i+1) *= 0x3L;
9 i--;
10 }while( i > 0 );


という問題があったとして、答え合わせの解答集を無くしてしまったとして、答え合わせにこまってます。

ここの住人の方々は、みんな超スーパーハカーぞろいだという噂を聞きました。
どうか皆様がたのウルトラハイパー知識をくしして、この超難問の答えを導き出していただけませんでしょうか…! よろしくおねがいします。


30 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 15:44:53
4 long long a[10] = { 0x1234L, 0x5678L, 0x9012L, 0x3456L, 0x7890L, 0x1234L, 0 x5678L, 0x9012L, 0x3456L, 0x7890L };
5
6 int i=10;
7 do{
8   *(a+i-0) *= 0x3L;  *(a+i-1) *= 0x3L;
9   i--;         i--;
10 }while( i > 0 );

すみません、こうでしたw

31 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 15:47:43
>>30
まだ間違ってるんじゃね?

32 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 17:00:02
>>29
なんでお前に命令されなきゃいけないわけ?

33 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 17:23:15
その前にいくらよいしょしてもここにそんなに知識のある奴はいないと思うが。

34 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 17:36:02
おれ>>32 だけど、ちょっと頭がおかしくなってた。
ごめんな。


35 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 17:46:26
> 問題があったとして、 解答集を無くしてしまったとして

そもそも仮定からしておかしい

36 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 19:00:29
つーか
>インラインアセンブラによるSSE3を駆使したコード
どういう頭の構造だと、これが C の質問だと思えるのかと。

37 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 19:38:27
/* sayHello() 関数へのポインタ */
void (*func)(void) = sayHello;

このとき、'func()' と '(*func)()' の違いって何ですか?
結果は同じなのですが...

38 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 19:47:52
281 名前:デフォルトの名無しさん[sage] 投稿日:2007/11/08(木) 00:27:05
関数ポインタって代入時の&と実行時の*ってなくても動作変わらないよね?
もともとはどっちが正しいの?

282 名前:デフォルトの名無しさん[sage] 投稿日:2007/11/08(木) 01:06:42
元々必要だったらしいが、gccがなんか理論武装して独自拡張として省略しても良くしたら、
世間に受け入れられたなんて話を聞いたことがある。

39 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 19:49:50

ありがとう.

40 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 21:54:41
#include <stdio.h>

int main ()
{
   unsigned long long a[10]={ 0x1234111111111111L, 0x5678000000000000L, 0x9012000000000000L, 0x3456000000000000L, 0x7890000000000000L, 0x1234000000000000L, 0x5678000000000000L, 0x9012000000000000L, 0x3456000000000000L, 0x7890000000000000L };
   unsigned long long b[2]={3,3};
   printf("3a={%llx,%llx,%llx,%llx,%llx,%llx,%llx,%llx,%llx,%llx}\n", a[0]*3,a[1]*3,a[2]*3,a[3]*3,a[4]*3,a[5]*3,a[6]*3,a[7]*3,a[8]*3,a[9]*3 );


   unsigned long long* ap = a;
   unsigned long long* bp = b;

   int i=5;
   while(i-->0){
      asm volatile ("\
      movdqa (%0),%%xmm0;\
      movdqa (%0),%%xmm1;\
      paddq %%xmm1, %%xmm0;\
      paddq %%xmm1, %%xmm0;\
      movdqa %%xmm0,(%0);\
      " : "+r" (ap) : "r" (bp));

      ap++; ap++;
   }
   printf ("3a={%llx,%llx,%llx,%llx,%llx,%llx,%llx,%llx,%llx,%llx}\n", a[0],a[1],a[2],a[3],a[4],a[5],a[6],a[7],a[8],a[9]);


   return(0);
}


41 :40:2010/03/06(土) 21:57:23
を実行したら
3a={369c333333333333,368000000000000,b036000000000000,9d02000000000000,69b0000000000000,369c000000000000,368000000000000,b036000000000000,9d02000000000000,69b0000000000000}
3a={369c333333333333,368000000000000,b036000000000000,9d02000000000000,69b0000000000000,369c000000000000,368000000000000,b036000000000000,9d02000000000000,69b0000000000000}
ってなりました… 意味が分かりません… 動くはずないのに… なんで動いてるんですか…(orz

42 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 22:57:36
WindowsNT系のコマンドをC言語で呼び出す方法を教えてください。
dirなどのコマンドを呼び出す方法を教えて欲しいです。
仮に代替できるWin32APIやC言語の関数があったとしても、dirを直接呼び出す方法を教えてください。
よろしくお願いします。(dir以外の他のコマンドも将来的に呼び出したいため)

環境はWindowsNTだけサポートしてれば大丈夫です。

43 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 23:08:33
systemとか
winexeとか

dirだけでいいならopendirとか

44 :デフォルトの名無しさん:2010/03/06(土) 23:41:00
_poepn

45 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 00:28:51
CreateProcessだろ

DOS画面出さず出力をメモリに入れられる

46 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 01:03:39
>>45
つスレタイ

47 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 07:59:22
const と define の違いが今ひとつわからない
どっちも定数を定義するんだよね?

48 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 08:47:35
ココでも読め。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q128719177
http://rararahp.cool.ne.jp/cgi-bin/lng/vc/vclng.cgi?print+200510/05100021.txt

49 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 10:20:16
C言語でrailsのActiverecord
作ってくださいお願いします

50 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 10:23:47
自分でやれよ

51 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 10:37:04
>>47
define ・・・最も古くから使われている
enum ・・・ヒゲさん曰く見えない圧力に押されて追加、いまいちらしい
const ・・・禿と共同開発

定数を返す関数という手もあり
これが実は最も融通が利く

52 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 10:55:25
defineはコンパイル時に置き換えてくれるだけ
だからマクロとして使えるし、関数丸ごとdefineしてみるとか変なこともできる
__LINE___や__TIME___みたいなコンパイル時に決まるやつもある

事項時はもうすでに置き換わっているのでaaaaとかって名前でdfineしてデバッカでaaaa探してもない

constはメモリ上に固定でそいつがずっといるだけ
つまりデバッカで値も見れる

53 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 10:55:26
>>47
これ↓も似たような質問かな?

C言語のdefineとグローバル関数について - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1237313677

54 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 10:57:16
おれ52だけど なんでアンダーバーが3っつなんだろ??

55 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 10:59:46
コンパイル時というかプリプロセス時

56 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 11:00:50
キーリピート間隔を短く設定していたんじゃないのか

57 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 11:12:23
8bitのデータで、
6ビット目が1になったら他のビットが1でも0でも関係なく特定の処理をする動作はどのようにすればよいでしょうか。

58 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 11:17:02
& (1 << 5)

59 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 11:17:36
if(data&0x20){
 特定の処理
}

60 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 11:36:45
ループを使わずに配列の順序を逆にせよ。

という問題は、ループ制御構造(whileやfor)を使わずに、という意味でいいのかな?
関数の再帰呼び出しでもできそうだけど、goto文使ったらだめ?

61 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 11:38:53
>>60
それはCの問題ではなく日本語の問題じゃね?
どういう意図で書いたのかを書いた人に聞けよ

62 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 11:43:04
>>61
このホワイトボードプログラミングのところ:
http://japan.zdnet.com/sp/feature/07tenthings/story/0,3800082984,20409456-2,00.htm

一応、こんな感じで(^^
int *
reverse(int ary[])
{
 int i = 0;
 int j = SIZE - 1;
 int tmp;

loop:
 if (i >= j) goto end;

 tmp = ary[i];
 ary[i++] = ary[j];
 ary[j--] = tmp;
 goto loop;

end:
 return ary;
}

63 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 11:47:31
gotoつかってもループだろ

64 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 11:49:50
goto文はループ制御構造ではないんですよね。
だったら「ループを使わずに」じゃなくて「再帰を使って」、と書けばいいのに。。

65 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 11:51:03
たぶん出題意図としては、再帰を使ってほしいんじゃないかね
Cというよりは関数型言語でやらせるような問題

66 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 11:52:09
>>62
答え出てるぞ

* ループを使わずに配列の順序を逆にする。
答え:順次、配列を画面に表示して行ってオペレーターにメモさせておき、
メモした値を逆順に入力するよう促すダイアログを出す。

67 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 13:21:02
画像の範囲内をマウスのクリックで判定させるにはどのような考え方をすればよいのでしょうか?

参考サイトがあれば紹介して頂きたいです。

68 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 13:30:16
UNIX環境でVCの代わりになるような物ってないですかねぇ

69 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 13:34:37
VC のどんな特徴の「代わり」ができればいいんだ?
VC そのものなら Xen という手もある

70 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 13:35:53
>67
その画像が矩形なのか矩形以外の多角形なのかで変わる

>68
Anjuta, Emacs, Geany

71 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 13:38:38
>>70
矩形を想定しています。

72 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 13:44:12
>>71
ドラッグして範囲選択みたいな感じ?
考え方っていうか、サンプルコード見たほうが早いんじゃない?

マウスダウンのイベントでマウスカーソルをキャプチャして、マウスの
ボタンが離されたれらそこまでが選択範囲だけど。

73 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 13:49:13
単にヒットした座標か画素が欲しいだけだろ

74 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 13:53:45
範囲選択ではなく、画像のスイッチのような感じです。
一定の矩形の範囲内をクリックすることで、処理が行われるようにしたいと
思っています。

75 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 13:58:16
ゲームでも作りたいんじゃないの
確かやねうさんはビット演算でやっていたな

自分で紙に矩形とポイントを描いて条件を考えてみれば自ずと答えが見えてくるよ

76 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 14:20:51
マウスの位置と矩形の位置を取得しておいて
矩形の上境界線と下境界線の間にマウスの縦座標があって
左境界線と右境界線の間にマウスの横座標があればいいだけじゃないの?

77 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 14:30:09
left <= x && x <= rignt && bottom <= y && y <= top

78 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 14:30:29
>>67

むかしBMPファイル(って予備領域とか拡張可能になってるから)に勝手にホットスポットっていうか
クリック可能位置を付け足してクリックすると話が進む紙芝居、見たいなの作った

言語も環境も書いてないからあれだけど
クリッカブルマップ、とかでググってみるとなんとかくやり方わかると思うよ
あとは環境しだいで同じ様な事を違うやり方でやれば

79 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 14:44:28
様々なご回答ありがとうございます。
全て参考にさせて頂きます。

80 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 15:18:45
>>68 : kdevelop (書こうとしてる字を予測して、自動補完してくれるからラクちんです)
>>71 : 三角形がいっぱいあるとおもってやるほうほうもあるみたいですよ。
double OuterProduct(
double ax, double ay, double az,
double bx, double by, double bz,
double cx, double cy, double cz
) {
double Ax=bx-ax; double Ay=by-ay; double Az=bz-az;

double Bx=cx-bx; double By=cy-by; double Bz=cz-bz;

double opx = (Ay*Bz-Az*By); double opy = (Az*Bx-Ax*Bz); double opz = (Ax*By-Ay*Bx);

return opz;
}

  B
A △ C
 3角形ABC の中に、点P が「中かな?外かな?」ってのを知りたいときは、
 「AB と P」、「BC と P」、「CA と P」 の3つについて、この関数で調べてみて、戻り値が3つとも全部プラス、または3つとも全部マイナスなら
 点Pは 3角形ABCの内側ってことらしいです。 なんでか理由はよくわかりませんがw

符号1 = OutarProduct( Aのx座標、Aのy座標, 0、  Bのx座標、Bのy座標、0、  Pのx座標、Pのy座標、0 );
符号2 = OutarProduct( Bのx座標、Bのy座標, 0、  Cのx座標、Cのy座標、0、  Pのx座標、Pのy座標、0 );
符号3 = OutarProduct( Cのx座標、Cのy座標, 0、  Aのx座標、Aのy座標、0、  Pのx座標、Pのy座標、0 );

if( 符号1と符号2と符号3が、3つともプラス。 または3つともマイナスなら){ 点Pは、さんかっけいABCのうちがわ♪ }
ってなるみたいです。 なんでか理由はよくわかりませんがw こんど算数の先生に聞いてみまーす。

81 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 15:22:25
外積で左右判定してるんでしょ

82 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 16:35:50
>>67 三角形の内部の点かどうか判定するプログラム
#include<stdio.h>
#include<math.h>

int is_inner(double ax, double ay, double bx, double by, double cx, double cy, double px, double py)
{
double Ax, Ay, Bx, By, Px, Py, alpha, beta, divisor;

Ax=ax-cx;
Ay=ay-cy;
Bx=bx-cx;
By=by-cy;
Px=px-cx;
Py=py-cy;

divisor=Ax*By-Bx*Ay;
if(fabs(divisor)<1.0e-6) return 0;

alpha=(By*Px-Bx*Py)/divisor;
beta=(-Ay*Px+Ax*Py)/divisor;

if(0.0<alpha && alpha<1.0 && 0.0<beta && beta<(1.0-alpha)) return 1;
return 0;
}

int main(void)
{
printf("%d\n", is_inner(1.0, 2.0, 2.0, 1.0, 1.0, 1.0, 0.5, 0.499));

return 0;
}

83 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 21:51:15
再帰的アルゴリズムの利便性がわかりません。
下手をすればスタック領域が蓄積されていってメモリ不足に陥りますよね。
再帰を使わなくても他に解決できる手段があればみなさんはどちらを選択しますか

84 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 21:54:10
>>83
間違いが少ないほう

85 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 21:56:59
ほらループなしで処理が書けたよ!と頭よさげにアピールできる
問題領域そのものが再帰的なら可読性と保守性があがる

C言語ではあまり利点がないので他の手段で頑張る
関数型言語とかだとまた別の話しになる

86 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 22:10:59
>>83
利便性っていうか、再帰的な処理は再帰で書いた方がわかりやすいな。

87 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 22:11:17
関数に状態を持たせるのがどうじゃこうじゃ
逆に再帰で書いているのを繰り返し制御などで書き直す方が頭良さげ

最近再帰使ったのはビット単位でファイルに書き込む関数の下請け関数だわ

88 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 22:28:25
本物のプログラマは自己書き換えプログラミング・コードを記述する。
そのことにより再帰アルゴリズムを使うのに比べて20ナノ秒も実行時間が改善される


どうしても再帰なんつう場面は数年に一度
それ以外は、再帰アルゴリズムがぱっとわからないと馬鹿にされるという理由だけで使用する
プログラマってそんなもん

89 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 22:52:19
再帰は、数学の階乗を求めるプログラムをかじった程度です。
可読・保守性があがるという利点は納得です。
逆にプログラマが再帰プログラムを創り出すほうが大変そう。
階乗求める以外に再帰を使ったほうがいいケースは思いつきにくいですね

90 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 22:53:10
>>89
3D オブジェクトを扱うときは必須だよ

91 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 22:54:05
階乗こそ単純ループで十分で再帰にする必要なんてないんだが。

92 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 23:00:41
無向グラフの経路探索とか再帰使わないと面倒でやってられんけど

93 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 23:01:26
>>89
ディレクトリをおりていく処理とか、ループで書くとめんどくさいだろ。

94 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 23:12:27
>>91
教材的な意味だろ

95 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 23:46:11
教材としてあげるにしても、せめてユークリッドの互除法とか、フェボナチ数列(など漸化式)とかが出てこないものか

96 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 23:47:17
再帰関数の教材ならハノイの塔の問題を解く奴が好き

97 :デフォルトの名無しさん:2010/03/07(日) 23:56:03
他人のコードで見つけるとループに書き換えられないかと難癖付けてみたくなる要素
自コードと同じスタックでライブラリ的利用させてもらう場合特に

98 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 00:55:01
組み込み系だと、変数を取れるキャパが決まってたりして
「お、スタックが空いてる再帰でなんとかしろ」とかあるよ

99 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 01:18:44
>>89
再帰だとシンプルに書けるものはたくさんある。
もちろんスタックオーバーフローには注意が必要だけど、
プログラマの差ってのはこういうところから来るんだと思う。

例えば、テキストファイルの行を逆順に出力する(いわゆるtacコマンド)
を作ろうとすると、再帰だとこんなにシンプル

#include <stdio.h>
void rev()
{
   char buf[1000];
   if(fgets(buf, 1000, stdin) != 0) {
       rev();
       fputs(buf,stdout);
   }
}
main() {
   rev();
}

100 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 01:21:16
>>99
再帰関数で大きな自動変数の配列を使うのはナシだろ

101 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 01:25:22
なにこの制限だらけのtac

102 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 01:50:03
>99
これは再帰の悪い例としていつか使わせてもらう

103 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 02:14:39
>>再帰
文字列の中から、正規表現によって単語検索をする場合、正規表現の文字列の並びを、配列から、一旦、順序木の構造に変換してしまって、
木のノードを順番に辿りながら、文字列を検索していくと、一連の検索を、共通の操作であつかえて簡単だとおもいます。

たとえば括弧で囲まれて1まとめになった複数条件も、あるノードの子としてまとめて、”あるノードの子というひとまとまりの単位”であつかえるので、
たとえば単純な ”A" という条件も、複雑な ”[AかBかC]”みたいな括弧で囲まれた条件も、どちらも同一の「”このノード”を使って検索する」という操作で扱えます。
これが再帰を使って得られる簡単さという恩恵だと思います。 簡単に素直にするために再帰を使うんだと思います。

たとえば括弧に囲まれた複数文字も、囲まれてない単一文字も、どちらも同じように考えて検索できるのだから、
木がどんなに複雑な形をしてても、逆にどんなに単純な形だとしても、
どちらも同じ要領で「”このノード”を使って検索する」という共通の操作だけで最後まで処理できます。

この順序木を巡っていくという操作を、単一のループだけでやろうとすると、
「さまざまな形の木を想定」して、それぞれに専用の動作を書いたりするケースが出てきやすいと思います。
(たとえば "A"の場合と "[AかBかCか]"の場合とでの動作の違いを、「わざわざ専用に用意」しないといけいない。などのメンドクササ。
これがループだけでやる場合のメンドクササだと思います。)


だけど、純粋に繰り返しの処理速度だけでみれば、やっぱり for ループみたいなモノの方が優れてるような気がします。よく知りませんが。
普通はループで十分事足りるので、たとえば「シンプルな int[1000] の配列全部に0を代入する」だけのことに、わざわざ再帰を使う必要は無いと思うし、
無理やり再帰なんか使ったら、逆に、わかりづらくなるだけだろうし、わかり辛いとミスも増えますし。

あたりまえですけど、「より簡単に、より素直に書ける方」を選んで使えばいいだけのことかとおもいます。どっちも便利だとおもいます。

104 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 04:41:46
Cの場合、非再帰で記述(スタックを自前で構築ってのは
この場合反則になるんで)できる位の力量が無いのに
再帰(間接再帰を含む)を使いまくったコードを書くと
後で地獄を見る可能性も視野に...

105 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 05:08:48
>>104
よく分からん縛りだけど
人に強要するのは勘弁してね

106 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 05:11:09
ライブラリ、長く使うものに再帰はないな。
どこがスタック積まれるか判らないし、スタックオーバーフローもいつ起こるか特定できない。

107 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 07:41:46
>>99
逆順にならない。

108 :107:2010/03/08(月) 18:48:09
失礼、行を単位に逆になるという意味だったんですね。ちゃんとうごきました。

109 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 18:51:24
1行毎に1000バイトずつスタックに積むとか使えない。
手元にあるテキストは、1行当たり数キロバイトとか逆に数十万行とか普通にあるんだが。
まぁ発想方法としては、悪くないんだけどね。

110 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 18:58:51
一行読んで、それを連結リストで繋いでおく方がいいな。
それでもファイルサイズが大きすぎると面倒だけど。
tacコマンドは、ファイルの末尾にseekしてから表示しているな。
seekできないストリームに対しては、テンポラリファイルにコピーしてから。
まあちゃんと読んだわけではないから詳しくは知らないけど。

111 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 20:21:44
Cと直接関係してる質問じゃないけど
ソースを見れる形でファイルを上げれるcodepadのようなアップローダって他にある?
なんか似たような感じで見やすいところがもう一つあった気がするんだけど

112 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 20:27:44
http://kansai2channeler.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/joyful/joyful.htm
ここ?

113 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 20:32:06
いや、もっと企業がやってるようなオシャレな感じで掲示板では無かったんだけど。
codepadみたいにソースが表示されてdownloadボタンが付いてる感じで

114 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 20:35:20
http://gist.github.com/
ここ?

115 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 20:44:11
おおそれだ、探しても見つかんなかったんだありがとう。

116 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 20:44:29
言われてから探して見つけてきたけど

117 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 20:52:01
アップローダとか無駄なキーワード入れてたのが駄目っだのかな・・

118 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 20:54:14
codepadの類似サービスだから一緒くたに紹介されてると思って、はてブでcodepadと検索したら出てきた

119 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 21:41:02
#include <stdio.h>
void rev(void)
{
  char *buf;
  if ((buf = malloc(sizeof(char) * 1000)) == NULL) {
    fputs("memory allocate error.", stderr);
    exit(1);
  }
  if (fgets(buf, 1000, stdin) != 0) {
    rev();
    fputs(buf,stdout);
  }
  free(buf);
}

int main(void) {
  rev();
  return 0;
}

これでいいですか?

120 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 21:55:53
malloc()で動的に確保しても、領域計算量が大きければ意味なし。

121 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 22:27:03
最近も再起なんて使う?みたいなレスを見たなぁと思ったら図書スレでか
まぁこの手の話題は定期的にあがるもんだけど

122 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 22:28:31
C言語って難しいんですか??


