5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

C言語なら俺に聞け(入門編)Part 63

1 :デフォルトの名無しさん:2010/04/10(土) 23:30:23 ?S★(520172)
C言語の*入門者*向け解説スレッドです。
★前スレ
C言語なら俺に聞け(入門編)Part 62
http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1269517734/
★過去スレ
http://makimo.to:8000/cgi-bin/search/search.cgi?q=%82b%8C%BE%8C%EA%82%C8%82%E7%89%B4%82%C9%95%B7%82%AF&andor=AND&sf=0&H=&view=table&D=tech&shw=5000
★初心者、初級者の方は他の質問スレのほうが良いかもしれません。
例えば
【初心者歓迎】C/C++室 Ver.72【環境依存OK】
http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1267775473/
とか
★教えて欲しいのではなく宿題を丸投げしたいだけなら
↓宿題スレ↓へ行ってください。
C/C++の宿題片付けます 135代目
http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1269438098/
★C++言語についてはなるべく聞かないでください。C++対応明記スレへどうぞ
★分からない事をなるべく詳しく書いて下さい。
★ソースコードを晒すと答えやすくなるかもしれません。
  # 抜粋/整形厳禁、コンパイラに渡したソースをそのまま貼ること
  # サイズが大きい場合は宿題スレのアップローダ等を利用してください
★開発環境や動作環境も晒すと答えが早いかもしれません。
★質問者は最初にその質問をした時のレス番号を名前欄に書いて下さい。

2 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 00:41:48
2

3 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 01:37:57
さてvoid main認容問題から再開しようか

4 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 01:42:16
void main にすべきと言わなきゃ別にOK

5 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 03:32:21
int mainの戻り値って具体的には何に使われてるの?
コマンドプロンプトやシェルスクリプトが利用するってのは聞いたことがあるんだけど、
それを利用して何を処理してんの?

6 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 03:42:50
>>5
具体的な例で言うと、testコマンドなんかは
条件を満たしたときの戻り値が0、満たさなかったときの戻り値が0以外だな。

あと、変り種なコマンドとして、 : というのもある。
これは何をするのかというと、何もせず、戻り値として0を返すコマンドだ。

7 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 03:48:11
>>5
プログラムが成功したか失敗したかを判断するのに使う
プログラムが動作失敗したらもうそれ以上処理を続行したくないとき
などで見るのが一般的な使い方になる

Linuxのデーモン起動スクリプトなどはこれを積極的に利用してて
プログラムが正常に終了しなかったときに処理を停止する機能を
先頭で有効にしていたりする。(set -e)

8 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 03:50:39
>>6-7
分かりやすくありがとう

9 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 06:04:23
なぜ long main(...)とか float main( ... )とかdouble main( .... )って
駄目なんだ?

10 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 08:37:10
なぜお釣りが好きなのか?

11 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 12:29:22
>>9
別にダメじゃないだろ
定義されていないだけで

12 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 12:39:17
>>9
多分起動元で値がとれない。

13 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 14:39:55
>>9
それをintと置き換える意味がほとんどないからです。

14 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 15:20:37
>>9 そういう風に main() の呼び出し元や、めぐってはプロセス起動元がつくられていないから。
void と int が交換可能なのは、たまたま大概の処理系がそうなっているからだけのこと。

15 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 15:25:00
>>14
一応訂正しとくけど、voidとintは交換可能ではないよ。
一般的なOSでは戻り値にintを期待してて、voidでは値が返却されず不定になってるけど
呼び出し元がたまたま戻り値を利用しないから問題にならないだけで。

16 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 15:29:44
戻り値を利用するときに困るけどね
make で使おうと思ったら勝手に止まったり

17 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 15:33:43
>>15
不定にならない処理系もある。M$ とか。

18 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 16:09:02
>>17
それはコンパイラの親心機能だな。

19 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 16:42:21
さあね

20 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 17:20:07
>>10
さすがにこのネタも古くなり、以前のようには釣れなくなってきました。

21 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 17:38:52
>>20
釣り方に品が無い。
そもそもintってなんだよw、とか8bit時代はどうしてたんだよw、とか
今までとは違う方向へ話が広がるように釣ってくれないと。

22 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 18:48:59
http://codepad.org/nyYJwZTX

SSE を使うときに便利な構造体。
同じ128ビット内の内容を、byteやfloatやx,y,z,wで指せて便利。
asm("movaqu %0,%%xmm1;":"+m"(xmm));って風にそのままインラインアセンブラにも渡せて簡単。(ニモニックうろおぼえ)
配列にして渡せば、そのままパイプでだーーっと一度に計算できてたぶん速い。たぶん。
…いや、べつに。…なんとなく。


23 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 19:08:28
>>22
wって何に使うの?

24 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 19:09:23


25 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 19:31:38
>>22
共用体を初めて知ったの?

26 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 19:35:03
レジスタをエミュレートしたりするのにunion使うのは昔からされていること

27 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 19:50:28
_m128*使えよ
あれ共有体だぞ

28 :22:2010/04/11(日) 20:49:02
>>23
しらね

29 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 21:55:07
REGS共用体とか懐かしい

30 :デフォルトの名無しさん:2010/04/11(日) 23:26:57
8086時代のCか
MSDOSコールを嫌というほど書いた思い出があるな

farポインタとかhugeポインタ死ねよ

31 :デフォルトの名無しさん:2010/04/12(月) 03:30:28
>>30
far ポインタは良く使ったな。huge ポインタはときに seg:off で off が一回りしたときに seg をインクリメントしてくれないことがあるので怖くてちかづかなかった。

32 :デフォルトの名無しさん:2010/04/12(月) 03:49:20
64kもあればどんな事だってできると思ってた・・・
1MのRAMすら広すぎてもてあましてた
8MのRAMなんて高くて手が届かなかった

33 :デフォルトの名無しさん:2010/04/12(月) 07:13:19
・・・

34 :デフォルトの名無しさん:2010/04/12(月) 08:33:35
メモリチェックが長くてうざいと感じたあのころ

35 :デフォルトの名無しさん:2010/04/12(月) 10:25:59
>>31
farポインタの糞仕様に参ってたよ
1MB空間のどこでも指せるのに、そこから64KBしかアクセスできないと来たもんだ
巨大配列はhuge配列にするしかなかった
しかもものすごく遅いし

32bitになってフラットモデルと聞いて小躍りしたよ

36 :デフォルトの名無しさん:2010/04/12(月) 13:15:40
>>35
おまえ凄い勘違いしてるぞ、far はただの修飾子だよ。

37 :デフォルトの名無しさん:2010/04/12(月) 13:23:23
そうだね、farポインタなら常にセグメントアドレスを使うから64KBを超えてアクセスできるね。
遅いし、64KBを超える配列の場合オブジェクトサイズが2の冪乗に限定されるけど。

38 :デフォルトの名無しさん:2010/04/12(月) 13:38:08
>>36
far配列の事ではないかと

39 :デフォルトの名無しさん:2010/04/12(月) 19:33:27
誰かご存知の方がいらっしゃったら教えて頂きたいのですが…。

HP-UX 11iV2とHP-UX 11iV3 とでfreadの返り値が変わるなんてこと有り得ますかね?

utmpx読み込んで接続元のip割り出してたら、下記while文で無限ループしてしまいました。

while(fread(&u, sizeof(struct utmpx), 1, fp)==1) {

延々と1が帰ってくるはず無いんだが…。
いやね、問題が起きてるの、11iv2なんだけどさ、
再現環境作りたいんだが、手元に11iv3しか無くてションボリ。

ご存知の方いらっしゃいましたら助けてください。


40 :デフォルトの名無しさん:2010/04/12(月) 20:32:58
>39
fread()の戻り値は、読み込んだ要素数だから、この場合、fpのファイルの終端になると1より小さい値を返すと思う、うん

とりあえず、fread()について
HP-UX 11i v2 fread(3S)
http://docs.hp.com/ja/B2355-91076/fread.3S.html
HP-UX 11i v3 fread(3S)
http://docs.hp.com/ja/B2355-60129/fread.3S.html
若干変わったみたいだけど、それが原因とは思えない

もう一度、本当にそのwhileで無限ループになっているのか確認した方がいい
また、そのwhileで無限ループになったと判断した理由を教えてもらいたい
差し支えなければ、その行を含む前後のコード、または、コンパイル単位のソースコード、あるいは、そのソフトウェアの全ソースコードを見せてください

41 :デフォルトの名無しさん:2010/04/12(月) 21:06:59
>40
せっかく返信くれたのに申し訳ないんだが、全部は見せれない。ごめん。
ip取得でループから抜け出せないのはなんとなく想定できてたんで、現地環境で
if (ut.ut_type!=USER_PROCESS) {の上の行にprintfはさんで、ループしてることを特定、
その後fread(&ut, sizeof(struct utmpx), 1, rp)==1をfread(&ut, sizeof(struct utmpx), 1, rp) != 0
に変更して再コンパイルし、正常稼動を確認。
PIDCheckはutmpxのpidが正しいものかチェックしている関数
うーん、永遠に1が帰ってきてるとも考えづらいんですけど、別の原因だとすると、==1 を!=0にしたことで現象が改善する理由が不思議なんですよ。

42 :デフォルトの名無しさん:2010/04/12(月) 21:08:03
int IPGET(int pid, char *IP)
{
FILE *rp;
struct utmpx ut;
rp = fopen(UTMPX_FILE, "rb");
if (fp == NULL) {
return 0;
}
memset(&ut, 0, sizeof(struct utmpx));
while(fread(&ut, sizeof(struct utmpx), 1, rp)==1) {
if (ut.ut_type!=USER_PROCESS) {
memset(&u, 0, sizeof(struct utmpx));
continue;
}
if (PIDCheck(ut.ut_pid) == 1) {
fclose(fp);
strcpy(IP,ut.ut_host);
return 1;
}
memset(&u, 0, sizeof(struct utmpx));
}
fclose(rp);
return 0;
}

43 :デフォルトの名無しさん:2010/04/12(月) 23:03:11
これからC言語を学ぼうと思います。
まず最初に準備するものを教えてください

44 :デフォルトの名無しさん:2010/04/12(月) 23:04:54
ロベール

45 :デフォルトの名無しさん:2010/04/12(月) 23:05:02
この板に二度と来ないという決断

46 :デフォルトの名無しさん:2010/04/12(月) 23:20:02
>41
いろいろな角度から検証してみた、ってか、よくわからなくなってきた
気持ち悪いけど、とりあえず!=0で運用してください
[メモリ破壊](25%)
ぱっと見では、していないようだ
あるとしたら、fread(), fclose(), strcpy()だが、fread()以外はそのすぐ後でreturnしているので、whileの無限ループに関与する可能性は低い
fread()については後述、それにしても、memset()を呼び出す必要はあるのか

[マルチスレッド](0%)
スレッドを使っているかどうか分からないが、広域変数やstaticな変数が無いので関係ない

[fread()==1となる数値](25%)
size_tの宣言がどのようなものか知らないが、例えば
typedef unsigned long size_t;
の場合、fread()==1となるfread()の戻り値は、1以外にも存在する
だたし、sizeof(long)(32bitとか) < sizeof(long long)(64bitとか)とする
例えば、-9223372036854775807がそうだ
size_t s;
s = -9223372036854775807LL;
if ( s == 1 ) { /* true */ }
これで、fread()==1の説明が付くが、fread()!=0を偽にする数値と一致するわけが無い
(s == 1) && (s == 0)なんてことはありえない、『ありえないなんてことは、ありえない』か

[最適化の影響](40%)
アセンブリを出さないと分からないけど、最適化のしすぎで意図しないコードに化けた可能性はある
コンパイラのバグで、unsignedとsignedを論理比較していたとか

[ライブラリのバグ](5%)
fread()にバグがあってどうかなっている

[そもそもIPGET()を複数回呼ぶループがある](5%)
ループ付近の変数で破壊が起きている

47 :デフォルトの名無しさん:2010/04/13(火) 00:13:32
memset(&u, 0, sizeof(struct utmpx));
の u ってなに?

48 :デフォルトの名無しさん:2010/04/13(火) 01:44:31
分からん。
rpとfpの違いも分からん

49 :デフォルトの名無しさん:2010/04/13(火) 08:58:17
>46
ありがとうございます!助かります。
読ませていただいた感じ、[fread()==1となる数値](25%)
が該当するかも、という気がします。
とは言うのも、64bit pa-riscなんですよ。cpuが。

ちょっと見方を変えて、環境に依存してる問題で何か原因が無いか考えて見ます。
現地環境で返り値見れれば早いんですけどね…。

>47
すみません、それ、utです。
fpはrp。さすがにそのまんま乗せるのはちょっと問題あると思ったんで
変数名や関数名ところどころ変えました。
事情は察してください。



50 :デフォルトの名無しさん:2010/04/13(火) 09:01:57
>>39
あれこれ想像せず、読み込んだ内容を表示するとかして確認すれば?

51 :デフォルトの名無しさん:2010/04/13(火) 11:51:46
俺の勘だと、実際のソースではmemsetあたりでopenしなおしてるのが原因

52 :デフォルトの名無しさん:2010/04/13(火) 16:17:56
この板自演しやすくていいな

53 :デフォルトの名無しさん:2010/04/13(火) 16:24:37
>>49
そういう不可思議な現象は99%コード領域が書きかえられてることが原因だよ
どっかの馬鹿がヘマして未初期化のポインタ使って何か書き込んでる

54 :デフォルトの名無しさん:2010/04/13(火) 18:40:52
>>53
それリタイヤ寸前のプログラマの発想だよ

55 :デフォルトの名無しさん:2010/04/13(火) 21:35:49
main.cpp:3: error: ‘::main’ must return ‘int’
なんで、mainの戻り値をvoidにすると怒られるの?
コンパイラはgcc-4.3.4

56 :デフォルトの名無しさん:2010/04/13(火) 21:39:20
gccの仕様

57 :55:2010/04/13(火) 21:40:38
>>56
それじゃ、文法的には問題ないの?

58 :デフォルトの名無しさん:2010/04/13(火) 21:55:15
もちろん

59 :デフォルトの名無しさん:2010/04/13(火) 21:58:54
>>55
処理系依存。処理系が int main() 前提だったらそのように書くしかない。
main() といえども、スタートアップの呼び出しの前提には逆らえない。

60 :55:2010/04/13(火) 22:35:29
>>58-59
thx

61 :デフォルトの名無しさん:2010/04/13(火) 22:40:25
今日マイコンの本立ち読みしたんだがアセンブリで書かなくちゃいけないところもあるらしいな
その本ちょっと欲しかったんだが値段が高くて手か出なかった

62 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 01:29:13
>>55 (>>56-59)
C++ の仕様。 void にしたかったら main.c にしてみれば?

63 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 01:45:40
>>62
C++でもvoid main()はありうる。
ありうるだけだけど。

64 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 02:03:12
>>63
ないよ。

ISO C++ 3.6.1 p2
> This function shall not be overloaded. It shall have a return type of
> type int, but otherwise its type is implementation-defined.

http://www.kijineko.co.jp/tech/superstitions/void-main.html
> 一方、標準C++では、main の返却値の型は int でなければならないことが
> 明記されていますので、・・・

http://www.parashift.com/c++-faq-lite/newbie.html#faq-29.3
> main() must return int. Not void, not bool, not float. int. Just int,
> nothing but int, only int.

65 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 05:15:08
>>64
C++にもfreestanding環境があったと思うが。



66 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 05:50:04
C++はスレチ

67 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 08:20:23
>>64
ISO C++では、otherwise its type is implementation-defined
と int でない可能性も含んでいますね。

68 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 08:43:52
>>67
直訳すると
「それ( main 関数)は int の戻り値型を持たなければならない、がそれ以外は型を実装定義とする」
なわけで、この記述では戻り値型が int でない可能性を含んでいない。

69 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 09:01:15
文法的にはありってことでは

70 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 09:30:29
ISO C++ 3.6.1 p2
> This function shall not be overloaded. It shall have a return type of
> type int, but otherwise its type is implementation-defined.

直訳
> この関数は多重定義させることはない。その関数はint型の戻り値を持つことになるだろう、
> しかし、それ以外は、戻り値の型は実装者定義である。

意訳
> この関数は多重定義できない。その関数の戻り値はint型であるが、それ以外は、戻り値の型を実装者定義とする。
それ以外のそれってなんだよと思って、原文見ると
ISO/IEC 14882:2003(E)
3.6.1 Main function
2 An implementation shall not predefine the main function. This function shall not be overloaded. It shall
have a return type of type int, but otherwise its type is implementation-defined.
わぁお、とある実装の話かよ
詰まるところ、別の実装では、main()の戻り値は実装者定義としている

ってか、スレ違い

71 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 09:39:26
そんなおまいらへ。

C/C++の宿題片付けます 135代目
http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1269438098/l50

ここでなぜか一通り議論されてる。

72 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 10:01:55
>>70
"its type" が「戻り値の型」にねじまがっている。正しくは main の型。

73 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 10:08:00
関数の型は、その戻り値の型と引数の型(と C++ ではもう少しのおまけ)から成る。

74 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 11:12:10
>>72
同じだろ

75 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 12:41:58
int (*)(void) int (*)(int, char**)
に関しては必須で、それ以外は環境依存ということなので、
intにしててだめな事はないんじゃないの

76 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 12:52:15
>>75
馬鹿は黙ってなさい

77 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 13:01:02
じゃあ馬鹿でも分かるようにとっとと結論書いてくれよ

78 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 14:39:02
出てるだろ馬鹿

79 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 18:18:59
C++厨は速やかに以下のスレへ移動してください
当スレにおいてあなたたちは「役立たず」です

C++相談室 part79
http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1268846738/

C++上級者が集まるスレ
http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1095113801/

80 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 18:38:57
役立たずに失礼だろ

81 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 18:46:14
俺は役立たずだがC++厨と一緒にされたくはないわ

82 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 19:42:27
>>74
「関数の戻り値の型」と「関数の型」は違うだろ。

83 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 19:54:40
struct timeData{
char second; /* 秒 */
char minute; /* 分 */
char hour; /* 時 */
char weekday; /* 曜日 */
char day; /* 日 */
char month; /* 月 */
char year; /* 年 */
};
static struct timeData time;
とするのと
timeData[7]として配列0?6までそれぞれ秒から年というふうに意味を
与える使い方どっちがいいですかね?あんまり後者のような使い方は
好ましくないのかな?
ちなみに実際時刻をセットする関数getTimeがchar型のポインタになってます。
getTime(&time.second)とするか
getTime(timeData)とするか
これをみると逆に配列にした方がいいのかなって気がします。
(getTime(&time.second)みないに構造体を配列みたいに使ってもいいのか?)

84 :あきら:2010/04/14(水) 20:04:15
Winsockを使ってPOST送信したいんですけど
送れません・・・・


strcpy(buf,"POST / HTTP/1.1\r\n");
strcat(buf,"Host: ");
strcat(buf,host);
strcat(buf,"\r\n");
strcat(buf,"Content-Length: 117\r\n");
strcat(buf,"Cookie: 0\r\n");
strcat(buf,"User-Agent: MSIE7.0\r\n");
strcat(buf,"REFERER: http://aqbb.net/bbs.aqbb.net/form/test?guid=on\r\n");
strcat(buf,"Connection: close\r\n");
strcat(buf,"\r\n");
strcat(buf,"title=ABFA");
strcat(buf,ses);
strcat(buf,"&name=ABFA&mail=a@docomo.ne.jp&comment=ABFA&pass=1234&ses=");
strcat(buf,ses);
strcat(buf,"&cookie=&upfile=&id=test&mode=thread");
strcat(buf,"\r\n");
strcat(buf,"\r\n");

これでレンタルサーバーにアップしてある
PHPで作成した自分の掲示板に投稿しようと
思いましたが送信できていないみたいです。
どうすればいいですか?


85 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 20:05:55
逆に配列にしたほうがいいのかな、と思った理由がよく分からないや
getTime(&timeData[6]);
getTime(&timeData[0]);
getTime(&time.second);
getTime(&time.year);
getTime(&timeData[TIME_YEAR]);
getTime(&timeData[TIME_SECOND]);

86 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 20:07:57
>>84
送信できていないのか、送信したが投稿処理がうまくいかなかったのかを切り分ける作業は終わった?

87 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 20:17:35
>>71
春休みで宿題がなくてひまだったんです。

88 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 20:18:51
>>82
関数の型は関数の戻り値の型のことだから一緒では?いいかたが違うだけでは?

89 :あきら:2010/04/14(水) 20:19:21
>>86
切り分ける作業と言うとどんなのですか?

PHPで
if($_POST["mode"] != 'thread')
{
echo'ERROR!!';
exit();
}

というようにやっています。
sendで送信してからすぐにrecvで受信し
表示させたときにPHP側の
ERROR!!の文字が返ってきました。

90 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 20:30:03
>>89
パケットがとんでるかどうか見れば良かったんだけど、PHPから返事もらってんだね。
なんでPHP側のログ見ないの?

91 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 20:31:38
ログ見てもしょうがなかった。
$_POSTの中身見てみたら?

92 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 20:32:09
>>88
int main(void) という関数 main について、
関数の型は int (void) であり、関数の戻り値の型は int である。

typedef int ReturnType;
typedef ReturnType FunctionType(void);
FunctionType main;

93 :あきら:2010/04/14(水) 20:32:49
>>90
PHP側のログ?
レン鯖だからログとか見れないと思う・・・

ちなみに
GETで送信することはできました。
POSTにしたら送れなくなった・・・

94 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 20:36:21
>>88
type
return type of type
と二つ書かれてるんだからそこを意識しなよって意図が見えませんかね

95 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 20:40:58
>>93
sesって何桁なの
content lengthあってんのかね

96 :あきら:2010/04/14(水) 20:43:30
>>95
5桁です。
titleにも付けてる理由は
タイトル重複規制してるからです。

97 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 20:45:18
CR付けないといけないのは、大変だな

98 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 21:04:50
Linux上でCで開発するとき、listやstackやqueueといったデータ構造を提供するライブラリで最もメジャーなものを教えてください。

次の優先順位でお願いします。

(1)ubuntuに標準で入っているもの(glibcには入っていないですよね)
(2)ubuntuのパッケージとして入手可能なもの
(3)最近もメンテされているメジャーなライブラリ(CSTLよりメジャーなものがいいです)

99 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 21:07:38
>>98
自分で作れ

100 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 21:39:01
>100
GNOME環境だったら、KDEでも入っていると思うけどGLibとか
GtkでGUIのアプリ作るときに良く使われるから覚えておいて損は無い

CSTLでも別にいいと思うけど、嫌なら自分で作れ、とマジで言いたくなる

101 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 22:52:11
>>100
> GNOME環境だったら、KDEでも入っていると思うけどGLibとか

これ使えそう。ありがとう。

102 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 22:59:17
eglibってのもあるんだ。組み込みに使うならこっちの方がいいかな。

103 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 23:14:50
本来正しく動くプログラムでも、改行文字とか、環境ののせいでセグメンテーションエラーしたりすることはありますか?

104 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 23:20:33
そんなことを考える前に、そのプログラムが本来間違ってて
たまたまある環境では動作してたに過ぎない可能性を疑いたまえ

105 :あきら:2010/04/14(水) 23:20:49
誰か
>>84
お願いします。。。

106 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 23:32:45
メールボム講座するくらいなんだから自分でがんばりたまえとしか

107 :デフォルトの名無しさん:2010/04/14(水) 23:40:05
>>103
お前がメモリーをハンダ付けした糞ハードウェアとかならあり得るかもな。

108 :あきら:2010/04/15(木) 00:49:16
>>106
あぁリファラから辿りましたね?
それは知り合いのサイトですよ。

私もPHP使えますけどCの方が好きです。

109 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 00:53:28
>>84
sendしないと送れないだろ。

110 :あきら:2010/04/15(木) 01:02:12
>>109
>>89

111 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 01:05:17
>>84
bufの初めの方をガンガン上書きしてるけどいいの?