123 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 22:30:22
難しいの定義による。

124 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 22:30:22
>>122
わかれば簡単だと思うよ

125 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 22:30:56
>>122
文法自体はかなり簡単な部類
ポインタで躓かなかったらな

126 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 22:32:03
英語とかって、出来てたほうがいいですかね??

127 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 22:33:37
>>122
難しいともいえるしやさしいともいえる。

低機能の言語なので、文法自体はシンプルで覚えることは少ない。(やさしい?)
低機能の言語なので、なんかやろうとするとめちゃくちゃ手間がかかる。(難しい?)

128 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 22:39:03
>>126
出来た方がいいに決まってるが、
そんな質問するアホには必要ない。

129 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 22:39:54
>>126
読みやすいプログラムはそれ自体英文として読めるプログラムだから(俺流の解釈)
読みやすいプログラムを書くためには英語は必要。

英語のできない人が書いたプログラムは大変。

CにしてもJavaにしても英語圏の産物なんだな。

130 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 22:54:34
プログラミング言語は、アルファベット使うけど英語じゃなくて数学に近いな

131 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 23:24:31
>読みやすいプログラムはそれ自体英文として読めるプログラムだから

こんなこというやつの変数や関数は長くてむかつく

ReadDataFromUserFileToImageBuffer()

みたいなやつ
あるいはアンダーバーでつなげてみたりして
今時補完機能があるからへいきだろう、とか言い出してさ

>読みやすいプログラムを書くためには英語は必要。英語のできない人が書いたプログラムは大変。

こういうこと言うやつは俺がnamaeみたいな変数とかyomikomi()みたいな関数作ると怒り出すよな
いいじゃん、日本人なんだから日本語にしただけで読みずらくなったりしないよ

と見ず知らずの129にすげえむかつく

132 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 23:26:24
英語できないやつのプログラムは、
childs とか serch とか、ありえないスペルミスがあって、読みにくくてかなわん。

133 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 23:26:40
いや読みにくいから

134 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 23:26:53
>>131
日本語があやふやなお前が言っても説得力は無い


135 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 23:42:49
俺が普段書くスクリプトなんて一文字変数、スペースけちって詰め詰めばっかりだよ

136 :デフォルトの名無しさん:2010/03/08(月) 23:44:49
SQL?

137 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 02:41:32
>>131
ReadDataとToImageBufferが意味的にかぶってない?
UserFileというのもちょっと。
ReadImageFromFileじゃだめかい?

英文として読めるように、というのはよくある指針だね。

138 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 03:58:43
RiyousyaFileKaraGazouBufferHeYomikomi()
とか書かれたらキレそう

139 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 05:21:39
プログラムが正しく動作して、開発スタート時に決めた関数の命名規約
(※腐ったルールだとしても)を遵守しているなら、あまり気にしないレベル

140 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 07:16:23
>>137

そうそう、こういう人
上記のやうは例じゃん、適当に作ったさ
それにたいしてまで、こんな事言ってくる
そういう点がむかつくんだって事

ReadImageFromFileじゃだめじゃん
長々と英文を関数名にしてるやつが居るよねって例としては短すぎる
ここは多少英語としておかしくても長くして置かないと駄目

141 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 07:17:31
JISYO のように複数のローマ字方式をミックスしたり、
JYOHO のような適当ローマ字で書かれているのを見るとためいきが出る。

142 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 07:32:31
readdata
readdata2
readdata3
readdataEX
readdataEX2

みたいにされるのもむかつく、混在してたりするとさらに

143 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 08:15:36
とりあえず読みにくいのはお断り

関数名は英語とローマ字のどちらかに統一されていれば気にしない
混在してるとイラッとくるが

144 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 08:17:50
>>140
シンプルだが単語のせいで長くなる場合は仕方ない
i18nのようにごまかすのもいいけど、やりすぎはよくない
複数の意味を含めた名前になるのならそれは関数化が足りない

145 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 10:05:36
つかもともとCは単語を略す文化だよね

intもcharもbufだってそう
memcmpとかやっちゃうし

昔の本とかのソース見るとインデントもあって目を細めると螺旋模様のように見える
今のソースはBASICのようにブロック並べたみたい

146 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 10:09:31
スパゲティコードより読みにくいという説もあるいわゆるうねりコードですね

147 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 10:35:16
文化じゃなくて制限。creatとか今思えばひどいもんだよね
端末に表示できる文字数の問題もあったし、環境に合わせてその辺は変化していってもいいと思うんだ

148 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 11:45:10
Visual C++ 2008 Expressで1から勉強を始めたいのですが
ソリュージョンのディレクトリの作成はオンにするのとオフにするのはどちらがよろしいのでしょうか?

参考に2つのサイトを見て勉強したいと思います
苦C http://9cguide.appspot.com/p_vc2005.html
猫  http://homepage2.nifty.com/c_lang/net2005/project.htm

苦Cでは特にオフにしろとは書かれてなく、猫のほうはオフにしろと書かれてましてオンとオフどちらにしたらいいのか分かりません

149 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 11:58:44
すべてローマ字で書くことに決めたとしても、簡単なカタカナ語をどうするか悩む
どうしてもrisutoと書かなきゃいけないのか、listにしちゃいけないのか
そして無意識のうちにlistと書いちゃってコンパイルエラー

150 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 12:00:28
>>148
両方やってみて違和感が少なかったほうにすればいいよ

151 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 12:01:36
あ、気に入らなかったらフォルダごと捨てれば大丈夫だから、神経質にならずにためせばいいよって意味も含んでるよ
最初は確かにいろいろそわそわしたなぁと思い出したので追記

152 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 12:25:15
ありがとうございます
オフにしてやってみます

153 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 12:26:20
> 読みやすいプログラムはそれ自体英文として読めるプログラムだから

COBOL 屋かてめーわ

154 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 13:52:42
他人のコードを改造しているんですが
コードの量が大きいので一つの変数の型を変更するとそれに関連するものを変更する作業が大変です。
例えばint型だったものを制度をよくしたいのでdouble型に変えたとします。
それに関連する関数の戻り値や引数、代入される変数等、膨大な数になってしまいます。
なにか自動で型を変換する方法ってありませんか?

155 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 15:09:54
typedefしておけばいい

156 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 15:33:17
理解力がなくてすみませんがtypedefでどう解決するのでしょうか?

157 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 15:42:44
全部変えてしまうのは、まずいだろ
見ながら1こ1こかえるしかねーべ、そういうものとあきらめて

158 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 15:47:01
mozillaではパーザで構文木作ってそれを木の変換技法を使って自在に書き換えするっていうのを
javascriptで作って、それをコードメンテに使ってるみたい
dehydraとかいうやつだっけか

159 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 16:08:52
検討の例えで整数変数を実数に入れ替えにしてるのは

釣りかい?

160 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 16:14:02
んだなぁ
(x == y)みたいなのは、型を変えただけじゃだめだしなぁ
結局>>157しかないな

161 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 16:21:18
たとえばビット演算を使っていたりしたらアルゴリズムから検討する必要が出てくるので
自動でやるのはとても不可能だろうなあ。

162 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 16:22:10
   , -‐−-、  ヽ∧∧∧ //  |
.  /////_ハ ヽ< 釣れた!> ハ
  レ//j け ,fjlリ / ∨∨V ヽ  h. ゚l;
 ハイイト、"ヮノハ     //   |::: j  。
  /⌒ヽヾ'リ、     //     ヾ、≦ '
. {   j`ー' ハ      // ヽ∧∧∧∧∧∧∨/
  k〜'l   レヘ.   ,r'ス < 初めてなのに >
  | ヽ \ ト、 ヽ-kヾソ < 釣れちゃった!>
.  l  \ `ー‐ゝ-〈/´   / ∨∨∨∨∨∨ヽ
  l     `ー-、___ノ
  ハ   ´ ̄` 〈/‐-、

163 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 16:32:51
すいません、苦Cの事を一通り覚えた後は何をしたらいいでしょうか?

164 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 16:35:48
>>163
アルゴリズムとデータ構造が少ない希ガス

165 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 16:41:12
コマンドラインで動作する素数判定プログラムprimeを作っているのですがうまくいきません。
コマンドラインオプションでの整数取得・切り分けがうまくいかないです。
助言お願いします。

166 :154:2010/03/09(火) 16:59:15
多くのレスありがとうございます。
全intをfloat(double)に変換するとか強引な方法をとってはダメでしょうか?

167 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 17:04:35
駄目かもしれないしOKかもしれない
なんでそんなことわかるの?

でもきっとコンパイルエラーがわんさか出るだろうな

sprintfとかの辺とかビット演算の辺とかまずそう
switch文とかもまずそう
サイズをsize_tじゃなくてintでやってるところとかあればまずそう
戻り値をintでエラーで分岐してたらまずそう

168 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 17:04:56
ダメだって書いてあんだろーが

169 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 18:19:45
#include <stdio.h>
void hack(void){
printf("実行可能\n");
exit(0);
}
void func(void){
int iArray[2];
iArray[4] = (int)hack;
}
void main(void){
func();
}

VC++のDebugで、
どうしてこれが実行できてしまうのでしょうか?

170 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 18:42:09
そういう風にできてるから

171 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 18:44:52
>>165
つ codepad
瞬殺でアドバイスが得られると思います。

172 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 19:15:01
運がいいから

173 :165:2010/03/09(火) 19:53:43
素数判定ではなく素因数分解factorでした
ttp://codepad.org/ESKYLo9R

うまい具合に引数を整数にしたいです。
例えば、
factor 123451234512345
のときも動いてほしいです。

OSはwindows vistaでコンパイラはgcc、バージョンは
gcc version 3.4.5 (mingw-vista special r3) です。
その時のint型(4bytes)の上限は +2,147,483,647 (10桁)です


174 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 20:23:07
>>173
gmp みたいな多倍長整数ライブラリを使う

175 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 20:40:07
引数は整数になってると思うけど桁数を増やしたいって話?
20桁未満ならgccはlonglong使えるんじゃないか

176 :165:2010/03/09(火) 21:15:02
>>174
試してみます。

>>175
桁数を増やすのと、

例えばint型を使っていて、
引数argv[1]がその上限を超えたときに
エラーにしてくれるようなチェック方法を知りたいです。


177 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 21:45:35
>>176
コマンドラインオプションの解析は getopt(3)でいいんじゃない?
自分で判定するのは面倒でしょ。

パラメタを整数にするのも、strtol とかstrtoll あたりでいいかと。
上限超えたらどうなるかは、man 見れば載ってると思う

178 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 23:12:10
ヘッダファイルで

#define RED 1
#define BLUE 2
.....

#define YELLOW 100

と数百個定義しているのですが(全部定義しているわけではない)
結構順番を入れ替えます.そこでインクリメンタル的なものをつかえないかと思っているのですが,
よい方法ございますでしょうか?

よろしくお願いします.


179 :デフォルトの名無しさん:2010/03/09(火) 23:14:01
enum

180 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 16:36:16
ヒープメモリとスタックメモリって読み書き速度に差はあるの?

181 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 16:37:55
>>180
スタックは頻繁にアクセスされるためCPUキャッシュに乗った状態の可能性が高い

182 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 17:09:32
スタックもヒープも物理的に差はない。
C言語がやりくりする一定値のメモリがスタック。OSに問い合わせしないので解放取得が速い。
ヒープはOSに問い合わせる。
スタックもプログラム開始時にOSに問い合わせて取得する。
OSはこの二つの違いは認識しない。使われていなければ、スタックでもページアウトする。

183 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 17:12:31
100Mとか多めに確保したヒープにランダムアクセスしたら遅くなるが
確保できたとしてスタックでも同じ程度の速度。
はじめに一定値を確保してあるか無いかの違いだけ。

184 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 17:13:31
スタックはメモリプールという機能と同じってこと。

185 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 17:28:47
Windowsを初め、比較的新しいOSではスタックも追加確保
されるる時にOSに問い合わせます。

186 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 17:31:37
XPはスタックオーバーフローするが。
vistaからはそうなったか。

187 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 18:12:17
>>185
OSが許容するスタック上限値よりずっと低いスタック量で
プロセスを起動しても、行儀の良いプログラムだったら
問題がないんでそうしてるわけですね。
少し「仕事をする」(再帰とか使ってたり、ローカル変数に
配列とか大量に確保する)プログラムだったら当然それでは
足りないからスタックオーバーフローする。そのタイミングで
OSはスタックを追加してプロセスを停止させず続行するわけ
です。

188 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 18:30:49
OS的には、変数は極力グローバル変数に確保し、再帰を使わない
プログラムであることを望んでいるというわけですね

189 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 18:43:30
OSはスタック追加などしないぞ。OSから見たらカタックとヒープの違いはない。
MS-DOS Windwos3.1では区別はあったとおもうが。
Windwos3.1はスタックの固定領域を指定して使い切ったら駄目だった気がする。

190 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 19:00:26
MS-DOSにおいて、カーネルを含むプログラムの実行に確保できるメモリ空間(コンベンショナル・メモリ)は8086のアドレス空間の最大1MBである。
ほとんどのコンピュータでは、この空間にBIOS ROMやメモリマップドI/O、VRAMなどの空間も存在するため、
アクセス可能なメモリ空間は最大でも640KBから768KB程度であった。
ただし、バンクメモリやEMS、プロテクトメモリ(80286/386以降)等のコンベンショナルメモリ以外の領域・手段の利用が一般化していたため、
「貴重な」コンベンショナルメモリがこれらの領域によって圧迫されることはなかった。

日本語入力用のFEPなどの常駐型のデバイスドライバを使用すると一度に使用できるユーザーメモリはさらに減少するため、
ユーザーはEMSやXMS、HMAやUMBなどの拡張メモリの管理機能を利用して、
辞書や常駐部やMS-DOSシステムの一部をそれらへ配置し、コンベンショナルメモリの圧迫を少しでも避けることが重視されるようになった。

「とりあえず動く」という状態を作るだけであればエンドユーザーがこれらを直接操作する必要はほぼ無かったが、
「とりあえず」に飽き足らず無駄を省き最適な設定をするためには知見と試行錯誤が要求されるある種の職人芸的な資質が要求されたため、
これらの事情が「MS-DOSの環境設定は非人間的で困難なものであった」とする後世の評価を招く原因ともなった。
MS-DOS - Wikipedia

191 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 19:32:23
XPでもコンベンショナル・メモリのような設定あるんだがな。
デスクトップアプリケーションヒープ、非対話型サービスヒープの設定可能。
ここ変えないといくらメモリふやしても、メモリ不足改善しないことある。

192 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 20:22:20
Win3.1の場合、8086向けのコンパイラを若干改造した
もので生成出来るコードでGUIアプリが作れるという
のが基本設計
8086ではスタックの動的変更を行う一般的
方法のCPUアーキテクチャーレベルのサポートは
殆ど無いしコンパイラでもサポートしている例は
皆無。

193 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 20:26:14
おまえは勘違いしている。
スタックというのは、OSから見たら特別な領域でない。
スタックとヒープというのは、C言語(その他)から呼ばれているだけ。
どっちもOSに合わせたメモリ取得関数を呼び出して確保する。同じもの。

194 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 20:30:58
昔のOSは区別してあった領域があるかもしれないが
いまのメモリ確保はどれ使っても、OSレベルでは結局は一通りのメモリ確保しかないだろ。
レジスタとかGPUとかは別。

195 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 20:39:53
>>179
ありがとうございました.
うまくいきました.

196 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 21:20:04
暴れてる長文バカも
同じくらい環境依存なのに
startupコードやセクションの話になるとサクッと黙るんだよな

197 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 23:15:37
>>193
WindowsはCPUレジスタそのものを管理しないって?
んなことない。ないからこそ他のプロセッサ向けに移植
されていない。初期のWinNT(4.0まで)はプロセッサ
が今のように分化してないから対応できたんだろうが
さすがに無理になってしまって現在はIntel以外は非対応

198 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 23:19:13
レジスタやGPUメモリは専用命令で扱えるが
スタックとヒープを区別して扱う命令はない。
OSではこれらの差はない。

199 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 23:19:18
おっとMovail (CE)とかは上位レイヤーや言語インターフェース
の互換性があるだけでメモリアーキテクチャーはIntel版とは全然違ってると考えたいね。HD非搭載なマシンでも動作させる必要がある
わけだから違って当然だけど

200 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 23:25:22
入門スレであまり難しい話しないでよ

201 :デフォルトの名無しさん:2010/03/10(水) 23:33:17
>>197
alpha とかサポートやめた主な理由は商業的なことで
儲かるとなれば技術的な問題はどうとでもなったはず

202 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 01:06:16
>>198
何を根拠にそういうこと言い切っちゃうの?

OSが無い環境もあるし、物理的にアクセス速度が違うメモリに振り分けられることもあるだろう。
結局は環境を絞らないと何も言えない。

203 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 02:11:18
Javaならどうだろうか?

204 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 02:36:13
Intelと一口に言っても、x86/x86-64とIA-64はまったく別物だしね。

205 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 02:55:40
CPUが特殊命令持っていて、スタック動作を速くすることが出来たとしても
それが付いてないCPUでも、スタック、ヒープメモリは使えないといけない。
これより、C言語のスタックとヒープはソフトウェアとしての用語。

206 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 02:58:52
コンパイラの実装次第だがWindowsXP以降では、
スタックもヒープも同一のメモリ確保関数を使っているだろう。
すべてのコンパイラを知っているわけではないが。
CPUレジスタやCPUキャッシュのみをスタックに使う実装も出来ないことはないけど
ないんでは。

207 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 03:24:29
「スタック処理支援命令が付いていないプロセッサなどCPUと
呼んではいけない」
という意見には必ずしも賛成ではないが、付いていることを
前提とするかしないかでは、OSのカーネル開発の開発者の
集団力学には大きな影響が発生し、それがOS全体に
作業環境全体に与える影響力は計り知れず、スタック支援命令が
ついたプロセッサ上のOSしか知らない俺にとっては
とてもじゃないが反対だとも言えない。

208 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 04:07:46
ハードウェアのスタック機能と、C言語のスタックとヒープは
名前と動作は似ていても別物。
C言語のスタックメモリは複雑だろ。auto変数や関数呼び出しや再帰とか。
ハードウェアの機能に丸任せできないだろ。

209 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 04:14:51
>>181で答え出てるのにまだ続けるのか

210 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 04:23:33
C言語に限らずプログラミングで頻繁に出現する
データ構造の総称的名称としてのスタックやヒープと
CPUが決定する「具体的な」ものとでは使われる
コンテクストが全く違うだろうな(特に範疇性)
同じ用語を用いていてもコンテクストが全く異なる
ので同じコンテクストで使われていると決めつける
と何かと混乱の原因になりやすい鴨

211 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 04:48:24
文字列が数値かどうか判定するのにisdigitを使うと
マイナスや小数が誤判定されてしまいますが
これらも正しく数値と判定させるためには自前で関数用意するしかないのでしょうか。

212 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 04:52:39
>>211
isdigitは数字かどうかを判定する(一般には)マクロ
なんで、数値かどうかの判定を一発でするのは
無理
受け取った文字列をsscanf等で数値に直したものを
人の目を通して確認してもらうのが一番
0.9994242123123232132という文字列を数値
に直したのを表示させた時に
0.9994242123123456789
となった場合にそれが問題なのかどうかは状況に
依存。

213 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 05:41:48
>>211
atoiやatof等で不満なら自作するしかないね。

214 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 06:01:50
レスどうもです。
sscanfだと"1xyz"みたいに先頭だけ数字の文字列も数値として通ってしまうなぁ・・
と試行錯誤してたらatofで完璧でしたどうもありがとうございます。

215 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 06:10:06
とおもったらatofでもやはり先頭が数字だとだめでした;;

216 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 06:32:11
>>208
べつに、auto変数や再帰や関数の引数で特別なことはやっていないし C 言語のスタックメモリが複雑とも思えませんけれども。

217 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 07:00:12
>>215
じゃぁ、自作だね。
チェック関数だけ書いて後はatofに流すのが無難かなっと思うけど
用途や目的次第なのでお好きにどうぞ。

218 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 13:54:53
>>215
#include<stdio.h>

double get_value(const char *str)
{
double value;
int n;

if(sscanf(str, "%lf%n", &value, &n)==1)
{
if(str[n]=='\0') return value;
}
return -1.0;
}

#define TEST(str) printf("[%s]=%f\n", str, get_value(str))

int main(void)
{
TEST("0.12345");
TEST(" 0.12345");
TEST("0.12345 ");
TEST("1xyz");
return 0;
}

219 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 15:01:30
素直にstrto{l,ul,d,f,ld}を教えてやれよ

220 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 18:54:28
スレチかもしれませんが
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1137870116
これ、答えて下さいませんか?