112 :あきら:2010/04/15(木) 01:09:17
>>111
strcatだから連結だと思うのですが・・・

113 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 02:59:07
long int と int の違いを教えて

114 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 03:02:49
long int >= int

115 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 03:08:35
>>114
ありがとう。

116 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 06:14:10
>>84
Content-Lengthの値は合ってるの?
Content-Typeは指定しなくていいの?


117 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 07:47:58
>>98
c++ の STL でいいのでは?

118 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 07:54:31
>>117
よくないから、質問しているんだろ

119 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 08:02:53
C縛りって面倒だね。

120 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 11:02:38
C言語で作られたもの ってどこかにまとめられてますかね?
ググってもなかなかでなかった そもそも質問はここでいいのかな;

PS3とかLinux動くのわかるんだけど=C言語で作られたものですかね?
一般にもわかるような物でC言語で動いてる!ってもの何かないでしょうか?

121 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 11:06:32
>>120
まとめても意味無いと思うんで、たぶんまとめられていることは無いでしょう。
Linuxは間違いなくC言語で作られています。
他にはApacheあたりもCだったような気がします。
「一般にもわかる」というのがどういうことかよくわかりませんが。

122 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 11:07:26
Linux最新カーネルでもDLして
中を覗いてみろ。
1000万行を超えるのCソース
を拝むことができる筈

123 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 11:13:26
>>120
Rubyやemacs

124 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 11:19:25
予想以上のレスありです

C言語勉強し初めて、PC疎い友人に「それって何ができるの?」と聞かれて
Linuxと言ってもわからないだろうし それ以外の物を説明できなかったので…
具体例として「〜がC言語でできてる」って説明したかったのですが理解が足りなかった;

125 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 12:14:52
Windowsも古いバージョンはCで作ってたような

126 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 12:52:34
そりゃC++が無いころからあるからな

127 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 13:04:51
>>124
日本語喋れないと帰化できないのと同じで、
プログラミング言語(或いは環境)を知らないと
プログラムを作ることができない。
何故Cかと言えば、それが普及しているから。
帰化のアナロジーなら国際会議での英語と同じ。

128 :あきら:2010/04/15(木) 13:27:24
>>84
だ・・・れ・・・か・・・頼む・・・・

129 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 13:33:58
sprintf(buf,
"POST / HTTP/1.1\r\n"
"Host: %s\r\n"
"Content-Length: 117\r\n"
"Cookie: 0\r\n"
"User-Agent: MSIE7.0\r\n"
"REFERER: http://aqbb.net/bbs.aqbb.net/form/test?guid=on\r\n"
"Connection: close\r\n"
"\r\n"
"title=ABFA%s&name=ABFA&mail=a@docomo.ne.jp&comment=ABFA&pass=1234&ses=%s"
"&cookie=&upfile=&id=test&mode=thread\r\n"
"\r\n",
host, ses, ses);


130 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 13:45:47
ビットについて教えてください。unsigned shortでビット8がたっていたら処理するというプログラムを考えたいのですが、いまいちピンときません。ご教示お願いします。

131 :あきら:2010/04/15(木) 13:51:13
>>129
ありがとう。。。
でも昨日それに編集して試したけど出来なかったんだ・・・

132 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 13:55:13
/*
 2進数 0000 0000 1000 0000
16進数 0    0   8   0
*/

if (value & 0x0080) {
  /* すごく立ってる */
}

133 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 14:04:30
それビット7じゃね?

134 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 14:05:36
はぁ?

135 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 14:08:32
>>130
bitを上から数えるか下から数えるか、0オリジンか1オリジンかはケースバイケース。
下から数えて0オリジンなら
if (unsigned_short_value & (1 << 8)) desired_process();

136 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 14:10:48
if ( foo & 1<<7 )

137 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 14:20:27
>>131
>129は本質に関係ない文字列処理の指摘だけだろ。
で、PHPで受信した文字列を全部ダンプしてみた?

138 :あきら:2010/04/15(木) 14:25:00
>>137
if($_POST["mode"] != 'thread')
{
echo'ERROR!!';
}
else
{
/*受取った文字列表示*/
}

PHPだとこんな処理してるんだけど
recvで見てみると
「ERROR!!」が返ってくる・・・・

139 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 14:49:39
PHP知らんけど、それって「受信した文字列を全部ダンプ」はしてないんじゃないのか?
つーか、Cに関係ないところで躓いているんだろ。WebProg板にでも行けば?

140 :あきら:2010/04/15(木) 14:56:00
>>139
HTTP/1.1 200 OK
Date: Thu, 15 Apr 2010 05:53:20 GMT
Server: Apache
Cache-Control: no-cache, must-revalidate
Pragma: no-cache
Connection: close
Transfer-Encoding: chunked
Content-Type: text/html

300
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Cache-control" content="no-cache">
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS"><link rel
="stylesheet" href="pc.css" type="text/css"><title>えらー</title>
</head>
<body text="black" bgcolor="white" alink="green" vlink="blue">
<table width="100%"><tr><td bgcolor="skyblue"><div align="center"><font color="b
lack">えらー</font></div></td></tr></table>
ERROR!!
<hr color="skyblue" width="70%" align="center">
<center>-<a href="admin">Aqua Board</a>-</center>
</body>
</html>
0


141 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 15:19:33
>>140
>139の2行目。

142 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 15:21:04
ちゃんと送ってちゃんと受け取ってるじゃないか。
サーバがなぜそれを返したかはサーバの都合だからそっち調べたら

143 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 16:19:31
二重配列に関してよくわかりません。

int a [ 2 ] [ 2 ] = { { 1 , 2 } , { 3 , 4 } } ;
printf ( " %d / %d / %d / %d \n " , a [ 0 ] [ 0 ] , a [ 0 ] [ 1 ] , a [ 1 ] [ 0 ] , a [ 1 ] [ 1 ] ) ;

とした時に 1 / 2 / 3 / 4 となる理由が分かりません。
1 / 3 / 2 / 4 となるような気がするのですが・・・
それは何故かというと、BASICが確かそんな感じだったからです。
なぜBASICと異なるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

144 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 16:31:33
そう決まってるから

145 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 16:33:10
>>140
>>91をスルーするから>>137にめぐってくるわけだ。

146 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 16:48:01
>>143
BASIC は2次元配列だけど、
C言語の場合は2次元配列ではなく、配列の配列なんだよ。
その違いはある。

けど、君が問題にしてるのは初期化時の書式の話であり、
BASICでは定義時に初期化など行えなかったから、比較のしようがないと思うけどな。

具体的にBASICではどうだったのかを書いて欲しいな。

147 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 17:18:14
>>146
> 具体的にBASICではどうだったのかを書いて欲しいな。

Basicの件は勘違いだったようです。

148 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 17:20:17
>>146
BASICじゃなくってフォートランだったようです。

http://docs.hp.com/ja/B3909-90020/ch08s04.html

149 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 17:22:22
異なる言語で配列の扱いが違うってだけじゃん
同じ方が両方やるときにわかりやすいとは思うけど、
違ってても別にどうってことはないだろ

150 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 17:29:05
なんだ、>148のリンク先に詳細に書かれているじゃないか。
Cには[]という演算子はあるから配列の配列は書けるが、そいつは厳密な意味での2次元配列じゃないってこった。

151 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 17:34:28
>>148
CとFORTRANで配列データを受け渡しをするんであれば、
その違い留意する必要があるけど、そうでないのであれば問題ないはず。

FORTRAN にしてもCの方法では初期化できないよ。
君が何を問題にしているのかがよくわからんよ。

C言語は配列の配列なので、添字の順番は今のでないと成り立たない。
BASICやFORTRANは純粋に多次元配列なので、C言語の順でもよかったんだけど、
最初にそう決めたんだから、今更変わることもないだろう。

152 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 17:53:40
1 #include <stdio.h>
2
3 int main(void)
4 {
5
6 printf("%s\n", NULL);
7
8 return 0;
9 }

このプログラムがセグメンテーションエラーになるんですけどなぜでしょうか

153 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 17:55:43
>>152
メモリの0番地をリードしようとするから

154 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 17:55:47
プログラミングはじめたいんだけどなにDLしたらいいの?
やりたいのはCです。

155 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 17:58:17
最終的に何が作りたいの?

156 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 17:59:15
>>154
Visual C++ 2008 Express Edition

157 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 18:00:33
2010が旬だろw

158 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 18:01:09
VC勧める人よくいるけど、導入やコード作成の手間考えれば
初学者にはちょっと敷居が高いんじゃないか?

159 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 18:02:57
VC++も最初に落としたけど、 C言語を始めよう! からが初めやすかった
慣れればVC++で良いけど。エディタはサクラエディタに慣れると他のが使いにくくなった

160 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 18:04:44
>>153
NULLポインタを渡したら(null)みたいに表示されるものと勘違いしていました. 馬鹿でした

161 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 18:05:11
ありがとう、とりあえず挙がったの落としてみるよサンクス

162 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 18:38:08
>>157
まだ英語版しかない

163 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 20:02:52
ソース見てたんですけど
GPIO.F5 = ~GPIO.F5;の「= ~」ってどうゆう意味ですか?
よろしくお願いします

164 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 20:08:41
=は代入、~はビット反転

165 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 20:09:17
>>163
~は論理否定の演算子なので、~GPIO.F5はF5ビットを反転した値になる。
それをGPIO.F5へ代入している。
つまり、F5ビットが今の状態から反転するってこと。

166 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 20:11:20
>>164 >>165
有難うございました

167 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 20:55:49
>>165
論理否定と言ったら「!」のことを指す
「~」はビット反転とかビット否定とか1の補数とか

168 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 21:04:30
パターンマッチ演算子のある言語から来るとぎょっとするかもねぇ

169 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 21:38:48
配列の長さはどうやって求めるのですか?

170 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 21:46:09
sizeof

171 :169:2010/04/15(木) 21:47:00
>>170
thx

172 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 22:04:54
危険な予感

173 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 22:07:53
sizeof array / sizeof *array で配列の要素数が求められる

174 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 22:19:04
1になるんですけど・・・と言ってくるのが目に見えるようだ

175 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 22:19:34
0もありうる

176 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 22:21:23
mallocしたポインタで、ポインタのサイズが返ってくるに一票

177 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 22:28:46
2や4もあるで

178 :デフォルトの名無しさん:2010/04/15(木) 22:34:39
一つづつ数えろよ

179 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 00:13:52
#define の ## って何ですか?

180 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 00:16:00
連接

181 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 00:18:54
連接ってなんだろう・・・

182 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 00:37:46
#define cat(a, b) a##b

int func1();
int func2();

int main(){
  cat(func, 1)();  // -> func1();
  cat(func, 2)();  // -> func2();
  return 0;
}

183 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 08:07:21
>>68
「それ以外」というのは main() がint を返さない場合のことですよね。
すなわち main() の型が実装によっていろいろかわることも許容しているではないでしょうか?

184 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 08:12:22
>>183
main 関数の型を構成する要素(>>73,92参照)のうち、まず戻り値の型は int であるとし、
それ以外の要素について(つまり引数リストの型などについて)は実装依存であるということ。

185 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 12:31:24
>>182
そうなんだ。
どうもありがとうございます。

では #defineの#は何ですか?

186 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 13:02:28
学校卒業したけど、就職できなかったんだね。可哀想に。

187 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 18:50:00
>>185
#defineの#はディレクティブといふ。

C言語のソースファイルのコードはそのままコンパイラに食わせる訳じゃなくて、
プリプロセスという課程を経てプリプロセッサが吐き出したコードをコンパイラに食わせている。
プリプロセッサに命令を与える(認識させる)文字がディレクティブ(#)。
注意しなきゃいけないのは、マクロ中の#と先頭に付いている#は全く別であるということだ。
ディレクティブとしての#は先頭に付いている。

例えば一番簡単な例が
#include"xxxx.h"
#includeはプリプロセッサにxxxx.hっていうヘッダファイルを読み込んで、
それそのものをコピペする

もし君がgccを使用しているならgcc -Eでコンパイルしてみるといい。
プリプロセス済みのソースコードが画面に吐き出されるハズだ。

命令には以下のようなものがある。
#include,#define,#if(#ifdef)+#else+#endif

#ifの条件判定には式を、#ifdefの場合は予め定義の何かを使う場合が多い。

後他に#pragmaってのがあるがこれは俺は使ったことが無いので分からない。

188 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 18:56:09
#define の右辺に登場する # 側を聞いているような気配
文字リテラル化する奴だな

#define foo(arg) #arg
foo(hogehoge) → "hogehoge"

189 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 19:01:34
>>187
コード、コンパイラ、プリプロセッサ、ヘンダファイルってなんですか?

ディレクティブってエクスプローラーで見た時のフォルダのことですよね、それはわかります。
でもC言語との関係がわかりません。

gccでなくpcを使ってます、osはもちろんwindowsです。ですから試せません。

すみませんがよろしくお願いします。

190 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 19:03:21
>>188
ありがとうございます。

191 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 19:35:28
>>189
     ,.――――-、
     ヽ / ̄ ̄ ̄`ヽ、     勇者トンファーパーマン惨状
      | |  (・)。(・)|
      | |@_,.--、_,>       俺が着たからにはもう色々と駄目だ
      ヽヽ___ノ          
        /:::::::::::::::::l   /77
       /::::::::::i:i:::::::i,../ / | 
       l:::/::::::::i:i:::、:::/ / |  
       l;;ノ:::::::::::::::l l;.,.,.!  |  
        /::::::::::::::::l/ /  冂 
       /:::::::;へ:::::::l~   |ヌ|
      /:::::/´  ヽ:::l   .|ヌ|  
      .〔:::::l     l:::l   凵
      ヽ;;;>     \;;>

192 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 20:06:08
おもしろいネタだこと

193 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 20:29:35
#include <stdio.h>
int main(void)
{
long i=0;
for (i=1;i>=0xFFFFFFFFFFFFFFF;i++){}
return 0;
}
(8) : error C2143: 構文エラー : ';' が '型' の前にありません。
(9) : error C2065: 'i' : 定義されていない識別子です。
(9) : error C2065: 'i' : 定義されていない識別子です。
(9) : error C2065: 'i' : 定義されていない識別子です。

どこがおかしいのか分かりません
たすけてくだしあ

194 :193:2010/04/16(金) 20:33:11

(8)は4行目です

195 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 20:55:01
>>193
普通に動いたよ。
long int じゃないとだめとかかな?


196 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 20:59:20
>>193
うちのGCCはWARNINGは出るがコンパイル自体は通ってる。

環境に何か問題あるんじゃまいか。

他にエラーとか、警告とか出てないのか?

197 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 21:17:41
>>193
うちのコンパイラでもエラーはでないな。
Microsoft(R) 32-bit C/C++ Optimizing Compiler Version 15.00.30729.01 for 80x86
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

06.c
Microsoft (R) Incremental Linker Version 9.00.30729.01
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

/out:06.exe
06.obj


198 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 21:19:18
>>184
otherwise を「引数リストの型などについて」の意味と解釈した理由を教えていただけませんか?

199 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 21:27:17
>>193
{
/* 行番号から、ここに何かあると予想 */
long i=0;


200 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 21:43:23
(4) : error C3872: '0x3000': この文字を識別子で使用することはできません
(5) : error C2143: 構文エラー : ';' が '型' の前にありません。
(6) : error C2065: 'i' : 定義されていない識別子です。
(6) : error C2065: 'i' : 定義されていない識別子です。
(6) : error C2065: 'i' : 定義されていない識別子です。

こうならできたけどなぁ

201 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 21:48:36
>>187
ほう、ディレクティブっていうのか。
10年C使ってて初めて知ったぜ

202 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 21:55:43
>>200
何で最初に
(4) : error C3872: '0x3000': この文字を識別子で使用することはできません
これを書かなかったんだ……

何処かに全角文字使ってる。
多分long i=0;の辺り

203 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 22:03:40
>>200
4-7行目あたりに、他のコード(そこだけなら動く)があるんじゃないか?
で、今度は、それを消した時に、全角文字が残って、
違うエラーがでたんじゃないのか?

204 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 22:06:28
あ、ちがうちがう。>>200>>193じゃない。
まぎらわしくてすまん。
同じメッセージを出したくて、つい。

205 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 22:18:35
可能性は∞。

全角文字がある可能性もあるし、人間には見えない文字が紛れ込んでいる可能性だってある。
或いはコンパイラが賢すぎてfor内の条件が1度も満たされない事に気付いてexeを生成するのを拒否してるのかもしれん。

206 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 22:22:09
>>204
同じメッセージを出したいなら、こんな感じ。

#include <stdio.h>
int main(void)
{
char buf[] = "Hello, world!";

printf( "%s\n", buf );

long j=0;
for (i=1;i>=0xFFFFFFFFFFFFFFF;i++){}
return 0;
}

207 :193:2010/04/16(金) 22:22:49
すいません
再起動したら直りました

208 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 22:25:02
Hello worldに書き換えた時に、変な消し方をしてしまった…orz
long j=0; // ×
long i=0; // ○


209 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 22:29:16
>>206
ああ、その手があったかw

210 :デフォルトの名無しさん:2010/04/16(金) 22:30:27
>>207
んなアホな…

211 :デフォルトの名無しさん:2010/04/17(土) 13:17:06
>>187
> 後他に#pragmaってのがあるがこれは俺は使ったことが無いので分からない。

これは何ですか?

212 :デフォルトの名無しさん:2010/04/17(土) 13:19:25
処理系依存の命令用に用意してあるもの

213 :デフォルトの名無しさん:2010/04/17(土) 23:47:08
6桁の数字を入力して、その数字の金額の金種を出力するプログラムを作っているのですがうまくいきません
とりあえずここまで作ったのですが…

#include <stdio.h>

int main(void) {
int x[9][2] = {
{ 10000, 0 },{ 5000, 0 },{ 1000, 0 },{ 500, 0 },{ 50, 0 },{ 10, 0 },{ 5, 0 },{ 1, 0 }
} ;
int n,k ;

printf("6桁の数字を入力してください \n");
scanf("%d",&n);

printf("%d円は \n",n);

for( k=0 ; k<9 ; k++ ){
x[k][1] = n/x[k][0] ;
n = n%x[k][0] ;
}

for( k=0 ; k<3 ; k++ ){
printf("%d円札は%d枚 \n", x[k][0],x[k][1] );
}
for( k=3 ; k<9 ; k++ ){
printf("%d円玉は%d枚 \n", x[k][0],x[k][1] );
}

return 0;
}


214 :デフォルトの名無しさん:2010/04/17(土) 23:50:54
2000円札はいつも忘れられる運命にあるな

215 :デフォルトの名無しさん:2010/04/17(土) 23:57:42
>>213
っ {100, 0},

216 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 00:02:44
>>213
つ k<8

217 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 00:07:22
配列の大きさに対して、紙幣と効果の種類が足りない。
その結果0で割ってるためにエラー。

218 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 00:12:54
Cってよく高速っていうけどアセンブリほど早いわけじゃないでしょ
なんか中途半端なかんじなんだよね

219 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 00:14:15
int main(int argc, char **argv) {
  unsigned long  num;
  unsigned char  a, b, c, d, e, f, g, h, i;

  num = strtoul(argv[1], NULL, 0);
  a = num / 10000;
  num %= 10000;
  b = num / 5000;
  num %= 5000;
  c = num / 2000;
  num %= 2000;
  d = num / 1000;
  num %= 1000;
  e = num / 500;
  num %= 500;
  f = num / 100;
  num %= 100;
  g = num / 50;
  num %= 50;
  h = num / 10;
  num %= 10;
  i = num / 5;
  num %= 5;

  fprintf(stdout, "%2u%2u%2u%2u%2u%2u%2u%2u%2u%2u", a, b, c, d, e, f, g, h, i, num);

  return EXIT_SUCCESS;
}

220 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 00:14:24
最適化有効にしてアセンブリ出力させてみ?
侮れんものがあるぞ?

221 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 00:14:38
>>218
無理して使わなくてもいいのにw

222 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 00:14:49
じゃあアセンブラで全部作ってろよw

223 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 00:16:29
よっぽど注意して設計しないとコンパイラの最適化には勝てないよな。

224 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 00:19:58
ポータブルアセンブラだもん

225 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 00:20:31
アセンブラで思い出した
MASMなんかの繰り返し展開マクロ同等の機能がプリプロセッサに欲しいことがある

gcc はプリプロセッサ段で可変引数使えるんだっけ?

226 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 00:27:28
アセンブラより遅いCを使うくらいなら同じようにアセンブラより遅いJavaでやったほうがよくね?というJava脳の意見でした。

227 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 00:29:09
>>218
CRC32 を C からアセンブリ言語に直しても 20% くらいしか速度は改善されなかった記憶が。
昨今のハードの進展を考えるとアセンブリのソースは保守性が悪すぎる。
マジレス失礼。

228 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 00:29:36
>>223
それはCコンパイラに限ったこと?
他のコンパイラでも同じ事がいえるのなら特段Cのアドバンテージではないね

229 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 00:30:07
>>226
確かに C で書く必然性はないわけで、お好きなように。

230 :213:2010/04/18(日) 00:30:46
みなさんありがとうございます
まさか100円を忘れていたとは…
もっと注意して確認したいと思います

231 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 00:32:47
>>230
べっべつにあんたの為なんかじゃないんだからねっ

232 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 00:42:23
>>228
Cに限ったことじゃないが、Cは歴史が長いだけに最適化もすさまじい。

233 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 00:46:44
>>232
一番すごいの?
それならちょっと嬉しい

234 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 00:58:01
最適化ならVerilogの方が遥かに凄い。全くレベルが違う。

235 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 01:30:00
設計が古いんだから・・・

236 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 01:39:28
>>233
一番ってこたあないかもしれないけど、
現実をみて考えると相当なものがあるだろう。

C言語では微妙に不便を強いられる分、
ちゃんと見返りもあるんだねぇ

237 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 07:56:41
しかしqsortなどがinlineじゃないので
ソートなどはC++に敵わない罠

238 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 07:59:27
自前でソートすればCの方が速い可能性アリ。

239 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 11:04:46
C++すげぇじゃねぇか。
あの変態文法で涙出そうになったけど。

ただC言語でもコンパイラ拡張でinlineを受け付けるものも
あるらしいから、それなら何とか・・・。


240 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 13:20:01
qsortと比較関数の両方がinlineならいいだろうけどねえ

241 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 13:26:10
C1Xでも標準ライブラリ改良する気ないみたいだしな。
qsortがインライン化されていないこともあるが、基本的なデータ構造を扱う関数群がないとか欠陥が多すぎ。
俺queueとか、my_listとかどんだけ無駄に再生産されてるんだよ。

Cのコミュニティーは本当に無能しかいない。

242 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 13:41:47
静的型の言語は、テンプレートとかジェネリックみたいのが
ないとコレクション関係はつかえねーな。

243 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 13:56:20
マクロでごり押しできなくはないけどな
まあ、普通は void* でなんとかするんだろうけど

244 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 15:40:04
>>243
void * で書くのは間接呼び出しが発生して効率が落ちる。

245 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 18:08:46
なら可変長構造体で

246 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 18:23:10
qsortをinlineにする
笑ってしまった

247 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 19:50:18
Cの仕様の範囲内でqsortの比較の最適化を期待するにはinlineしかないだろ

248 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 22:36:22
>>247
> Cの仕様の範囲内でqsortの比較の最適化を期待するにはinlineしかないだろ
inlineはCの仕様じゃないって知らないのかお前はwwwwww


249 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 22:50:15
C言語5年やっててinlineって言葉初めて見たんですが、
これはなんですか?釣りでもなく本当にわかりません・・・。

250 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 23:05:09
>>249
「C99 inline」でググるんだ。

251 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 23:08:24
>>249
inlineってC++からの輸入じゃね?