221 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 18:56:35
>>220
スライドショー フリーソフト でggrks

222 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 19:57:20
断片化対策にこういうことってやっていいの?
サイズ違うのにキャストしても大丈夫かな?

void *my_allocate(size_t size)
{
    return malloc(size / 4 * 4 + 4);
}

void my_deallocate(void *address)
{
    free(address);
}

int main(void)
{
    char *pc = (char *)my_allocate(sizeof char);

    *pc = 'c';

    printf("%c", *pc);

    my_deallocate(pc);

    return 0;
}

223 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 20:05:17
>>222
多いのは大丈夫
不足するのはダメ

224 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 21:59:52
>>222
4バイト単位で大きさ調整しても意味なさそう。

225 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 23:24:21
その式だと、最初から4の倍数だった時、必要なサイズより4バイト大きくなってしまう
普通はビット演算を使うと思う
(size + 0x00000003) & 0xfffffffc

226 :デフォルトの名無しさん:2010/03/11(木) 23:46:52
>225
それはsize_tが何バイトだと想定しているわけ
いや、むしろ何ビットといった方が良いのかな

227 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 01:10:36
(size + 3) / 4 * 4
だな

228 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 01:54:07
>>226
それなら、0xfffffffcを~(size_t)3にでもすればいいと思う。

229 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 02:32:04
~((size_t)3)かな

230 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 02:41:42
昔は乗除算は必ずシフトに展開しろと教わったもんだが
今のCPUだとコストに差はないのかな
(size + 3) >> 2 << 2

231 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 02:48:41
演算子の強度低減ぐらいなら処理系がうまく最適化してくれるので
意図をそのまま表現するのが良いとされるようになってきたような

232 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 02:59:55
/ 4 * 4 も >> 2 << 2 も & 0xfffffffc に最適化してくれるね

233 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 03:35:43
素直に「4の倍数に切り上げ」ってコメントに書くわ
どんなに簡単な処理でもコメントがあった方が読みやすいし
とくに何年も前に書いたソースだと

234 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 15:01:25
>>233
まさかとは思うが、こんなコードは書かんでくれよ。
++count; // カウントのインクリメント

235 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 15:08:47
教えてください。

システムソフト開発の会社に入ってそろそろ10年。
サポートや試験担当ということもあって、
まったく言語というものを知らずに来ました。

最近、なんかまずいかな?
と思い始めて「猫C」を買って勉強しています。

でも、特に目的がないせいか、
この本やったあと次はなにを勉強すればいいかわかりません。

なにかおすすめの書籍があれば教えてください。


236 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 15:11:00
なにがまずいの?

237 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 15:11:31
会社の言語やってるやつに聞け
実用で使われないやつやっても無用の長物
配置転換でリストラにならないように現場で使われる率高いやつ

238 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 15:13:50
C言語などいくらやっても徒労に終わる
基礎が出来ても完成品が出来るまでの道のりは険しい
自分でした独習など焼け石に水状態 
会社でやってるのをピンポイントでやるべき

239 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 15:17:38
ありがとうございます。

.NET(C#?)の問い合わせが多いので
その言語のサンプルを読めるようになると
サポートの幅は広がるよね。
とは言われました。

そうか、と思いつつ、
基本である(と思っている)C 言語の初歩本くらい
やっといた方がいいのかな、
と思ってせこせこやっていました。



240 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 15:20:59
あとC#で何分野やってるのかも聞くといい。 
GUIとかゲームとかネットワークとか。
その分野を重点してやる。

241 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 15:25:07
C#で開発ってXbox360かと思った。

242 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 17:16:54
>>239
土方を目指すのでなければCは必須

243 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 18:00:22
Cできたところで結局ドカタなんすけどね

244 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 18:37:40
switch(c->programming){
 case YES:
  printf( "Cができるとは素晴らしいですね\n" );
 default:
  c->status = "土方"
  break;
}

245 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 19:05:31

浮動小数を文字列に変換する方法について教えてください。
求める動作は次のとおりです:

* double型を文字列に変換
* printf系などの外部関数で変換しない
* 整数は整数として表示(小数点を付けない)
* 小数点以下の不必要な0は付けない
* 有効な精度(15桁程度?)で適当に丸める
* 出力が長い場合も扱える(例えば、「12340000000000000000000」など)

いろいろやってみたのですが思い通りのものが作れなかったので・・・
アイデア・ヒントいただければと

自分で作ってみたものも一応晒しておきます。
↓だと、「456」のときに「459.9999...」となってしまいうまくいきません。
http://codepad.org/lEqBv5Qz


246 :245:2010/03/12(金) 19:07:20
↑の「459.9999...」は「455.9999...」の間違いでした。
申し訳ない。


247 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 19:44:29
配列を関数に渡して、その値を取得したいんですが、上手くいきません
どうすればいいでしょうか?

248 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 19:46:36
>>247
[50] を除けばいいかも

249 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 19:58:47
すみません、取得したいというのは

int test[10];

func( &test );

a = test[ n ];

というつもりでした

250 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 21:00:10
>>249
質問がよく判らんが、こういうことか?

void func(int * test)
{
test[0] = 1;
}

void caller()
{
int test[10];
func(test);
int a = test[0];
}

251 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 21:47:19
>>250

それだと関数の中で1を代入しても関数を呼ぶ側では変化しないと思うんですが
普通の変数をポインタで引数を渡して変更した値を取得するプログラムの配列バージョンみたいなのは可能でしょうか?

252 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 21:56:56
変化しましたけど。。
http://codepad.org/OGLPv5dF

253 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 22:57:46
勘違いしてました
解決しました
ありがとうございます

254 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 23:31:42
>>238
違うね
「基礎ができて」ない奴の道のりが険しいだけ

計算をしっぱなしな奴と、ちゃんと検算する習慣がある奴の違いは
小学校で受けた教育の質から来る

255 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 23:33:45
基礎からやればいいじゃん
簡単なプログラム書くときでもホーア論理とか記述的意味論とか使って検証しながら書くとかさ

256 :デフォルトの名無しさん:2010/03/12(金) 23:58:26
>>222
mallocがアライメント調整してるのに自前でもやる意味あるのかな?

257 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 00:04:47
「何故かは分からんが出来たからいいや」

こういうタイプは一生伸びない。
応用できるのは何故そうなったか、つまりプロセスの部分であり、解は応用できないからである。

258 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 00:12:55
うるせーばか
既解決問題の証明を一生再生産してろ

259 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 00:19:19
こうしてHTMLは死んだ

260 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 01:23:10
>>256
malloc()がアライメント調整してない場合も、pragma指定かAPIで調整できる場合が多いね。

261 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 05:35:26
>>239
10年っていったらもう30前後なんだろ?
今更言語やっても身につかないし
そんな奴は役に立たない

262 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 08:36:24
確かに>>261は役に立たない

263 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 12:47:32
>>261
お前使えねーな

264 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 12:52:07
>>261
ごめん。相当気持ち悪いな、お前

265 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 13:06:55
261の人気にシット☆

266 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 13:16:18
shit?

267 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 17:04:47
執刀

268 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 19:58:55
ファイルが存在すれば追記でオープン
ってのを格好よく書くにはどうしたらいいかな

あればエラー無ければ作成ってオプションならfopen()にあるけど
逆なんだよな〜access()使うの面倒くさいな〜

269 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 20:04:45
質問です
ネストって一般的に何重が限度ですか?

270 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 20:12:56
何のネストだよ

271 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 20:14:30
>>268 "r+" でよくね?

272 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 20:17:32
>>270
if文のです

273 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 20:40:30
C言語の弱点はネストだな。短い文で使えばいいけど
間に沢山あるとわかりにくくなる
for{}つかえときはcontinue;で括弧を引きずらないようにするといい
場合によってはgotoもいい
長い部分は関数化

274 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 20:51:43
>>269,272
> 5.2.4.1 Translation limits
> The implementation shall be able to translate and execute at least one
> program that contains at least one instance of every one of the
> following limits:
> - 127 nesting levels of blocks
> - ...

275 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 20:52:04
>>272
みっつくらいじゃね?

276 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 20:55:31
>269
ISO/IEC 9899:1999 (E)
5.2.4.1 Translation limits
1 The implementation shall be able to translate and execute at least one program that
contains at least one instance of every one of the following limits:13)
127 nesting levels of blocks
63 nesting levels of conditional inclusion
63 nesting levels of parenthesized declarators within a full declarator
63 nesting levels of parenthesized expressions within a full expression
13) Implementations should avoid imposing fixed translation limits whenever possible. number of characters as the corresponding universal character name, if any)14)
14) See ``future language directions'' (6.11.3).
15 nesting levels for #included files
1023 case labels for a switch statement (excluding those for any nested switch statements)
63 levels of nested structure or union definitions in a single struct-declaration-list
ネスト以外の限界については省かせてもらった
やっぱり63か
>274
その一つ下じゃないか

277 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 20:56:03
>>273

ネスト深くてもわかりやすい言語なんかねーよ
安易にgoto勧めんなよ
場合によって、の解釈でとんでもないことになるし
goto排斥主義者の人が来ちゃったら揉めるだろ



278 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 20:58:54
だからgoto使わなければいいだけ

279 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 21:10:33
>>276
"conditional includion" は 6.10.1 にある #if とかの話。

280 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 21:13:57
>276
あっ、ほんとだ
プリプロセッサの話だ

281 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 21:21:24
>>280
許してやる

282 :268:2010/03/13(土) 21:21:26
>>271
あー、オープンしてから自分でシークすりゃいいだけか。
ありがとう。

283 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 22:19:58
プログラム勉強始めたばかりの初心者です。例えば以下のようなif文があるとします。
カッコを入れるタイミングと位置がよく理解できていません。
なんで下記のように2回連続カッコが続いて記述されるのでしょうか?
きっとそれぞれのカッコがどこで始まり終わっているのかが理解できていないと思います。
必ず対になるので偶数個になるのは理解できていますが・・・
 おかしな日本語で大変申し訳ありませんが、どなたかわかりやすく解説をお願いできますでしょうか。
よろしくお願いします


if (条件1) {
if (条件2) {
文1;
}
else {
文2;
}
} ←これは何に対してのカッコ?なんで2回連続なんだろう???
else {
文3;
}

284 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 22:25:09
>>283
2回連続しているけど、意味は別もの。
ネストしているカッコをそれぞれ別のカッコと考えれば分かると思うよ

  if(条件1)「
   if(条件2)『
     文1
      』else『
     文2
      』
 」
  else


285 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 22:26:00
>>283
例にあげた if 文自体が間違っています。
わからなくて当然です。
なんの本にかいてあったんですか?どこのサイトですか?

286 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 22:31:48
>>283です
解説ありがとうございます。いまからじっくり読んで見ます。汗
サイトはこちらです。コピペした時におかしくなっただけかもしれません 汗
http://www9.plala.or.jp/sgwr-t/c/sec06-1.html

287 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 22:51:51
>>284さんありがとうございます。
初心者の私にはこのように見えます。

if(条件1)「 @
   if(条件2)『 A
     文1
A』else『 B
     文2
B 』
 」@  ←上記の番号がきっとそれぞれ対になっていると思っています。ただ、
     条件1が満たされなかったら下のelse文に続くからこの閉めカッコは何?とも感じます。
     きっと私は文の構成の初期的なところを理解していないと思われます 汗

else

288 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 22:56:51
才能無い奴はやめてしまえ
おまえがC言語をやらなくてもかわりはいくらでもいる
ゴミなんだよお前は

289 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 22:58:46
むやみに煽りすぎだろ。

290 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 22:59:35
最初のうちは↓のような書き方をした方が分かりやすいかも

if (条件1)
{
  if (条件2)
  {
    文1;
  }
  else
  {
    文2;
  }
}
else
{
  文3;
}

291 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:00:31
煽り?どこがだよ!お前もそうおもうだろ!正直に言えよ!

292 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:01:36
ifの中にifがはいってるってことはわかってる?
「ネスト」で調べてみましょう

293 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:12:57
>>291
ま、正直、あまりに根本的なところで、なんで?なんで?って聞かれるとイラっとはする。

294 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:13:35
>>288
視野が狭いな
まさに土方の考え方だわ

295 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:15:27
>>294
はぁ?じゃあお前がちゃんと答えればいいじゃねえか!てめえがびしっとこたえねえからこんな事になってんだろ!クソが!

296 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:17:04
まず落ち着いて入門書を読むレベルだろコレ
おまえらが半端に親切にするからチャット状態で何も考えずに質問しちゃうんだよ

297 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:18:52
九九の表を覚えないのに掛け算するレベル。

298 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:21:26
この程度で才能なのかよ。
可哀想だなお前ら。。

299 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:25:00
この程度もできないのはまさに才能だろうな。

300 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:25:07
>>287 
疑問の回答になってるかわからないけど、

 if( 条件1 ){
   略
 }                     ←このカッコ
 else {
      略
 }

このカッコは、"else"があれば終わりが分かるんだから
不要じゃないか?っていう疑問なら、確かにその通り。
でもそれは"else"が来る場合限定の話で、else の来ない場合はそうじゃない。

C言語は、カッコでくくったブロックが基本単位になってるんだけど、
この辺りの感覚が分かってくると、閉じカッコが2重につくのも納得いくと思うよ

301 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:26:58
変なところでひっかかる人はたまにいる
んで、引っ掛かりが取れたらグンと伸びることも結構ある
283もそうなのかは分からんけどね

302 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:28:06
んじゃとりあえず期待。

303 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:28:08
>>287
条件1が満たさた場合、「 @から」@までが実行される。
どこからどこまでか範囲を指定してるから、どこまでを示す閉めカッコが必要。
範囲じゃない場合は省略できるが、最初のうちは必ず{}でくくっておいた方がいいと思う。

304 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:29:55
if (条件1) {
if (条件2) {
文1;
}
else {
文2;
}
}
else {
文3;
}

if ( (条件1) && (条件2){ 文1;}
else if( 条件1) { 文2; }
else {文3;}と等価でよいでしょうか?

305 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:32:55
実際に条件式書いてコンパイルしてみたら分かるでしょ。

306 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:33:00
if (条件1) {
  if (条件2) {
    文1;
  }
  else {
    文2;
  }
}
else {
  文3;
}

307 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:34:32
>>304
一般的には等価ではない。条件1を再度評価したとき同じ結果が
返るとは限らないから

308 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:35:21
>>304
条件1が評価時に変化しなければ等価

309 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:38:28
そんな条件の条件があるのなら等価じゃないだろ

310 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:40:24
そもそもコーディングの意図が明らかに違う

311 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:41:36
だから適当な変数を用意して
int 条件1結果;

条件1結果=(条件1)?1:0;

if ( (条件1) && 条件2 ){文1;}
else if(条件2) {文2;}
else {文3;}
と書くのがもっとも無難じゃないかと...

312 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:41:39
質問に答えてください

313 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:44:41
ここで聞くより入門書を買って読んだ方が手っ取り早い

314 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:47:31
ここは
「C言語なら俺に聞け(入門編)」
です
煽るだけの奴は去れ

315 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:48:00
>>312
お前が質問するのは自由だが、それに答えるかどうかもこっちの自由だ。


316 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:49:48
煽るだけじゃなく、例えば荒らしもする奴は居てもいい。


317 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:50:22
>>314
スレタイにだまされるな。
初心者の質問をネタに雑談するスレだ。

318 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:50:52
>>1
>C言語の*入門者*向け解説スレッドです。

質問または答えない奴はここにいる資格は無い

319 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:51:47
じゃあ俺に聞けなんて自信満々にいわないでください
スレタイをC言語なら入門書を読んだ上でたまになら俺に質問してもいいよ(入門編)に改名するべきです

320 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:53:01
質問を議題とし、初心者同士がディスカッションするスレだよ

321 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:53:14
自信満々に答えられないなら来なきゃいいのに。

322 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:53:20
>>317
それでいいんだよ
通ぶってても規格票と違っている事を固く信じ込んでいる事はよくある

323 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:53:54
>>319
「俺に聞け」なんて不遜な言い方、ジョークに決まってるだろ。

324 :285:2010/03/13(土) 23:54:08
>>283
んー、私が間違っていましたね。
これであっています。失礼いたしました。
で、こういう書き方をすればわかりやすいかもしれませんが、いかがでしょうか。
if (a == 0) {
  if (b == 0) {
    x = 0;
  } else {
    y = 0;
  }
} else {
  z = 0;
}

325 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:54:37
マジに、ただひたすら初心者様に奴隷のように教えるだけのスレになったら回答者なんてだれもよりつかなくなるよな。

326 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:57:57
低レベルな回答者はいらないです。

327 :デフォルトの名無しさん:2010/03/13(土) 23:59:01
逆ギレすんなよ

328 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 00:05:41
ヤフの質問箱とかOKWebとかなら、むやみに煽られないんじゃないのかね。
あそこらは「君たちは質問の意図を理解してませんね。
そういうことはいいから早く質問にこたえなさい」系の物言いも許されるイメージ。
あんまり見てないから知らんけど。

329 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 00:17:35
if文のネストで巧くいかなかったら
条件式を工夫してみろ

条件式をいじってうまくいかなったら
if文のネストを工夫してみろ

両方駄目だったらあきらめろ

言えることはこれくらいかな

330 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 00:29:35
聞くだけならいくらでも聞いてやる
ただし答えるとは誰も言ってない

331 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 00:32:42
答えないならせめてずっと黙ってろ

332 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 00:34:53
いや質問があるなら俺に聞けよ

333 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 00:34:56
<object width="480" height="385"><param name="movie"
value="http://www.youtube.com/v/n-PyrgNSGHA&hl=ja_JP&fs=1&">
</param><param name="allowFullScreen" value="true"></param>
<param name="allowscriptaccess" value="always"></param>
<embed src="http://www.youtube.com/v/n-PyrgNSGHA&hl=ja_JP&fs=1&"
type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true"
width="480" height="385"></embed></object>


このプログラムを教えてください。私のレベルは、cを少しかじっただけです。

334 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 00:35:56
>>329
最初から理屈だけで覚えようとすると得てして失敗しやすいからな

335 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 00:38:15
>>333
Cをかじったなら、それはCじゃないってわかるだろ。

336 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 00:40:14
おCりかじり虫〜

337 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 01:08:45
鉄分ミネラルビタミンCは

338 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 11:08:49
保存済みのメモ帳に書いてある10個の数字からランダムに5個読み取りたいんですけど、
fopen、fscanf、for、ifのみを使ってそのようなプログラムを作ることって可能なのでしょうか?

339 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 11:11:26
不可能

340 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 11:12:15
手書きだったら、スキャナで読み取って画像認識しなければ
ならないから、相当難しいだろうな。
しかも使える関数や構文にも強い制限があるみたいだし....

341 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 11:16:10
/dev/randomとかある環境ならいけるんじゃね?とか思うけど

342 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 11:16:21
宿題はC/C++宿題スレへ。テンプレート持って。

343 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 11:17:06
ってnotepad.exeで作成したテキストファイルじゃなくてリアルメモ帳かよ!

344 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 11:40:26
木綿生地以外は全部ナイロンに分類してしまう某民族みたいな話だな

345 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 12:26:11
randとかの関数のアドレス調べておいて
それでfopenを上書きすればいいんじゃね
あるいはランダムな数字が入ってるテキストファイル用意しておくとか

346 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 12:27:13
却下

347 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 13:00:38
>>338
できるよ

348 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 13:26:37
fopen、fscanf、for、ifだけじゃ無理だろ。
カッコや演算子もないとプログラムの書きようがない。

349 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 13:29:57
糞スレ

350 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 13:30:27
開くだけ開いて閉じないってのはなぁ

351 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 13:36:40
必要な関数を全部挙げろよカス

352 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 13:37:04
>>348
なんか小学生みたいだな

353 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 15:05:35
hoge.hにint num;というグローバル変数を宣言?します

全然関係ない所から、#include "hoge.h"をしてhoge.hのint num;を使うと
numのスコープはどうなるのですか?

354 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 15:10:57
記憶クラス指定子にextern付けとけ
どっかのコンパイル単位でint numで定義すればいい

355 :353:2010/03/14(日) 15:36:26
>>354
ひとまず、グローバル変数にはexternをつければいいことは分かりました
でも、いつグローバル変数が死ぬかわかりません

356 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 15:42:23
グローバルに限らず静的変数はmain()が始まってから終わるまで生きてる。
寿命をスコープと言わない。スコープってのは名前の有効範囲。

357 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 16:00:40
>>350
fopen()で開いたストリームは、プログラムが終了すると自動で閉じられるんで、
閉じるのは省略しても問題ないって場合もある。

358 :353:2010/03/14(日) 16:06:29
すみません、まだexternとグローバル変数について分からないので教えてください

staticのまとめ
1.#include "hoge.h"とした時に初期化(定義)される
2.staticは何度も#include "hoge.h"としても、1度しか初期化されない
3.プログラムのすべてが終わると自動的に、削除される
4.オブジェクト指向のpublic?

externのまとめ
1.#include "hoge.h"とした時に初期化(定義)される
2.#include "hoge.h"とする度に初期化されてしまうので、多重定義になってしまう
3.プログラムのすべてが終わると自動的に、削除される

359 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 16:29:24
>>358
#includeと切り離して説明すると、

file1.cとfile2.cで、それぞれ、static int n = 1; とstatic int n = 2; と宣言されていたら、
この二つのnはそれぞれ別の変数になる。
それぞれ1と2で初期化される。
file1.cで宣言されたnはfile1.cの中からしかアクセスできない。よそからは見えない。
file2.cで宣言されたnはfile2.cの中からしかアクセスできない。よそからは見えない。


file1.cとfile2.cで、それぞれ、int n = 1; とextern int n; と宣言されていたら、
この二つのnは同じ変数になる。
1で初期化される。
file1.cとfile2.cでnを書き換えると、同じ変数だから、とうぜん、file1.cとfile2.cから
みえるnは同じように書き換えられる。



360 :353:2010/03/14(日) 16:52:37
>>359
わかりました、ありがとうございます
また、疑問に思う事があったら質問します

361 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 17:56:37
C言語の入門サイトではヘッダの作り方がかかれていませんが、
C言語では普通ヘッダを作らないのでしょうか?

ちなみに、*.cを*.hにするだけじゃダメなんですか

362 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 18:37:33
if(1)
{〜}
else
{〜}

elseブロックは最適化で消滅する?

363 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 18:46:39
>>361
ちょっと規模が大きいとファイルを複数にわけるんで、ヘッダを作るのが普通。
ヘッダには定数とか関数のプロトタイプを入れるもんなので、.cを.hに変えるだけじゃだめ。

364 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 18:51:50
だめだお。

365 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 18:52:32
>>362
おまえさんが使っているコンパイラに聞いてみろ

366 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 19:05:19
>>245
ソース見たら、たぶん20行から28行までのところを、なんかしたら、なんかなるかもなぁ〜〜って気がしたんで、
そこのところをあてずっぽうでいじったら、456 って出た(^_^/わーい

ソースの、ここのところを
/* 各桁の数字を、有効な桁まで計算しておく */
for(i = 0, trunc = 0; i < 15; ++i) {
m = modf(n, &n);
buf[i] = (int)n;
n = m * 10.0;



こういうふうに変えてみたです。あとはいっしょです
/* 各桁の数字を、有効な桁まで計算しておく */
double def = n; // ここと
for(i = 0, trunc = 0; i < 15; ++i) {
m = modf(n, &n);
buf[i] = (int)n;
n = ( modf( ((def+pow(10.0,-15)) * pow(10.0,i)), &n ) * 10.0 ); // ここ

わかんないけど、「誤差とかが、掛け算で、かける10ってのを何度もしてると、誤差がでるのかなぁ〜」とかおもったので、
まいかい全部バ〜〜って、かける1000とかして一気にやったらどうかな?って思ってやったけどダメだったので、
しょうがないので0.00000......1 て小さい1足して、四捨五入しちゃえ〜〜 えいや〜〜ってやったら、なんか偶然456 ってなった。 よかった。

すいません、ぜんぜん知的じゃなくて(・_; 算数的な根拠はないです。なんかラッキー頼りですみません(orz はずぅ〜〜い


367 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 19:25:05
>>363
thx

368 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 20:40:38
C言語のことならなんでも聞いてくれるんですか。

369 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 20:50:21
難しいのはちょっと・・・

370 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 20:51:50
さあ願いを言え
どんな願いも一つだけ
聞き流してやろう…

371 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 22:05:45
いくらでも聞くよ

372 :デフォルトの名無しさん:2010/03/14(日) 22:40:35
>>366
pow()のアルゴリズムを知っているか? 知っていればすぐに判ることだが非常に誤差が発生しやすい。
従って、第二パラメータが整数になるなら使わない方が無難。
後は、その分の計算量をどこでどう分散させるかだな。

373 :デフォルトの名無しさん:2010/03/15(月) 01:32:38
いまだにミドルウェアっていうのがよくわからない

374 :デフォルトの名無しさん:2010/03/15(月) 11:29:44
>>373
ミドルウェアってのはOSとソフトウェアの中間に値する物
ミドルウェア = DBMSって覚えておけばok

375 :デフォルトの名無しさん:2010/03/15(月) 11:49:53
ヘッダファイルには全ての関数/変数に、extern/staticを付けなければならないんですか?

376 :デフォルトの名無しさん:2010/03/15(月) 12:44:34
いいえ

377 :デフォルトの名無しさん:2010/03/15(月) 12:50:48
>>375
そもそも、ヘッダファイルで定義をしてはいけません。

378 :デフォルトの名無しさん:2010/03/15(月) 15:01:24
中間搾取w

379 :デフォルトの名無しさん:2010/03/15(月) 15:04:54
元ダフ屋が金券ショップになりやがて中央銀行になったようなもの

380 :デフォルトの名無しさん:2010/03/15(月) 21:58:35
>>338

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
void main(int argc, char** argv ) {
char str[0xFF]; double n[1000]; int n_max = 0; int i=0;
FILE* fp = fopen( argv[1], "r"); while( fgets(str,0xFF-1,fp) != NULL ){ n[n_max++]=strtod( str, NULL ); }
srand((unsigned)(time(NULL)));
while( i < 5 ) { int r = rand()%n_max; if( n[r] != 1e+306 ) { printf( "%f\n", n[r] ); n[r]=1e+306; i++; }}
}

くじびき的な何か?

381 :デフォルトの名無しさん:2010/03/15(月) 22:02:18

fopen、fscanf、for、ifのみを使って

という条件を満たしていない気がするのだが、いいのか。

382 :デフォルトの名無しさん:2010/03/15(月) 22:10:58
うむ、randが使えないのが難点だな

383 :デフォルトの名無しさん:2010/03/15(月) 22:11:06
>>380
fgets()の第二パラメータの意味を誤解していそうだ。

384 :デフォルトの名無しさん:2010/03/15(月) 22:45:47
せめて現在時刻がわかれば乱数のように使えるのに
制限が厳しすぎる

385 :デフォルトの名無しさん:2010/03/15(月) 23:27:10
__asm は使ってもいいですか? 関数じゃないからいいよね?

386 :デフォルトの名無しさん:2010/03/15(月) 23:53:32
乱数の代わりに初期化していない自動変数の中身を読むってのは無し?

387 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 00:14:56
厳密なことをいうと、十分にランダムである保証がない
特に乱数や、乱数の種、ましてや暗号関係で使うのは厳禁

あと初期化されていない変数って、規格上は読んでいいんだっけ?

388 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 00:18:33
定義されていないだけで、読むのは別にいいんでない

389 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 00:39:10
>>381

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
static double s;
static int rnd(void){ int p; if(s>1e+8){s*=1e-4;}; if(s<0){s*=1e+8;} s += 0.1*s; return((s<0.0)?-s:s); }
void main(int argc, char** argv ) {
char str[0xFF]; double n[1000]; double d; int n_max = 0; int i=0;
FILE* fp = fopen( argv[1], "r"); for( ; fscanf( fp, "%lf", &d ) != EOF ; ){ n[n_max++]=d; }
s=((double)((long)&str)); rnd();
for( i=0; i<5 ; ){ int r = rnd()%n_max; if( n[r] != 1e+306 ) { printf( "%f\n", n[r] ); n[r]=1e+306; i++; }}
}

な、なんか意味あんのん?… この制限て…(・_; ばたり…

390 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 00:43:09
もうひとつ制限がありました。7行で書いてください

391 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 00:47:44
改行しなきゃいいだけ

392 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 00:53:39
>>390

#include <stdio.h>
static int rnd(double* s){ int p; if(*s>1e+8){*s*=1e-4;}; if(*s<0){*s*=1e+8;} *s += *s*0.1; return((*s<0.0)?-*s:*s); }
void main(int argc, char** argv ) {
double n[1000]; double d; int n_max = 0; int i=0; double s =(double)((long)&n); rnd(&s);
FILE* fp = fopen( argv[1], "r"); for( ; fscanf( fp, "%lf", &d ) != EOF ; ){ n[n_max++]=d; }
for( i=0; i<5 ; ){ int r = rnd(&s)%n_max; if( n[r] != 1e+306 ) { printf( "%f\n", n[r] ); n[r]=1e+306; i++; }}
}

もぅ寝まつ…(つ_\

393 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 01:08:23
>>338
これでどうだ
ウチでは実行するたびに結果が変わったよ
#include<stdio.h>

#define DATA_NUM 1000

int main(void)
{
unsigned long rand_pool[DATA_NUM], rand_num[5];
int value[10], i, index;
FILE *fp;

if((fp=fopen("hoge.txt", "r"))==NULL) return 1;

for(i=0;i<10;i++) if(fscanf(fp, "%d", &value[i])!=1) return 2;

for(i=0;i<DATA_NUM;i++) rand_num[i%5]^=rand_pool[i];

for(i=0;i<5;i++)
{
index=rand_num[i]%(10-i);
printf("%d\n", value[index]);
value[index]=value[10-1-i];
}

return 0;
}

394 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 02:27:07
回答が知りたい。
こんな問題を出した意図とか。

どうせ>>338が問題を書き間違えて重要な情報が抜け落ちてたってオチだろうけど。

395 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 16:26:46
関数で参照渡しするときの所作を詳細に教えてくささい

396 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 16:30:29
まず、参照渡しの定義をしてから質問してください

397 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 16:36:06
C言語では参照渡しはできません
JAVAを使いましょう

398 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 16:37:08
もどきはできるじゃん

399 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 16:37:44
ポインタによる間接参照

400 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 22:08:09
>>395
洒落じゃね?

401 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 22:45:29
sprintfを使って整数から文字列に変換しようとするとき
"%04d",i みたいに前をゼロで埋める指定で、0で埋める個数って変数にできないんですかね?

402 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 22:49:04
*

403 :デフォルトの名無しさん:2010/03/16(火) 23:05:00
なるほど、%0*d , (int) , i でいけました
ありがとうございます

404 :デフォルトの名無しさん:2010/03/17(水) 23:08:23
超初心者ですがよろしくお願いします。
Macでも使えて軽いコンパイラってありますか?

405 :デフォルトの名無しさん:2010/03/17(水) 23:26:55
gccでいいだろうに

406 :デフォルトの名無しさん:2010/03/18(木) 06:44:00
軽いコンパイラって、どんなコンパイラだよ。

407 :デフォルトの名無しさん:2010/03/18(木) 14:35:10
じゃ軽いライブラリで

408 :デフォルトの名無しさん:2010/03/18(木) 15:30:45
俺の作ったコンパイラすごいぜ。

5年前のノートPCなのに、円周率計算させると2秒で5億桁まで出力する。

VisualStudio2008ってソフトなんだけど。

409 :デフォルトの名無しさん:2010/03/18(木) 15:42:31
ネタだろうけど、GMPより糞速いじゃん
http://gmplib.org/pi-with-gmp.html

410 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 00:39:07
gccでプログラム作ってます。
例えば、buff=(char *)malloc(sizeof(char) * 10);とメモリを確保したあと
配列が不足するたびにreallocでメモリを増やしていこうと考えてます。
buff=(char *)realloc(buff, sizeof(char) * 20);という具合に。
そこで悩んだのですが、ある時点でbuffにどれくらいメモリが割り当てられてるか
確認する方法ってないですか?
「* 10」を「* i」みたいに変数を使って確認するしかないんでしょうかね?

411 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 00:41:37
サイズを保存するしか無いよ

412 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 00:46:46
>>411
ありがとう。そうします。

413 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 01:11:33
>>410
> buff=(char *)realloc(buff, sizeof(char) * 20);という具合に。
出たよ。メモリ確保できないときにリークが確定するパターン。
初心者に realloc() 教えるとすぐこれをやらかす。

414 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 01:16:08
鬼の首でも取ったのか?
喜びすぎだろ

415 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 01:20:57
喜んでるわけが無いだろjk
うんざりしてるんだよ。

416 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 02:32:19
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
// 構造体 B
typedef struct tagB { int max_size; char* buff; } B;

// B を初期化する命令
void B_init( B* b ) { b->max_size=10; b->buff =(char*)malloc(sizeof(char) * b->max_size); }

// B のメモリを10ふやす命令
void B_realloc( B* b ) { b->max_size += 10; b->buff = (char*)realloc( b->buff, sizeof(char) * b->max_size ); }

// Bに char を一文字セーブする命令 ( B の buff が短かったら自動的に伸ばしてくれる )
void B_write( B* b, char c, int index ) { if( index >= b->max_size ){ B_realloc(b); B_write( b, c, index ); } b->buff[index] = c; }

// Bから char を一文字ロードする命令 ( B の buff が短かったら自動的に伸ばしてくれる ) 
char B_read ( B* b, int index ) { if( index >= b->max_size ){ B_realloc( b ); B_read( b,index ); } return( b->buff[index] ); }

void main() { B b; B_init( &b ); B_write( &b, 'A', 12345 ); printf("%c\n", B_read( &b, 12345 ) ); }

おこられそう…w(^_^

417 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 02:52:10
>>416
怒りはしないが、ダメダメ。
ロードする関数でrealloc()しても、増えた領域に何にも書いてないから不定値が返るぞ。
それに、セーブする方も任意のindexを指定できるのに一度に伸ばせるのが高々10文字だから簡単に範囲外書き込みになってしまう。
それに、sizeof(char)なんて無意味なことは書くべきじゃない。

418 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 02:55:55
>>413
出たよ。問題の本質と関係ない話をする奴。
buffの宣言がないじゃん、と言ってるのと同レベルだぜそれ。
初心者じゃなくなったと思い込んでる初心者はすぐこれをやらかす。

419 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 02:56:52
そもそも、メモリ確保ができなくなる心配をする前にすることがあるだろうと。

420 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 02:57:08
その程度のサイズでrealloc使うとか、何の冗談だよw

421 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 03:00:21
足りなければ倍にするというやんちゃな方式が時として功を奏することもあるよ
とりあえず、ポインタを元にアロケーションしているサイズを知ることはできないので他で管理しましょう

>>420
ええと。

422 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 09:12:57
どうしても必要ならともかく、入門レベルでrealloc使わせるのはどうかと思うが。
余裕をもとって大きめに領域確保するほうがよっぽどマシ。

423 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 09:15:29
>>413
すぐそのあとに、if (buff == NULL) exit(1); と書けば問題なし。
メモリ不足なら、ほかのところだってまともに動くわけないんだから。

424 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 09:32:48
>>422
それはそれでイヤン

425 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 11:07:20
>>424
サイズをオーバーするかどうかちゃんとチェックするならありじゃね?

426 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 14:55:30
>>425
オーバーしそうになったらどうすんの?

427 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 15:50:24
>>426
・ごめんなさい、私には無理です
・オーバーする分はなかったことにしていいよね

どちらでもお好きに。

428 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 16:08:53
一行が長いテキストファイルを開くと落ちるエディタ
一行が長いと後ろのほうが切り捨てられるエディタ

どっちもいやだなぁ

429 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 16:10:43
4G以上のファイルとかどうやって扱ってんのか気になる

430 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 16:27:26
>>429
4GB以上のファイルを普通に扱える環境なら、64ビットアドレッシングで使うのが当たり前だから特に工夫は要らないよ。
32ビット環境で扱いたいなら、一度に全部開かなければいいだけだからやはり、4GB以上だからといって別段大仰な手間は要らない。

>>428
初心者が作るのなら、取り敢えずそれでもいいのでは? まさか、そのまま保存するわけでもあるまいし。

431 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 19:50:57
文字配列についてお尋ねします

char buf[6] = {'A', 'B', 'C', 'D', 'E', '\0'};
と宣言したとします。

このとき
buf[1]は 'B'が格納されており文字コードが例えば66だとします
buf[1]は数値そのものであるので、if(buf[1] == 66)もしくはif(buf[1] == 'B')のような比較が可能です。(ですよね?)
ここでbufとするとABCDEという文字列を表すことになりますが、このときbuf自体の数値は
bufのアドレスが入っています。(ですよね?)

ここで疑問なのですが、bufは一体どこのアドレスが入っているのでしょうか?
例えば、buf[0]のアドレスと同じものであればAとしか表示されないはずです。
ABCDE\0をもってくるにはbuf[0]からbuf[5]までのアドレスが必要なはずです。

buf自体はアドレスの開始地点で終端文字の\0が現れる部分までのオフセットを割りだし
そのアドレスをすべて与えて文字列を表示しているということでよろしいでしょうか?
回答よろしくお願いします。

432 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 20:01:01
>>431
buf と等価なのは &buf[0]

433 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 20:04:08
>>431
だいたい合ってるが、1点だけ。

> ここでbufとするとABCDEという文字列を表すことになりますが、
bufがABCDEという文字列を表しているわけではない。
あくまで文字列の先頭のアドレスを保持しているにすぎない。
buf == &(buf[0])

puts(buf)で"ABCDE"と表示されるのは、以下のような処理をしているため。
for(char *p = buf; *p != '\0'; p++) { *pを出力; }

434 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 20:07:07
>>431
配列は配列であってポインタじゃない

435 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 20:10:42
char buf[] = {'h', 'o', 'g', 'e', '\0'}
char *p = buf;

buf

'h' 'o' 'g' 'e' '\0'

0x00..... ← p

436 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 20:13:39
グダグダ言ってないでデバッガで変数見りゃいっぱつだろうが

437 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 20:14:09
>>431
>ここでbufとするとABCDEという文字列を表すことになりますが
ここでってどこだよw

438 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 20:26:53
>431
言っていることはその通り何だけど
NUL('\0')終端文字列はNULが現れるまでを文字列とみなすから表示させたい最初の文字のアドレスを渡すだけでいいのよ
あなたにお薦めなサンプルプログラム

#include <stdio.h>
#include <string.h>

int
my_print(char const*str)
{
  size_t i;
  for ( i = 1; i < str[0]+1; ++i ) {
    putchar(str[i]);
  }
  return i-2;
}
int
main(int argc, char **argv)
{
  char foo[6] = {'a', 'b', 'c', 'd', 'e', '\0'};
  char bar[16] = {'a', 'b', 'c', 'd', 'e'};
  char baz[] = {3, 'b', 'a', 'z'};
  memset(bar+5, '\100', 10); /* ゴミを入れる */
  bar[15] = '\0'; /* NUL終端させる */
  printf("%s\n", foo);
  printf("%s\n", &foo[0]);
  printf("%s\n", &foo[3]);
  printf("%s\n", bar);
  my_print(baz);
  return 0;
}

439 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 21:22:55
配列はメモリ上連続しているので、先頭アドレスと型がわかれば計算で出ます。
コンパイラは &buf[5] を &buf[0] + (5 * sizeof(char)) と捉えます。

440 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 21:33:35
プログラミングに使う単語って英語ですか?

441 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 21:37:20
基本的には

442 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 21:43:31
皆さんは英語ペラペラですか?

443 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 21:44:01
My English is poor.

444 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 22:17:57
>>442
fuck u

445 :431:2010/03/19(金) 22:18:43
>>433
buf自体がが先頭アドレスなのは↓に書いたように知ってます
>buf自体はアドレスの開始地点
結局全部
for(char *p = buf; *p != '\0'; p++) { *pを出力; }
これやってるだけなんですね…

446 :431:2010/03/19(金) 22:24:21
>>439

buf[5]を例えばprintfするときはオフセットで
文字列を全部表示するときはポインタをズラす方法で表示しているのですか?

for(char *p = buf; *p != '\0'; p++) { *pを出力; }
このようにポインタをズラしているのか、
それとも
&buf[5] を &buf[0] + (5 * sizeof(char))
のようにオフセットで計算しているのか
内部の処理はどっちなんでしょうか?

それが>>431の質問で一番知りたいことなんですが


447 :431:2010/03/19(金) 22:26:02
>>436
オフセットで計算したものか、ポインタをズラしたものなのか
格納されたアドレス見るだけじゃわからないんですよ…

448 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 22:26:32
どういう風にprintfを作るかなんて決まってないしコンパイラメーカーが勝手にやってるだけだよ
きっと、前者だろうなって気はするけど

449 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 22:27:39
前者な気がする

450 :431:2010/03/19(金) 22:28:24
>>448
そうなんですか…
どっちが主流なのか知りたかったのですが(速度とかいろんな意味で)

451 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 22:30:39
そんなこと知ってどうすんだろ

452 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 22:31:24
速度とかそれこそきまってねえだろ
おまえはなにか?コンパイラは全て同じ中身じゃないといけないと思ってんのか?主流ってなんだ?どの環境の主流だ?
クソして寝ろや

453 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 22:33:28
>>450
もう答えは出てるだろう。文字列探索程度のコストを気にするより
もっと他の所の速度を気にしろ。

454 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 22:35:29
簡単なプログラムつくって、最適化全部はずしてバイナリを逆アセンブルして追っかけてみれば?
ペンティアム以降になると急に難しくなるから、LSICの試食版あたりからははじめて
あるいはgccならprintfもソースみれるよ

そうやって3,4個調べてみれば主流もわかるんじゃね

455 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 23:38:50
robot C わかる人いる?

456 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 23:41:38
ボクは個人的には
char c[1234]
ってのを

putchar( c[0] ); putchar( c[1] ); putchar( c[2] ); putchar( c[3] ); putchar( c[4] ); putchar( c[5] ); 〜〜〜ずーっとつづく
って書くよりも

char* p=c;
putchar( *p++ ); putchar( *p++ ); putchar( *p++ ); putchar( *p++ ); putchar( *p++ );  〜〜〜ずーっとつづく
って書く方が、コピペが楽なので好きですw


457 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 23:43:53


458 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 23:44:02
頭おかしいのかおまえ

459 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 23:52:53
俺がコンパイラなら syntax error 出すわな

460 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 23:53:21
最終的にはsystem callを追っかけてlibcやkernelに入りそうだな

461 :デフォルトの名無しさん:2010/03/19(金) 23:59:13
int 21Hで終わりでいいじゃん

462 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 00:06:12
char c[1234];
ってのは、使うときは putchar( c[3] ) みたいにして使います。 c[0] なら最初の文字、c[3]なら3番目の文字です。  

&c[3]  みたいに、頭に&マークをつけると、このデータがメモリのどこに書かれてるかがわかります。配列の先頭が、メモリのどこにあるかは &c[0] でわかります。

使うときにカッコを取って c って書くと、 &c[0] って書いたときと同じ数字がわかります。 この c そのものを c++ ってやって一個増やすと、
char型の配列なら、char一個分だけメモリをさしてる場所が増えます。 だから c++ とすると、つぎに使うときは c は &c[1] といういみになります。

int型の配列なら、int i[1234];

463 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 00:08:19
i++ で int の大きさ分だけ増えます。 

や〜めた

464 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 00:14:26
>462
またまたご冗談を

465 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 00:19:03
>>462
そんなコンパイラなんて…
あるかもしれないが規格無視じゃないか

466 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 00:27:03
>>462
その場合cは定数だからc++なんて出来ないだろアホ

467 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 12:12:22
>>466
アホは君だよ

468 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 13:03:44
>>467
ほー

char c[1234]; c++; とやってエラーが出ないとでもいうのかい

469 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 13:13:09
定数だからできないというのがだめだという分かりにくいツッコミなんじゃないの

470 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 13:37:16
>>469
落としどころはどこですか?
意味不明なんだけど
コンパイラはコンパイルエラーを吐きますが

471 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 14:40:58
なんか必死だな

472 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 14:44:08
>>470
煽っても何がどう違うのかは説明できないから、答えは返ってこない。
放置しましょう。

473 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 17:26:23
>>469
単に理解できなかっただけってことか

474 :462:2010/03/20(土) 19:25:20
まちがえててすいませんでした。なるほど〜 c は変えちゃいけないポインタだったんですね。はじめてしりました。
べんきょうになるなぁ〜


475 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 19:42:00
ブログでC言語に関することを書いてるのですが、
ソースをページに表示するときに、そのまま貼り付けるだけだと
TABで字下げされなかったり、コメントが色分けされなかったりして
見にくくなってしまうのですが、なにかいい方法はないでしょうか?