252 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 23:11:41
>>249
インライン関数。

インライン関数とは、凄く簡単に説明すると

void func(void){
printf("test\n");
}

int main(int argc,char** argv){
func();
return 0;
}

↑のようなフザケタコードをコンパイラが
スマートに書き換える機能で、↑の糞コードのような場合

int main(int argc,char** argv){
printf("test\n");
return 0;
}

みたいな感じに書き直してくれる。

253 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 23:12:24
てかinlineなんてregisterと同じでわざわざ書かないだろ。

254 :252:2010/04/18(日) 23:16:26
>>249
よくよく考えると>>252の例は酷すぎた。
忘れてくれ。


255 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 23:21:55
>>253
gccは特にinlineを無視する確率高いよね

256 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 23:26:24
人間よりもコンパイラの方が大概うまくやってくれる

257 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 23:28:44
>>256
しかしそのコンパイラを作っているのは人間である。

258 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 23:30:35
コンパイラのかなりの部分は自動生成されるコードだけどな。

259 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 23:30:47
>>257
ゲームの人工知能と同じ

260 :デフォルトの名無しさん:2010/04/18(日) 23:48:54
このまえVC++で、逆アセンブルしてコードみてみたら、
こんな関数までインライン展開すんのかってびっくりした。

261 :デフォルトの名無しさん:2010/04/19(月) 01:36:21
淫乱関数か。

262 :デフォルトの名無しさん:2010/04/19(月) 01:37:10
>>250-254
ありがとうございます!
もうちょっと自分で調べて勉強してきます。

263 :デフォルトの名無しさん:2010/04/19(月) 02:15:31
>>257
同じ人間と思うなよ
コンパイラ作ってるやつは底辺プログラマーよりずっと優秀なんだから

264 :デフォルトの名無しさん:2010/04/19(月) 02:43:42
>>263
あいつらは宇宙人だから。

おっと、宇宙人と言ってもルーピーは第9地区行きだからな。

265 :デフォルトの名無しさん:2010/04/19(月) 19:17:54
>>248

266 :デフォルトの名無しさん:2010/04/19(月) 19:19:54
>>253
inlineは同じ翻訳単位内に書かれないといけないので
inline書かずに同じ事しようと思うと
staticにしないといけなくなるぜ

267 :デフォルトの名無しさん:2010/04/19(月) 22:23:52
for文内で作ったオブジェクトを全て選択するにはどうしたら良いですか

268 :デフォルトの名無しさん:2010/04/19(月) 22:51:57
ポインタstartが指してるところから、ポインタendが指してるとこの「間」の文字列を
dataに格納するにはどうしたらいいですか

目的としてはhtmlのタグ取って特定のタグで囲まれてる文字列を抜き出したいんです

269 :デフォルトの名無しさん:2010/04/19(月) 22:56:08
>>268
sprintf(data, "%.*s", end-start, start);

270 :デフォルトの名無しさん:2010/04/19(月) 23:37:48
>>269
それっぽいのができました、どうも

fprintfでやったらポインタじゃダメだって怒られたのに、
sprintfだとできるのね

271 :デフォルトの名無しさん:2010/04/19(月) 23:42:42
>>268
俺だったら正規表現が使える言語に逃げちゃいそうw

272 :デフォルトの名無しさん:2010/04/19(月) 23:46:05
正規表現は外部ライブラリで補完できるんじゃないの?

273 :デフォルトの名無しさん:2010/04/20(火) 00:41:09
>>270
> fprintfでやったらポインタじゃダメだって怒られたのに、
ここら辺が特に理解できない

274 :デフォルトの名無しさん:2010/04/20(火) 00:48:12
fprintf(filep, end-start, start);
な感じでやってみたら、
3番目のargumentはポインタじゃincompatibleだぜ
ってエラーが出た

275 :デフォルトの名無しさん:2010/04/20(火) 01:47:17
何でそういう変な訳にしたのかわからんが、それだと
2番目の引数ありえんワロス
ってエラーが出ないか?


276 :デフォルトの名無しさん:2010/04/20(火) 02:42:10
#include <stdio.h>
#include <string.h>

int main( void )
{
char source[256];
char value[256];
int i,j, k = 0;
strcpy( source, "<name>2ch C言語スレ</name>" );
/* ヌル文字まで走査を続ける */
for( i = 0; i < 256 || source[i] != '\0'; i++ ) {
/* 開始タグを検出 => 次の文字が「/」ではない */
if( source[i] == '<' && source[i+1] != '/' ) {
/* 「>」が検出されるまで1文字ずつ調べる */
for( j = ++i; source[j] != '>'; j++ );
i = j;
}
/* 終了タグ検出 => 「<」の次が「/」*/
else if( source[i] == '<' && source[i+1] == '/' ) {
/*それ以上操作する必要がないのでループを抜ける */
break;
} else {
/* 終了タグが検出されるまで、結果保存用配列へ1文字ずつ格納 */
value[k++] = source[i];
}
}
/* ヌル文字挿入(文字列として成立させる為) */
value[k] = '\0';
printf( "対象文字列:%s\n", source );
printf( "抽出文字列:%s\n", value );
       return 0;
}

277 :デフォルトの名無しさん:2010/04/20(火) 02:43:05
20分くらいで書いたが、sprintf()でやる方が頭を悩ませた。

278 :デフォルトの名無しさん:2010/04/20(火) 11:17:59
タグを消すだけならこれでもおk
#include<stdio.h>
#include<string.h>

int main(void)
{
char source[256];
char value[256]="";
char *p, *q;

strcpy(source, "<name>2ch C言語スレ</name>dummy string<br><br>");
strcpy(value, source);

for(p=value;(p=strchr(p, '<'));)
{
q=strchr(p+1, '>');
if(q==NULL) break;

memmove(p, q+1, strlen(q+1)+1);
}

printf( "対象文字列:%s\n", source );
printf( "抽出文字列:%s\n", value );

return 0;
}

279 :デフォルトの名無しさん:2010/04/20(火) 11:32:01
sprintf を使ってみた
#include<stdio.h>
#include<string.h>

int main(void)
{
char source[256];
char value[256]="";
char *start, *end, *dest=value;

strcpy(source, "hello<name>2ch C言語スレ</name>dummy string<br><br>");

for(start=source;(end=strchr(start, '<'));)
{
dest+=sprintf(dest, "%.*s", end-start, start);
start=strchr(end+1, '>');
if(start==NULL) break;
start+=1;
}
if(start) sprintf(dest, "%s", start);

printf( "対象文字列:%s\n", source );
printf( "抽出文字列:%s\n", value );
return 0;
}

280 :デフォルトの名無しさん:2010/04/20(火) 18:45:20
ヘッダに計算書くっていうプログラムなんだがわかる人いる?
ポインタを応用してヘッダファイルとソースファイル2つ使うらしい

簡単な足し算みたいなんだけどわからん

281 :デフォルトの名無しさん:2010/04/20(火) 19:07:02
>>280
わかるよ

282 :デフォルトの名無しさん:2010/04/20(火) 19:43:26
ヘッダファイルに計算する関数を書いておくとか?

283 :デフォルトの名無しさん:2010/04/20(火) 20:24:07
>>280
日本語でおk

284 :デフォルトの名無しさん:2010/04/21(水) 00:31:15
http://ux.getuploader.com/DeadSpace/download/19/DS%E4%B8%AD%E6%96%87%E5%8C%96Launcher32bit.rar
これの表示するフォントを変えたいと思うのですが僕にはレベルが高すぎでした ゲームの中文化ランチャーで少々いじると日本語化できるようになります。どこでフォントを指定しているのでしょうか。解析お願いします。

285 :デフォルトの名無しさん:2010/04/21(水) 13:45:26
板違い

286 :デフォルトの名無しさん:2010/04/21(水) 18:57:30
Cの入門書を読んで
標準関数とWinsckを使いプログラミングできるようになしました。

この次の段階としてはどのような学習をすればいいでしょうか?
ゲームなどは作るつもりありません。
私がやりたいことは画像処理(OCR系の画像解析)や
ネットワーク通信(自分パソコンと友達のパソコンで通信するよなの)を
作りたいと思ってます。
ネットワーク通信はWinsockをもっと勉強すればいいかな?と思いますが、
画像処理などはどうなんでしょう?

287 :デフォルトの名無しさん:2010/04/21(水) 19:03:55
>>286
パソコン通信()

288 :デフォルトの名無しさん:2010/04/21(水) 19:11:25
>>286
とりあえずぐぐってみた?
ある程度それで概要をつかむほうがいいと思う

289 :デフォルトの名無しさん:2010/04/21(水) 19:11:43
>>287
パソコン通信ですか・・・
それはWinsockとは違うのですか?

290 :デフォルトの名無しさん:2010/04/21(水) 19:14:04
>>286
>ネットワーク通信はWinsockをもっと勉強すればいいかな?
Winsockの基本さえわかれば、
(自分パソコンと友達のパソコンで通信)程度なら作れるはずだよ。
作ればいいだけ。

>画像処理などはどうなんでしょう?
特に何も必要でないよ。すぐに作ればいいんじゃない。
OCRなら大した知識などなくてもすぐに作れるよ。

少しぐらいは自分の頭で考えようよ。

291 :デフォルトの名無しさん:2010/04/21(水) 19:16:00
>>290
> OCRなら大した知識などなくてもすぐに作れるよ。
OCRがすぐ作れるって?
お前すごすぎだろ

> 少しぐらいは自分の頭で考えようよ。
それはまあごもっとも。


292 :デフォルトの名無しさん:2010/04/21(水) 19:21:00
>>290
ありがとうございます。

OCRって簡単なんですか・・・
頑張って作ってみます。

293 :デフォルトの名無しさん:2010/04/21(水) 19:28:46
>>291
OCRって言ってもピンきりだろ。そりゃ製品レベルは無理に決まってる。

けど、例えば数字に限定したものとか、
ベクターでなくビットマップベースにするとか、
そういう限定があればすぐに作れるだろ。

最初はそれでいいんだし、そこから改良を加えていけば幾らでも認識率は高くできる。

294 :デフォルトの名無しさん:2010/04/21(水) 19:33:06
>>293
jpgファイルとかで最初は英数字だけの解析をしたいのです・・・
なにを勉強すればいいですか?
ホントに入門書上がりで最近やっとWinsockでFTPやPOP、HTTP通信が
できるようになってきたひよっこです・・・

295 :デフォルトの名無しさん:2010/04/21(水) 19:46:54
統計とかパターン認識とか
高級なことをしたいならウェーブレット変換とかで特徴抽出できる
簡単にやりたいならOpenCVでできる、まぁ原理が知りたければSIFTとかSURFとかの論文読めばいいよ
SIFTとか特許があるから気を付けてね

ネットワーク関係は専門じゃないので詳しくは知らない
トランスポート層しか扱ったこと無いので、詳しくは他の人頼む

296 :デフォルトの名無しさん:2010/04/21(水) 20:29:38
次は画像フォーマットを知ることじゃないの?
ビットマップは単純だからビットマップからはじめると良い。
ビットマップ画像を読みこんで白黒化して出力するツールをつくれ

297 :デフォルトの名無しさん:2010/04/21(水) 20:44:16
>>295
ありがとうございます。
論文って苦手なんですけど、
やっぱり避けて通れないのですね・・・


>>296
わかりました。
ビットマップ画像から作成してみます。
ライブラリはDXでいいですよね?

298 :デフォルトの名無しさん:2010/04/21(水) 21:08:04
Cの標準ライブラリだけで十分。コンソールで良い。

299 :デフォルトの名無しさん:2010/04/21(水) 21:15:20
そもそも行列とかフーリエ変換とかしってるのかな?


300 :デフォルトの名無しさん:2010/04/21(水) 21:17:00
応用代数学勉強すればいいと思うよ
画像処理アルゴリズムとかそのものずばりの本もあるし。
学校行っていないのならデジタル画像処理とかの資格試験勉強すればいいんで内科医?


301 :デフォルトの名無しさん:2010/04/21(水) 21:19:16
国家資格は年2回試験があるから挑戦したら?
自信あるなら2級当たりから始めるといいかもシレン
3級は基礎知識だから名

302 :デフォルトの名無しさん:2010/04/21(水) 22:59:49
国家資格ですか・・・
基本情報技術者なら午後の選択C言語で取りました。
19年度の春試験。

303 :デフォルトの名無しさん:2010/04/21(水) 23:07:25
>>300
でもずばり jpg を説明した書籍となるといいのがみつからないなあ。
http://www.amazon.co.jp/dp/4797330457
これの第一版はもっている、もっているだけやけど。

304 :デフォルトの名無しさん:2010/04/21(水) 23:43:40
>>303
俺はその本でJPEGのエンコード・デコードは実装できたなー。
DCTとか概念的なところは「これならわかる!応用数学教室」(だっけ?)が分かりやすかった。

305 :デフォルトの名無しさん:2010/04/22(木) 00:10:14
#include <stdio.h>
#include <string.h>
#include <locale.h>
#include <stdlib.h>
#include <wchar.h>
main(){
wchar_t kana[] = L"あいうえおかきくけこ";//---1
setlocale(LC_ALL, "");
printf("kana::%ls\n", kana);
printf("kana[2]::%lc\n", kana[2]);
wchar_t wbuf[81], *p1;//----------------------2
printf("enter wide_byte character::\n");
fgetws(wbuf, sizeof wbuf, stdin);
if((p1 = wcschr(wbuf, '\n')) != NULL)
*p1 = L'\0';
setlocale(LC_ALL, "");
printf("wbuf_no_naiyou::\n");
printf("%ls\n", wbuf);
printf("wbuf[2]::%lc\n", wbuf[2]);

return 0;
}

306 :305:2010/04/22(木) 00:12:58
windows上bccで、日本語文字列の入力を配列に受け取って、その要素にアクセスするのが目的です。

1既存のワイド文字列へのアクセス
ができたので、
2ワイド文字列の入力を受けてその要素へのアクセス
をしようとしたのですが、fgetwsに1byte文字を入力したときはうまくいくのに、
ワイド文字を入力するとfgetwsのエコーバックが見えるところで止まってしまいます。
どうしたらいいでしょう?みかか変換プログラムを書いてみようと思ったのです。


307 :デフォルトの名無しさん:2010/04/22(木) 00:23:25
画像処理の資格はこれでしょ
CG-ARTS協会|2010CG検定
http://www.cgarts.or.jp/kentei/about/img_engineer/index.html
これを3級から始めれば高校生程度の学力から初めても大丈夫


308 :デフォルトの名無しさん:2010/04/22(木) 00:28:06
>>306
cじゃなくてrubyでやったら?
Cじゃなきゃいけない理由って何?

309 :デフォルトの名無しさん:2010/04/22(木) 00:28:36
宗教上の理由からです

310 :デフォルトの名無しさん:2010/04/22(木) 00:29:17
>>297
ライブラリ使うんなら別にどの形式からでもいいよ
ファイルフォーマットを知る必要もたいしてなかろ

311 :デフォルトの名無しさん:2010/04/22(木) 00:37:41
へえ

312 :デフォルトの名無しさん:2010/04/22(木) 01:06:51
ウヒヒ

313 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 08:37:56
>>306
Microsoftでやったら?
bccじゃなきゃいけない理由って何?

314 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 14:25:37
intの2次元配列を使いたいのですが、int hoge [作りたい数]「ここ」←ここはなにを表してるのですか?
charならバイト数だと思うのですが、intはバイト数が決まってたと思うのですが
作りたい数までの各番号に対応したintを取り出したいのです

315 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 15:03:35
>>314
お前がいうところの2次元配列ってなんだ?

世間では要素が n 個の配列(1次元配列)は hoge[n] であり、
要素が n x m 個の配列(2次元配列)を hoge[n][m] で表す。

1次元で足りるなら1次元配列を使え。

316 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 15:03:44
それなら1次元配列でよくね?

317 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 15:05:53
つまりint hoge[作りたい数]でいけるってことですか。
そういう使い方を全然知りませんでした。ありがとうございました

318 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 15:06:33
>>314
int hoge[3]; はintが3個並んでる。
int hoge[3][4]; はintが4個並んだものが3個並んでる。
hoge[0][0], hoge[0][1], hoge[0][2], hoge[0][3], hoge[1][0], hoge[1][1], ... の順で。

intのバイト数は規格で固定されてはいない。
実際にコンパイルする時にその環境で何バイトになるのかはそりゃ決まってるけど。
今はPCの環境だとほとんど4バイト。

319 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 15:16:51
charでバイト数を指定して2次元配列、か。
それはたぶん文字列の配列を作ろうとしていたんじゃないかな。

320 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 18:05:22
C言語でシーザー暗号の解読プログラムを作っています。
手順としては、暗号化された文字列を入力して1つずつ文字列をずらして
26通りの文字列を出力するプログラムです。

#include<stdio.h>
int main(void)
{
char ang[8]; //今回は最大8文字の文字列
int i,j;

for(i=0;i<26;i++){
for(j=0;j<8;j++){
printf("%c",ang[j]+i);
}
}

初めはASCIIコードのZとaが繋がっているものと思いこう組んだら
Zの後には記号が入っていて詰まってしまいました。
A-Zまでの配列を作ってその中で回す、とかASCIIコードでもZの次をAにする
とか色々考えましたが、どうしていいのかが分からないです…。

ご指導お願いします。

321 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 18:10:44
(ang[j] - 'A' + i) % 26 + 'A'

322 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 18:28:17
>>320
isalpha()

323 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 18:37:27
>>320
本題とは関係ないが、
>char ang[8]; //今回は最大8文字の文字列
ang[8]だと最大7文字の文字列な

324 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 18:41:29
NUL終端文字列とは言ってないので、間違っていない
それにprintf("%c",ang[j]+i);だから、NULは必要としていないと読める

325 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 18:50:38
ポインタ無隋って聞いたけど
C言語の入門書とかに書いてるような小さいサンプルコードだと
全然難しくなくて何が難しいのかわからなかった。

ポインタってなんかむずかしい部分あるの?

326 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 18:51:26
NUL終端w

327 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 18:53:34
分かる人には難しくない、分からない人には難しい。
慣れればどうってことはない。

328 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 19:00:50
>>325
入門編が難しいはずない。

329 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 19:04:05
初心者は、LinkedListを自前で実装してみ?って言われて初めて、
自分がポインタを理解していないことに気づくもの。

330 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 19:07:33
>>325
人によるんじゃない?
俺は関数ポインタの理解が遅かったけど、いざ理解したらなにが難しかったのか分からなくなったな

331 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 19:11:03
何も有益な情報は残さずに読むものを不快にさせるだけのレスをするやつは死ねばいいのにな

332 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 19:12:48
int (*(*foo)(int (*(*)(void))(void)))(int (*)(void))

333 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 19:13:21
俺は死ねばいいとか思わないけど、なんで>>331は自殺しないの?

334 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 19:20:08
ポインタと配列がごっちゃになってしまうところ
ある配列の実要素が ポインタである(ポインタ配列)場合 配列である(2次元配列)場合
各それぞれで、記憶領域の配置が本質的に違うのに理解できるまでの敷居が高い。

既に書かれている記述を読むのは可能でも
やりたいことを実装するのに、どちらが適切かを選択できるか がキーポイント

335 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 19:21:54
関数の引数や戻り値にポインタ変数が使われる場合なんかも初心者は混乱しやすいな

336 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 19:24:36
次元配列って

□□□□□□□□□
□□□□□□□□□
□□□□□□□□□
□□□□□□□□□
□□□□□□□□□

こんな感じで
配列の実要素がポインタってのは

□→□□□□□□□□□
□→□□□□□□□□□
□→□□□□□□□□□
□→□□□□□□□□□
□→□□□□□□□□□

こういうこと?

337 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 19:30:14
>>336
おおよそ yes
指している先がどれだけの大きさの器があるか未確定 & ほとんど知る術は無い
(さらに、不正な場所を指している可能性もあるん)

□→□□□□
□→□□□□□□□
□→□
□→ぬるぽ!
□→鼻から悪魔

こういうことがあり得る

338 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 19:34:43
>>321
割った余りで考えるという思考がありませんでした…。
ありがとうございました!

>>322
真偽でif文作るってのがあるのを知りませんでした。
勉強になりました!

339 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 21:27:13
>>332
これ関数ポインタ?

DLLの関数を動的に呼ぶときに、
GetProcAdress()で関数ポインタ取ってくるくらいしか使い道が分からん。

340 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 21:38:28
分かりやすそうなところを選ぶとしたらイベントハンドラとかかな。

341 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 22:14:53
>>339
引数を取らず引数を取らずintを返す関数へのポインタを返す関数へのポインタを取り、
引数を取らずintを返す関数へのポインタを取りintを返す関数へのポインタを返す関数
へのポインタだね。

342 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 22:27:42
ええい、いいから黙ってtypedefしろ

343 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 22:35:09
typedefしまくりで夢がひろがりんぐ

344 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 23:21:31
http://kansai2channeler.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/joyful/img/10575.c

番号と名前がランダムに記入されたテキストを読み込んで、数字と名前に分けて配列に格納し、番号昇り順で並べかえてテキストファイルで出力したいのですが
並べかえがうまくいきません
とりあえず作ってみたのですが…
アドバイスください

345 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 23:26:57
>>344
tmp はいらない
ソートができていない
ソートが終わってから出力すればいい

誰かに写させてもらったの?

346 :344:2010/04/23(金) 23:33:00
過去に作ったやつを何個か組み合わせて作ってたらこうなりました…

347 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 23:33:07
>>344
番号、名前、テキストの定義をすると話が早いと思う。

例:
番号は、'0'から'9'の文字からなる文字列
名前は、ひらがな、かたかな、漢字からなる文字列
テキストは、番号と名前をスペースからなる文字列で、最後以外の番号および名前の後には必ずスペースが来る。

11113 3333 5892739 山田 12128384 高橋 32939 8883 細川 32932399

とか。

348 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 23:37:36
>>344
ヒント
for
    fscanf

for
    for
        if

for
    fprintf

349 :デフォルトの名無しさん:2010/04/23(金) 23:41:59
>>344

まず

 1.ファイルを全部読む
 2.並び替えを行う
 3.並び替えたデータをファイルに書く

っていう流れに書き換えて
2.の部分をじっくり考えてみてください。

350 :349:2010/04/23(金) 23:43:51
>>348
もろかぶったスマンw

351 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 00:47:16
関数から構造体を返す必要がある場合、何か基準や定石はありますか?
こういう時にはこうすれば良いという指針があれば知りたいです。

//構造体の例
struct my_struct {
 int size;
 void *ptr;
 int data[];
};

//(1)create関数の中で構造体をmallocして、delete関数の中でfreeする。
struct my_struct* create_my_struct(int param);
void delete_my_struct(struct my_struct* md);

//(2)呼び出し元で構造体を確保して、init関数の中でメンバーをmallocして、release関数の中でメンバーをfreeする。
// 構造体そのものは呼び出し元でどうにかする。
int init_my_struct(struct my_struct* md, int param);
void release_my_struct(struct my_struct* md);

それぞれ下記のデメリットがあると思います。

(1)のデメリットは呼び出し元で入れたいメモリー領域がある場合、createした構造体をコピーする必要がある。
(2)のデメリットは呼び出し元でinitを呼ぶ前に構造体の大きさを知っていなければいけない。

352 :344:2010/04/24(土) 00:55:12
皆さんのアドバイス通りに流れを考えて、いちからやり直したら無事成功しました。
ありがとうございました。

353 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 01:20:37
>>351
(1)のデメリットがよくわからんな
そのメモリ領域ってのは create で確保するんじゃないの?
あとコピーうんぬんはコピー用の関数でOK?