476 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 19:44:33
codepadに貼りつけてリンクを貼ればいいよ

477 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 19:53:25
>>475
<PRE>タグと<TT>タグ

478 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 19:55:35
>>475
どこのブログでもソースをそのまま貼る機能くらいあるだろ。

479 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 19:58:14
>>475
色分けについては自動でタグつけ(CSS使ってclass指定)してくれるツールを自分で作る

480 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 19:58:34
はてなで

481 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 20:04:31
>>475
SyntaxHighlighter

482 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 20:14:30
>>481
おお、これはラクチンだ

483 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 20:33:45
char buf[6] = "abcdef";
fputs(buf, stdout);

↑が意図どおりに動かないことがわかれば終端文字の意味もわかる

484 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 20:35:57


485 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 20:40:04
>>483
たいていは意図どおりに動くような気がする

486 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 20:41:29
プログラマが意図した通りに死んでくれるな

487 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 20:47:07
いや、意図した通りにSegmentationFaultを起こしてくれずにしばしばcharbuf[] = "abcdef"と同じように振舞ってしまうと思うぞ。

488 :475:2010/03/20(土) 21:09:05
みなさんレスありがとうございます。

>>481
これダウンロードして、中に入っていたtest.htmlに自分のソース貼り付けて試してみたのですが
日本語コメの部分が文字化けしちゃいました・・・orz 残念
日本語コードとかによっては文字化けしないで使えるのかな・・・みなさんはいかがですか?

489 :475:2010/03/20(土) 21:10:02
<書き忘れ>
でも、行番号まで表示されるのはすばらしいですね!

490 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 21:15:47
フフフフ

491 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 21:18:52
>>467
コンパイルしましたか?
>>462 の c はインクリメントできないという指摘は間違いないのですが。

492 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 21:34:46
>>488
日本語エンコーディングに注意すればおk

493 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 21:56:51
メモリの動的確保は失敗することがあったり確保開放が遅かったり、多少めんどくさいところがあるので、
下のコードのようにあらかじめ十分大きなサイズの配列を確保する、という方法がいいんじゃないかなぁと思うんですが、
あまり見ない方法ということは、あんましよくない方法なんでしょうか?もしそうなら理由を教えていただきたいです


int func(BYTE n)
{
    int temp[BYTE_MAX]; // int *temp = (int *)malloc(sizeof(int) * n); の代わり

    /* tempを使って処理、少なくともn個のint領域が同時に必要 */

    return temp[0]; // tempのデータから最終的にintを一つ取り出す
}

494 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 22:16:07
・BYTE_MAXが定数である必要がある
・BYTE_MAXの値によってはスタックオーバーフローが起きるかもしれない

495 :475:2010/03/20(土) 22:22:56
>>492
test.htmlのヘッダ部の charset=UTF-8 を charset=SHIFT-JIS に変えたら
ちゃんと日本語で表示されました。
自分の貼ったソースが(意識してなかったけど)SHIFT-JISだったからみたいです。
ただし載せようとしてるのがFC2ブログでEUC-JPなので、その差異をどうしようかなって感じですが。

496 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 22:23:04
allocaは遅いのかな?

497 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 22:24:02
>>496
スタックを使うからスタックオーバーフローの可能性は十分ある

498 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 22:27:21
>>495
アップロードするときに自動で文字コード変換するようにするとか
最初からEUC-JPで書くとか

499 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 22:28:21
mainで作業用の配列用意して関数に渡せば?

500 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 22:30:18
>>493
BYTE_MAXが大きくなかったらそれでもぜんぜん問題ないよ。

501 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 22:31:08
>>499
再帰使うときに要注意だし、作業用の配列を他で使うかもしれないというリスクも増える
それなら関数内で static で確保したほうがマシ

502 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 22:33:01
>>494
C99は初めてか?力抜けよ

503 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 22:33:41
C99ってスタンダードじゃないじゃん。

504 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 22:33:52
BYTE_MAXってくらいだから、256くらいだったりするのかな?
そのくらいのサイズだったら、ローカルに配列で持っても
ぜんぜんふつー。
数キロとか数十キロくらいのサイズならぜんぜんおk。

505 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 22:55:03
>>493
「十分大きなサイズ」があらかじめわかっていて、スタックに十分な余裕があるならそれでいい
あとはうっかり再帰させなければおk

506 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 23:32:04
んで解放し忘れてメモリリークするんだよな

507 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 23:36:24
自動変数がリークするってすごいな

508 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 23:39:43
alloca使おうぜ

509 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 23:44:21
alloca()を使うくらいなら、c99を使えばいいじゃん。
今時alloca()が用意されているコンパイラならc99でも通るだろ。

510 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 23:50:35
みんなANSI C
お前だけ99

511 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 23:58:42
C99使うくらいならC++使うだろw

512 :デフォルトの名無しさん:2010/03/20(土) 23:59:49
>503==>510==>511?
知らないことは素直に知らないと認めた方が宜しいかと。
知らないことは罪ではないが、自分を偽るのは罪だ。

513 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 00:02:25
VC++もC99じゃねーからな

514 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 00:03:20
>>513
VC++にalloca()は実装されているの?

515 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 00:03:34
みんなANSI C

516 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 00:07:58
C99完全準拠のコンパイラってあるの?

517 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 00:12:48
>>514
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/wb1s57t5.aspx

518 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 00:17:19
なるほど、それじゃVC++では_malloca()を使えばいいから、やっぱりalloca()はユーザが使う必要のない子だね。

519 :475:2010/03/21(日) 00:54:08
http://ascii.jp/elem/000/000/401/401907/
ここに乗ってるやり方でやってたら、表示できるようになりました。
文字コードの件は、編集用のページにソースをコピペした段階でEUC-JPに変換させるみたいで、あらかじめ変換しなくても大丈夫でした。
あと、改行の扱いをHTMLタグのみにしないとちゃんと表示されませんでした。
以上ご参考まで。

520 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 02:05:55
Hello \n world!w

521 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 09:42:46
>>509
alloca()はふるい関数だから、C99でなくてalloca()が通るコンパイラとか余裕。


522 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 12:11:49
テキストから読み込んだ文字列を定数のシンボルに変換することはできないんでしょうか。
/* main.h */
const int TEISU = 10;
/* main.c */
#include "main.h"
if((テキストから読み込んだシンボル) == TEISU){
  処理
}
/* テキスト */
TEISU

523 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 12:17:26
atoi?

524 :493:2010/03/21(日) 12:18:27
レスありがとうございました
どうやら今やってるケースでは大丈夫そうなのでこのままやろうと思います

525 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 12:27:01
>>522
できない

526 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 12:54:34
>>521
なんで具体例を挙げないの?w

527 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 12:56:16
別個変換テーブルを用意しておくしかないのかなあ

528 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 13:18:42
syntax highlighter使ってて、ソースの表示はできたのですが、
ブラウザによってはアンダーバーがところどころ消えて半角スペースになってしまいます。
(例:IEだとダメ、Safariだと問題なし)
対処法ご存知の方いませんか?

529 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 13:20:31
スレチ死ねば?

530 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 13:40:10
IEだから仕方がない。

531 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 14:57:04
自己解決できました
お騒がせしました

532 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 17:44:08
#include <stdio.h>
main()
{
printf("Hello\nWorld!\n");
}


なにか間違いはありますか?

533 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 17:50:09
main関数の戻り値が無い。

534 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 17:54:45
>>533
戻り値といと?
初心者なので詳しくお願いします


535 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 17:56:18
くだらない免罪符晒してないで検索位しろよ

536 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 17:56:25
どこの糞サイト見ながらプログラミングやってんの?

537 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 17:57:48
>>532は本当に間違っているのでしょうか?
買った本に書いてあることそのまま書き写しただけなんですが

538 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 18:02:31
戻り値と言うのはreturn 0;ですか?
本には載ってません
ちなみに本はCの絵本「http://utun.jp/3uA」ってやつです

539 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 18:04:18
古い時代のCはそういう書き方をしていた時期もあるのでコンパイルは通るかもしれないが、
そんな本捨ててしまったほうがいい。

540 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 18:04:39
Cの絵本は糞だから捨てろ

541 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 18:06:56
hello, worldは小文字、感嘆符を付けるなぞもってのほか

542 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 18:07:24
え!
そんなにひどいんですか?
どこかいいサイトを教えてくれませんか?

543 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 18:07:48
何で間違いがあるんじゃないかと思ったの

544 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 18:09:23
>>539
古いっていうか、新しいCやC++でmainのreturnは省略化とはっきり決まった。
古いCでも、K&Rのhello worldとか省略してある。

545 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 18:09:29
Cの絵本についてamazonより
>初心者でも、入門編を一通り読みこなした人でなければ
>いきなり読んでも良く分からないと思う。
>細部までの解説が不十分なので
結論、今すぐ捨てろ。
>>542
C言語で調べれば出てくる上位のサイトで勉強すれ

546 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 18:12:36
>>543
Visual C++2008でデバッグをしたところビルドエラーが出たからです
下のほうには「'#include "stdafx.h"' をソースに追加しましたか?」とでています

547 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 18:14:28
それはプロジェクトの作成ミスだと思うぞ

548 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 18:14:50
むしろ、ちょっとしたサンプルを示すのに、main()のreturnが省略
してあると、わかってるやつっぽいな。

2chあたりで、数行のサンプルだからと思って、returnを省略すると
揚げ足を取りたくてしょうがない厨房が、煽ってきて、
returnが省略できるって知らないのって煽り返すと、涙目で
暴れだして、省略してはいけないって屁理屈を延々と続けるって
いつものパターン。

549 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 18:15:46
警告でるじゃん

550 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 18:17:33
コンパイルエラーを解説する本が必要だな

551 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 18:17:54
Visual C++2008を使ってる方、正しいプロジェクトの作成方法について教えてくれませんか?

http://utun.jp/3uR」と「http://utun.jp/3uJ」どちらがいいと思いますか?

552 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 18:17:56
>>548
落ち着け。

553 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 18:25:59
>>551
よくわからないけど、IDEからプロジェクトの新規作成ってやるか、
パスの設定とかしてコンソールでやるのとどっちがいいかって話?
どちらでもいいけどIDEからやればいいんじゃない?


554 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 18:27:32
IDE?
[http://homepage3.nifty.com/ishidate/vcpp08_1/vcpp08_1.htm]を見てやりました


555 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 18:27:43
>>551
そのサイトに作成方法載ってる

556 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 18:35:36
fsljfだfjぁdぁdfじゃdlfjdfsdg
もう、何が何だか分かりません

557 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 19:17:44
君にCプログラミングなんてまだ早すぎたんだよ・・・。

素直にhtmlでTable作る練習でもしてなさい。

558 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 19:29:03
mallocで確保した領域を、使い終わったらfreeで解放する必要があるのですが、
それをやらずにすむ方法はないのでしょうか。
スタック変数の場合、関数呼び出しが終わった際に自動で解放されるのでプログラマは
解放を意識する必要はないからいいのですが。
それずるくありませんか。

559 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 19:34:12
alloca

560 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 19:35:29
ポケコンでもできますか?

561 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 19:44:19
asm文を含むプリプロセッサで専用の「リターンアドレス書き換えちゃうよブラザー」なmalloc作ればいいんじゃないかな
returnの後にfree処理を経由して戻る


562 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 19:46:51
>>558
一般に、領域の生存期間は静的に決定できない
したがってプログラマ側が明示的に操作してやるしかない
あるいは、ガーベジコレクタを使うか

563 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 19:53:23
コンストラクタでmemallocしてデストラクタでfree

564 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 20:00:36
main()のreturnを省略してwarning出さないようにするには
どうするのが理想的?

565 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 20:01:59
void main()

566 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 20:03:06
alloca()で取得したメモリをreallocすることは可能?

567 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 20:03:20
昔は↑だったな 最近return書かれるように

568 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 20:19:46
>>564
新しいコンパイラを使う。

569 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 20:23:49
VCの2008は、int main() でreturn省略しても警告はでない。

570 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 20:25:31
○○では、××では〜ってそんな解答ばっかり

571 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 20:25:36
そこは出して欲しいところ。
intを返すよと宣言しといて何も返さないんじゃ、いわばプロトタイプエラーだ。

572 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 20:57:34
>>570
規格への対応状況は有益な情報ですね。

573 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 20:58:34
汎用性がないコードだな

574 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 21:00:09
>>571
main()は特別扱いだから。

そもそも、リターン値がvoidでない関数で、returnを忘れても
エラーにならないCの仕様をなんとかしてほしい。

575 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 21:11:03
なんかしらんがmainの戻り値の型をintとするよりはvoidのほうが節約になるんじゃね?
0か1を返すだけでもメモリ使うからな

576 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 21:18:11
>>575
規格でmainの型はintと決められてる。

577 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 21:57:42
reallocでサイズを大きくしたとき、変更前にその領域に入っていた値は消えるの?

578 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 22:11:50
>>577
消えないよ。

579 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 22:22:33
>>563
スレをお間違えでは?

580 :デフォルトの名無しさん:2010/03/21(日) 22:32:57
>>554
「石立 喬の旅行」はこちらへ
http://homepage3.nifty.com/ishidate/vcpp.htm
そのサイトで紹介しているのはC++/CLIだから、別のサイトにしたほうがいい。
Google[C言語 勉強]


581 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 00:21:03
>>554
http://homepage3.nifty.com/ishidate/vcpp05_1/vcpp05_1.htm
既存のプログラム(たとえばSample.cppなど)をファイルから読み込み、プロジェクトを作成して実行する

582 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 00:25:27
C++ならC++スレへ。
VisualStudioの使い方ならVisualStudioスレへ。

583 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 00:41:56
>>561
ガーベジコレクタをC言語で実装することは可能ですか

584 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 00:49:15
C++使えよ

585 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 01:02:13
>>584
C++なんて私にはとても。Cでもっと学ばなあかんことがたくさんあるんです。特にポインタとか構造体なんかは…

586 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 01:16:19
>>583
勿論可能ですが、こんなところでそんな質問をするような人には難しかろうと思われます。
大人しくSTLの勉強をしてC++を使うか、いっそC#でも使っててください。

587 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 12:44:23
>>576
えっ・・・

588 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 13:27:01
いつもC++使えって言う人なんなの?
きもいんだけど。

589 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 14:25:21
>>587
え?

590 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 14:28:43
int main(void) と int main(int, char**) を
最低限サポートしなくてはならないだけであって
環境依存で他の型をとることに問題は無い
実際 int main(int, char**, char**) とか普通にあるしな(3つ目は環境変数)

591 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 14:37:05
>>588
なんでCにしがみついているの?
適材適所だと思うけど。

そりゃさぁ、40過ぎで新しいことを吸収できなくなってしまったようなロートルなら無理もないとは思うけどね。

592 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 14:54:15
スレ違い

593 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 15:01:00
板違い

594 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 15:11:14
ただの気違い

595 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 15:38:53
>>590
引数の事は話題になってないとおもわれ。

596 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 16:54:00
>>591

ロートルとかじゃなくても組み込みの仕事だとアセンブラはさすがに減ってるけどCが多いよ

あんたが使ってるPCのOSやドライバはC++つかえるかもしれんけど
キーボードやマウスやディスプレイやハードディスクや、掃除機や洗濯機や
おそらくほとんどはC++なんか使えないし使えても無駄だから使わないぜ

つまりCを使わざるを得ないから使ってんでしょ、
そうじゃないならC++を普通に使うじゃん

スレタイトル読んでみればわかるとおもうけどC++を使えって言うほうが、よりおかしい

597 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:03:03
>>596
なんでC++使えないの?
コンパイラが無いの?

598 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:04:36
C++、使えますよ

599 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:06:23
ドライバはCで書くことの方が圧倒的に多いな。Linuxだと。

600 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:06:46
掃除機や洗濯機でC

しったかもいいところw


601 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:07:21
>>596
> 使えても無駄だから使わないぜ
※ここにミッシングリンクの顕著な例が見られます。
> つまりCを使わざるを得ないから使ってんでしょ、
> そうじゃないならC++を普通に使うじゃん

602 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:07:22
そもそもスレタイ読めない人をかまっても時間の無駄。

603 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:08:28
C++にすると、メモリもCPUも期待するものがちょっと良くなるから
少しでも部品をケチるとCだよ 
コンパイラ自体も多いしね(つまり枯れてるから問題も少ない)

炊飯器で、飯炊きクラス継承しておかゆクラスとか作ってるの馬鹿っぽいじゃん

604 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:10:51
アプリしか作れないゆとり乙qwwwwwwwwwwwwww

605 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:12:30
C++の話題はスレ違い

606 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:15:18
C++ はひどい言語だ。これは、多くの平均以下のプログラマーが使ってるために
さらに輪をかけてゲロゲロになっていて、どうしようもないゴミが簡単に生産されるようになってる。
正直いって、C を選ぶ理由が C++ プログラマーを追っぱらうため”だけ”だったとしても
それ自体、C を使う強力な理由になりうる。

607 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:18:15
確かにC++でエレガントなソースは見たこと無いな

608 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:18:19
某バカ売れしてる液晶テレビもCだったな
コメントとか//が使えたり構造体の宣言をC++風に書いても大丈夫なくらいのCだったけど

609 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:20:33
>>607
おまえがエレガントといえるCのソースを晒してみろよ

おそらく晒せないと思うがなw

610 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:20:58
>>606
http://warp.povusers.org/OpenLetters/ResponseToTorvalds.html
> Just this paragraph alone has so many logical fallacies in it that it's hard to even decide where to start.

611 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:24:54
いや別にC++が嫌いとかそういう話じゃなくて、
Cの質問スレで、質問者にC++使えよ、とか断りもなくC++の回答しちゃうやつとか
頭沸いてるんじゃねーの?

612 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:28:53
断りもなくC++で回答しちゃうのはダメだと思うが、
まさにC++で解決される問題についてC++を勧めるのは間違ってないと思うよ。
質問者がC++を使えない(使わない)と明示してない限りはね。
だって多くの環境ではCと同時にC++も使えるんだから。

613 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:29:35
「STL使えよ」をNGワードにしておけ

614 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:33:09
>>612
>質問者がC++を使えない(使わない)と明示してない限りはね。

明示して無くても、質問者がC++を知っている前提で回答しているのがムカツク。
混乱させてどうするのかと。
せめて一言「Cじゃないけど...」ぐらい付け加えておけ。

615 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:34:46
>>614
それは「断りもなくC++で回答しちゃう」やつだろ。それがダメだってのに反対してる人は居ないよ。

616 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:39:37
↓まとめ

617 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:40:14
>まさにC++で解決される問題についてC++を勧めるのは間違ってないと思うよ。

スレたい嫁よ
Qホモにもてますが女にもてません、どうすればいいですか?
Aまさにホモになれば解決する問題ホモを進めるのは間違っていないと思うよ

618 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:41:23
\   / .::::::::::::::::::::::::;;:;;::,ッ、::::::   )  く   ホ  す
  \ l  ,ッィrj,rf'"'"'"    lミ::::::: く   れ  モ  ま
     Y           ,!ミ::::::: ヽ  な  以  な
`ヽ、  |           くミ:::::::: ノ   い  外  い
     |、__  ャー--_ニゞ `i::::,rく   か  は
``''ー- ゝ、'l   ゙̄´彑,ヾ   }::;! ,ヘ.)  !  帰
      ゙ソ   """"´`     〉 L_      っ
      /          i  ,  /|    て    r
≡=- 〈´ ,,.._        i  't-'゙ | ,へ     ,r┘
,、yx=''" `ー{゙ _, -、    ;  l   レ'  ヽr、⌒ヽ'
        ゙、`--─゙      /!         `、
  _,,、-     ゙、 ー''    / ;           `、
-''"_,,、-''"    ゙、    /;;' ,'  /         、\
-''"    /   `ー─''ぐ;;;;' ,'  ノ      
   //    /     ヾ_、=ニ゙

619 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:48:14
女にもてないのはホモになれば解決するわけではない。
C++を使うことはホモになるのと同じぐらい難しいわけではない。

620 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:50:25
いやC++使いたいならCのスレ来ないでしょjk

621 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:53:24
>>612
>まさにC++で解決される問題についてC++を勧めるのは
回答者を馬鹿にしすぎてる。

622 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:57:56
C++みたいなゴミ言語を薦めると罠だろ

623 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 17:58:49
ここの質問者レベルの開発規模なら問題ないよ

624 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 18:17:35
俺もそう思う

ここに来て聞いてる時点でCの話だと思う

そこでC++の話されて、
「ああ、そうか」とか「なるほどその手があったか」なんて人はそもそも極めて少ないと思う

>まさにC++で解決される問題

おそらくこういった質問をしてくる場合の一番多いパターンはc++の使用を考えたこともない人ではなくて
C++だとXXがあるんだけどなぁCにはないのかな
みたいな人だと思う

625 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 18:20:36
そうでもないんじゃないかな?
可変長配列なんかはその典型で、C++なら比較的簡単に実装できることを知らない人は実際多いし。
# VCを使っていてさえ知らない輩も!
まぁ、いずれにしても噛み付く馬鹿が一番鬱陶しいわけで。

626 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 18:26:04
だからって、あーじゃあCやめてC++にしよう
って思う人が、このスレの質問者の中にどれだけいるかね?

普通は「Cの回答」を期待するでしょ。
C++の知識があって切り分けられるならいいけど、知らなかったとしたら混乱するだけ。

627 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 18:29:07
じゃあC++とインラインアセンブラ使うの禁止な

628 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 18:31:38
っていうか1を読めば、もとからそうじゃじゃね
C++はスレ違いだし、インラインアセンブラは環境への依存を少なくして書くのは難しいし

629 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 18:31:43
>627
あたま大丈夫?

Cで実装しなくちゃいけないのに、C++でやれよとかC++の回答もらっても嬉しくないだろ。
(しかも頼んでもないのに!)
むしろぶち切れるわ。

630 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 18:31:51
> 知らなかったとしたら混乱するだけ。
どうしてそうなるんだw
C++の知識を必要なだけ補充して切り分ければいいだけじゃないか。

631 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 18:33:13
>>630
それをこのスレで強要するのは間違い。
しかもスレ違い。

632 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 18:35:15
CとC++は別物だろ
単純なことで、C++がCの機能を使えるからって
CがC++の機能を使えるって訳じゃないでしょ

633 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 18:36:01
回答することは強要することじゃないでしょ。

634 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 18:38:45
とりあえずC++の回答するなら
一言Cじゃないよって断っておけよ。。

635 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 18:40:00
はい。

636 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 18:41:38
>>634
初めからそういう結論だろ

637 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 18:41:40
ま、そもそもスレ違いだし

638 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 18:43:27
>>636
いやこのスレ見てると質問者の意図無視して断りもなくC++の回答するヤツが
たくさんいるから、つい。すまんかった。

639 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 19:13:17
ずっと前からいるよ。空気もスレタイも読めないC++厨が。

640 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 19:47:26
C++に異様に固執する奴ってなんなんだろうな

始めて学んだ言語がC++で、ずっとC++を使ってた結果
それ以外を認めることができなくなってるようにみえるよ


641 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 19:54:05
デストラクタやガベージコレクタが欲しかったら別の言語使えって流れだったのでは?

642 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 19:54:07
Cに異様に固執する奴ってなんなんだろうな

始めて学んだ言語がCで、ずっとCを使ってた結果
それ以外を認めることができなくなってるようにみえるよ

643 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 19:55:10
じゃあ間を取ってJava

644 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 19:58:14
Javaこそ仕事で嫌々使う言語代表じゃないか

645 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 19:58:53
C言語の入門スレでどの言語が一番とかwww

646 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 19:59:25
まあ、あれも複雑すぎだよね。

647 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 20:00:51
Javaほどデストラクタと相性の悪い言語もないで

648 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 20:19:20
\   / .::::::::::::::::::::::::;;:;;::,ッ、::::::   )  く   C  す
  \  l  ,ッィrj,rf'"'"'"    lミ::::::: く   れ  厨  ま
     Y           ,! ミ::::::: ヽ  な  以  な
`ヽ、  |           くミ:::::::: ノ   い  外  い
     |、__  ャー--_ニゞ `i::::,rく   か  は
``''ー- ゝ、'l   ゙̄´彑,ヾ   }::;! ,ヘ.)  !  帰
      ゙ソ   """"´`     〉 L_      っ
      /          i  ,  /|    て    r
≡=- 〈´ ,,.._        i  't-'゙ | ,へ     ,r┘
,、 yx=''" `ー{゙ _, -、    ;  l   レ'  ヽr、⌒ヽ'
        ゙、`--─゙      /!         `、
  _,,、-     ゙、 ー''    / ;           `、
-''"_,,、-''"    ゙、    /;;' ,'  /         、\
-''"    /   `ー─''ぐ;;;;' ,'  ノ      
   //    /     ヾ_、=ニ゙

649 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 20:28:58
>>642
ここがC言語のスレだからじゃね?

きのこスレでたけのこマンセーしてれば殺されても文句は言えんところだ

650 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 20:32:17
中間を取るのならObjective-Cだろ
これはかなりCに近い

651 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 20:32:28
自虐なら許されるから、そこんとこ考えて巧妙に批判しないとさ

652 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 21:05:27
凄い前から思ってるんだけど、
いい加減「C/C++なら俺に聞け」ってスレタイに変えてもいいと思うけど
Cだけに固執する意味が分からん

653 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 21:14:00
>>652
「C++なら俺に聞け」
スレ立ててそこで勝手にやれ

654 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 21:18:36
>>652
それなら別のスレがいくつかあるじゃん

655 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 21:18:57
Cのメリットは自分で考えた設計・アルゴリズムをコーディングレベルに置き換えられる点だと思います。
Cほど初心者に優しい言語は他にないと思うのです

656 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 21:27:18
いや別にどの言語でもできるよ?

657 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 21:30:03
凄い前から思ってるんだけど、
いい加減「C/N88-BASIC(86)なら俺に聞け」ってスレタイに変えてもいいと思うけど
Cだけに固執する意味が分からん

658 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 21:32:00
C++/Java/Objective-C/(C#)についてはなるべく聞かないで
下さい。直系の類似文法であるので答えますが、合っていると
は限りません。なるべく専用スレへ。

659 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 21:35:44
「C以外は他で聞け」ってスレタイにしたらどうか?

660 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 21:35:57

誰も聞いてないでしょw
回答者がお節介しているだけ

661 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 22:11:49
642==652==いつものC++厨

662 :デフォルトの名無しさん:2010/03/22(月) 23:47:29
>>642=652って、単にC言語が書けない奴なんじゃねーの?
だからなんでもかんでもC++で回答して、プログラム書ける俺スゲーwwとか思ってんだろ。

663 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 00:11:48
いやさすがにC言語やらずにC++から始められる人はいないんでは・・

664 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 00:15:08
ちょうど別のスレでC++だけやれば良いとか言ってる人がいるね

665 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 00:19:10
そこでC99でう

666 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 00:21:58
>>663
普通にいるよ。同様にC++を知らずにJava覚えた人もたくさんいる。

667 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 00:35:17
詭弁だろそれは

668 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 00:37:49
どこがどう詭弁なのか詳しく

669 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 00:41:02
Cを知らずにC++を覚えることと
C++を知らずにJavaを覚えることは
同様ではない

670 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 00:42:27
JavaコンパイラもC++コンパイラもC言語コンパイラ無しに
製造するのは非常に難しいと思われ
Javaはある程度ここから始めてもC/C++をどっかで自習する
限り問題無い水準にあるんじゃねぇがと.
さすがにJava一辺倒で押していくのは無謀。
JavaScriptという逃げ道があるんで、行き詰まったらそこに
逃げて充電しながらリタイヤか再挑戦かを決めるのが吉かと
C++はCは勿論Javaの素養が必須。
Objective-C?シラね

671 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 00:45:50
JAVAだけは学習する気にもならない
C++はいつかチャレンジしたい

672 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 00:46:59
Javaが一番使われてる言語だろ

673 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 00:49:25
Cでは大規模なプログラムは書けないので、C++を使った方がいいです

674 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 00:51:30
>>669
全く同じだよタコw

675 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 00:56:03
>>673
C++で大規模なプログラムを書こうとすると散々なことになるよ

>>674
全っ然違う。Javaを覚える前にC++を覚えましょうなんて習慣はない

676 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 00:57:10
CもC++も時代遅れ
これからはC#だ

677 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 00:58:02
これからはHaskellだろjk

678 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 00:58:12
プログラミングで必要とされる力の僅か5%の部分の議論ですな
しかしその5%の部分が意外な程その後の運命を決定付ける。
Cを選ぶかC++にするかJavaにするか....結構悩ましい問題
じゃないかと...

679 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 00:58:20
C#のコンパイラだってC/C++で書かれてるだろ。窓の中に引っ込んでろ

680 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 01:10:13
>>675
Java自体がC++を参考にして作られてるのに、お前は何を言ってるんだ…

681 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 01:13:34
>>680
やっぱりね。C→C++→Javaの歴史的な流れのことを言ってるんだと思ったよ
別にこの順で学ぶ必要はない。C++の前にはCを学ぶのが一般的だが
Javaはこの限りではないし、初心者がJavaから入るのも良しとされている。GCもあるしね

682 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 01:16:59
なぜなら、C++はC+αだが、JavaはC+++αではないから

683 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 01:19:09
Objective-C=C+
Java= ((C++)--)++
C++=(Java--)++

684 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 01:19:29
>>670
なんでJavaScriptがでてくんだ?
CやJavaと同じ考えをしてたらまともなものができないからこその気分転換ってことかなぁ。。。

685 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 01:19:33
一番簡単だといわれているCがまだまともに使いこなせない俺はいつになったらC++とかJavaに行くことが出来るのだろう・・・

686 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 01:22:05
>>685
新しい怒首領蜂(東方でもいい)よりも古い達人王の方が難しいだろ?
けど、達人王よりも新しいゲームのほうが覚えることが多いだろ?
そういうことだ。

687 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 01:23:16
>>681
単に習慣ってだけならC++の前にCを学ぶ道理もないよ
なぜならCで使えるものがC++で使えないことがあるから
言い換えればC++からαを引いてもCにはならない

688 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 01:23:49
Cが一番簡単だというのには賛否両論あるよね。ポインタやメモリ管理が難しいという人もいるし
最初のプログラミング学習に最適だとは思うけど

689 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 01:33:22
>>687
C++からα引いてCにならないことと
Javaからα引いてC++にならないことは次元が違う

690 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 01:42:25
>>689
は?JavaはC++ + αではないんだろ?αって何よw

691 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 01:45:23
それをお前が認めるなら、>>666が詭弁であることは自明だな。QED

692 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 01:46:16
>>685
新しい言語ってのは、古い言語の欠点を補うために必死なわけだよ。
そのために大抵は何かが犠牲になってる。

C→C++は互換性を保ちつつ新しい要素を入れた。これにより、C++本来の思想とは異なった、
ベターCとして利用するプログラマが現れた。
信じられないかもしれないが、boostはおろか、STLまでもを禁止するプロジェクトが存在する。

C++→JavaはCの部分を切り捨て、VMにより、移植の手間を大幅に省いた。
しかし、パフォーマンスが落ち、VMの制限により、ネイティブなやり取りは難しくなった。

C#は実行時に環境に応じた最適化を行うことで、パフォーマンスの劣化という欠点を補った。
しかしそれでもシステムの深いところを触ることは難しかった。代わりに架け橋となる技術を提供した。
どんどん言語仕様も変化していった。これにより、他のプラットフォームがついてこれなくなり、
結果として同一言語による移植ということが困難になってしまった。

初心者こそCを学べ、という意見も分かるし、初心者はとっつきやすいC#あたりを学べという意見もよく分かる。
個人的にはCから入ったほうが、あとが楽なんではないかなと思っている。

スレ汚しだったらスマソ。

693 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 01:50:48
Cから入った方が、コンピュータのことについてよく分かると思う

694 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 01:53:46
C++はベターCとして使うに留めるのが正解だよ

695 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 02:00:18
>>691
逆だろ能無しw
おまえがJavaからα〜つったんだろw
つーかおまえこそ詭弁並べてるだけじゃん
習慣のみをもって学習の順序とか言ってるし
Cを知らずにC++覚えるヤツは存在する
同様にC++を知らずにJAVA覚えるヤツも存在する
これだけが事実だ

696 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 02:02:43
Cを飛ばしてC++を覚えるのと
C++を飛ばしてJavaを覚えるのは
同様ではない
後者は飛ばすという概念すら存在しない

697 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 02:03:35
Cマスターのみが真のプログラマ。それ以外は文型のえせグラマ。

698 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 02:04:36
C++は教材などがCの知識を前提としていることがある
Javaの教材でC++の知識を要求されることは普通ない

699 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 02:06:49
>>692
>C++本来の思想とは異なった
これって本当なの?
状況によってはベターCとして利用できるのは
狙ったものだと思ってたんだけど

700 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 02:11:00
>>695
なんで同列に並べるんだろ
Cを知らずにC++なんて例外的で普通じゃない
C++やらずにJavaの方は、perlやらずにRubyくらい普通

701 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 02:33:46
何でおまえらはそんなに頭が悪いんだ…
それらの習慣の話が>>663の「CやらずにC++始められる人はいない」の理由になると思ってんの?
現実にオレの知人だけでも数人いるんだからそんなもの根拠にすらならないよ
おまえらが理由と思ってることは単に「知っていた方が入るのにラク」レベルの話
実際はCの書き方とC++の書き方は同じ部分のほうが少ない
それも当然で同じ書き方をするのであればC++を使うメリットが無いからだ

702 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 02:44:19
C++は自由すぎるからね
あくまでCとして、融通の効かないところはC++を使う
これがベターCとしてのC++を使うメリットでしょ

C++から始めるとそうは思わないから、Javaから始めることと同様に語っちゃうのかな

703 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 02:55:05
Windowsプログラマ : C++から入る奴は普通にいる
UNIXプログラマ : Cを知らずしてC++が習得できるわけない

704 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 03:58:34
if(x==y==z){

705 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 03:59:17
if(x==y==z){
}
と書くと条件分岐がうまくいかないようなのですがこの場合はどうなっているんでしょうか。

706 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 04:00:50
if (x == y && y == z)

707 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 04:24:49
x=2,y=2,z=2
if(x==y==z)

if(2==2==2)

if((2==2)==2)

if((1)==2)


708 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 04:42:06
不毛あるいは屋上屋な議論が続く中清涼剤のような輪を
かけて不毛な話題tnx
ただし、なんだかんだいってCは星の数ほどあるプログラミング
言語の中でもやはり別格。まともにOSを作った実績があるのは
ほぼCのみ

709 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 06:05:42
void Func00(int a){
a++;
}
void Func01(int &a){
a++;
}
void Func02(int *a){
a++;
}
int main(void){
int n = 0;
Func00(n); printf("%d\n", n);
Func01(n); printf("%d\n", n);
Func02(&n); printf("%d\n", n);
}

このプログラムを実行させる前は「0、1、(不定値)」
と表示されると予想していたのですが、実際は「0、1、1」と表示されます。

nのアドレスをFunc02へ渡して、そのポインタのアドレスをインクリメント(a++)しているので、
可笑しな値が表示されると思ったのですが・・・

関数へ変数のアドレスを渡して、そのアドレスの場所を変えているのに、
なぜ呼び出しもとのアドレスは変わらないのでしょうか?(*a)++の場合は値が変わりますが・・・。

710 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 06:06:55
申し訳ないです。
”アドレスのコピー”を渡しているから、変わらないのですね。
書き込んだ直後に理解しました。

711 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 06:08:22
>>709
Func00 を呼んでも n が 0 のままなのはわかるんだよね?
それなのになんで Func02 を呼んだら n のアドレスが変わると思うのか
よくわからないよ。

712 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 06:09:05
うは

713 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 06:17:48
慣れないうちはポインタを引数や戻り値にした場合、
ポインタ自体も普通の変数だということを忘れそうになる。

714 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 13:24:49
Delphiも書けないやつがCを語るんじゃねえ!

715 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 13:46:19
誰と戦っているんだ

716 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 14:12:02
どっかのスレでDelphiをDelfaiとか書いちゃったやつがいたんじゃねーの
それで怒り狂って誤爆

なんていうかDelphiとそのユーザーの生き様をあらわしてるよな
けっしてDelphi悪くない、というか結構良くできてんだけどな
なんでか流行らんよな


717 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 14:25:58
何で文字列リテラルを途中で書き換えられないんですか?コンパイラ作る人がちょっと頑張ればすぐできるようになることだと思うんですが。そうできない問題が何かあるんでしょうか。

718 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 14:27:32
言わせんなよ、恥ずかしい。

719 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 14:28:42
>>717
すぐできると思う理由が分からない
書き換えたければコピーして使えばいいだけのこと

720 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 14:44:18
書き換えたくないものを使える仕組みも欲しかったんじゃね?

721 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 14:49:50
例えば
char* p = "abc"
として、aが1000番地、bが1001番地、cが1002番地に格納されているとして、
p[1] = 'd';
と書いたら1001番地の内容を'b'から'c'に書き換えるだけだと思うんですが
コンパイラの人の立場ではこれは難しいんでしょうか。
できないことは知ってるけどできない理由が分からない。

722 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 15:02:01
>>721
セキュリティの観点からコード領域は保護されるべきということでわざわざ書き換えができないようになっている

723 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 15:10:16
大昔のコンパイラは変更できた。(というより保護できなかった。)
大昔というのはCP/M用のWhitesmiths-CとかBDS-Cとか。

724 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 15:15:39
書き換えられることが原因で何か重要な問題が起きるんですかね

725 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 15:30:34
うちのコンパイラは警告も出さないし、書き換えちゃうぜ

726 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 15:34:28
実行可能な領域であるコード領域を書き換え可能にすることによるメリットより、
デメリットの方が大きい。
わざわざクラッカーに攻撃手段を与える必要もないだろう。
文字列リテラルは、変更を要しないので、メモリ空間上ではコード領域と同じページに置かれる。
変更したければ、>>719のように変更可能な領域にコピーして使えばいいだけの話。

727 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 15:49:30
リテラル文字列をコード領域に置くって、どんな環境&コンパイラ?

728 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 15:52:19
あ、もしかして文字列リテラルって寿命がないのかな。
char* p;
{
  p = "abc";
}
printf("p[1]:%c\n", p[1]);
こういうプログラムも間違いじゃないのか。。

729 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 15:54:20
>>727
loaderの話だろ。

730 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 16:26:36
>>717
それは逆で、昔の環境&コンパイラだと普通にできた。
データけでなく、自身のコードの書き換えもできた。

最近はそれをできないようにする環境(保護機能)が整ったので、
コンパイラもそれをサポートするようになった。

731 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 16:36:21
>>723
DOSでもできたよ。(できたというのは保護されないという意味ねw)
Lattice C、MS-C では普通にやってたから。

そもそもCである以上キャストすればできるわけで、
それを例外とするのはシステム側の機構だよね。

732 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 16:38:55
>>729
コンパイラだよ。
そこからコンパイル時にアドレスを確定できるメリットが発生する。

733 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 16:43:09
>>728
こういう関数もありだよ。つーか、割と常套手段だったりする。
static const char * foo() {return "foo";}


734 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 17:07:09
いや、今でもオプションでリテラル文字列書き替え可能にできるだろ。
たしか -pedantic だか何かだった。
同じ内容のリテラル文字列でも同一化せずに
別々に用意して、書き替えに対応してたはず。

char *a, *b;
a = "hoge";
b = "hoge";

これで最適化しても a != b になる。

735 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 17:13:42
へーーーーー

736 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 17:17:06
>>734
これってどういうことなの?
あらかじめ確保してないところに書き込むとエラー起きるんじゃないの?

737 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 17:20:05
>>734
環境をkwsk

738 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 17:26:52
>>736
うざい。

>>737
環境は言えない。

739 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 17:30:13
>>734
内容が同じリテラル文字列が別々のところで定義されていると、
それらをまとめてメモリを無駄遣いしないように最適化を行うコンパイラが存在する。(こっちのが主流だけどw)

そうすると別のところで定義していても a == b となる。
このためリテラル文字を書き換えると全然関係ないところの文字列も変わってしまい笑えることがある。

昔のCのプログラマなら常識。けど今の子たちは知らないw
そこから教えてあげないと。

740 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 17:30:32
なんだわからないのね

741 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 17:31:39
>>736
> a = "hoge";
これは、どこかに確保された文字列リテラル"hoge"の先頭のアドレスをaに代入しているだけ。
"hoge"をコピーしているわけではない。

>>738
> 環境は言えない。
なんで?

742 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 17:34:04
>>741
>>>738
>> 環境は言えない。
>なんで?
ほんとは -pedantic じゃなくて -fwritable-strings なのに、間違えたのが恥ずかしかったから。

743 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 17:35:50
なるほどメモリを無駄遣いしないためにこうなってるのか。
文字列リテラルを書き換えようとしたときにそういう風にコンパイラがエラーを言ってくれればいいのに。
ただsegmentation faultとだけ言われても分からんし。

744 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 17:40:50
それランタイムだからコンパイラ関係ない

745 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 17:42:03
>>743
書き換えるのは実行時だよ、コンパイル時じゃないんだから、コンパイルエラーにはならんよ。
だから実行時にメモリを書き込もうとしたときにシステムが検知して例外エラーが発生している。

これはCの駄目なところであり、良いところでもある。

746 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 17:42:31
>なるほどメモリを無駄遣いしないためにこうなってるのか。
違う。
知らずに文字列が書きかえられるとバグのもとだから、書きかえが禁止されている。

char *getTemporaryFilename()
{
return "/tmp/temporaryfilename";
}

char* p = getTemporaryFilename();
strcpy(p, "/etc/hosts");
されるといやじゃん。



747 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 17:48:53
アホでつか?