354 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 01:51:37
>>353
実装はこんな感じです。

struct my_struct* create_my_struct(int param)
{
 struct my_struct* md = (struct my_struct*)malloc(sizeof(struct my_struct) + sizeof(int)*param);
 md->size = param;
 md->ptr = malloc(param);
 return md;
}

void delete_my_struct(struct my_struct* md)
{
 free(md->ptr);
 free(md);
}

デメリットは、下記のような場合、memcpyが必要なことです。

int get_data(char* buf, int size)
{
 struct my_struct* md = create_my_struct(size);  //←ここでbufを渡せたら
 int ret = memcpy(buf, md->ptr, size);         //←ここでコピーしなくていい
 delete_my_struct(md);
 return ret;
}

355 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 02:02:09
なんか違和感があるな。どういう思想なんだろ

356 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 02:49:32
>>354
*ptrの使い道はなんだろ。つーか、メンテしやすさ重視ならこうじゃね?


typedef struct {
 int size;
 int chinko;
 int unko;
 int data[];
} unko_t ;

unko_t *create_unko( unko_t *md, char *buf, size_t size )
{
 md = malloc( sizeof(unko_t) + sizeof(int)*size );
 if(md){
  md->size=size;
  memcpy(md->data,buf,size);
 }
 return md;
}

int get_data(char *buf, int size)
{
 unko_t *md;
 if( create_unko( md, buf, size )==NULL ) perror("unko");


357 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 02:50:30
途中で送信しちゃったよもうどうでもいいや

358 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 02:58:38
>>354
まぁよくわからないんだけど、こんな感じにすればOK?

struct my_struct* create_my_struct(int param, char *buf)
{
 struct my_struct* md = (struct my_struct*)malloc(sizeof(struct my_struct) + sizeof(int)*param);
 md->size = param;
 md->ptr = malloc(param);
 if (buf)
  memcpy(md->ptr, buf, size);
 return md;
}


なんにせよ、構造体のサイズが不定って段階で create/delete 方式だね。
後でもっとよい実装を思いついたときにも直しやすそうだ。


359 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 02:59:04
いや、全然ダメだろ
create_unko()の第一引数が冗長だし、リソース開放できなくなってるし
どうでもいいけど、いまどきvoid *の代わりにchar *使わなくても
あと、変更しない変数にはconstを明示的に付けた方が幸せになれる

360 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 03:00:37
豪快にかぶったけどまあどうでもいいな

361 :351:2010/04/24(土) 03:04:33
分かりにくかったので、>>354に追加します。

int do_some_process_to_my_struct(struct my_struct* md, int param)
{
 for(int i = 0; i < md->size; i++){
  ((int*)md->ptr)[i] = param+i;
 }
 return param+i;
}

int get_data2(char* buf, int size)
{
 struct my_struct* md = create_my_struct(size);  //←ここでbufを渡せたら
 do_some_process_to_my_struct(md, 12345);
 int ret = memcpy(buf, md->ptr, size);         //←ここでコピーしなくていい
 delete_my_struct(md);
 return ret;
}

362 :351:2010/04/24(土) 03:12:28
>>358
いいえ。OKではないです。
memcpyするのはあくまでも例ですので、createの中にmemcpyを入れてしまうのは話が違ってしまいます。

知りたいことは、>>351に書いたとおり、関数から構造体を返す場合に
(1)と(2)あるいはその他の方法で良いやり方があるのか、ということです。

363 :351:2010/04/24(土) 03:19:32
>>361
int do_some_process_to_my_struct(struct my_struct* md, int param)
{
 int i;
 for(i = 0; i < md->size; i++){
  ((char*)md->ptr)[i] = (char)(param+i);
 }
 return param+i;
}

あくまでも例ですが、間違っていたので訂正します。

364 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 03:23:36
やりたいことがまったく分からなくなってきたので
もう少し簡潔にわかりやすく実例込みで説明頼む

365 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 04:35:09
マクロでsubstituteする良い方法無い?
#define substitute_ptr(a) ??
#define fn_typedef(a,b) typedef a(*fn##substitute_ptr(a)##substitute_ptr(b))(b);

fn_typedef(ANYSTRUCT*const,int); → typedef ANYSTRUCT*const (*fnANYSTRUCTconstint)(int);

366 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 06:47:19
printf( "sin(π) = %g \n" ,sin(M_PI) );

sinπが0にならないんだけど?

367 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 07:04:50
そんくらいの誤差は出るだろ

368 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 07:47:45
>>351
struct my_struct {
 int size;
 struct {
  char param;  /* malloc からchar型を想定 */
  int data;
 } elem[];
};

こういうふうにペアにしたらダメ?
型の異なる(しかし要素数の等しい)可変長サイズを持つ構造体を取り扱いたいようだが…

369 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 09:17:20
>351

元々の質問は、一般的にはその2通りのやりかただろう、と答える。
しかし(1)のデメリットが理解できない。
(1)のデメリットは呼び出し元で「入れたいメモリー領域がある場合」、createした構造体をコピーする必要がある。

とくに「入れたいメモリ領域がある場合」という部分が不明。
ポインタがメンバになっているときに、その実体が欲しいってこと?

>354 >361を見てると、あってんだか違うんだか。creat関数の中でメンバを取得しようとしているのかワケワカ。

もしメンバがの実体が欲しいなら、そういう機能を実現した関数を作ればよい。

こんな感じじゃないか。

void get_data(struct my_struct* pMyData, void *pData)
{
 pData = malloc(pMyData->size);
 memmove(pData, pMyData->ptr);
}

370 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 09:55:27
関数ポインタの配列について教えてください。

void func1( );
void func2( );
void main()
{
int i;
void (*func_ptr[2])( )= { func1, func2};
for(i=0; i<2; ++i)
{
(*func_ptr[i])( ); /* ★★★★ */
}
}
void func1( )
{
printf("func1\n");
}
void func2( )
{
printf("func2\n");
}


上記のプログラムでfunc1とfunc2が実行できたんですが、
★★★★のところを(func_ptr[i])( ); としても、func1とfunc2が実行できました。
関数ポインタの配列に*を付けた場合と付けない場合は何が違うのでしょうか?

371 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 10:00:40
281 名前:デフォルトの名無しさん[sage] 投稿日:2007/11/08(木) 00:27:05
関数ポインタって代入時の&と実行時の*ってなくても動作変わらないよね?
もともとはどっちが正しいの?

282 名前:デフォルトの名無しさん[sage] 投稿日:2007/11/08(木) 01:06:42
元々必要だったらしいが、gccがなんか理論武装して独自拡張として省略しても良くしたら、
世間に受け入れられたなんて話を聞いたことがある。

372 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 10:10:25
a[3]と*(a+3)は何が違う
ってきくようなもの
書き方が違うだけでまったく同じ

373 :351:2010/04/24(土) 10:42:37
>>368
struct my_struct はあくまでも構造体の一例です。
今回の質問ではstruct my_struct の中身を工夫することはあまり重要ではありません。

一般的な話として、関数から構造体を返す場合の、関数プロトタイプの設計に定石があるかどうかを知りたいのです。
こういう時にはこうすれば良いという指針があれば知りたいです。

>>369
>ポインタがメンバになっているときに、その実体が欲しいってこと?

いいえ。今、具体的な構造体あって、その構造体を扱う関数の作り方を知りたいということではありません。

質問の意図は、
構造体を初期化あるいは生成する関数を設計するときの一般論として、
例えば
「ポインタがメンバーになっている構造体の場合は(1)が良くて、そうでない構造体は(2)が良い」(←これは例です。)
というような定石があれば知りたい、ということです。

ですので、get_dataの作り方は質問の対象ではありません。
質問の対象は>>351の(1)(2)の関数プロトタイプについてです。

374 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 11:43:19
>>351
趣旨が良く分からんのだが、要するに、
構造体の中身を動的にメモリを確保しなくちゃならん時に、
構造体自身も動的に確保したい場合、
一緒に確保した方が良いのか、別々に確保した方が良いのかって話?


375 :370:2010/04/24(土) 11:43:48
>>371-371
回答ありがとうございます。
*を付けると、func1という関数名になり最終的には、
関数名だけ書いた場合はアドレスになるというルールでアドレスになる。

*を付けないと、func1のアドレスになる

どちらでも同じようにfunc1が実行されるということで合ってますでしょうか?

376 :351:2010/04/24(土) 11:46:36
>>374
そうですね。
どういう場合には一緒に確保したほうが良くて、どういう場合には別々に確保したほうが良いという指針があれば知りたいです。
他にもっと良いやり方があればそれも知りたいです。

377 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 12:59:50
>>376
その構造体の隠蔽具合や生命期間との相談かな

FILE ぐらい がちがちに隠蔽する
  関数利用側は基本的にメンバアクセスしない: 操作関数(群) とセットになる
気なのか (この場合は create/delete で完結すべき)

リスト的用途に近く、親struct の生命期間とは生きている必要がある時間が
違う場合は、メンバは alloc せず NULL のまま


378 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 13:23:31
>>351
あぁ〜、やっぱり、趣旨がいまいち良く分からんな…。

>>354のget_data()の使い方を見るとcreate_my_struct()した時に、
領域の確保だけでなく、実際に必要なデータが作成されて、
その内容をget_data()で引っ張るって仕組みって認識したんだが、
ってことは、(1)でのcreate_my_struct()は、
メモリの確保だけでなく、データまで作成するって認識であってる?
で、(2)ではinit_my_struct()でデータだけ作成するってこと?
※ここでのデータ作成は、メモリの動的確保を含む

と言う事であれば、そのinit_my_struct()で作成すべきデータは
それだけで、一つの構造ってことになるから、
それぞれ用のcreateを作るが正しいと思うのだが?

仮にinit_my_struct()をcreate_my_struct2()とすると
create_my_struct()の中でcreate_my_struct2()を呼び出すイメージ。
で、その時々で必要なcreate()を呼ぶ。

379 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 14:04:10
>>376
俺も概ね>>377と同意見。
他のやり方としては、構造体なら関数の戻り値として
構造体の実体を返す方法もあるよ。
エラーを返しづらかったり、癖の強いやり方だけど。

380 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 14:34:29
板違いだったらすみません。。。
C言語(WinAPIを含む)でグローバルIPアドレスを無理やり変えることはできますか?

381 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 14:42:44
通信できなくなるでしょ

382 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 14:47:21
>>380
C言語(WinAPIを含む)を使って、何の機器のグローバルIPを
どんな意味で変えたいのによるな
何もしても、このスレないことは確か。

383 :351:2010/04/24(土) 14:59:48
>>377
>その構造体の隠蔽具合や生命期間との相談かな

なるほど。この指標は考える上での参考になりそうです。

ただちょっと初めの質問の意図と違ってきたので、ちょっと考え直します。

384 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 15:06:31
>>381-382
無理ってことでしょうか?

たとえば掲示板などに書き込むと管理者には
グローバルIPがわかる($_SERVER["REMOTE_ADDR"])と思うのですが、
それをルータ、パソコンをシャットダウンしなくても
ソフトで簡単に変えられたら便利かな?って思ったので・・・

もっと深く突っ込むと
IP斬られてしまったりした場合にすぐに変更できれば
またレスできるぢゃないですかw

それをしたいんです・・・

385 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 15:09:03
>>384 板違い。

386 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 15:10:44
>>385
板違いですか?
WinAPIだと思ったので・・・

387 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 15:11:55
>>384
IP変えるとか、それ以前の問題だな
ネットワークの知識とか、モラルとか、1からやり直せ

388 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 15:12:27
>>386 http://pc11.2ch.net/pcqa/

389 :351:2010/04/24(土) 15:36:11
標準ライブラリにstrdupがあります。strdupは内部でmallocします。(>>351の(1)に相当)

char *strdup(const char *s);

char* str = strdup("hogehoge"); //←確保するメモリー領域のサイズはstrdupのおまかせ!○
printf("%s\n", str); //処理の例
free(str); //freeが必要×

同等のことを行うmy_strdupを作ることもできます。my_strdupは内部でmallocしません。(>>351の(2)に相当)

void my_strdup(const char* src, char* dst, int size);

char str[100]; //←コピーする文字列より大きなサイズのメモリーが必要×
my_strdup("hogehoge", str, sizeof(str));
printf("%s\n", str); //処理の例
//freeは必要ない!○

(次に続く)

390 :351:2010/04/24(土) 15:37:17
>>389の続き)

【my_strdupのメリット】
strdupは、内部でmallocをするため、呼び出した後、必ずfreeが必要になります。
一方、my_strdupなら、自動変数を引数に渡せるので、必ずしもfreeは必要ありません。
この点では、my_strdupの方が便利です。これがmy_strdupのメリットです。

【strdupのメリット】
しかし、my_strdupでは、文字列全体をコピーしたい場合、
元の文字列よりも大きなサイズのメモリー領域を渡さなければ、文字列全体をコピーすることが出来ません。
このため、my_srtdupを呼び出す前に、strlenを使うなどして元の文字列のサイズを知る必要があります。
一方、strdupは内部で必要なサイズの領域をmallocするので呼び出す前に元の文字列のサイズを知る必要はありません。
この点では、strdupの方が便利です。これがstrdupのメリットです。

以上は文字列での例でしたが、
構造体や他のデータ領域を扱う関数を考えるときにも
呼び出し元でメモリーを確保して渡すか、あるいは関数の内部でmallocするか、
についてどういう時にどうしたらいいのか、を考えることができるかと思います。

一般的な指針があれば知りたいです。

391 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 16:12:35
strdup()のデメリットがfree()を必要とすることでは無い
オブジェクトを生成したら破棄するのは当然のことである(create/destroyの対が大切)

my_strdup()のメリットが自動変数を引数に渡せるとかなんとか言っているが
自動変数の領域が足りない場合や書き換えが必要な場合、結局メモリ確保が必要となり自動変数が渡せることはデメリットでしかない

たとえば、標準ライブラリのf*()について考えてみよう
FILEがクラスでfopen()がコンストラクタ、fclose()がデストラクタ、その他のf*()関数がFILEインスタンスに対するメッセージと考えれば、f*()群は低級なオブジェクト指向をしているとか意釈できる

ここで、一つの指針を示そう
あるオブジェクトを生成しメッセージを送り破棄せよ
foo_t *foo;
foo = create_foo();
do_something_foo(foo);
destroy_foo(foo);
呼出元が生成と破棄を対にして行うのが良い

この関係は、strupでもmy_strdupでも同じことになる
char *s = strdup(foo); /* create */
(void)s; /* do something */
free(s); /* destory */

char *t = malloc(bar); /* create */
my_strdup(foo, t, bar); /* do something */
free(t); /* destory */
my_strdup()がソースとデストが逆のmemcpy()みたいで気持ちが悪いと言っておくテスト

392 :351:2010/04/24(土) 16:38:53
>>391
> strdup()のデメリットがfree()を必要とすることでは無い
> オブジェクトを生成したら破棄するのは当然のことである(create/destroyの対が大切)

確かに当然のことです。当然のことですので、その当然のことを忘れた場合、深刻なバグになるという大きなデメリットがあります。

> my_strdup()のメリットが自動変数を引数に渡せるとかなんとか言っているが
> 自動変数の領域が足りない場合や書き換えが必要な場合、結局メモリ確保が必要となり自動変数が渡せることはデメリットでしかない

自動変数で問題がいない場面では、上記の深刻なバグを避けられるという点で十分メリットがあります。
仰りたいことはわかりますが、一概に決められるものではないと思います。

例えば、>>391の主張では、memcpyはデメリットしか無いことになってしまいますよね?

> 呼出元が生成と破棄を対にして行うのが良い

良いのはわかります。つまり、それがstrdupや、>>351の(1)の場合ですよね。
my_strdupにmallocで確保したメモリー領域を与え、使用後freeするのも良いと思います。

ですが、my_strdupに自動変数を渡してはいけないということにはならないですよね?下記のようなコードは普通に書かれると思います。

void func(const char* str) //strは99文字以下の文字列
{
 char buf[100];
 strncpy(buf, str, sizeof(buf));
 /*strに対する処理*/
 printf("%s\n", str);
}

これは、若干恣意的な例ですが、これに限らず、自動変数の構造体や配列へのポインターを関数に渡すことは一般的に行われることですよね。

393 :351:2010/04/24(土) 16:43:53
>>392の訂正です。すいません。

void func(const char* str) //strは99文字以下の文字列
{
 char buf[100];
 strncpy(buf, str, sizeof(buf));
 /*bufに対する処理*/
 printf("%s\n", buf);
}


394 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 17:20:21
>392
バグ(メモリリーク)になるから自動変数使うとかどれだけ舐めてるんだよ
C言語はプログラマ任せだからそんなこと言うようになったら、もうC言語に触れない方が幸せになれるよ

別にmemcpy()がデメリットしかないダメダメ関数とは言っていない
一般化したいと言っているのに自動変数マンセーとか言っているからだよ
自動変数(オブジェクト)に対してmempcy()(メッセージ)を送っているが、領域不足やコピーが必要になったときに結局メモリ(新しいオブジェクト)が必要になるのなら最初からメモリ使っておけばいいだろ
つまり、一般的にあるオブジェクトに対するメッセージの引数に自動変数が渡せるからって嬉しいことは無いだろと
memcpy()は抽象し過ぎているから混乱しているんだろう

別に、my_strdup()に自動変数を渡してはいけないとは言っていない
少なくとも自動変数が渡せることがメリットにはならないし、一般的に考えれば自動変数を使うことはデメリットになると言及しただけのこと

確かに、自動変数で領域や生存期間が足りるのであれば自動変数でも構わない
しかし、一般化してオブジェクトがN個必要なときに困ったことになる
ある場面ではi個必要で、自動変数をi個用意しなければならない、またある場面ではj個必要で、自動変数をj個用意しなければならない
じゃあ、i <= jだから、j個用意しとけばいいやとするのか、iが遥かにjより小さい場合無駄が多いからすべきでは無い
そんなことしないで、必要な時に必要なだけ用意してやれば済むこと


一般化したいのか具体化したいのかどちらかにしてもらえないだろうか

395 :351:2010/04/24(土) 17:40:07
>>394
構造体や配列を返す関数を設計する場合の一般的な指針を求めています。

>C言語はプログラマ任せだからそんなこと言うようになったら、もうC言語に触れない方が幸せになれるよ

C言語はプログラマ任せだからこそ、プログラマーが、その時々に適切に、自動変数を渡すか、mallocで確保したメモリーを渡すかを選べるようにしておく方が幸せでしょう。
ですので、自動変数をマンセーしているわけではありませんが、自動変数を一切渡せないよりは、渡せた方がメリットがあると考えます。

つまり、自動変数を一切渡せなければ、自動変数を使いたいプログラマーには使えませんが
自動変数を一切渡せれば、自動変数を使いたいプログラマーにも、使いたくないプログラマーにも使えるからです。
これは十分メリットです。

ともかく、自動変数を渡せるかどうかは、今回の質問の本質ではなく、
構造体や配列を返す関数を設計する場合の一般的な指針として、
(1)関数内部でmallocするのと、(2)呼び出し側で確保したメモリー領域を受け取るのと、(3)それ以外の方法(があれば)と、で
どういう時にどうするのが良いのかという指針があれば知りたいと思っています。

396 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 17:56:48
>どういう時にどうするのが良いのかという指針があれば知りたいと思っています。

ないよ。問題が無い限り好きにしてよしヽ( ´ー`)ノ

397 :351:2010/04/24(土) 18:05:31
「好きにしてよい」というのは、特に基準がないのでその日の気分でどちらかに決めるということですよね。
そういう方針の方もいるということはわかりました。ありがとうございます。

それでは引き続き、>>389-390について何か方針をお持ちの方がいましたら、ぜひ教えてください。お願いします。

398 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 18:24:44
WindowsのAPIは、my_strdup()みたいに格納領域のアドレスとサイズを
渡すインタフェースが多いね
で、Windows系のプログラマはそういう関数をつくることが多いね
無難だけど美しくないよね
パラメタは少ない方がいい

399 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 18:38:23
>>389
とりあえず、strdupは例として適当じゃないわな。目的が違うから。
単に(最大の)長さが分かっている文字列のコピーは
strcpyなりstrncpyなりを使う。

一般論で言って、必然性がない場合、mallocはしない。
する場合は、旧来では
・確保すべきサイズがかわる
・スコープを越える必要がある

他のケースはプログラマの腕次第で
コードをシンプルにするために使う。
・引数を減らす
・必要な変数を減らす
・インターフェイスの一般化
などなど。

メモリ管理に自信がないならやめとき。

ただイマドキ、そこに自信が持てないなら
Cなんて使わない。
逆に言えば、その程度は必須なわけで、
だから「好きにすれば良い」って意見が出てくる。

400 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 19:25:00
>351

生成と解放を対にしろってのは、基本方針としてもよいと思う。
よって、strdupのような関数は、できれば使いたくない派。
strdupは生成と解放の数が合わなくなる。

>392
>> 呼出元が生成と破棄を対にして行うのが良い

>良いのはわかります。つまり、それがstrdupや、>>351の(1)の場合ですよね。

これ逆だよね。strdupを使うとmallocが見えないのにfreeしなくちゃならない。

strdupは標準関数だからましだけど、func0, func2, func4が返すポインタは
freeしてね、とかだとやってられない。


やけにstrdupが「サイズを気にしなくてよい」ことがお気に入りのようだが、あくまでも実引数がCstringである場合だけ。
これは自動変数か、ヒープ領域か、静的変数かには無関係。

str系関数は、終端文字がある前提という制限がある。

呼び出し側が領域を用意する場合は、当然呼び出し側でサイズがわかっているはずなので、
そのときに無駄に領域を用意しなければよいだけでしょ。


401 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 19:32:16
急に流れが加速してて吹いた。

402 :351:2010/04/24(土) 19:32:36
>>399
> 一般論で言って、必然性がない場合、mallocはしない。
> する場合は、旧来では
> ・確保すべきサイズがかわる
> ・スコープを越える必要がある

これには同意です。
個人的には自動変数で済む場合はmallocは使わないようにしています。

> コードをシンプルにするために使う。
> ・引数を減らす
> ・必要な変数を減らす
> ・インターフェイスの一般化

これは、シンプルになるのであれば、シンプルにしたほうがいいということですね。
つまり、>>351の(1)が可能であれば、常に(1)にしろということですね。
方針の一つとして参考にさせていただきます。

403 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 19:34:03
・サイズが巨大な場合
が抜けてるな

404 :351:2010/04/24(土) 19:45:44
>>400
>生成と解放を対にしろってのは、基本方針としてもよいと思う。
>よって、strdupのような関数は、できれば使いたくない派。

個人的にはstrdupは使いませんが、
strdupもstrdup-freeで生成と解放の対になっているので問題ないと思います。
(n対1の対応なので若干違和感はありますが。)

>これ逆だよね。strdupを使うとmallocが見えないのにfreeしなくちゃならない。

いいえ、関数の中でmallocを行うという点で、strdupと>>351の(1)は同じです。
create_my_struct()に対するdelete_my_struct()は、strdup()に対するfree()です。

405 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 19:52:13
strdupって名前が気に入らないんじゃないの
"alloc" を含んでないから
俺は別にどうでもいいと思うけど

406 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 20:00:01
関数の実体が書いてないから、何とも言えないね

407 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 21:35:25
>>398
上位互換を維持しつつ ver 違いを吸収する苦肉の策な面もあるね

APIを実装する際「渡されたサイズからどのver なのか類推・分岐できる」

408 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 21:57:07
GDI+を使うためにはどうすればいいですか?
VC2008です。

409 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 21:57:40
上位互換を持するということは、元の関数から引数は変化がないということだろ。
元の関数から変化が変化がないということは、元の関数もアドレスとサイズを持っていたということであって
つまり元々あるのだから苦肉の策では無いんじゃないの。

410 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 22:07:16
>>408
#include <gdiplus.h>
#pragma comment(lib, "gdiplus")

411 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 22:10:20
>>410
VC++の他に特に何もいらないということですね。
質問にこたえていただきありがとうございます。

412 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 22:11:41
VC++EE使ってるならPlatformSDKがいるんじゃ

413 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 22:14:01
例がたまたまかもしれないけど、my_strdupを使うくらいならstrncpyを使うよね。

話を戻すと、allocとfreeは同じレイヤーにあるのが分かりやすいと思うよ。

414 :351:2010/04/24(土) 22:26:58
>>413
> 話を戻すと、allocとfreeは同じレイヤーにあるのが分かりやすいと思うよ。

それはそのとおりだと思います。
>>351の(1)(2)ともにその方針に基づいています。
(1)の場合は自前でalloc-freeを行い、(2)の場合は前処理・後処理として必要な場合のみalloc-freeを行います。

今回の質問の趣旨はそこではなく、
構造体や配列を返す関数を設計する場合の一般的な指針を知りたいのです。

415 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 22:42:53
>>351
俺は、is-aと考えた方が自然なのかhas-aと考えた方が自然なのかで分ける。
分かるとは思うが(1)はis-aの場合で、(2)はhas-aの場合。
あと、自動変数を使用するか、アロケートするかは、
プログラマが使いたいか使いたくないかで考えるのではなく、使用用途で考えるべき。

416 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 22:45:55
> (1)のデメリットは呼び出し元で入れたいメモリー領域がある場合、createした構造体をコピーする必要がある。
入れたいメモリ領域がある場合はinitのパラメータにもたせれば良いのでは?

> (2)のデメリットは呼び出し元でinitを呼ぶ前に構造体の大きさを知っていなければいけない。
my_struct *p = (my_struct *)malloc(sizeof(my_struct));
ではだめだということ?

常に呼ばなければならないreleaseを作成するのであれば、常にinitの中でallocすればいいと思う。
そうでないのなら、構造体本体は利用者がalloc-freeすればいいと思う。というか、そうしてる。

417 :351:2010/04/24(土) 23:00:41
>>415
なるほど。その指針は明快ですね。納得です。
ありがとうございます。

>>416
>> (1)のデメリットは呼び出し元で入れたいメモリー領域がある場合、createした構造体をコピーする必要がある。
>入れたいメモリ領域がある場合はinitのパラメータにもたせれば良いのでは?

つまり、常に>>351の(2)にするのが良いということでしょうか?

>> (2)のデメリットは呼び出し元でinitを呼ぶ前に構造体の大きさを知っていなければいけない。
>my_struct *p = (my_struct *)malloc(sizeof(my_struct));
>ではだめだということ?

はい、ダメです。
struct my_structは可変長配列のメンバーdataを持っているのでそのサイズ分多めにメモリーを確保しなくてはいけません。

418 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 23:19:22
入れたいメモリ領域を渡したいことについて
(2)のinitのパラメータに持たせてもいいし、(1)のcreateのパラメータに持たせてもいい。

可変部のサイズを常にパラメータで渡すのであれば、呼び元でそのサイズを確保することは
十分可能なんじゃないの?

419 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 23:28:12
>>409
いや パラメータが一括で纏まった構造体 ってパターンがほとんどさね
ListView とか IEのVER違いで、パラメータ構造体のサイズが違う
だが API(要素の追加とか)のインターフェースは不変
(さらに、APIの実装体は外部リンケージなDLL内)
こういうこと

この例でない話だったらスマン

420 :351:2010/04/24(土) 23:42:33
>>418
入れたいメモリ領域を渡すのが(2)で、入れたいメモリ領域を渡さず関数内部でメモリ領域を確保するのが(1)です。これが定義です。
ですので、入れたいメモリ領域を渡すのであれば、(2)になります。

また、(1)の場合は、可変部の情報を含めサイズ情報を渡しません。
ですので、(1)の場合、呼び出し元は可変部の情報を含めサイズ情報を呼び出す前に知る必要はありませんし、
前述のとおり関数内部でメモリー領域を確保するので、そのサイズを知ることが出来なくても問題ありません。

421 :デフォルトの名無しさん:2010/04/24(土) 23:58:42
>>420
入れたいメモリ領域云々を別で考えることはできないの?
そうなればそれは一般的に構造体を扱う時の指針とかそういうのとは別で、特殊化された話になってこないか?

422 :351:2010/04/25(日) 00:14:29
>>421
> 入れたいメモリ領域云々を別で考えることはできないの?

これはどう言うことでしょうか?
少なくともどこか(関数内あるいは関数外)で、malloc(sizeof(struct my_struct)+data_size)のように構造体のメモリーを確保しなければならないと考えていました。

もしこれを別で考える方法があるならば、ぜひご教示ください。

423 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 00:33:19
入れたいメモリ領域ってptrじゃないの?
サイズを可変にするためのものとは別だよね。

このptrを同じ関数で確保すべきか、外から渡せるようにするかという話が混ざっているように見える。

424 :351:2010/04/25(日) 00:41:35
>>423
>入れたいメモリ領域ってptrじゃないの?

入れたいメモリ領域とは、構造体そのものを入れたい領域のことです。

425 :400:2010/04/25(日) 00:42:10
>351 >420

あなたの言う1)と2)の違いを、把握できていなかったから、議論がぐるぐる回っていたぞ。

議論の焦点は
>入れたいメモリ領域を渡すのが(2)で、入れたいメモリ領域を渡さず関数内部でメモリ領域を確保するのが(1)です。これが定義です。
ということだね。

そうでであるならば
>(1)の場合は、可変部の情報を含めサイズ情報を渡しません。
これは無理。

1)の実現例としてstrdupを挙げているのなら、str系は終端文字列付きという制限を与えることで、
間接的にサイズ情報を与えている。

>404
>いいえ、関数の中でmallocを行うという点で、strdupと>>351の(1)は同じです。
私には同じには見えないな。
malloc-free, new-delete, new[]-delete, create_my_struct-delete_my_struct
は対に見える。

だけど関数内部でmallocするhogeがあるとしてhoge-freeは対には見えない。
そういうことに注意してコーディングしたくない。

だからstrdup使うくらいなら、mallocしてstrcpyして、freeする。

426 :351:2010/04/25(日) 00:56:57
>>425
> >(1)の場合は、可変部の情報を含めサイズ情報を渡しません。
> これは無理。

いいえ。無理ではありません。
例えば、関数内でrecv()を使ってネットワークからデータを受信する場合など、処理を完了して初めてデータのサイズが確定することがあります。
そのような場合、関数を呼び出す前にはそのサイズは分かりませんが、関数内ではreallocするなりして適切なサイズのメモリーを確保することができます。
したがって、可能です。

>私には同じには見えないな。

これは関数名が適切ではないとうことでしょうか?
そうであれば特に異論はありません。人の感覚なのでそう見えない人がいることは仕方が無いと思います。
そういう点では、私も、new-deleteという組み合わせが名称としてあまり適切でないと思っています。

私が同じだといったのは、機能としての対応からです。

427 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 01:52:31
>>426
> 例えば、関数内でrecv()を使ってネットワークからデータを受信する場合など、
> 処理を完了して初めてデータのサイズが確定することがあります。
>そのような場合、関数を呼び出す前にはそのサイズは分かりませんが、
>関数内ではreallocするなりして適切なサイズのメモリーを確保することができます。

なぜ recv() がそういう造りになっていないのか? を想像してくれ
上記の構造だと、生成/消滅の入れ子構造が維持し難いんだよね 

428 :351:2010/04/25(日) 01:59:41
>>427
> なぜ recv() がそういう造りになっていないのか? を想像してくれ

何のためにその想像をする必要があるのでしょうか?
目的がよくわかりません。

429 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 03:25:24
>>424
ならぬるぽのときだけ確保するようにしたらいいんでないかな。

430 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 03:27:29
>>425
うーん、strdup-freeも対に見えないよ
その論調ならstrdupの存在を否定していいと思うんだ。そしてそれはアリだと俺は思う。

431 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 03:33:04
って最後の行読んでなかった。まったくもってそのとおりであって、なんていうかごめん。

ちなみにnew[]-deleteはnew[]-delete[]の間違いだよな?

>>426
> 人の感覚なのでそう見えない人がいることは仕方が無いと思います。
なんか多分読み違えているけれど、
create_my_structのような関数を見た場合、同ライブラリにdelete_my_structのような関数があれば
プログラマは注意を払うが、なければ特に何もしなくて良い(freeを使う必要がない)と思ってしまうクセがある。
そういう意味で、hoge-freeが対に見えないという話だよ

432 :>425:2010/04/25(日) 08:44:44
>431

>ちなみにnew[]-deleteはnew[]-delete[]の間違いだよな?

すみません。タイプミス。注意したつもりだったのに、日頃C++使わない物で、ご容赦ください。

>426
他の人とは、同じ感覚みたいだけど、strdup-freeはリソースの確保と解放のレベルがあっていない、
イヤなコーディングスタイルだってこと。mallocしているレベルが、一段低いから。
名前の問題ではない。
ただ、標準関数という意味でギリギリの許容範囲。
コーディングスタイルを操作できる立場なら、ANSIに含まれないから禁止としたいくらい。
拒否する。

もちろんそういう構造が取れない場合は、あり得る。
だけど「一般的には」リソースの確保と解放の対は、そろっている方がよい。


433 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 09:22:07
>>432
横からだけど、レベル合わせるのって必要か?
どちらかと言うと、アロケートとリリースが組み合わせになってないことの方が問題じゃないか?
strdupに対して、strdup_free()があれば良いだけで、
使う方は、その中身の実装は問わないってのが正解な気がするが…?
要するに、あるオブジェクトに対してのnewがあるなら、
そのオブジェクトに対するdeleteを用意して、それを使えってだけで、
組み合わせを間違えなければ、内部がどうなってようが、問題にならないと思うが…

434 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 09:41:31
同じく横からだけど
デストラクタが無い影響はスコープだけじゃなく構造体・共用体の中にまで影響する訳で
入れ物の階層毎に都度専用alloc/freeを用意するのが注意深いcデータ取り扱い方だとおもうよ

435 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 10:05:18
メモリを確保して返す関数は作るなって話か?
確保するメモリのサイズを事前に取得できない場合はどうすんのって話だな

436 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 10:14:03
専用reallocを用意するだけじゃないの?

437 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 10:23:15
とりあえず malloc して、そのポインタのアドレスを渡して、
関数内で realloc してもらうとか?

438 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 10:30:07
>>437
分けも分からずmalloc()する位なら、NULL使ってrealloc()の方がまし

439 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 10:35:23
それだと malloc/free の対応がとれないって主張なんじゃないの

440 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 10:43:30
>>439
必要なのはC++で言うnewとdeleteに対応するものであって
mallocとfreeではないと思うのだが?

441 :432:2010/04/25(日) 10:45:57
>433

>strdupに対して、strdup_free()があれば良いだけで、

それがレベルを合わせるってこと。
strdupの中でmallocしていれば、strdup_freeで責任もってそれを解放する方が、コード上で
リソースバランスの確認ができる。

>組み合わせを間違えなければ、内部がどうなってようが、問題にならないと思うが…
内部を気にしたくないから、リソース管理の責任レベルを合わせたいってこと。

>435
>確保するメモリのサイズを事前に取得できない場合はどうすんのって話だな
必ずしも、同じレベルでそろえられないかもしれない。でも、大抵は設計が行けてないだけ。

少し話を戻して>432で
「名前の問題ではない」と書いたけど、リソース管理レベルの話題であって、名前の話ではないといういみであり、
人間がコードを書いている以上、リソース管理レベルは識別子で認識している。
従って、リソース管理レベルを意識していれば、名前もそうなるはず。

コード上で名前のバランスが取れていない場合、設計を疑った方がよい。



442 :441:2010/04/25(日) 11:00:58
>426

>> >(1)の場合は、可変部の情報を含めサイズ情報を渡しません。
>> これは無理。
>いいえ。無理ではありません。
>例えば、関数内でrecv()を使ってネットワークからデータを受信する場合など、処理を完了して初めてデータのサイズが確定することがあります。

OK.あなたと私では、視点のレベルが違っていた。
私の視点は事前にサイズがわからない場合も、とりあえずバッファを用意しておいて、
読んでみないことには知りようがない、という意味だったのです。recvそのものの
レイヤーです。読んでみたあとはサイズがわかる、というのはそうですね。


議論はあくまでも一般論です。個別では理想的な実装ができないかもしれません。

余談ですが、メッセージループの処理ならば一般的には、下記のように書くと思います。
擬似コードです。

for (;;) {
 recvMsg(pMsg);
 /* メッセージに応じた処理 */
 freeMsg(pMsg);
}

これはメッセージを受けるところと、最後に解放するところでリソース管理レベルを
そろえています。

443 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 11:07:19
要するにコンストラクタとデストラクタを用意するみたいな感じにすべき、ということね?
まあその主張は分からんでも無い

444 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 11:10:13
>>441
>>strdupに対して、strdup_free()があれば良いだけで、
>それがレベルを合わせるってこと。
何か意図が違う気がする。
strdup()内でmalloc()を呼んでようが、さらに、strdup()で別の関数を呼んで
その中で、malloc()を呼んでようが、俺は気にしないって話だが合ってる?
strdup_free()に関しても、冗長になると分かってても実装して欲しと思うが、
最悪(本当に最悪だが)はdefineの定義するだけでも構わないと思ってるけど同じ?

445 :351:2010/04/25(日) 12:24:26
>>442
>議論はあくまでも一般論です。個別では理想的な実装ができないかもしれません。

はい。そのとおりです。
ですが、その下の擬似コードは>>351の質問の意図を表していません。

>>351の質問の意図は、
recvMsg(), freeMsg()を使う関数を作るような場合を含めて、
一般的に
・関数から構造体を返す必要がある場合、何か基準や定石があるのかを知りたい。
・こういう時にはこうすれば良いという指針があれば知りたい。
ということです。

recv()とrecvMsg()-freeMsg()のどちらが一般的かという議論は今回の質問の中ではしていません。

446 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 12:29:35
>>445
構造体自体を返すだけなら free() はいらない。
でも >>351 のお題にあがっている構造体は、メンバに malloc() で得たポインタがはいっているので、
当然 そのポインタを free() する必要がある。
一般化というが、上記のことだけ注意すれば OK なのでは。

447 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 12:30:02
>>351俺なら(1)だな。

さらに、(オーバーロードできるなら、C++なら同名で)
void delete_my_struct(struct my_struct **md) {
 delete_my_struct(*md);
 *md = 0;
}
とすらする。

448 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 12:32:34
>>447
Cでオーバーロードできる環境なんてあるのか?

449 :351:2010/04/25(日) 12:36:38
>>446
つまり、構造体内部の後処理だけを関数で行えということなので、常に>>351の(2)が良いということですね。

>>447
どういう場合、>>351の(1)が良いですか?
基準があれば教えてください。

それとも、常に>>351の(1)が良いでしょうか?

450 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 12:51:51
>>448
いっけね。Cスレだった。C/C++かと思ってた。

>>449
基準も何も、(2)は俺にとって煩雑。
呼び出し元でmallocなりして、init_my_struct呼んで、
要らなくなったらrelease_my_struct呼んで、free呼ぶ。
呼び出し回数が多い。呼び忘れるのも怖い。

(1)ならcreate_my_structで生成と初期化を同時に行い、
delete_my_structで後片付けと削除を同時に行う。
呼び出し回数が少ない。余計な気を使わなくて良い。
create - deleteの対を分かって使えば良いだけ。

C++にしたってコンストラクタ以外に、
new後にinit()呼び出しを要する設計もあるが、
同じ理由で俺はそういうの嫌い。

メソッド間、関数間に呼び出し順の依存関係があると使いにくい。

451 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 13:33:21
>>351 は構ってちゃんだから、マジレス禁止ね(^o^)ノ

452 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 13:54:52
>>351は常に(1)でいいよ。
ただし構造体のメンバにアクセスできないようにカプセル化したほうがいい。
ヘッダに

  struct my_struct* create_my_struct(int param);
  void delete_my_struct(struct my_struct* md);
  その他my_structを操作する関数のプロトタイプ宣言

を書いて、ソースのほうに

  struct my_struct {
   int size;
   void *ptr;
   int data[];
  };
  関数の定義

を書く。

453 :351:2010/04/25(日) 18:27:17
>>450
> 基準も何も、(2)は俺にとって煩雑。
>>452
> >>351は常に(1)でいいよ。

ありがとうございます。基本は(1)ということですね。

では、呼び出し元で構造体を格納したい場所が決まっている場合はどうすればいいと思われますか。

>>351の(1)の場合は、
呼び出し元で構造体のcretateを実行し、呼び出し元でその結果を構造体を格納したい場所にコピーしなければなりません。

>>351の(2)の場合は、
呼び出し元で構造体のinitに格納したい場所を指定して実行すれば、結果として格納したい場所に構造体が格納されるので、呼び出し元では改めてコピーする必要はありません。

この点で、やはり(2)は捨て切れません。
上位でどう使われるかわからない関数を設計する場合は、やはり(1)(2)の両方を用意したほうがいいでしょうか。

(1)(2)以外にうまい方法があれば知りたいところです。

454 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 18:51:27
>>453
自分で答え出してるじゃないか。まだ何か困ってるの?

455 :351:2010/04/25(日) 18:53:31
>>454
はい。
>>453の一番最後の行に書きました。

456 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 19:30:23
>>455
へぇ。そこ読んでも俺には何に困ってるのかわかんないや。

457 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 19:34:52
>>351
何のために格納したい場所ってのが必要なのかわからんが、変な書き方するよりは
おとなしくコピーしたほうがいいかもね。

458 :351:2010/04/25(日) 19:43:23
>>457
格納したい場所が決まっている状況というのは、
例えば、下記のようなコールバックハンドラーを実装する場合に、引数に格納するメモリー領域を渡されるような場合です。

int (*some_callback_handler)(char* buf, int buf_size);

パフォーマンスがそれほど要求されない場面では確かにコピーすれば解決なのですが、
そうではない場合もあるので、コピーの回数は減らせられるようにもしたいのです。

459 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 19:56:46
おかしいな、引数がヌルポインタかどうかで判断すればいいよっていうのはどうしちゃったんだろ。
reallocみたいな感じといえばいいかな

460 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 21:13:28
>>458
get_my_struct関数を作ってポインタを返して、そのポインタを使えばいいのでは。

461 :351:2010/04/25(日) 21:24:14
>>460
構造体を格納したいポインタを知っているのは呼び出し側なので
get_my_struct関数を作っても仕方ないですよね?

462 :デフォルトの名無しさん:2010/04/25(日) 23:54:00
まだやってんのか

こういうどうでもいい質問はOKウェブみたいな初心者向けQ&Aサイトでやればいいのに

463 :デフォルトの名無しさん:2010/04/26(月) 00:03:24
>>462
それがこのスレさ

464 :デフォルトの名無しさん:2010/04/26(月) 11:01:21
いや寧ろ、ここは>351みたいに捻くれた初級者向きじゃない。
いっそ小心者スレ辺りでやってほしい。

465 :デフォルトの名無しさん:2010/04/26(月) 13:02:05
>>464
お前が童貞専用自慰スレに行けばいい

466 :デフォルトの名無しさん:2010/04/26(月) 22:05:24
フローチャート記号の「準備」ってどうやって使うものなの?
変数の宣言というのがこういうので、この時に使う?↓
int nurupo;
これは「処理」でいいよね?↓
int nurupo = 1

467 :デフォルトの名無しさん:2010/04/26(月) 22:14:54
int nurupo = 1
が準備だな

処理に備えて初期化という準備をしているわけだし
変数宣言はフローチャートの中では書かないことが多い

468 :デフォルトの名無しさん:2010/04/26(月) 22:52:29
会社で初期化と同時に代入書いたら
「こんな書き方見たことない、直せ!」と言われた。

469 :デフォルトの名無しさん:2010/04/26(月) 23:02:07
初期化と同時に代入ってどうやるんだ

470 :デフォルトの名無しさん:2010/04/26(月) 23:02:55
int i;
int j = i = 0;

こういうやつか
まあキモいな

471 :デフォルトの名無しさん:2010/04/26(月) 23:03:11
>>469
語弊があって申し訳ないが、>>467みたいなやつ。

472 :デフォルトの名無しさん:2010/04/26(月) 23:06:20
「初期化」と「代入」を勉強し直させるべきだな
つーか見たことない、って

473 :デフォルトの名無しさん:2010/04/26(月) 23:08:35
宣言と同時に代入ってことか?

474 :デフォルトの名無しさん:2010/04/26(月) 23:10:00
>>466
ソース読めば瞬間わかることを書いてはいけない
よく読まなければわからないことをアシストしてこそ意味がある

475 :デフォルトの名無しさん:2010/04/26(月) 23:11:39
>>473
それを初期化と言う
まあ、初期化は代入ではないがな

476 :デフォルトの名無しさん:2010/04/26(月) 23:26:20
初期化は代入じゃない?
int main(void) {int x = 5; return 0; }
なんかだと代入じゃない?

477 :デフォルトの名無しさん:2010/04/26(月) 23:34:34
いいえ、初期化です

478 :デフォルトの名無しさん:2010/04/26(月) 23:41:51
466だけど、アホ言ったみたいでほんとごめん。
もう少しグーグル先生で探してくる。プログラムって難しそうね。。
>>474
そういうものなのね。
じゃあ殆どつかわねーよ!という記号もあるとか?

479 :デフォルトの名無しさん:2010/04/26(月) 23:46:14
auto 変数に初期化なんかあるのか?全部代入じゃないのか?
それとも俺の頭が古いのか?

480 :デフォルトの名無しさん:2010/04/26(月) 23:58:19
>>479
古いんじゃなくて、最初からちゃんとした文法を覚えていないだけ。

481 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 00:01:05
>>480
static な変数に対する初期化は理解できるが、auto な変数に初期化という動作はあるのか

main() {
int x; /* 宣言 */
x = 1; /* 代入 */
}

をひとつにまとめものが
main()

482 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 00:01:46
int main() {
int x = 1; /* 宣言&初期化 */
}
と思っていたのだが。

483 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 00:03:31
ごめんなさい。やりなおし。
main()
{
int x; /* 宣言 */
x = 1 /* 代入 */
}
をひとつにまとめたものが
main()
{
int x = 1 /* 宣言+代入 */
}
だと思っていたのだが、規格はこれを初期化と呼んでいるのか?

484 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 00:11:39
>483

それは、初期化子付きの宣言。あくまでも宣言で、宣言+代入ではない。
式と宣言では文法が区別されている。

int a[] = {1, 2, 3,};
と書けるが
int a[10];
a[] = {1, 2, 3,};
とは書けないのは別物だから。

485 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 00:16:06
>>483
JIS X3010 6.7.8 初期化

486 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 01:11:59
>>481
途中で送信したとは思ったがシュール過ぎて笑った。

487 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 11:47:43
制御系プログラミングの初歩として、C言語(++ではない)のビット演算を勉強しています。
unsigned char型の変数を、二進数でバラして8個の0/1フラグとして使うための一番効率のよいやり方って何ですか?
一般的に使われるロジックとしては以下のメソッドのような感じでOKですか?

//引数srcのnビット目を0か1かで取り出す
unsigned char getNbit(unsigned char src,unsigned char n)
{
//srcと2のn乗(nビット目だけ1の値)と論理乗算して、0になったら0を返す。そうでなければ1。
if( src & (1<<n) == 0 )
{
return 0;
}
else
{
return 1;
}
}

//引数srcのnビット目に指定の値param(0/1)をセットした値を返す
unsigned char setNbit(unsigned char src,unsigned char n,unsigned char param)
{
//0をセットする場合、srcと2のn乗の値を反転した値(255-1<<n)とを、論理乗算する
if(param == 0)
{
return src & (255-1<<n);
}
//1をセットする場合、srcと2のn乗(1<<n)の値とを、論理加算する
else
{
return src | (1<<n);
}
}

488 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 11:54:37
ビットフィールドじゃあかんの?生成されるコードは汚いけど

489 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 11:58:10
二つ目はon/offで関数わけようぜ

490 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 12:00:41
IO操作するならビットフィールド使って、関数で隠蔽する

491 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 12:15:09
(255 - 1 << n) じゃなくて ~(1 << n)ってするのがビット演算らしい

492 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 12:34:18
__inline unsigned char getNbit(unsigned char src, unsigned char n) {
return src & (1 << n);
}

__inline unsigned char setNbit(unsigned char src, unsigned char n, unsigned char param) {
return src & ~(1 << n) | (!!param << n);
}

493 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 12:39:45
return (src >> n) & 1


494 :487:2010/04/27(火) 13:33:20
皆さん、ありがとうございます。

>>490
まさにIO制御の学習です。
基盤にランプが8個乗っていて、指定のIOポート1つ(1バイト)に値をセットすることで点灯/消灯を制御するといった課題です。
ビットフィールドというのを調べてみます。

>>492
前者は、指定したビットが0のときは0が返るけれど、1のときは1<<nが返りますね。
それでも、このメソッドを使う際に、「0かそうでないか」という運用をすれば良いということですか?
JavaのbooleanやC#のbool型に慣れているゆえ、0か1かの戻り値にこだわらないといけないと思っていましたが、
Cの常識だとそうでもないという認識で良いですか?