数値リテラルも文字列リテラルもユニーク(意味などないのですが
当然意味も変わることがありません)
そしてアドレスなどありません。(アドレス演算子も使えません)
次の書式
char *q="ABCDEFGGH";
char p[]="ABCDEFGHJ";
これらはシンタックスシュガー(慣用表現)に
過ぎず「正式」なものではありません。多くのコンパイラが
鷹揚に
char p[]={'A','B','C','D','E','F','G','H','I','J','¥0'};
char *q=(char*)&p[0];
と解釈してくれるだけのことです。

748 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 17:49:51
>>746
いやそれは違うぞ。
C言語は文字列の書き換えを検出する方法がないんだよ。

>知らずに文字列が書きかえられるとバグのもとだから、書きかえが禁止されている。
C言語で書き換えに禁止にしたりはしない。リテラル文字列を警告なしで char * で受けれるんだから。

書き換えられて困る場合は、プログラムが

const char *getTemporaryFilename()

と宣言して、少しだけ抵抗することができる。

749 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 17:52:42
>>747
あほですか?
char *q = "abc";

char p[] = "abc";
は全然違う。それに、昔は
char p[] = "abc";
とは書けず、
static char p[] = "abc";
しか許されていなかった。
その心を理解してから書き込まなきゃだめね。

750 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 17:53:44
>>747
またまたご冗談をw

751 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 17:55:55
おっと
char *p="ABC";

少なからずのコンパイラは
const char pp[]={'A','B','C',0}
char *p=(char*)&pp[0];
と何故か解釈してくれます。
さらに「親切な」コンパイラはおせっかいにも
書き換えるとエラーになる領域にppを初期化して
くれることでしょう。
"ABC"は何故書き換えられないかという問いは
"ABC"は変数ではないから
というのが正解ですが、書き込み不能な変数
だとか書き込み不能な領域に勝手に設定するのは
一部のコンパイラです。

752 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 17:56:41
>>751
で?

753 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 17:59:06
日本語でOK

754 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 17:59:46
>>751
またまたアホですか?
char *p="abc";
と書くとき "abc" が格納される領域はスタックとはかぎらない、ことを再三申し上げているのですが。

755 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 18:04:14
寧ろ、普通はわざわざスタックにコピーするコストを避けてバイナリモジュールがロードされた空間をそのままポイントする。

756 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 18:08:45
ちょっと質問なんですけど、メモリのアドレスって00000000からFFFFFFFFまでしかないじゃないですか。
この範囲を超えたアドレスはどのように表すんですか?

757 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 18:09:56
>>749, >>751 は文法の知識だけで C を理解したと勘違いしている。
スタックとかヒープとかテキスト領域、BSS とかを意識していない。

758 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 18:11:00
>>756
その昔、アドレスをあらわすのにセグメント+オフセットで表現していた環境がありまして‥‥‥。

759 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 18:11:39
>ちょっと質問なんですけど、メモリのアドレスって00000000からFFFFFFFFまでしかないじゃないですか。
>この範囲を超えたアドレスはどのように表すんですか?
アドレスがその範囲しかないなら、この範囲を超えたアドレスって存在しないんじゃないですか?

アルファベットってAからZまでの26個しかないじゃないですか。
この範囲を超えたアルファベットはどのように表すんですか?



760 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 18:13:14
1個目のやつとか2個目のやつとか、指定できたりする

あるいは、バンク切り替え命令みたいなのがある
後半***あたりを(物によって違う)ごそっとバンク切り替えて使ったりする


761 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 18:15:35
>>759
後者には答えがある。記号を付加して使う。
á, ä, à, ã, ç, ÿ などがそう。

762 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 18:19:45
64ビット整数ならもっと表せる

763 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 18:20:22
>>758
その答えは、質問が
「メモリのアドレスって0000からFFFFまでしかないじゃないですか。」
というときに使ってくださいw

764 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 18:30:14
64kBなんて広大なメモリ空間を使いきれるはずないだろJK

765 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 18:32:13
すいません。質問の仕方が悪かったようです。
C言語のアドレス演算子で求められるアドレスは8桁の16進数じゃないですか。
C言語で4GB以上のメモリの扱いはどうなっているの?ということです。

766 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 18:33:08
>>765
コンパイルオプションを変えたら分かるさ

767 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 18:35:37
>>765
そんなもん、C言語の種類による
君が使ってるC言語の種類を書けばすぐに答えてやるから

768 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 18:37:10
>>764
僕のパソコンはRGBをプレーン切り替えしてるんだぞ。すごいだろ。

769 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 18:41:11
>>767
Borland C++Compiler 5.5.1です。

770 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 18:49:28
>>769
それ 32bit だからアドレスは 4GB までしか扱えない。

771 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 18:52:46
intってサイズが規格で決まってないよ
環境やコンパイラしだい


772 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 18:58:49
アドレスのビット幅は C 言語の仕様とは関係ない。
Borland C++ Compiler 5.5.1 が 32ビット CPU のためのコンパイラだから
32ビットになってるだけ。
アドレス長が 64 ビットの CPU 用のコンパイラならアドレスは 64 ビットで 8 バイト。

773 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 19:30:44
64bitOSをつかいませう

774 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 19:31:54
先生!
func(...)(xxxxx);
の形をした関数あるんですが、なんでこんな形なの、どう解釈するの
関数に()()が2つあるって...

775 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 19:35:45
>>774
... と xxxxx の部分をちゃんと書けよw

776 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 19:38:07
>>774 こんなん?
#include<stdio.h>

typedef void (*func)(void);

void hello(void){
printf("hello\n");
}

func foo(void){
return hello;
}

int main(void){
foo()();

return 0;
}

777 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 19:39:42
func(s->scriptptr)(s, s->scriptptr);

778 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 19:45:22
文字列の16進アドレス値をポインタの数値に変換するには?

779 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 19:45:26
トリッキーな書き方だこと
今時流行らないって
カッコつけて書くと
( *( foo() ) ) ()

わかりやすい

780 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 19:57:06
http://kansai2channeler.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/joyful/img/10563.txt
これが全然理解できません。
解説してくれる方はいないでしょうか?

781 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 19:58:39
>>777
func が関数へのポインタを返すので、その関数のポインタが示す関数を呼び出しているだけのこと。

関数へのポインタから関数へは自動的にキャストされる。

782 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 20:00:54
>>779
余計にわかりにくいぞ。
百歩譲って
(*foo())()
だな

783 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 20:05:24
32ビットCPUでlong longが使えるのは何故ですか。
しかしtime_tは32ビットです。これは何か理由があるのでしょうか。

784 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 20:15:51
別にlonglongを1つのレジスタに乗せる必要もなし

785 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 20:20:16
>>783
long longが使える32ビットCPU
でlong long が使えないのは何故か?
というのならわからない。
使えるのは何故かというのはわかる?
time_tが32ビットなのはきっと2038年
問題とかを発生させたいという理由じゃないかと..
キミは邪推するのかな?

786 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 20:21:58
じゃすい?

787 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 20:23:34
>32ビットCPUでlong longが使えるのは何故ですか。
ソフト的に複雑な計算をしているから

>しかしtime_tは32ビットです。これは何か理由があるのでしょうか。
その環境の制限

788 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 20:26:05
七八三です。
回答ありがとうございました。

789 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 20:39:53
>>780
アンダースコアをスペースに変換してみると、32ビット符号無し整数の内部形式(2進数)を
考え、1のビットを左詰めにしてるようだ。このソースだと 0〜0x7fffffffの間は動作するけど
0x80000000を超えるとバグる。宿題スレでも質問してるみたいだけど、2進数、ビット演算、
3項演算子の知識が無いと、ソース見ても分からないかもね

790 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 21:29:03
http://codepad.org/VC9NYyKN
atof の逆のftoaを外部関数を呼ばずに書こうと思ったのですが float d=456.456 を ftoa(s,d) すると 456.456000000.... となってしまうのでこまってます(コードパッドの出力、23行目)
自分の環境では(ubuntu10.04(64bit) gcc4.4.3)なぜか 456.456 となります。コードパッドでも456.456と出力されるようにする方法がわかりません

791 :名無し君:2010/03/23(火) 21:32:20
お前ら、ありがトン
>>782の(*foo())() で何やっているかわかったよ

792 :デフォルトの名無しさん:2010/03/23(火) 21:32:59
>>790
%.3fとかにすりゃいいじゃん
.20って欲張りさんだろ

793 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 07:08:01
textファイルで 41424344と16進数のデータがあります。
これを ABCDに変換したい場合どうすればいいのですか?
たとえば 41に0xをつければいいような気がするのですが、
どうやってつければいいかわかりません。
41読み込んだエリアがbufとして、"0x"+bufとかはだめっすよね。
お願いします。

794 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 07:12:36
その41は16進の41なの?(つまりデータにはFFとかも入ってるの?例だと数字ばっかだけど)
十進の41を十六進にして、なの?

sprintf("0x%d",buf) か
sprintf("%x",buf) じゃね

795 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 07:16:22
41という10進数の数値としてbufに読み込んだんなら
buf / 10 * 16 + buf / 10

最初から16進数として読み込むなら
fscanf(fp,

796 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 07:17:23
途中で書き込んだ

fscanf(fp, "%2x", &buf);

797 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 07:20:11
ミスった。
buf / 10 * 16 + buf % 10
だった。

798 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 07:23:19
直接fscanfだとフォーマットエラーに弱いで

799 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 10:01:59
つ[strtol()]

800 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 14:48:49
( ^ω^)いやいやおっおー

801 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 19:04:44
1. char buf[2] と long xを用意
2. bufに2バイトずつ読み込む
3. x = strtol(buf, NULL, 16);
4. xの内容をどうにかする
5. 2へ戻る

802 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 19:06:20
>>801
2バイト読むの?

803 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 19:14:45
>>802
つーか間違ってた。char buf[3]だなw
読み込みはasciiでもbinaryでもいい。

804 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 19:30:05
>>802
テキストファイルで4142〜なんだから、binary表示すると34 31 34 32〜でしょ

805 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 19:34:56
>>804
いやいや 33 34 33 31 33 34 33 32 という状態で読まないといけないから4バイトずつ読むべき
って流れに持っていけばよろしい?


806 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 19:38:38
         ,,-‐----‐、 , -'"` ̄ ̄"`''-,__, --‐‐-..,
        /  、゙ヽ、 ‐-'´          ヽ‐- / /   ヽ
      ,/´ .., ヽ,,l_)'    zェェェァ'  ;rfァt ヽ ,ト/ /    ヽ
     /    ヽ,r' ,l′    _,,,   . __,,  ,l゙.-〈__r,'、   ヽ_
    _.l    ヽ」   ,l    .イてソ` l イにj`,/    ゙‐ヽ、_,,  /l       ここおかしいんじゃねえか?
    ,l l|  −'´ll   ,l      rソi"  ヽ じ'' f゙l    .,//゙l   //\
    l`l|     l|ヽ  v'⌒ヽ        .,ノ  j/    |l    //   }
   l  \    l| ,l  l_U>     r‐--‐ァ  ,l    |,l   //    l
   /   '\   l|`l   ゝ_,´    ゙ヽ__r′ .,.'   ___l ヽ //     |
  ,l     '\ l| .lヽ__lL..,,,  __ ,, _イ___./ |  ∨/      ,}
  |       ヽl |    ,| .ヽ \   //ヽ     ,|          ,l
  |          l    ,l   ヽ \//  l \           /
  ヽ          |   \.    ヽ/    l  ヽ         /j
    \        /     ヽ    ヽ  |   l          /
     ゙l\..     /      ヽ     ヽj   |    ,    /
     ヾ              ヽ     ヽ   ヽ  /    ,l
      ヽ、             ヽ     l   } /    ,r′
        ヽ             ヽ     |  /′ ,,...''
        `'':..、  ___ ___,..-..   |,    ,l ,  :..-‐'"´
            ̄ /lr‐‐‐'--、_.....  l_,..-'''""'

807 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 19:43:57
つーか正確な問題を教えてくれ

808 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 20:26:03
質問。
.net系の言語にある、timer関数。
一定期間ごとに指定関数を呼び処理を行う関数ですが、
この機能と類似した処理を行うのに参考になるページを教えてください。

例:Aメソッドの処理時間 20-350ms
Aメソッドの処理時間に関係なく、500ms毎にAメソッドを呼び出す。
ちなみにgccです。


809 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 20:30:57
alarm



は危険

810 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 20:36:35
スレッド作ればいいだけじゃね

811 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 20:53:23
>>808
wait する前に現在時刻と以前の時刻を調べればよかろ

812 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 21:03:29

時間が着たら教えてくれる子プロセス作るとかは?

あとよくわからんけど、Aメソッドの処理時間に関係なくってことは割り込みみたいに
関数が2重3重に動く必要があるんじゃねーの?


813 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 22:12:37
だからスレッドなんじゃね?
forkでもいいけど

814 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 23:22:48
ck:
switch((gettime()>t+500)?0:++i){
case 0:t=gettime();A();break;
case 1:
// 物凄く時間のかかる処理を分割した其の1
goto ck;
case 2:
// 物凄く時間のかかる処理を分割した其の2
goto ck;
defaulet:break;}



815 :デフォルトの名無しさん:2010/03/24(水) 23:43:36
http://codepad.org/vY4jsfxj
おもちゃつくった

816 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 08:18:53
>>815
void main() (笑)

817 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 09:40:04
別にいーじゃん

818 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 09:49:40
>>816
細かいことグダグだ抜かすなよ低脳が

819 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 10:33:28
>>816
main 関数は必ず int を返すように教わったんだろうな、ぷっ

820 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 11:13:05
>>816
INTを返すのが仕様なんだろ?仕様である証拠もってこいや。

821 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 11:21:19
ぱーどぅん?

822 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 11:25:28
>>816
main()については
1. int main()
2. int main(int argc, char **argv)
3. 1.2.のコンパチ
4. 環境による
と定義されてる。環境次第で void main() もあるということ。

余談だが、main()の戻り値が省略されたとき、C99では
戻り値がintだったら0を返す、とも規定されてる。
つまり、「戻り値がintでないこともある」ということがここでもわかる。

823 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 12:15:18
環境依存でしか存在しないってわかってるんだったら、環境を明示せずに
void main() はやっぱりダメでしょ。
http://www.kijineko.co.jp/tech/superstitions/void-main.html

824 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 12:34:47
>>823
void でいい場合があるのに、駄目とか言う方がおかしいだろ。

そもそもCの規格なんて何種類もあるのに、
全部に当てはまるコードなんて書けるわけないんだよ。

もし最初質問者が「〇〇の仕様に準拠する形でお願いします。」
とか書いてあるんなら別だが、そうでないのにどんなコードで書こうと自由だろ。

あと参考までに聞きたいが
君の推奨する「JIS X3010:2003」に完全準拠したC言語って実在するのか?

825 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 12:51:21
>>824
> void でいい場合があるのに、駄目とか言う方がおかしいだろ。
今まで何度かPC環境で void main(void) で終了コードが不定なプログラムに
悩まされたことがある。やめてほしいんだ。

> そもそもCの規格なんて何種類もあるのに、
> 全部に当てはまるコードなんて書けるわけないんだよ。
誰もそんなことは頼んでない。

> もし最初質問者が「〇〇の仕様に準拠する形でお願いします。」
> とか書いてあるんなら別だが、そうでないのにどんなコードで書こうと自由だろ。
それは自由だが、無駄に対象環境を絞る意味も無い。

> 君の推奨する「JIS X3010:2003」に完全準拠したC言語って実在するのか?
特定の規格を推奨した覚えはないんだけど、「完全」というなら実在しない
可能性のほうが高いだろうね、とは言える。だからどうだということもないんだけど。

826 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 13:00:29
void main(void)が原因ってのなら元のソースはあるんだろ?書き換えてコンパイルすりゃいいのに

827 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 13:01:14
>>825
PC環境っていう環境に限定した話だろ、それ

828 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 13:01:45
勝手に悩んでろクズ

829 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 13:05:48
そのソフトの終了コードが不定という仕様を曲げて使ったおまえが悪いとしか。

830 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 13:08:38
>>825
>今まで何度かPC環境で void main(void) で終了コードが不定なプログラムに
>悩まされたことがある。やめてほしいんだ。
void で宣言してるんだから、終了コードを返す意思などないということだよ。
終了コードを返さないプログラムの戻り値を見るというのが間違い。
もし int で宣言されていて固定の0が帰ってきても、正しいエラー番号が帰ってくる保証などない。

こんなことはプログムの仕様がどうなっているかの問題であり、それがわからない状態で
エラーコードに依存した処理を行おうとしていることが根本的な過ち。アホ過ぎる。

main を int で宣言したところで、なんの問題解決にもならない。

831 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 13:09:58
>>825
>無駄に対象環境を絞る意味も無い
そのとおり! いいこと言うね!

前提もなしに「PC環境」とやらにいきなり限定する必要も無いからな。
想定できることは全て想定してから、ひとつずつ潰すのが大事だ。
いきなりPC環境の話に絞った話を始めてもしょうがないし。

832 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 13:13:55
>>825
悪いことは言わないから、
JISの仕様を気にする前に、社内の仕様を確認した方がいいよ。

833 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 13:19:00
void main 必死だな

834 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 13:21:44
>>825
戻り値を見る必要があるのにvoidで宣言したプログラマに
仕様を問いただすのが先決だと思うよ。
そしてコードレビュアをひっぱたくのも忘れずに。
もし、組込み分野等から持ってきたソースを流用してるとか
そういうのなら自分の脳の出来を疑うのが先。

このあたりは特に動作環境や言語仕様には関係ない話かな。
これを以ってvoid mainは撲滅じゃい!と言い出すのはお門違いだね。

835 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 13:22:10
こういう話では盛り上がるのに質問にはろくに答えないのなw

836 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 13:24:04
せっかく答えた人の揚げ足を取るような発言してるのはどっちなんだよ

837 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 13:25:15
自転車置き場の話はほんと盛り上がるわ

838 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 13:43:11
総理を見ているようだ

839 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 13:45:41
プロセスの戻り値が意味を持った時代は
プロトタイプ宣言無しで未定義の関数を
バシバシ書いたCコードがコンパイルで
きた古き良き時代と重なる
今では考えられないくらい小さなシステ
ムだけど(メモリ8Mバイト、HD
20Mバイトw プロセッサクロック
20MHz。これでも当時200万円
はした)

840 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 13:48:30
>>839
お前がプロセスの戻り値を使ったことが無いだけじゃね?

841 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 13:50:36
>>839
この時代のC言語は void というキーワードすらなかったよね。

842 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 14:01:15
>>839
LinuxだろうとDOSだろうとWindowsアプリだろうと
プロセスの戻り値は今でも重要な意味を持っています。

843 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 14:09:28
>>842
Windows のアプリなんて 0 しか返さないよ。
そんなもんチェックして何がわかるの?

844 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 14:17:04
今のシステムでは、うNIXでも最早プロセスの戻り値は
使わないほうが(精神衛生上)良い
使えないツールが増えているから
軽量DB経由ってのがよさげ

845 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 14:24:39
>>844 さすがにそれは無いわ。

846 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 14:25:23
>>843
強制終了されたりすると0以外(1とか)が返る。
電卓を起動して、タスクマネージャで殺してみるといいよ。

847 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 14:26:44
>>844
起動スクリプトを読んでからもう一度ここに来い。

848 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:02:20
Windowsだってエラーコード(プログラムの中でリターンしてるやつ)が帰るよ

ただ半分の256には死んだ理由が入ってるよ
メモリ取れないとか、強制終了とか
正常終了なら自分が返してるやつ

849 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:22:49
>>846
あのね、それはシステムが1を返してるんだよ。
プログラムの main で値を返すようにしてあっても無視されるの。

だから意味がないと言ってるんだよ。

Windows標準のプログラムでさえ、戻り値は常に0としてるのに、
他のところで作ったプログラムの戻り値に統制などあるはずもない。
常識知らずにも程があるよ。

850 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:24:31
>>848
強制終了した場合は返らない。

851 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:27:03
むかしよ、WindowsのMSDNについてる新聞あるじゃん英語のやつ
あれのDr.ナントカのコラムで
「ねえねえドクター、ウインドウズはmain関数はvoidで良いの?」みたいな外人の質問があって
「WindowsもOSがプロセスの戻り値見てるからゼロ意外だと処理が違う
 さらにvoidだと余計なことしなくちゃいけない
 小さいことだけどmainから始まるプログラム書く人はWINDOWSに優しい気持ちになって
 voidやめてreturn 0をちゃんとしてくれ」
って書いてたよ

もちろんUnix系ならなおさらint mainだろうけど
Windowsに冷たくても平気な人だけvoidにすれば?

852 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:28:10
そもそもプログラムのリターンコードを返すのに、
main の戻り値なんかに頼るとか。もうアホかと。

エラー処理ならそのままexit関数呼ぶでしょ。なんで main まで戻すの。

それに Windows のアプリケーションで main 関数なんか定義しないでしょ。

853 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:29:49
>>849
これって何に使うAPIだと思う?
GetExitCodeProcess

854 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:31:18
>>849
例は不適切だったな。
とにかく失敗したら0以外、成功したら0が返るってのが
仕様として決められてるので、それに則るべきだろう。
わからないときは0にしとけってことだ。

855 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:32:05
>main で値を返すようにしてあっても無視されるの


あ?本当にそうか?んなわけねーべ 
今まで何度も子供に仕事させてその成否を親に返すみたいなプログラム作ったぞ
お前らにとってGetExitCodeProcessとかは何なの?

856 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:32:13
>>851
いい加減なことばっかり言うな。

>WindowsもOSがプロセスの戻り値見てるからゼロ意外だと処理が違う
どう違うの言えよ!

int main() で宣言して return 1; したらどうなるんだよ?
システムがクラッシュするの????