後者は、「src & ~(1 << n) | (!!param << n);」の記述の意味を詳しく教えていただけると助かります。
「src & ~(1 << n)」の部分までは、「とりあえず指定ビットを0にする」というのは分かりますが、
その後、 !!とはどういう意味の記述なのでしょうか。

こういう短く基本的な処理を書くにはinlineにしたほうが高速なのですね。とても参考になります。

495 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 13:38:56
ビットフィールドの実装依存の部分からいってその用途には使えないんじゃないの?
パディングとか順番入れ替わるとかで

496 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 13:46:15
>>494
>>492の get の方は指摘の通りで、0, 1 に固定するなら(した方がいいだろうけど)、
return !!(src & (1 << n));
としてもいいが、それなら >>493 の方がいいね。

!! は ! を2回やってるだけ。 0なら0、0以外なら1にしたいときにやる常套手段。

497 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 14:15:09
>>487の判定文、演算子の優先順位をよく調べとけ


498 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 14:28:54
>>494
JavaでもC#でも0が偽というところは変わらんよ。
if (3)とかかけるでしょ

499 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 15:34:56
>>498

500 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 15:42:12
JARO

501 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 18:54:10
!!はキモいんだよなあ
好みの問題だろうけど
ちゃんと最適化されるかどうかは気になる

502 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 19:14:22
!!がいやなら!=0はどうよ?

503 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 19:20:04
>>485
なるほど、「静的記憶域区間」のみならず「自動記憶域区間」の場合であっても、初期化という言葉が適用されるのですね。
インプリメント上では単なる代入にすぎないものであっても。



504 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 19:53:57
C++で挫折してCに流れ着いてCの入門書読み終えたんですが、中級者になるために試したらためになる演習課題とかありませんか
たぶんメモ帳とか作る場合GUIとか使わないとならないんですよね?できたらヒント付きで教えてくれませんか?


505 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 19:54:16
>>502
俺は基本そうしてる
if文に直接書く時はそれすら書かないけど

506 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 19:55:02
>>504
CUIで作れるような簡単なゲームでも作るといいよ
俺はいつもヒットアンドブローを作るようにしている

507 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 22:01:56
構造体のメンバに順次アクセスする
ナイスな方法ってある?

508 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 22:10:36
char*でキャストして、1バイト毎に順次アクセスする

509 :デフォルトの名無しさん:2010/04/27(火) 22:14:11
メンバの位置や型を配列にして保存しておいて
それでループでアクセス

まあ普通そんなことやるなでFAだが

510 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 15:43:35
>>507
unionを使うのが一番楽で上品

511 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 16:33:51
>>510
順次アクセスという言葉の意味がわかってないだろ
馬鹿は黙ってればいいのに

512 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 17:14:46
順次アクセスできない理由を教えてくれ天才

513 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 19:37:37
>>511
こういう感じでいけるっしょ。
typedef struct {
int a;
int b;
int c;
int d;
} hoge_t;

typedef union {
hoge_t u;
int l[4];
} chinko_t;

514 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 19:38:41
あ、int l[0] にしといた方が便利がいいな。

515 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 20:07:29
アラインメントが気になる
同じ型ならまず問題は無いだろうが、万が一があるしな

516 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 20:14:52
メリット皆無だし。

517 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 20:16:54
>>515
それを言い出したらそもそもunionの存在そのものが怖いよな。

>>516
誰もメリットの話なんかしてねーだろ

518 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 20:26:35
添え字でアクセスしたいだけなら
#define STFX(N,V) switch(N){case 0:struct.a=V;break;case 1:〜}
で十分だし。

519 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 21:01:43
おいおい今日もまたCの連中はつまんねえことでもめてるよww

520 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 21:10:53
>>519
だよな、時代はD言語だろうに老頭児なC厨はオナニーでもしてろってのw

521 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 21:12:26
これだからC厨は・・・

522 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 21:12:59
D(笑)

523 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 21:14:18
おじいさまがたはFORTRANでも使っててください

524 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 21:14:28
老頭児って中国語か

525 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 21:18:30
おじいさまがたは LISP でも使ってください、
ん?

526 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 21:24:39
>>523,525
すまん、俺まだ20代だが両方とも会社で使ってるw

527 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 21:32:21
LISPは未だに超強力だからな。まあWindowsアプリに限って言うならC#の時代が来るかもしれない。囲い込みだしな
でもプログラムはWindowsアプリだけじゃないし、つーかDって誰が普及させるんだよw
世界中で使われてるCの牙城を崩す気ねーだろ
あとWebプログラミングのLLはこれからも生き残る

528 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 21:35:21
LISPはemacsとかあるからまぁ使う機会はそこそこあるかもしれんが
FORTRANを使う場面はまったく思い浮かばん
昔大学で実験に使って以来やってないから、もう文法もわがんね

529 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 21:49:20
順次アクセスとかそんなイレギュラーな使い方は普通しないし。

530 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 22:02:10
Fortranは大学ではまだつかってるところあるけど
Lispってemacsのマクロくらいしかないよ

って書こうとしてリロードして>>528を読んだ
たぶんほとんど同じものを見たのに出した答えが真逆で面白いなと思った

531 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 22:25:40
構造体の入れ子ってあまりよくないことなんでしょうか?(設計に問題あり?)


532 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 22:27:57
別に普通

533 :ノラ:2010/04/28(水) 23:55:51
いま学校の課題で
do-while文を使って
1+2+3・・・というように数値を加算して表示し、
加算結果が300を超えたら表示して
処理を終了するというプログラムを組みたいのですが、
普段から授業ついていけなくて、よくわかりません
どなたか教えてください。お願いします

534 :デフォルトの名無しさん:2010/04/28(水) 23:57:45
>>533
ここは入門スレなのであまり高度なことはお答えできません。

535 :ノラ:2010/04/29(木) 00:00:38
>>534
どうしたらいいですか?

536 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 00:02:05
中学校の課題?

537 :ノラ:2010/04/29(木) 00:03:53
>>536
いえ専門なんですが
全く授業についていけなくてですね・・・

538 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 00:03:56
>>535
http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1246115922/

こちらへどうぞ

539 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 00:04:27
#include <stdio.h>

int
main(void)
{
  int i = 1;
  int sum = 0;

  do {
    sum += i++;
  } while (sum < 300);
  printf("%d\n", sum);

  return 0;
}


540 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 00:04:29
そういうときは美味しいカレーのレシピを書いて提出だろう

541 :ノラ:2010/04/29(木) 00:12:06
>>539様ありがとうございます。
参考にしてがんばってみます

542 :ノラ:2010/04/29(木) 00:14:24
>>539
sum入れないでもできますか?

543 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 00:16:16
ついていく気は無いようだwww

544 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 00:24:11
>>542 自分でやれよカス

545 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 00:52:38
>>542
#include <stdio.h>

int
main(void)
{
int i = 1;
do {
printf("%d\n", i * (i + 1) / 2);
i++;
} while (i * (i + 1) <= 600);
return 0;
}


546 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 00:55:13
>>542
結果を格納しておく変数が必要なわけ。
加算していって、それをどこに保持しておくの?って話になるでしょ?

だから、この場合は「sum」っていうy変数に入れてる。
別にgoukeiでもsでも、C言語の規則に従ってればなんでもいい。

547 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 00:55:55
>>545
綺麗だけど初心者には分かりづらいソースだなwwwwwwwwww

548 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 01:03:48
まて、少なくとも綺麗ではない

549 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 01:16:39
この手の問題は、答えが分かるのなら質問しない。つまり初めから論外なレベル
宿題スレじゃないんだからさ

550 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 02:39:15
ちょっと質問なんですけど。。。
Raw Socketってあるぢゃないですか?
私の開発環境はWindowsでVC++ 2008なので
Winsock2を使ってws2_32.libをリンクし、
socket(AF_INET,SOCK_RAW,IPPROTO_IP);
こうやって書くんだと思うんですが(違ったらまた勉強してきます)、
IPヘッダを作成するときにIPを偽装できるという記事を
拝見したことがあります。

その場合、IPというのは何のIPなのでしょうか?
プライベートIPですか?
グローバルIPですか?

仮にグローバルIPを返られるとした場合、
例えば携帯IPに変更することは可能なのですか?

もし可能なら大変なことになるのでそれは出来ないと思うのですが、
出来たとしたら掲示板などはどのような対策を施すのでしょうか?

■以下、板違い発言すみません。
私はC言語のほかにPerlやPHPなどCGIで掲示板などを作成してます。
もし上記に書いたようなグローバルIPを偽装するような行為があったとしたら
どのように防げばいいかわかりません・・・
できればそんなこと出来ないものだと願いたいものです。。。

551 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 06:42:02
>>550
スレチとか死ねよゴミ野郎

IPの偽装は現在は無理
一言でいうとヘッダに書いてあったIPに本当にそいつが送ってきたのか確認するから

それとグローバルIPですかプライベートIPですか?って質問も相当アホ



552 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 09:19:03
グローバルだよ (LAN内にサーバもあるならローカルでもいいけど)

携帯のふりもできるよ 掲示板は対策要らないよ
あんたの掲示板はTCPだろうから>>551が言うようにそのIPに対して問い合わせするわけだから
偽装された他人に問い合わせしても返事来ないでしょ

UDPで動く(昔のネットゲームとか?)ものなら がんばって通信内容もまねれば 
他人がゲームやってるときにちょっかい出せるかもしれんけど

553 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 15:12:39
すみません、矩形画像出したくて以下のを書いてみたんですが画像が表示されません。
誰かお願いします。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int main(void)
{
char fi[50];
float buff[128*128];
int nx = 128, ny = 128;
int i, j;
FILE *fp;

// 画像の初期化
for (i = 0 ; i < nx*ny ; i++)
buff[i] = 0;



554 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 15:14:47
// 矩形画像の作成
for (i = 32 ; i <= 96 ; i++) {
for(j = 32 ; j <= 96 ; j++) {
buff[i*nx+j] = 100;
}
}

// 画像の書き出し
printf( "Input new file name: " );
scanf( "%s", fi );
if ((fp = fopen ( fi, "wb")) == NULL) {
printf("Error: file open [%s].\n", fi);
exit (1);
}
fwrite(buff, sizeof(float), 128*128, fp);
fclose (fp);
}


555 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 15:22:34
どこそこがおかしいと言うレベルじゃなくめちゃくちゃなんだが
お前それ本とかみてやってそうなのか?

556 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 15:28:34
>>553
画像ヘッダをつけるかフォーマット指定してビューワに読み込ませれば表示できるかもしれない
ACDSEE とかそういうの

float 型の画像ってことはCTスキャンデータかな?
後輩だったりしてw

557 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 15:29:11
ウィンドウに絵を表示したいの?それとも画像ファイルを出力したいの?
前者ならまずウィンドウを作成しないと。
後者なら出力したい画像フォーマットに従ってデータを出力しないとダメだよ。

558 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 15:46:14
>>557
とりあえず raw形式でいいんじゃない?

559 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 16:11:29
釣りにつられたようだ

560 :デフォルトの名無しさん:2010/04/29(木) 16:37:32
>float 型の画像ってことはCTスキャンデータかな?

先輩、今時CTのデータが128ってことはないでしょ 
ネマコードもないし DICOM形式でもない

561 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 09:51:52
ヘリカルスキャンCTの場合で、512x512x200くらいは平気でありそうだ。
つーか、float生データでも適切なツールを使えば表示はできるだろうけどね。
いずれにしても、Cの話じゃなく画像フォーマットの話というか仕様の解釈の話だ。

562 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 10:53:29
ヘリカルCTなら512x512x320くらいデフォだけど
型はshortだな

563 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 11:15:48
結局文型が業界にたくさん入ってきて保身に全力だからじゃないの?
あいつら技術的なこと分からないから技術持ってるベテランにいてもらうと邪魔なんだよ。
そいうやつらが外注管理とか客先交渉とかの技術的なこと分からなくてもできる仕事を創出してこの業界で生き残れるシステムを作ったんじゃないだろうか。
技術のない正社員はすぐ首にできるシステムになってないのがいけないんだと思うんだ。
だいたい技術職なのに技術にこだわってるやつを軽蔑する空気があるのはおかしいと思う。

564 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 11:18:53
誰かが言った、偉大なる素人集団だと。

565 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 12:00:27
そういう時、アメリカなら技術者だけが出て行って別会社を作る
たとえばintelの技術者が「もっとすごいCPUを作りたい」といって、独立して作った会社がAMD

ただし営業力がなくて負ける

566 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 13:33:12
でもさ、反論を覚悟で書くけど

技術が高くてもメシは食えないんだよね
でも営業が小ざかしいくらい上手いと技術がクソでも売れる
メインな部分どっかに丸投げでもOK 
宣伝の上手い声の大きいやつが勝つ


あと、技術持ってないやつが上にいたりすると楽だよね
「あ、それ2週間はかかります」とかどう考えても5分で終わる仕事でも平気でそんな事いってみたり
ある程度技術があるようならバレバレでもさ
(「そんなことしてるお前がクソなんだよ」って言われちゃうだろうな)

567 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 13:35:19
お前らマ板に帰れよ

568 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 13:39:55
>>566
上が技術だとある意味もっと楽だぞ。
こっちの話がちゃんと伝わるから、更に上にリソースの確保をきちんと交渉してくれる。
尤も、弊社の場合No.2まで技術系だから突っ込まれたときはやばいw

569 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 13:40:35
いい加減巣に帰れよ

570 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 13:41:26
>>569
スレ違いの雑談と言う意味ではあんたも同罪。

で、Cの初歩的な質問未だ?w

571 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 13:43:10
reallocって失敗したら元のデータはどこかへ消えてしまうんですか?
そのあたりがよくわかりません

572 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 14:07:53
>>571
お前にわかる必要など無い

573 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 14:09:40
>>571
宇宙の法則がみだれるからな・・・

574 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 14:54:33
>>571
大丈夫。realloc()はメモリ確保に成功しない限り元の領域は解放しない。
つまり、使う側が間抜けでない限りどこにも消えはしない。

575 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 15:10:13
>>574
回答ありがとうございます
reallocに与えるアドレスをとっておいて、reallocがNULLを返したらそっちを取り扱えばいいってことですね

とはいえ今まで一度もmalloc系が失敗するとこをみたことないんですけどね

576 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 15:57:46
>>575
いつ失敗するんだろうと思って延々mallocをしてみるのが普通のマ。

577 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 15:59:32
まぁ確かに。標準設定のままのLinuxだと楽観的メモリ管理を採用しているから
以上に大きな値を指定しない限り、メモリが足りようと足りなかろうとNULLは返さないからね。

で、実際に使おうとしたときに足りなくなるとプロセス落として知らん顔w

578 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 16:09:09
カーネルパラメータいじる前にメモリを増設します

579 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 16:12:07
じゃあ俺は64bitLinuxにしてかつスワップもりもりにする

580 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 16:17:50
Linuxのソースを改造してメモリ管理を改善させます。

581 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 16:20:17
なにを改善するんだろ。楽観的メモリ管理をやめるために改造するはずはないし

582 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 16:24:21
楽観的メモリ管理をやめたいだけなら設定変更するだけじゃなかったっけ?
まぁ、Linux板向けの話だね。

583 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 18:39:33
/proc/sys/vm/overcommit_memory

584 :側近中の側近 ◆0351148456 :2010/04/30(金) 19:19:45
>>575
(っ´▽`)っ いや、異常終了にしたほうがいいんじゃね?
alloc系がエラー返すって相当やばいから、処理続行するのは危険だね。

585 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 20:19:21
reallocしたい場面にもかかわらず、reallocに失敗しても続行できる場面が想像しがたいけど、
続行できるのなら続行してもいいと思うよ。
ほんとに必要な場面で失敗したなら異常終了で。

586 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 20:23:22
そういう場面では、キャッシュとして確保しっぱなしのメモリを開放とかじゃないかなあ・・・

587 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 21:20:56
つか、実際そういう時って
固まっちゃって動かなくて、引き続き他の動作もクソもないよな

588 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 21:44:01
Hello, world!
の出力を21byteで思いつける天才いる・・・?
code golfです。

http://golf.shinh.org/p.rb?hello+world

589 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 21:48:52
なんでgorubyがあってHQ9はないんだろうな

590 :588:2010/04/30(金) 21:53:43
あ〜・・・
C言語ね・・・

591 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 22:04:09
>>588
#include使ったチート技じゃないかい?

592 :側近中の側近 ◆0351148456 :2010/04/30(金) 22:05:45
>>588
(っ´▽`)っ
#error Hello, world!

593 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 22:16:04
側近ってこんなところにも来るんだ・・・
今日のアキバにしか存在できないと思ってた

594 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 22:16:23
>>592
側近死ね

595 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 22:17:24
安価同じw

596 :デフォルトの名無しさん:2010/04/30(金) 22:30:57
側近マジ死ねよ消えてくれ。ウザい。

597 :デフォルトの名無しさん:2010/05/01(土) 01:29:47
int *cp = (int *)calloc(50, sizeof(int));
int *p[5][10];
for(int i = 0; i < 5; i++){
for(int j = 0; j < 10; j++){
p[i][j] = cp++;
}
}

*cpのデータは外部モジュールから受け取る2次元の情報で縦、横のサイズは決まっている。
ここではとりあえずcallocで代入。
2次元として加工したいのでポインタの二次元配列を宣言して「それぞれの要素にポインタを代入していく」。

「それぞれの要素にポインタを代入していく」操作が結構まどろっこしいように思えるのですが、もう少しスマートな方法はありますか?

598 :デフォルトの名無しさん:2010/05/01(土) 01:44:25
>>588
まったく思いつかない。
どうやったんだ?

599 :デフォルトの名無しさん:2010/05/01(土) 01:55:46
すみません、質問させてください
問題の箇所以外ははしょってますが

#define LINE_BUF 1024

main(){

int i;
int num;
char rf[LINE_BUF];

scanf("%d", &num);
fflush(stdin);

fgets(rf, LINE_BUF, stdin);



}
-------

残っている改行文字をfflushして、
次のfgetsにいきたいのですが、fgetsがそのまま飛んでしまいます

改行文字が入力ストリームに残っている、という状態なのかと思いますが
まずいと思われる箇所を指摘していただけると幸いです

600 :デフォルトの名無しさん:2010/05/01(土) 01:59:41
>>599
コンパイラによっては使えることもあるけど
fflush(stdin);
は未定義動作

601 :デフォルトの名無しさん:2010/05/01(土) 02:01:25
>>599
scanf("%d", &num);
fflush(stdin);

fgets(rf, LINE_BUF, stdin);
sscanf(rf, "%d", &num);

602 :デフォルトの名無しさん:2010/05/01(土) 02:03:13
なるほど、ありがとうございます
fflush関係のページをいろいろ見てみます
夜分遅くに、早いレス大変助かりました

603 :デフォルトの名無しさん:2010/05/01(土) 02:04:14
調べてわからなければ聞くようにしろよ

604 :デフォルトの名無しさん:2010/05/01(土) 02:06:58
>>601
これまた申し訳ございません
なるほど、こちらは一旦文字列をクッションに使う感じですね
こちらも後で試してみます
ありがとうございました

605 :デフォルトの名無しさん:2010/05/01(土) 02:21:37
>>603
fflush(stdin)

setbuf(stdin, NULL)
と変更することでちゃんと動いてくれました

>>601
こちらの方法でも無事確認出来ました

お二人ともどうもありがとうございました

606 :デフォルトの名無しさん:2010/05/01(土) 02:37:00
http://kansai2channeler.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/joyful/img/10582.txt
http://kansai2channeler.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/joyful/img/10583.c

上のテキストファイル(年別の平均気温などのデータ)の2列目のデータの小さいほうから順番に並べかえて、ファイルに出力するプログラムを作りたいのですがうまくいきません。
コンパイルは通るのですが、うまく作動しません
どこが違うんでしょうか?
なんかソートの部分がうまくいってない気がするのですが、よくわかりません
よろしくお願いします

607 :デフォルトの名無しさん:2010/05/01(土) 03:48:20
nが2重に使われているのと

for( n=0 ; n < number ; n++ ){
for( j=n+1 ; n < number ; j++ ){
の2行目はj < numberかと

608 :デフォルトの名無しさん:2010/05/01(土) 03:54:48
for( n=0 ; n < number ; n++ ){
// for( j=n+1 ; n < number ; j++ ){
for( j=n+1 ; j < number ; j++ ){

// for( n=0 ; n < number ; n++ ){
for( j=0 ; j < number ; j++ ){

609 :607:2010/05/01(土) 04:01:49
ああ、見直してみたらnは2重になってなかったや。。
整形せずに見たらごらんの有様だよ

610 :デフォルトの名無しさん:2010/05/01(土) 04:21:21
It's eight tabs.

611 :側近中の側近 ◆0351148456 :2010/05/01(土) 07:30:02
>>597
(っ´▽`)っ

for(int i = 0; i < 5; i++){
for(int j = 0; j < 10; j++){
p[i][j] = cp++;
}
}

の部分が、

memcpy(p, cp, sizeof(p));

でいけそうだが。どうだろう?

612 :側近中の側近 ◆0351148456 :2010/05/01(土) 07:35:27
(っ´▽`)っ
メモリ上の表現がpとcpで同じってところがポイントな。
どちらも、sizeof(int *)*50 バイト分、連続した領域が確保されている。

613 :デフォルトの名無しさん:2010/05/01(土) 07:40:54
何を代入してるかわかってない

614 :側近中の側近 ◆0351148456 :2010/05/01(土) 07:42:16
(っ´▽`)っ
cpとcを同じ共用体で定義すれば、コピーが不要になる。
union U
{
  int *cp;
  int *c[5][10];
};

615 :側近中の側近 ◆0351148456 :2010/05/01(土) 07:46:23
>>613
(っ´▽`)っ cpは実体の配列、cは各々のポインタの配列だったか・・・。
しにたい

616 :側近中の側近 ◆0351148456 :2010/05/01(土) 07:55:51
>>614
(っ´▽`)っ ダブルポインターにしないとね☆

union U
{
  int **cp;
  int *c[5][10];
};

617 :デフォルトの名無しさん:2010/05/01(土) 10:18:19
NG Name:側近中の側近 ◆0351148456

618 :デフォルトの名無しさん:2010/05/01(土) 10:20:22
ID出ないからコテなのはありがたいねw

619 :梓川水乃 ◆0351148456 :2010/05/01(土) 12:57:35
>>618
(っ´▽`)っ そうだね☆

620 :デフォルトの名無しさん:2010/05/01(土) 13:18:54
http://codepad.org/lVHSm6Xk
http://codepad.org/JhFT5Ged
http://codepad.org/KW2MGMGe
単純過ぎるくらい単純にしないと当方バカなので3日後に読めないのです


621 :606:2010/05/01(土) 15:07:07
指摘された部分を直したらファイルは出力されるようになったのですが、出力されたデータが
00000000000000000000000000000000000000みたいな感じになっちゃってます

622 :デフォルトの名無しさん:2010/05/01(土) 15:20:23
ちゃんと>>608の指摘した2箇所を直したか?
後半のはfprintfのループのところだぞ?

623 :597:2010/05/01(土) 15:28:27
>>616
それだと2重ポインタの方が0x00000000のままなので、
渡されるデータの位置アドレスと、配列の先頭アドレスとで共用してくれません。

私の例ではポインタの2次元配列にしていますが、2次元配列(ポインタではない)の先頭アドレス=渡されるデータの位置アドレス
となればそれが一番いいのですけど…

int hairetu[5][10];
int **p = hairetu;
これの逆バージョン…

int *p = (int *)0x********;
int a;
&a = p;
無茶ぶりですが配列無しでいえばこんな動作…やっぱり無理な気がしてきました。

624 :606:2010/05/01(土) 15:39:59
>>622
一つだけnがjに変わってませんでした
確認不足でした
無事に出力することができました
ありがとうございます

625 :デフォルトの名無しさん:2010/05/01(土) 15:50:06
>>623
やりたいことがいまいちわからない

こういうことかな?

union tag_hoge_t
{
int cp[50];
int c[5][10];
}hoge_t;

int *p=(int*)0x********;
hoge_t *q=(hoge_t*)p;

q->cp[10]==q->c[1][0];

============================================================
それともこうかな?

int *cp=(int*)0x********;
int (*c)[10]=(int*[10])cp;

c[1][1]==cp[11];

626 :デフォルトの名無しさん:2010/05/01(土) 16:03:45
>>625
訂正
int (*c)[10]=(int(*)[10])cp;

627 :597:2010/05/01(土) 16:20:26
>>625
ズバリそれです!!どちらでも理想の動作でした!
共用体のポインタもできるんですね。
後者は仕組みがよくわからないのでもう少し考えてみます。
後者の方がスマートで見た目がわかりやすいのでそちらを利用したいと思います。
以下に自分のやりたいことの完成形を載せておきます。
ありがとうございました!


union tag_hoge_t
{
int c[5][10];
};

int *p=(int*)0x********;
tag_hoge_t *q=(tag_hoge_t*)p;

if(q->c[1][0] == 10)…

============================================================

int *p=(int*)0x********;
int (*c)[5][10]=(int (*)[5][10])p;

if((*c)[1][0] == 10)…

628 :597:2010/05/01(土) 16:25:34
>>627
後者はポインタの配列ではなく、配列のポインタになっているんですね
勉強になりました!

629 :デフォルトの名無しさん:2010/05/01(土) 20:30:06
IMG 02691 JPG
http://www.seikei.or.jp/kakubu/rehabili/IMG_02691.JPG
私たちが当院の言語聴覚士です 宜しくお願いします
http://www.yushinkai.jp/hakodate/design/image/come/reha/Ststh.jpg
言語聴覚士を目指す高梨さん
http://www19.atpages.jp/imagelinkget/get.php?t=v&u=www.tokai-med.ac.jp/kagaku/gakka_st/images/real_photo1.jpg
理学療法士 作業療法士 言語聴覚士
http://www.ims.gr.jp/ohtafukushima/images/section/photo_section_05.jpg


630 :デフォルトの名無しさん:2010/05/02(日) 11:54:32
マクロ機能って標準Cに含まれるんですか?

631 :デフォルトの名無しさん:2010/05/02(日) 12:22:15
当然

632 :デフォルトの名無しさん:2010/05/02(日) 13:13:26
#include <stdio.h>

int main(void)
{
int a, b;

printf("キーボードから数値を入力してください");
printf("数値1を入力してください:"); scanf("%d", &a);
printf("数値2を入力してください:"); scanf("%d", &b);


printf("10割る3は、%d余り%dです。\n", a / b, a % b);

return (0);

}

8行目が違うっぽいんだけど、なんで?

633 :デフォルトの名無しさん:2010/05/02(日) 13:14:39
全角スペース

634 :デフォルトの名無しさん:2010/05/02(日) 13:15:19
printf("数値1を入力してください:"); scanf("%d", &a);
scanfの前が全角スペースになってる

635 :デフォルトの名無しさん:2010/05/02(日) 13:16:13
>printf("10割る3は、%d余り%dです。\n", a / b, a % b);
printf("%d割る%dは、%d余り%dです。\n", a, b, a / b, a % b);

636 :デフォルトの名無しさん:2010/05/02(日) 13:20:22
>>633-635
ありがとう!

637 :デフォルトの名無しさん:2010/05/02(日) 14:23:17
文字型の変数を初期化する時に、本のサンプルコードには

char ch = '\0'

って書いてあるんだけど、この\0ってエスケープシーケンスの「\xxx:8進数でxxxの文字コードを持つ文字」って解釈で良いんですかね?
xxxだから数字が3文字(例えばnullを表す場合は\000のように)じゃなきゃいけないと思ってたんだけど、
上の例みたいに数字1文字で表せる場合は省略しちゃっても良いんですか?

638 :デフォルトの名無しさん:2010/05/02(日) 14:51:10
君は最初から最後まで間違っている

639 :637:2010/05/02(日) 14:52:17
え・・・・何が間違っているのか指摘して頂けると助かるのですが・・・・

640 :デフォルトの名無しさん:2010/05/02(日) 15:04:43
'\000' で問題ないと思うけど、'\xxx'でも'\xx' '\x'でも。

641 :637:2010/05/02(日) 15:06:31
ああなるほど理解できました。ありがとうございました。
xxxっていうのは要するに一般化された時の便宜で3文字表記になってただけなんですね。

642 :デフォルトの名無しさん:2010/05/02(日) 15:07:38
なんで'\0'より先にエスケープシーケンスがどうこう言ってるんだろう

643 :デフォルトの名無しさん:2010/05/02(日) 15:12:58
たぶんさ 彼はポインタをNULLにしたがてる所と間違ってるとも生んだけど
厳密には\0とNULLはちげーよって言うエライ方のお話はとりあえず置いておいて

644 :637:2010/05/02(日) 15:15:50
>>642
このような表記のされ方で、既に読んだ部分に書いてある知識がエスケープシーケンスしかなかったのです・・・
本は結構親切な部類に入るんですけど、文字型変数を初期化する時の'\0'っていきなり出てきたので混乱してますorz
エスケープシーケンスじゃないんですか?

645 :デフォルトの名無しさん:2010/05/02(日) 15:19:47
'\0'なんて機械的にそういうもんだと覚えるほうが多いと思うんだが。

646 :デフォルトの名無しさん:2010/05/02(日) 17:58:39
>>644
\で始まる表記なので、エスケープシーケンスという解釈であってるよ。

647 :デフォルトの名無しさん:2010/05/02(日) 20:13:31
>>646
だね

648 :デフォルトの名無しさん:2010/05/02(日) 22:53:36
ダブルクォーテーションの出力ってどうすればいいのでしょう?
printf(""""); こんなことやっても出てこないので泣きそうです・・・

649 :デフォルトの名無しさん:2010/05/02(日) 22:55:06
>>648
"\"\""

650 :デフォルトの名無しさん:2010/05/02(日) 22:55:21
\"

651 :デフォルトの名無しさん:2010/05/02(日) 22:57:00
>>649
ありがとうございます!!

652 :デフォルトの名無しさん:2010/05/02(日) 23:49:47
646で思いっきりエスケーなんちゃらの話しがでてるのに
いきなりprintfでダブルコーテションどうやんの?とか釣りだろ

653 :デフォルトの名無しさん:2010/05/02(日) 23:54:14
>>652
頭の悪い奴だよなw

654 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 00:05:58
おれも似たようなこと聞いて良い??

行が長いときの行末に置く¥あるじゃないですか
行末は良いんだけど、数行になると、そこ数行だけ行頭から始まるのが嫌なんだけど
あれをインデントしても良い方法ってないすか?先生方よろしくお願いします

655 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 00:07:31
文字列の話です

656 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 00:11:45
>>654
一旦ダブルクォートを閉じればいい

char foo[]="ABC"
"DEFG"
"H";

657 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 00:44:22
ほんとうだ、先生ありがとう 

658 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 02:10:09
どういたしまして

659 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 16:19:16
C言語により記述された次の関数fがある。ここで、display()は
画面に1個の文字Aを書く手続きであるとする。
int f(int x){
display();
if(x==0)return 1;
if(x==1)return 3;
if(x==2)return 5;
return(f(x-1)+f(x-2)+f(x-3));
}
いま、f(x)を呼び出したとき、値105が返された。このf(x)が呼び出されてから
値を返すまでの間に、文字Aは画面にいくつ書かれたか。
1.43 2.44 3.45 4.46 5.47

すみませんが、このプログラムを文章に言い換えてもらえないでしょうか?

660 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 17:05:34
我輩はfである


661 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 17:10:58
>>659
下記の二式 f(x) および g(x) が与えられている

f(x)=f(x-1)+f(x-2)+f(x-3)
f(0)=1
f(1)=3
f(2)=5

g(x)=1+g(x-1)+g(x-2)+g(x-3)
g(0)=g(1)=g(2)=1

f(x)=105 であるとき g(x) はいくらになるか?

662 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 17:15:21
x>3の時、f(x)=f(x-1)+f(x-2)+f(x-3)
x<=3の時、
f(0)=1
f(1)=3
f(2)=5

だな

663 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 17:27:36
>>662
x≧3とx<3

664 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 18:08:57
宿題は宿題スレへ

665 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 19:51:51
「負の値が入力されるまで繰り返す」ってどうやるんだっけ?

666 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 19:54:47
入力値が0以上っていうのを継続条件にしましょう

667 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 19:55:47
なんで「どうやるんだっけ?」ってまるで以前は知ってたみたいな風に聞くの?

668 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 19:58:06
そういう設定なんです

669 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 19:58:32
痴呆症なんだろう

670 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 20:08:58
敵のスタンド攻撃で忘れちゃうんです

671 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 20:10:25
>>661>>662>>663
ありがとうございます

ところで
>g(x)=1+g(x-1)+g(x-2)+g(x-3)
>g(0)=g(1)=g(2)=1
はどこから出てきたんでしょうか?

672 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 20:13:12
f(x)一回につき文字を一個表示してるところからだろw

673 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 21:25:43
g(x) は表示回数を返す関数を定義してるだけ

x=0,1,2 の時は 1回書いて 抜ける: g(0)=g(1)=g(2)=1
それ以外では 1回書いた後、

674 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 21:26:58
途中送信してしまったが… (上略)
あとはわかるな

675 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 23:19:16
ポインタのサイズは4バイトの固定というのを見た事があるのですが、
64bitの場合でも同じですか?

676 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 23:21:17
別に固定じゃない

677 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 23:22:28
はい

678 :デフォルトの名無しさん:2010/05/03(月) 23:51:34
見た事はすべて忘れろ

679 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 00:05:48
この環境のこのコンパイラは4バイト固定です、みたいな所読んだんだろ
それはそれで忘れちゃダメだろ

680 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 00:14:20
intが16ビットの環境だとポインタも2バイトだったの?

681 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 00:15:45
>>675
8バイトだよ
main() {
printf("%u", sizeof(void*));
}

682 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 00:25:49
データーバスのビット数とアドレスバスのビット数が違う環境があってな
int 型は、おおよそデータバスのビット数にあわすことが多いが
ポインタは、おおよそアドレスバスのビット数にあわすことが多い

アドレスレジスタが単純に並ばない 変態的な環境もあったのさ:
16ビットレジスタx2 を使って 24ビット物理アドレス を指す。  

683 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 00:28:10
>>681
環境書かなきゃ全く意味無いよ

684 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 00:33:36
すぐ気付いたけどもういい

685 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 04:44:08
64ビット64ビットと偉そうに言ってるけどさ、
結局はいまだ1バイト8ビットじゃん。
そろそろ進化させないのか?
C言語の生まれたPDP-11でさえ10ビットあったのに。
俺に言わせりゃi7もPhenomも8ビットCPUだよ。
進歩してない。

686 :675:2010/05/04(火) 08:15:31
>>681
thx

687 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 09:09:35
>>685
確かに1バイトは8ビットだけど、いまどきワード以外のデータを
使うなんて貧乏人だけだよ
C言語のcharとかshortとか互換性のためだけに残ってるけど
富豪は常にintですよ。0か1のフラグ変数にもint使いますよ
しかもILP64ですよ

688 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 10:11:45
×貧乏人だけ
○キャッシュ効率のことが頭にないバカだけ

689 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 11:11:28
命令増やしてキャッシュ潰してりゃ世話ないな

690 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 11:33:45
文字もintなのか
すげぇな

691 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 12:54:31
>>680
8086でMS-DOSの頃
16ビット(64KB)の範囲しか扱わないモードと1MBアクセスできるモードがあって
使い分けていた。今でもfarとかnearという残骸を見ることあるでしょ?

692 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 14:19:06
>>691
WIndows95の頃Morland-C++5.0を買ったんだが、えらくぶ厚い
マニュアルが数冊入っていて、今では考えられない位に8086のアーキテクチャ
を詳しく解説してあった

Windows3.1もまだまだ現役だった頃なので、STRICTを使ったプログラミング
も非常に克明に書いてあって、今読み返すと「ああこの頃はまだコンパイラ
メーカはやる気があったんだなあ」と思わせる

693 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 14:20:17
ああビール飲んでるからかtypoした

×Morland-C++
○Borland-C++

昼間から酒飲めるのは今日までか・・・orz

694 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 15:35:54
Cの文法的に下の書き方は正しいのでしょうか?

unsigned short Value;
Value = ((unsigned short)('AB'));

コンパイルされたアセンブリソースを見ると期待通りの結果になっているのですが、
移植等を考慮した場合、この書き方は避けるべきなのでしょうか?

movw ax,#04142H

分野は組込で、コンパイラはNECのものですが、エラーも警告もなしで通ります。
ググってみたものの、'A'については記述があるものの、期待する記述には出会えませんでした。

どうか、よろしくお願い申し上げます。

695 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 16:02:52
文法上は問題なし。 意味は処理系依存。


696 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 16:05:45
JIS X3010:2003 6.4.4.4 文字定数 より
2文字以上を含む(例えば 'ab')又は1バイトの実行文字で表現できない文字若しくは逆斜線表記を含む単純文字定数の値は, 処理系定義とする。

697 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 16:23:26
bccでやったら4241になったw

698 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 16:24:34
>>695-696
ありがとうございました。
時間があるときにJIS X3010:2003をよく読んでみます。

699 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 19:08:56
>>697
志村、エンディアン!エンディアン!

700 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 19:11:45
fgets関数について質問です。
この関数はEOFに達するとNULLを返すとのことですが、

FILE *fp;
char str[8];

while(fgets(str, 8, fp)){
printf("%s",str);
}

とやってファイルの内容を出力していった場合、最後はEOFが来てNULLが
返るので、最後のprintf1回が実行されないような気がするのですが、
そうではないようです・・・。それとも1文字ずつ判定してそのたびにprintfを
実行しているのでしょうか?


701 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 19:16:50
fgets内部の実装にもよるが、普通はバッファに一文字でも
書き込んだ状況でEOFが来てもフラグを設定するだけで
NULLは返さず次回の同じFILE*にたいする呼び出し時に
NULLを返す設計が取られるんじゃないかと...
(標準仕様でもそれが期待されているようだし)

702 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 19:21:52
>>700
ファイルの終端に達している状態でfgets()を呼ぶとEOFを返す

703 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 19:22:50
>>700
意味を勘違いしてる
最後の文字までとりこむfgetsではNULLを返さず
その次のfgetsでNULLを返すの

704 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 19:25:39
>>701 >>702 >>703
ありがとうございます!
なるほど理解できました。

705 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 22:42:34

質問です。

#include <stdio.h>
#include <string.h>
void main(void)
{
char name[5];
int len;
do{
printf("お名前を入力して下さい\t");
scanf("%s",name);
len = strlen(name);
} while(len>5);
printf("\nあなたのお名前は %s です。\n", name);

}

これでname[5]の配列に30文字くらい打ち込んで終了させると、
OSのほうから終了時にエラーが出されます。

メモリに打ち込んだ文字が残ってるからだと聞いたことがあるのですが、
これらの記録を消去して、エラーを出さないようにするにはどういうことをすればよいのでしょうか。

706 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 22:50:24
最初からname[200]くらいとっておく。
200以上入力しようとするやつは知らん

707 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 22:56:16
それか可変長だな・・・。

708 :デフォルトの名無しさん:2010/05/04(火) 23:14:08
>>705
エラーがでるのはスタックに積んであるリターンアドレスをぶっこわしてるから

scanf("%4s",name);

とかやって、そもそも配列外にアクセスしないことが大事

709 :デフォルトの名無しさん:2010/05/06(木) 12:16:27
>>706
その考えは身を滅ぼす。gets()を使うくらい、下策。
どうせscanf()を使っているのだから>708が妥当。

710 :デフォルトの名無しさん:2010/05/06(木) 17:44:36
会社の研修の問題でもscanfは使わずにコーディングしなさい、だったぞ。

711 :デフォルトの名無しさん:2010/05/06(木) 17:51:47
>>710
だからなんだってんだよ・・・・・・・・・・・・・

712 :デフォルトの名無しさん:2010/05/06(木) 19:16:58
>>710
お前は何を言っているんだ

713 :デフォルトの名無しさん:2010/05/06(木) 19:21:55
         /  ( ●)(●) |  

714 :デフォルトの名無しさん:2010/05/06(木) 19:25:49
scanf は使わないのが常識だよ

715 :デフォルトの名無しさん:2010/05/06(木) 19:28:23
printfも使わないのが常識

716 :デフォルトの名無しさん:2010/05/06(木) 19:31:22
>>715
携帯開発部隊の方ですか?

717 :デフォルトの名無しさん:2010/05/06(木) 19:31:35
scanf 使いたいときは sscanf を使うのが鉄則

718 :705:2010/05/06(木) 21:19:16

バグ取れました。
次からはsscanfにすればいいのですね、ありがとうございました。

719 :デフォルトの名無しさん:2010/05/06(木) 22:04:51
>>715
printfの戻り値を毎回確認してからしゃべれ、クソが

720 :デフォルトの名無しさん:2010/05/07(金) 11:07:13
>>719
なにも考えずにつかっていたが、printfって戻り値があったのかw

721 :デフォルトの名無しさん:2010/05/07(金) 11:48:44
そりゃ関数だし

722 :デフォルトの名無しさん:2010/05/07(金) 11:51:02
voidだとおもってたわ。

723 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 00:42:00
質問します。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

char *input(void){
int i; char aaa[8]; int count =0; char *bb="";
printf("番号入力する");
scanf("%07s",aaa);
fflush(stdin);
while (aaa[count]){
count++;
}
for (i=0;i<count;i++){
*(bb+i)=aaa[i];
}
return(bb);
}
int main (void){
int i; char *p;
i=atoi(input()); printf("%d\n",i);
p=input(); printf("%s\n",p);
return(0);
}

これで実行してみると、printf("%s\n",p);で表示される文字の5桁目だけ、数字が入力時から+1された状態になります。
何故このようなことが起きるのでしょうか。
正しい表示にするにはどうすればよいのでしょうか?

724 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 01:17:34
わぁお、char *bb="";*(bb+i)=aaa[i];
とんでもないことしてくれてるな

725 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 01:20:10
スーパースマートコーディング

726 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 01:21:04
それ以前に変数名を何とかしろよw

727 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 01:44:32
>>723
何をしたいプログラムなのかわからないが、差し当たりの問題点を指摘する。

char *bb=""; は、コンパイラによっては書き込み不可領域に配置される場合があり、
実行時に落ちる気場合がある。

また、"" のみで初期化した場合、確保される領域は 2 バイトであるため、バッファ
オーバーフローを起こす可能性がある。

これらを防ぐには、malloc() でメモリ領域を動的に確保するか、main() 側でバッファ
を用意して input() に渡し、そこに入力結果を書き込むようにする。

なお、malloc() を使用する場合は必ず呼び出し側 (こごては main()) で戻り値を
記憶し、入力結果が不要になった時点で free() すべき。

728 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 02:52:30
その他の指摘。
・fflush(stdin)は環境依存なので避けた方がいい。
・数値入力用関数を作る積もりなら戻り値は整数の方が使い易くないか?
・scanf()の書式指定で'0'なんてあったか? printf()系の書式指定とは互換性がないと思った方がいい。
・returnは関数じゃないから括弧はつけない方がいい。まぁ、どうしても括弧つけたいなら止めないが。
・ポインタに対する単項の*演算子は厳格なコーディング規約では禁止される。意味的に等価なbb[i]を使うべき。
・演習目的なら止めないが、文字列のコピーは専用の標準関数を使うべき。

729 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 03:30:52
>>728
えっ
ってのが二つ三つ……

730 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 03:34:22
>>729
kwsk

731 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 04:18:26
えっ
ってのが全部なんだが……

>・fflush(stdin)
意図が分からないので書くべきコードでは無い

>・数値入力用関数
はてな

>・scanf()の書式指定で'0'なんてあったか?
あるといえばある

>書式指定とは互換性がない
何を今さら

>・returnは関数じゃない
何を今さら

>・ポインタに対する単項の*演算子は厳格なコーディング規約では禁止される
大変なところに迷い込んでしまいましたね、読みやすさを重視して時には間接参照しましょう
スワップ関数はマクロですか、memcpy()ですか、汎用ポインタですか

>文字列のコピーは専用の標準関数を使うべき
文字列のコピーをしようとしたわけでは無いかもしれない

といってみるテスト

732 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 04:27:54
>>731
何か勘違いしているようだから一言。
>>・ポインタに対する単項の*演算子は厳格なコーディング規約では禁止される
これは文字通り、*(p+i)と書かずにp[i]と書けということ。
厳格なコーディング規約ではこのほか、ポインタ演算も禁止される場合がある。

そうそう、scanf()の書式指定では'0'は特別な意味を持たないようだね。
単純に幅指定の一部と見做されるのかな。この辺りは仕様を読み直さないとなんとも言えない。

その他は趣旨が不明なので割愛。

733 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 09:28:17
>723

実行するとSegmentation faltでこけるよ。
色々おかしいところがありすぎて、何がしたいのかよくわかりません。

入力文字列を数値に変換したいように見えるが、atoi使ってイイなら
文字列をそのままつっこめばいいし、scanf使ってイイなら%d使えよ
という気がする。

ま、一番の問題は>724の指摘通り;
*(bb+i)=aaa[i];
だね。
bbは書き換え可能な有効な領域を指していない。

734 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 09:40:37
>732

「厳格なコーディング規約」ってのは何?

いずれにしても
・ポインタに対する単項の*演算子禁止
・ポインタ演算も禁止
っていうコーディング規約は賛同できない。

>これは文字通り、*(p+i)と書かずにp[i]と書けということ。
何が文字通りなのかわからんが、p[0]ではなく
*pと書くべきケースは、少なからずありますよ。

>ポインタ演算も禁止される場合がある。
揚げ足とるようですまないが、文法を厳格に解釈すれば、
p[i]は*(p + i)のシンタックスシュガーでしか無いので、これも禁止されるように
読めてしまう。こうなるとまともなコーディングは無理。

「厳格なコーディング規約」というからには、しょうもないつっこみを
受けないような、「厳格な」表現を使ってください。

735 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 09:42:36
>>734
知識不足は恥じゃないけどねぇ。
今出掛けるんで、あとで資料を提示するよ。

736 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 10:02:06
メモリ領域を確保したら動くようになりました。
ご指摘のとおり、数値文字のみを文字列型で入力させて
その文字列をメインで受け取る入力用関数を作れという演習目的の課題でした。
質問の仕方が悪くて混乱させてしまい、すみません。

ご指摘ありがとうございました。


737 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 10:12:45
宿題は宿題スレへ

738 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 12:43:57
読み込むテキストファイルには*.cと書いてあるのですが、
(仮引数で拾った文字列).cに置換する方法をご教授願えないでしょうか。
以下がソースです。
色々突っ込みどころがあると思いますが宜しくお願いします

#define LEN_MAX 256
int FileRewrite(char *proj_name)
{
FILE *fp;
char *search_p;
char replace_p;
char line_buff[LEN_MAX];
char tar_buff[LEN_MAX];
char rep_buff[LEN_MAX];
char source_name[LEN_MAX];

sprintf(source_name, "./%s/Source/%s.c", proj_name, proj_name);
if ((fp = fopen(source_name, "r+")) == NULL){
fprintf(stderr, "file open error...¥nexit status(-100)¥n");
exit(EXIT_FAILURE);
}
strcpy(tar_buff, "*.c");
while (fgets(line_buff, LEN_MAX, fp) != NULL) {
search_p = strstr(line_buff, tar_buff);
if (search_p != NULL) {
sprintf(rep_buff, "// %s.c¥n", proj_name);
rtn = fputs(rep_buff, search_p);
}
}
fclose(fp);
return (0);
}

739 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 12:57:08
>>738
ソースファイル内の *.c という文字列を全て置換するの?
ソースファイルのコメント中の *.c という文字列を全て置換するの?