857 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:34:34
>>852
exitで返すのとmainのreturnで返すのは
意味的にどっちも同じです。

858 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:35:50
>>856
しねーよ、それは値を返しているのだから
ゼロとは違うけどクラッシュはしねえ
voidでもクラッシュはしねえ
でもなんか余計なことやらんといけないからintで書いてくれって話だよ
もちろんいい加減な記憶で書いてるよ

>return 1; したらどうなるんだよ?
親プロセスが起こした子供ならその値を取得できるよ

859 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:36:46
>>853
>>855
GetExitCodeProcessで得られるのは、終了ステータスであって、
プログラムが返すリータンコードじゃないよ。こんなことの知らずに使ってるの???

リターンコードの時もあるけど、そうじゃないときもある。

というかこれを利用してどういうプログラム組んでるの君ら?
これで main の戻り値拾ってるの?????

860 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:37:51
>>856
その場合、そのプログラムはエラーを検知して終了したとみなす。

外部アプリを起動するプログラムを書くときは
そのプログラムが正常に動作したかどうかを戻り値でチェックする。

だから、わからないときはゼロにしとけとなってる。

861 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:38:50
>Windows のアプリケーションで main 関数なんか定義しないでしょ。

ビジュアル系のプログラマの方ですね
世の中にはまだまだmainから始まる黒い画面見て仕事してる人もいっぱいいますよ

862 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:39:25
>>859
GUI しか知らないっぽかったからお前のために Windows API を挙げただけだよ

863 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:39:30
>>858
>親プロセスが起こした子供ならその値を取得できるよ
できる場合もある。だろ。

864 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:40:35
>>859
いや、それ同じだよ。実験してみそ。

865 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:41:41
>>861
>世の中にはまだまだmainから始まる黒い画面見て仕事してる人もいっぱいいますよ

だから、Windows 環境では通用しないと言ってるんだろ。

866 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:44:37
>>864
同じじゃない。

プロセスが既に終了した場合は、終了ステータスとして次の「「「「「いずれか」」」」」が格納されます。
?ExitProcess または TerminateProcess 関数で指定した終了コード。
?プロセスの main または WinMain 関数の戻り値。
?プロセスを終了させた、まだ処理されていない例外の例外コード。

867 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:44:41
>>865

あのなー世のすべてのWindowsプログラムがWindowを持ってるわけじゃないのな
cmdで立ち上がってくるコマンドラインってもしかしてWindows環境じゃないと思ってるのか?

868 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:46:41
>>866

同じだよ ちょっと上のほうで誰かが書いてるだろ
Unixでも強制終了のときはreternの引数なんか入らないで
osが詰めた強制終了とかメモリ確保失敗とかが入るって

869 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:50:05
>>859
それ意外で拾えねえだろ

870 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:50:54
>>867
コマンドプロンプトでの %errorlevel% でも同じなんだよ。
プログラムが特定のエラーコード返していても
強制終了すれば %errorlevel% は1 になる。

>コマンドラインってもしかしてWindows環境じゃないと思ってるのか?
それはお前のことだろ。

871 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:51:34
>>852
お前は一辺WinMainの戻り値の型見てみろよ

872 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:52:51
>>869
で、それが理由で main は必ず int で宣言するの。

すごいな会社だな。もう笑うしかないな。

873 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:53:18
メインの最後に行く前に落ちたらreturnの値が入るわけないじゃんな
いずれかが入って当然 
それを拾える*場合*もあるだろ、とかえらそうにさ

子供が万引きして、「取れるような状況にしておくのが悪い!」とか言う親みてえ

874 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:53:57
>>871
だからね、見れば main の int 宣言が意味ないことがわかるだろ。

875 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:56:38
>>872
見当違いのお馬鹿さん

876 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:57:00

ふつう何も考えなくintだよなあ
っていうか、そういう小さいけどちゃんとした理由すらあるのにvoidにしてる会社のほうがすごくね?




877 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:58:52
ゴルフ目的ならmain(){}だろうしvoidに拘る理由が分かんないな
警告気にしない人なのかな

878 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:59:05
入門書でintになってるんだからintでいいだろ

879 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 16:59:05
>>866
mainからのreturnもExitProcessだって知らないの

880 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:00:31
>>877
void mainの方はただの遊びだろ
void main()は文法上許されてるわけだし特に問題ない。

returnしろといわれてる環境でvoidでいいじゃんというやつは
頭がおかしいけどな

881 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:01:03
>>870

>強制終了すれば %errorlevel% は1 になる。

強制終了じゃなくて、子供が仕事終わってそいつが正常に終了したときに
値を見たいんですよ、どうだったかとか



882 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:05:21
>>876
何にも考えてないから int なだけであって、
真面目にプロセスの実行結果を利用することを考えるのであれば、
もっと意識しなければいけないことがあるということ。

そういうこともわからず、盲目的に int にすればいいと思ってるのが馬鹿なの。

リターンコードのことを意識して組まれていないプログラムであれば、
int でも void でも変わらん。

883 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:10:18
あれ?なんかvoid氏の意見が当初と変化してるようなwww

int意味なしとか、戻り値0とか威張ってなかったっけ?

884 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:12:17
voidにするコレといった理由はないのだから
「盲目的にint」は推奨こそしても批判する理由なくね?
gotoとかと違ってさ

885 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:12:45
>>881
で、その時にどんな値を返せばいいの?
わからないでしょ。

そういうことがわかった上で、リータンコードに関しての仕様も決めて、
そういう状況で始めてリターンコードが使えるようになるんだよ。

何にも決まってない状況なら、何を返しても問題ない。

DOS、Windows、Unix、Linux、、、等の処理系であれば、
どんなリターンコードを返しても問題ないことが保証されている。
つまり void でも問題ない。

そうじゃない処理系があるんだったら、そのときはその処理系の条件を
満たすようにリータンコードを返してやる必要があるのは当然だけどね。

886 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:17:31
>>884
void を盲目的に否定するのがおかしいと言ってる。
最初から変わってない。

元は >>816 の発言に対するもの。これがおかしい。

887 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:17:42
>で、その時にどんな値を返せばいいの?
>わからないでしょ。

お前馬鹿じゃないの?わかるよ
unixだと下位バイトしか使えないから256通りの値を遅れるよ
上位バイトには強制終了とかの時にOSが値を入れる
(Windowsでもそうだと思ったが64bitWindowsで確認してない)
そう言うのって何を意味させるかは仕様で決めるんだよ

888 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:21:12
あえてめんどくさいこと避けたいなら
void盲目的に否定はアリじゃね?
何も困らないじゃん

889 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:22:48
>>885
そんな処理系はないだろw
仮にあったとしても、その処理系では return 0; が問題かもしれないよ。
リターンコードは意味はないわな。

890 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:26:53
>>887
だから、そういうはっきりした仕様があって、
それに準拠するプログラムを作る必要があるときに、
int にする必要があるということでしょ。それ以外はvoid でいい。

なんでここで質問に回答するときに、そういう仕様調べて準拠する必要があんの?
質問者が要望してるんならわかるけどね。

891 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:27:36
>>885
少なくとも、DOS及びLinux系Unix系では
戻り値はちゃんと返してもらわないと、困る。

戻り値が0以外のときは検知して異常シーケンスに突入
ってのが一般的だからな

892 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:29:19
なんだかんだいってvoidさんが明日あたり会社で後輩が void main()
って書いてたらめちゃくちゃ馬鹿にしそうww
「〜って理由がアンだよ!プンプン」ってかんじで

なんか書き込みとか違う人が書いたことにしようとしてるし

893 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:32:58
で、上司やら先輩のintさんに
ぼこぼこにされると

894 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:34:11
>>880
遊びと言われれたら返す言葉はないな。

>>884
だよね。

>>886
偏見だけど
void main() とわざわざ書いちゃうような人は
定型文ですら毎回毎回全部手入力してる馬鹿に思っちゃう。


895 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:40:20
void にも深い理由があるとわかったよ。
確かに何も考えず int としてる奴は多いからな。

896 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:45:56


なに他人の振りしてんだよww めっちゃバレバレな感じで
voidでも許されてるってだけで意味なんかひとつもなかったじゃんww

897 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:46:51
ワロタ

898 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:47:07
>>890
逆だ。

voidにする明確な理由が無いときは、
int型にして戻り値を0とする のが正解になる。

普通は戻り値を見ることになってるから。

899 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:47:44
これはひどいwww

900 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:48:11
0にする 、じゃないな。
「仮に見る人がいなくたって戻り値を適切に設定する」 が正解だな。

901 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:51:18
int FAR PASCAL WinMain()

902 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:54:07
>>896
俺じゃないけど。

>>891-900
はいはい、質問には答えず、文句ばっかりご苦労さん。

903 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:54:57
>>902
>>816が全部悪い。

904 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 17:56:10
>>902
おめーのバカな質問疑問に答えてやっただろ

905 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 18:02:51
void main でも質問に答えてくれる方がありがたいでしょ。

906 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 18:08:54
入門編ならば
int main() にしとけ →ぐだぐだ論争の種になるので
アプリ終了時に malloc したものは free すべきなの? →それは聞いちゃイカン

907 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 18:22:30
>>906
freeしといた方がいいよな。
終了時の解放はただの親切機能だし。
喰らいボムが実装されてるようなもんだろ。


908 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 18:31:33
必ずallocと対のfreeを確認する習慣は、何度か俺の命を救った
もうアプリは死ぬんだからfree書かなくても良いなんて
「生理だからゴムなしでいっか」って言うようなもの

書いちゃってから「あ、ここ最後だからいらないんだ」とか言ってわざわざ消してるやつは性病で死ね

909 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 18:32:59
void main ってのは言わばパンチパーマみたいなものだ
初対面でも見た目がいかにもという人はそれ相応の対処を取るだろ?
void mainも同じ
最初にカマしとけば相応の目で注意深く見てくれる
ま、ある種の優しさだな

910 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 18:36:57
CFAQかなんかだと思うけど
クソな参考書見分けるコツは?ってのに対して
void mainって書いてるやつは買うなってのがあったと思う

>>909

後輩がお前のこと笑ってるぞ「voidの、あ、voidさんのソースってくそっすよね 読む気しねー」って

911 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 18:38:33
>>909
困ったときに、
助けてくれたパンチパーマの人と何にもしてくれなかった七三分けの人だったら、
僕はパンチパーマの人に感謝しますよ。

912 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 18:39:11
>>910
Cの絵本のことだな

913 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 18:40:37
>>910
参考書に書いてあることは丸暗記できるけど、
応用力はなくて自分ではコード書けない人の典型ですね。

914 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 18:45:17
>>910
俺voidじゃねーし
君は洞察力がないな
>>911
君は読解力がない

915 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 18:59:00
>>910
ということにしたいのですね。

916 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:08:27
void先輩は悪くないスよ
作ったおもちゃを見てもらいたかっただけなんすよね >>815
それをみんな、よってたかってフルボッコにして
あ、でも先輩ちょっと俺に話しかけるの止めてもらえないですかね
ホラ俺達までvoid mainだと思われるのはちょっと

917 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:10:34
>>908
そういうこと気にしてたら exit 関数が使えない。
大きなプログラムではエラー処理が滅茶苦茶煩雑になる。

こいうのはケースバイケースで、メモリリークを起こさなければ問題ないでしょ。
自分でフリーしない方が速いし。

918 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:12:19
>>916
どんな結末を夢見てる?
何も考えてない?

919 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:13:36
>>917
メモリリークを起こさないようにプログラムを組んでたら
普通はalloc/freeの対応は付くと思うのだが・・・

920 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:14:49
>>916
みんなでボッコしてたのは>>816じゃね?
>>815の内容なんて誰一人1行も見て無い気がするが

921 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:17:09
どんなOSとコンパイラと状況でmallocで確保したものをfreeせずに終了して不具合が出ました?
煽りとかじゃなく、純粋に知りたいんですが

922 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:17:34
>>917
例外的に明示的にexit()するときは、もうどうでもいいだろ

923 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:19:46
>>919
エラーとかの例外処理でそれを貫くは無理でしょ。
大きなプログラムの場合だよ。
致命的なエラーだったら、エラー報告してそのまま終了することもあるでしょ。

924 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:21:12
変数を初期化しないことのどこに問題あるの?

この次元の議論

925 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:21:18
>>921
聞いた話だが、alloc/freeにラッパーかかってたときかな
メモリの代わりになんか違うリソースを取得してたらしい
malloc/freeで作ってたのを単純置換したとかなんとかで

926 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:22:37
>>921
不具合が出るとすれば、そっちの方が問題だよ。
メモリリークじゃないんだから。

927 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:22:53
>>923
お前のプログラムは致命的なエラーしか起こらないのかw

928 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:27:14
>>927
ケースバイケースだろうと言ってるのに。どっちの場合もあるんだよ。

逆に君は致命的エラーで終了処理だけして、終了するプログラムを組んだことがないのか?
だとしたら経験がなさすぎるんだよ。

929 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:28:06
>>925
そんな話じゃなくて、mallocの話なんですが

930 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:29:47
>>921
ないんじゃね?
デバッグ中は「freeしてねーよ」警告が山ほどでるが

931 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:31:26
無いわけないでしょwww
こんだけ否定されてんだからwww

932 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:33:46
組み込みだとOS自体が無い。プログラムから見て「返すべき相手(親)」がいない。
そんな時にvoid main(void)を使ったりする。ただそれだけの話だな。

933 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:33:53
>>931
否定してるの一人だからw

934 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:33:55
mallocとfreeは対な方が美しいからやったほうが良い

exitの前にも
if(aaa_buf)free(aaa_buf);
if(bbb_buf)free(bbb_buf);
if(ccc_buf)free(ccc_buf);

とかってやるべき できればすぐ死ぬとしても
aaa_buf = NULL;
   ・
   ・
もやるべき、これはスピードとかではなく本人の生き方の問題
やりたくなければやらんでよろしい でも俺がリーダーの場合の開発では必須な

ちなみにaaa_bufは命名規則的にはいくないけど、説明のために使った

935 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:35:03
>組み込みだとOS自体が無い。

こいつは、底抜けの馬鹿だな

936 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:37:05
もういいよ。訳も分からず講釈垂れてる奴はJava使ってろ

937 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:39:25
void main

mainの戻り値

malloc/free ←今ココ

次は後藤さん?

938 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:43:17
>>935
そういう時代もあったってことでしょ
今でもたまにOSなしでやらされるが

939 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:43:41
>>934
exit を呼んでいるところで、aaa_buf とか参照できない場合があるでしょ。

実際にexit を呼ぶのはライブラの奥の方だったりするんだよ。
参照できるようにしようと思えば、その関数に関係ないポインタを延々と渡し続けないといけない。

940 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:45:20
>>934
これはexit()関数使わなくて済むようなプログラム例だろw
そんな時の話はしてないぞ。

941 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:46:45
美しいとかじゃなく、どんな不具合があるのかときいてるのに。

942 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:47:33
>>935
プログラムが必ずOSから呼ばれると思っているお前の方が馬鹿な気がする

943 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:47:55
最近alloca()をよく使うからfreeしないわ

944 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:48:43
>>941
コードをコピペして再利用するときに不具合がでやすい

945 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:48:45
組み込みってBIOS作るのと似ている?

946 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:49:48
>>941
mainを抜けた後にまだ続きがあったとき、かな。
そういう変態コードは稀に良くある。

947 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:49:58
>>944
それはexit前にfreeをすれば解決されるの?

948 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:50:12
>>934

exitの前にも
if(aaa_buf)free(aaa_buf);
if(bbb_buf)free(bbb_buf);
if(ccc_buf)free(ccc_buf);

これやると対じゃなくなるけどいいの?
ことあるごとにポインタをヌルポインタにしないと動かないけどそれは美しいの?

949 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:52:32
誰か>>815のおもちゃ見てやれよ

950 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:53:25
突然ここではexitしないでエラー復帰してくれと言われたら
どれだけ手間かかるんだろうなー

951 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:53:54
素敵なをおもちゃありがとう、今年3歳になる子供も気に入ったみたいです。

952 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:55:25
素敵なをおもちゃありがとう、今年33歳になる嫁も気に入ったみたいです。

953 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:56:25
素敵なをおもちゃありがとう、今年333歳になる主も気に入ったみたいです。

954 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:56:53
をおもちゃになってしまった。まあ良いか

955 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:57:49
>>944
お前根本的に勘違いしてるぞ。
malloc して free するのは基本。これをするなと言ってるのではない。
けど malloc してから free するまでの間に、
そのデータとは関係ない関数を呼び出す必要があって、
その関数の中でexitするような場合に free できないのはしょうがない場合もあるだろうと言ってるんだよ。

malloc で確保したメモリは終了時に free されることが保証されてるんだしね。

956 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 19:59:19
関数はエラー復帰して、それ見てfreeしてexitじゃないの

957 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:00:34
終了時にfreeされるって?
OSがやっていることとfree()のそれを混同しすぎ。

958 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:01:23
>>949
「ten2hex」で萎えた。

959 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:01:32
メモリはいいけど
共有リソースの中には自分で開放する必要のあるものもたまにあるんじゃないの

960 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:04:07
>>959
ここではmallocを使ってexitの前のfreeの話をしているのです

961 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:04:25
>>955
おれかよ。俺と同じこといってんのに。

962 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:06:06
>>956
基本はそうだけど、それやってられないことがあるの。

そもそもそうやって関数の呼び出し元に戻れるんなら、
exit() 関数など使わないようにコード書けるでしょ。

けど実際にはexit() 関数が必要なわけで、
C++ではtry chatch が用意されているよ。

exit() が必要 → free() できない場合もある
ということなんだよ。

963 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:08:15
>>959
その辺を一々管理するのが大変だから終了時にまとめてやるのもありでしょ。

で、malloc はそうなってる。

964 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:08:51
atexit

965 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:09:38
>>962
なんで例外がここで出てくるのか分からんが、try-catchが欲しいなら
gotoやlongjmp使ってそれらしくすればよろしい

exitを使わざるを得ない状況ってのがわからん

966 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:11:29
exitは超便利

967 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:13:18
>>963
状況によっては終了時にまとめてリソース開放でもいいけど、大抵はそれじゃだめかな

968 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:13:26
exitやabortは終了処理が走って欲しくない場合には使わざるを得ない

969 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:14:10
> free() できない場合もある
どんな状況?

970 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:16:20
>>968
終了処理の中で分岐入れれば済む話では?

971 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:16:40
>>965
exit の必要性がわからないんだったら、わかるはずがない。黙ってなさい。
小さなプログラムなら要らんからね。

exit は積極的に使うものではないけど、状況によってはコードが煩雑にならないで済むから使うんだよ。
まぁ君にはわからんだろうけど。

972 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:16:59
>>970
データが明らかに壊れてて
終了処理を走らせるのが逆に危険な場合とか
まあバグでしかないが

973 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:18:16
>>970
正規の終了処理のところまで、戻すのが大変な場合があるの。

974 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:19:00
>>972
だから、どうやったらそんな状態になるのか、そしてfreeしたらそれが解決されるのか聞きたいんですが

975 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:19:13
gotoじゃなくてexitの流れになったかw

976 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:24:20
>>971
exitを使うことで便利になる場面があるのは分かるよ。
> exit は積極的に使うものではないけど、状況によってはコードが煩雑にならないで済むから使うんだよ。
これは、利便性を考慮して、exitを選択しただけ。
でもそれは「使わざるを得ない状況」ではないでしょう?

> まぁ君にはわからんだろうけど。
そうすか。

977 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:29:18
>>962=>>971
だとすると、そいつはexitを必要としていない人だ

978 :816:2010/03/25(木) 20:30:38
void main() (高笑)

979 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:35:23
if(aaa_buf)free(aaa_buf); って糞コードじゃね?

980 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:40:41
free(aaa_buf);だけでいいのにな

981 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:46:49
次スレ立てます

982 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:49:14 ?S★(518000)
次スレ立てました
C言語なら俺に聞け(入門編)Part 62
http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1269517734/

983 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:55:01
>>979-980

aaaが確保できたbbbがまだでも死ななきゃいけないって時に
確認しないでフリーしたらエラーじゃん
NULLつめとけば
2重のフリーも防げるし

984 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:56:01
freeにNULL渡しても別に何も起こらないだろw
何でエラーになるんだよ

985 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 20:59:01
設計手法って、これっていうのがないのかも

986 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 21:01:06
free()の仕様も知らないで語ってたのかw

987 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 21:01:37
ttp://www.kijineko.co.jp/tech/superstitions/crash-when-free-is-called-with-null.html

988 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 21:04:05
>>984
bbbをNULLで初期化していれば、な

989 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 21:04:54
>>988
未初期化の変数がifを通り抜けてfreeされてエラーになるだけだろw

990 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 21:06:39
>>948でそれとなく言及されてる

991 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 21:06:56
>>989
エラーになればいいけど、もしも偶然が怖いだろ!

992 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 21:07:16
そこまでしてfreeする理由って美しいかってだけ?

993 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 21:07:27
>>991
いや、初期化しろと

994 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 21:07:50
>>993
だから初期化をするんだよ

995 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 21:08:16
そしてfreeの後には毎回0を代入しろと

996 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 21:08:58
>>992
まともにfreeできないコードはそもそもどこかがおかしい

997 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 21:12:38
>>992
コードを読んで即座に意味が通じるかどうかが重要だからな
free()をしていないコードを読んで、終了間際だからサボってるのか
単なる解放漏れなのかの区別が瞬時につかない。

998 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 21:14:22
必要のないif()に突っ込んでるんであって、
NULLで初期化には誰もけちつけてないのにw

999 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 21:16:45
Linuxでの仕事でfreeにNULL渡したら死んだことがあってびっくりした事がある
死ぬときあるよね

1000 :デフォルトの名無しさん:2010/03/25(木) 21:18:36
単なる解放漏れってなによ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

226 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)