740 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 13:02:17
>>739
ソースファイルのコメント中の *.c という文字列です。
紛らわしくて申し訳ないです。

*.cという文字列は読み込みファイルの中に1つしかないので全てでもアリだと思います。

741 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 15:16:52
>>734
ほい、一例を。
ttp://sec.ipa.go.jp/reports/20050523/coding_guide.pdf
こいつの14ページ目辺りにポインタ演算について書かれているよ。
但しこいつは、逆参照自体はNGとはしていないけれど。
まぁ少なくとも、糖衣構文を理由に双方を適合とはしないということは判ると思う。

742 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 15:29:10
>>740
Cでやるよりsedやawkでやった方が楽な気がするけど。
sed -e 's/\*\.c/proj.c/' source > destination
該当ファイルを検索する辺りから含めてシェルスクリプトで書けば管理も楽だろうし。

Cでやりたいなら、以下に注意。
--
・読み込みバッファと書き出しバッファの共有は無茶
仮令"r+"でオープンしても、読み込みと書き出しは混在できない。
1行読んだら読む前の場所まで巻き戻してから書けば書けなくはないが、
行の長さが長くなるので次の行(の先頭)を潰してしまう。
あれこれ気を遣うくらいなら、一旦別のファイルに書いた方がいい。
・「*.c」が含まれる行は本当にそのコメント形式だけなのか
例えば「// *.c (ここに重要なコメント)」のようになっていたら、
そのコメントを潰してしまうことになる。
そこに気を遣うくらいなら、「*.c」を置換するに留めるべき。
尚、置換処理自体はsprintf()で%*.*sを駆使すれば数行で書ける。

743 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 15:29:43
#include<stdio.h>
int main(void){printf("%[d]"[2+3-1])}
の計算cygwinでやったんですが、でてきません。
どこが間違ってるでしょう?
一〇進の計算です。4とでてきません
基礎すぎてすいません・・・

744 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 15:34:12
>>743
・コンパイルエラーが出る場合はエラーメッセージを貼りましょう。
・何か参考にした資料があるなら明記しましょう。

まぁ、突っ込みどころは山ほどあるけど正解を以下に。
--
#include <stdio.h>
int main()
{
printf("%d\n", 2 + 3 - 1);
return 0;
}
--
尚、空白・改行は適宜変更してもいいが、記号類は省略も追加もしないこと。

745 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 15:43:40
>>744
レスありがとうございます。
ですが
それでやってみたところ
chmod:missing operand after `755'
Try `chmod--help'' for more inormation.c
とでてきたんですが??
755ってなんですか?ずっと755がでるんですが

746 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 15:52:35
>>741
「ポインタに対する単項の*演算子禁止」なんて規約が存在する、
というのは嘘でしたってことでいいのね?

747 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 15:54:31
>>745
コマンドラインパラメータの不足
C言語関係なし
コンパイル方法(打ち込む文字)が間違ってる

748 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 15:56:26
>>745 いったい何を「やってみた」んだ?

749 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 15:59:58
>>745
エラーメッセージを貼るときはきちんと貼りましょう。
また、自分が何をやったらそうなったのか、必要ならコマンドラインのコピーも交えて説明しましょう。
まぁ、最早Cの問題じゃないことは>747の言う通り。
このまま続けたいならエスパースレへ。

750 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 16:00:40
やってみたとは、プログラムの実行です。
gcc(ファイル名>>744のソース)をするとerrorがでました。
コンパイルエラーというのはプログラムの中身にエラーがあるとき
出るのですよね?

751 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 16:02:28
chmodできないのはコンパイラか。
取り敢えず、コマンドラインを貼れないならソースファイル名を晒してみようか。

752 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 16:23:32
厳密に言うとコンパイラ本体じゃなくてコンパイラとリンカを呼び出すスクリプトがエラーを出してる
missing operandだからソースファイル名がちゃんと入力されていないか、
コンパイルエラーでオブジェクトが生成されなくてリンカの手前でエラーが出てるかだと思う

753 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 16:47:51
>>750
コンソールを全部引用しろよ
お前クラスの素人の場合、普通の人が想像もしないことを
やってるから、抜粋すると解決しない

だいたい勝手にchmodが動くわけないし、誰かの作ったMakefileを
流用してるとかで、どっかで起動してるんじゃねーの

754 :734:2010/05/08(土) 18:37:34
>732 >741

参照資料を見たけどさ、
「ポインタへの整数の加減算は使用せず、確保した領域への参照・代入は[]を用いる
配列形式で行う。」
としか書かれていないよ。
ポインタ演算禁止とは書かれておらず、丁寧に
「ポインタの演算を行う場合には、ポインタの指す範囲に気を付ける。」
と書いてある。

技術用語には「厳格な」定義があるので、勝手にねじ曲げないように。
>728で挙げている、あなたの感覚はおおむね間違っていないが、
理由付けからは、根本的な理解の甘さがかいま見える。
そのせいで、色々つっこまれている。

今回引っかかった表現は
×「ポインタに対する単項の*演算子は厳格なコーディング規約では禁止される。」
×「ポインタ演算も禁止される場合がある」


755 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 18:45:08
>750

すでにつっこみが入っているが、何をやっているのかさっぱりわからない。

>やってみたとは、プログラムの実行です。
>gcc(ファイル名>>744のソース)をするとerrorがでました。

2行目でやっていることはコンパイルであって、プログラムの実行では無いぞ。
コンパイル中にchmodが勝手に走るなんてことは無いと思うけど。

>コンパイルエラーというのはプログラムの中身にエラーがあるとき
>出るのですよね?
chmod:missing operand after `755'
Try `chmod--help'' for more inormation.c
これはコンパイルエラーではない。chmodのエラーで、引数が無い
という意味。なんでchmodが出てくるのか、想像できない。

コンソールをそのままコピペして貼り付けてみたら?
もっともCの問題ではないと思えるが。

756 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 19:42:10
>>755
すまん、弟に聞いたらできたよ。
gcc OOO.c

a.exe

で実行でできた、あなたが間違ってるとかじゃなかったから
ごめん。
また来るよ。


757 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 19:44:13
今人いるかな?質問させていただきます
char型の'1'をint型の1にしたいんですけど、テストしたら49になってしまう
どうやったらいいです?

758 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 19:45:17
48を引きます。

759 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 19:47:08
>>758
今VBでやってるんだが、
ほかのコンパイルでもそれで結果同じになるならいいんだがどうなんです?

760 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 19:47:49
コンパイラーでした間違えた

761 :>>757:2010/05/08(土) 19:57:04
ちなみにキャスト代入でやった
while文で、ひとつずつchar型の数字をint型にしたいんだがどうすればいいんだorz

762 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 20:07:34
ここはC言語スレです。
VBの質問ならVBスレへどうぞ。

763 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 20:08:23
VBでC言語やってるんだ
誤解させてすまぬ

764 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 20:20:39
>>761を読む限りではこんな感じ

int i, n[ 5 ];
char s[] = "12345";
for( i = 0; i < 5; ++i )
n[ i ] = s[ i ] - '0';

765 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 20:22:44
>>764
ありがとうございます!
あとでやってみます

766 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 20:25:44
>>761
char型の数字をint型に
int intsuji = charsuji - 48;

while文で、ひとつずつひとつずつ
何をしたいの?

767 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 20:29:30
>>766
char型に入ってる数字を一文字ずつint型にいれるっていうことを
配列でやってるんでなんか簡単にまとめられないものかとおもって;

768 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 21:05:44
>>767
やりたいことを具体的に書いた方がいいよ。

769 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 21:34:22
>>768
そうですね、あんまつたわらないしよくなかったとおもいます
こんどからそうします;
>>764
そのやり方でできました。ありがとうございます。

770 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 22:39:41
#include <stdio.h>

int main(void)
{
printf( "%d - %X + %o = %d\n", 398, 1FB , 327 ,398-1FB+37 );

return 0;
}
これどこが間違ってますか?cygwinでこれを実行したら前のプログラミングがでました。
間違えたプログラミングだと実行したら前やった実行がそのまま出るっぽいです。



771 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 22:41:39
>>770
1FB じゃなくて 0x1FB じゃないの?

772 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 22:47:54
レス早い、本当助かる。
なぜ0xをつけるんですか??!??!

あと質問ですが何故int main()っているんですか?
printfだけじゃだめなんですか?ただの数値計算なんですが・・・


773 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 22:48:45
すげぇww
できたwww0xつけたらできた。涙出てきたわ。ほんまありがとう
また来るよ。

774 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 22:50:01
二度と来るな

775 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 23:23:23
ひでぇ・・・w
1FBって16進だろ
16進ってことを表すのが0x

c言語はint main()っていれなきゃいけない
これは関数だからc言語は関数型言語

776 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 23:24:37
>>775
手続き型言語じゃないの

777 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 23:42:42
最初よくわからなかったものが
わかるとなんでわからなかったのかわからなくなる

778 :デフォルトの名無しさん:2010/05/08(土) 23:51:21
>>775
えっ

779 :デフォルトの名無しさん:2010/05/09(日) 00:09:04
18禁ゲームからエロシーン削除して家庭用に移植というくだらない事、最初にやったアホがいると聞いて

780 :デフォルトの名無しさん:2010/05/09(日) 00:10:49
C言語では、プログラムがどこから始まるか、ちゃんと書かなきゃいけないルール。それがmain()
C言語を発明した人がそう決めた。

ほかの言語だとファイルの先頭からいきなり始まるやつもあるし、そういうわけわかんないルールを
覚えるのも含めてプログラミングの勉強だから。

781 :デフォルトの名無しさん:2010/05/09(日) 00:50:35
JavaやC#よりはマシだな

782 :デフォルトの名無しさん:2010/05/09(日) 07:49:11
entry は結局日の目を見なかったね

783 :デフォルトの名無しさん:2010/05/09(日) 12:11:22
mainってただの慣習じゃないの

784 :デフォルトの名無しさん:2010/05/09(日) 12:21:32
>>783 ちがうよ。規格で定められている関数だよ。

785 :デフォルトの名無しさん:2010/05/09(日) 12:38:36
え?そうなの?
じゃぁWinMain使うときはどういう扱いなの?

786 :デフォルトの名無しさん:2010/05/09(日) 12:43:57
単なるコンパイラの独自拡張

787 :デフォルトの名無しさん:2010/05/09(日) 12:56:59
>>785
規格ではフリースタンディング環境に分類される
OS はないことになっているので、あくまで利用者定義ライブラリという位置づけ

788 :デフォルトの名無しさん:2010/05/09(日) 13:00:50
>>786,787
ありがとうございました


789 :デフォルトの名無しさん:2010/05/09(日) 15:54:38
質問します。
#include <iostream>
using namespace std;
static char *plus(char *fp_c, char *fp_c2);

int main()
{ char buf[]="ab,cde,fghi",buf2[100];
char *fp_c,*fp_c2;

fp_c=buf;
fp_c2=buf;

fp_c2=fp_c2+2;
*fp_c2=0x00;
strcpy(buf2,fp_c);
cout << buf2 << '\n';

fp_c,fp_c2= plus(fp_c,fp_c2);

fp_c2=fp_c2+3;
*fp_c2=0x00;
strcpy(buf2,fp_c);
cout << buf2 << '\n';
return 0;}

char *plus(char *fp_c, char *fp_c2){
return fp_c2++; //1進める
return fp_c=fp_c2;}
関数plusの中でポインタを1進める物を作ろうとしたのですが
実行すると、関数の中に入ってないのか、先頭のポインタに戻っているのか
上手くいきません。上手く関数を使いポインタを進めるにはどうしたらよいのでしょう?

790 :デフォルトの名無しさん:2010/05/09(日) 16:33:21
警告、いや、エラーも出ると思うが、また、お笑いコードを書くなよ
っていうかスレチ

791 :デフォルトの名無しさん:2010/05/09(日) 21:45:19
皆さんの知恵をお貸しください

今度学校の授業でモジュラス10ウェイト3のC言語のソースを書くことになったのですが、どのように入力した
数値を使ってチェックコードを導くのか苦戦しています。

どのような方法で考えればいいか教えてください。

792 :デフォルトの名無しさん:2010/05/09(日) 21:46:15
>>791 宿題スレ池。

793 :デフォルトの名無しさん:2010/05/09(日) 22:31:02
日本語で

794 :デフォルトの名無しさん:2010/05/09(日) 22:36:40
>>791
scanfで数値を取得して、後は粛々と計算で終了では?
何を苦戦しているのか全くわからない。

795 :デフォルトの名無しさん:2010/05/09(日) 23:24:40
質問です。
すでに入力されている文字列"12345678"があるとして、 "1234"だけを表示させて後は表示させないにはどうすればよいのでしょうか。
%cで一つずつ表示しか思いつかなかったのですが、よい方法はありますか?

796 :デフォルトの名無しさん:2010/05/09(日) 23:34:49
>>795
#include<stdio.h>

int main(void)
{
char buf[256]="12345678";

printf("%.4s", buf);
return 0;
}

797 :デフォルトの名無しさん:2010/05/09(日) 23:34:54
printf("%.4s", "12345678");

798 :デフォルトの名無しさん:2010/05/09(日) 23:35:08
5の部分を\0に書き換える

799 :795:2010/05/10(月) 01:51:59
素早い回答有り難う御座いました。

800 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 02:29:34
Cの勉強初めて数日の者ですが質問です

#include<stdio.h>

main(){
char a,b;
scanf("%c",&a);
printf("%c",a);
scanf("%c",&b);
printf("%c",b);

return 0;
}

これを実効すると
一つ目の文字を入力した時点で終了してしまうのですが何故でしょうか?

801 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 02:35:40
コンピューターの機嫌が悪い

802 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 02:44:29
>>800
例えば、プログラムを実行して
1[改行]
と入力した場合、入力内容は
'1\n'
となる。
よって、2つめのscanf()が実行された時点で、未読込の文字'\n'があるので、
2つめのscanf()は、更なる入力を待たず b に '\n' を代入してすぐ返る。
よって一つ目の文字を入力した時点で終了してしまうように見える。

803 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 02:48:42
>>802
なるほど
納得しました
ありがとうございました

804 :795:2010/05/10(月) 02:57:13
お早い回答ありがとうございました。

805 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 12:01:15
getchar()やscanf()のような文字単位処理関数と端末エミュレータの一行編集とが相性悪いんだよな。
その点だけはGUIの方が初心者には判り易いと思うんだが。
# 尤も、そこに辿り着くまでの長い道程がGUIの最大の欠点なわけで……

入門書ではscanf()やgetchar()を使わず、全部コマンドラインオプションでやる方がシンプルに説明できるんじゃないか?
# そうすると、今度はコマンドインタプリタの余計なお世話を回避することを学ばないとならなくはなるけれど。

806 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 14:07:23
>>805
コマンドラインオプション?
コマンドインタプリタ?

意味が通じてない。えらそうなこという前に正しい用語ぐらい覚えておけ。

807 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 14:47:07
>>806
コマンドライン引き数、コマンドラインインタプリタと言えばご満足?

808 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 14:48:53
つーか、>805が偉そうだと思えるほど、>806は自信の知識の足りなさを実感しているのだろうな。

809 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 15:01:20
えらそうな人は実際えらい

810 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 15:02:27
原始UIと入出力はプログラミングの基本だろ
それ無しでどうやって入門するんだよ

811 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 15:24:39
scanfなんて最初の勉強以外で使ったこと無いな

812 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 17:09:08
>>806 も少しうざいけど、
>>805 の発言こそ「えっ」なんだが。

813 :JaneDoeの抽出って便利だな:2010/05/10(月) 17:15:50
なんで>729とか>731とか>778とか>812って、その「えっ」の内容を書かないんだろうな。
余程自信がないんだろうか。

814 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 17:40:16
>>813
書かなくても普通にわかるだろwwww
お前が書いた本人なの?添削して欲しいの?



815 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 18:05:54
>>805
まじで何が言いたいのかさっぱりわからん。

>>807
それならますます意味が通じなくなる。
国語の成績が最低だったことだけはわかる。

816 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 18:26:16
おれが訳してやろう

getchar()やscanf()ってコマンドラインから入力とかに素直に使えないよな
だから初心者はGUIのほうがいいんだろうけど、GUIはやりたいことやるまでのおまじないの解説とかが多いしな

いっそコマンドラインのやつはパラメータを全部引数にしちゃって渡すとかが入門にはいいかな
でも、それだと引数の解釈のところがめんどくなるだけか

みたいな話だと思う、要は、えらそうにアレにもこれにも文句つけてるけど特に建設的な意見はない人だ
国語の成績はよかったと思うよ、大した事言ってないのにえらそうにするやりかたとかさ
でも、人に説明とかは苦手(で、通じなくて相手を馬鹿にして非難)な人だろうな

817 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 18:49:06
>>816
翻訳ありがとー
彼の言ってる内容はわかったが、その内容に意味がないこともよくわかったわw

818 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 18:50:43
研修でscanf()の使用を禁じられていたので。

819 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 19:08:53
同じ言葉を2回続けるとニュアンスが正反対になるよ!ふしぎ!


はい
はいはい

820 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 19:19:05
>>815
それはお前が低脳だからだよ
高脳なら低脳の書いたよくわからん文でも理解できるが、
低脳はさっぱりわからんで終わり。
俺も低脳だから>>805はよく分らんがな
>>817
周りは普通脳以上は、やれやれ低脳にはこんなことまでしてやらないと理解できないのか
低脳は大変だな、これじゃ仕事でも手間かかるなだろな。

821 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 19:38:52
>>805 の言いたいことは解るけど、
「相性が悪い」という点に同意できないんだよ。

822 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 19:50:03
>>821
それはお前が低脳だからだよ

823 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 23:12:00
仕方ない。俺が >>805 を翻訳してやろう
-- 
 >>getchar()やscanf()のような文字単位処理関数と端末エミュレータの一行編集とが相性悪いんだよな。 

 getchar()とかscanf()のような標準入力からデータを受け取る関数は、
 echo offにしてないと出力と入力のechoが混ざって相性悪いんだよな。

 >>その点だけはGUIの方が初心者には判り易いと思うんだが。 
 >># 尤も、そこに辿り着くまでの長い道程がGUIの最大の欠点なわけで…… 

 その点GUIはそういうToLoveるが無いので初心者も安心。
 もっともGUIアプリを作るなんて、初心者には果てしなき道のりなわけで…… 

824 :デフォルトの名無しさん:2010/05/10(月) 23:41:00
getchar()はいいだろ。
素直にストリームの動作のイメージを反映してるし。


825 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 00:05:25
問題は、行内編集ができるから一文字ずつ入力するのに向かないってことでしょ。
getchar()で一文字入力しようとして「なぜか先に進む」類の罠に嵌まる質問が後を絶たないからね。

826 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 01:35:25
だから、単におまえの望む動作になってないってだけで全然相性は悪くないだろ。
ついでに言うと、1行編集は端末エミュレーターの機能じゃねえよ。
無知をさらしてるってことに早く気付けよ。

827 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 02:08:52
ファイルを分割するプログラムで疑問に思った点があります
質問させていただきます

fseek(fp, 0, SEEK_END)
ftell(fp)

としてサイズを取得した場合
今の自分の目的としているものが 195768 バイトのファイルなので
値としても 195768 とでてきます
しかし、

fseek(fp, 0, SEEK_SET)
ftell(fp)

として見てみると、この値は 0 とでてきます
ファイルポインタを先頭に置いているときは、
ftellの結果は 1 と出てくるのが妥当ではないかと感じるのですが
(fseek(fp, 195768, SEEK_SET) と
 fseek(fp, 0, SEEK_END)
が一致するなら、データが 195769 個あるように思うため)
先頭、あるいは末尾がopenしたファイルのデータとは異なる
特殊なものになっているのでしょうか?

分かりにくいかと思いますが、上手く説明できず申し訳ないです

828 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 02:12:16
>>827 fseek(fp, 0, SEEK_END) のあとに fgetc(fp) してデータが取れるかな?

829 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 02:13:34
>>827
0バイトのファイルで考えてみて

830 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 02:14:18
>>827
char file[195768] に対する添え字と同じ。
fseek(fp, 0, SEEK_END) は &file[195768] ってこと。

831 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 02:15:19
うほ、なにやら沢山ありがとうございます
付けてもらったレスみて考えてみます
感謝

832 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 02:28:37
みなさまのおかげで修正したプログラムも無事動きました
ありがとうございます

833 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 02:39:06
>>827
> ファイルポインタを先頭に置いているときは、
> ftellの結果は 1 と出てくるのが妥当ではないかと感じるのですが

ファイルアドレスは 0 から始まるので、ファイルポインタが先頭、つまり
0 バイト目にある時は ftell() の結果は 0 と出るのが妥当です。
ファイルサイズ 0 の場合に fseek(fp, 0, SEEK_END) した時、ftell() が 1 を
返すのは妥当ではないと感じませんか?
ファイルサイズ 1 の場合に fseek(fp, 0, SEEK_END) した時、ftell() が 2 を
返すのは妥当ではないと感じませんか?

> fseek(fp, 195768, SEEK_SET) と
>  fseek(fp, 0, SEEK_END)
> が一致するなら、データが 195769 個あるように思うため)

いきなり 195768 のように大きなアドレスを扱うから混乱します。
まずファイルサイズ 0 の場合を考えてみてください。
fseek(fp, 0, SEEK_SET) ないし fseek(fp, 0, SEEK_END) をしてもファイル
ポインタは先頭、つまり 0 バイト目を指したままですが、そこに 1 個目の
データが存在すると思いますか?
いいえ、存在しません。

同様に、ファイルサイズ 195768 の場合、fseek(fp, 195768, SEEK_SET)
ないし fseek(fp, 0, SEEK_END) をしてもファイルポインタは 195768 バイト
目を指しますが、そこに 195769 個目のデータが存在すると思いますか?
ファイルサイズ 195768 なのに、最後の 1 バイトのデータはどこから来る
のでしょう?
いいえ、どこからも来ません。データは 195768 個しかありません。

ファイルポインタが指している場所に必ずしもデータが存在するとは限り
ません。

834 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 03:45:02
コンソールに計算式(例:34+4)を入力して演算結果を出力するプログラムを作っています。
作ってみたのですが、足し算しかうまくいきません。
どこが違ってるのかよくわからないのでアドバイスください。

http://kansai2channeler.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/joyful/img/10592.c


835 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 04:07:50
>>834
if(p!=NULL){
b = atoi(p + 1);
printf("%d + %d = %d\n", a,b,a+b);
} else if(q!=NULL) {
c = atoi(q + 1);
printf("%d - %d = %d\n", a,c,a-c);
} else if(r!=NULL){
d = atoi(r + 1);
printf("%d * %d = %d\n", a,d,a*d);
} else if(s!=NULL){
e = atoi(s + 1);
printf("%d / %d = %d\n", a,e,a/e);
}

836 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 04:38:18
なんでb, c, d, eを分けてるの?
ch1, ch2, ch3, ch4は何の意味があるの?

837 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 12:15:32
>>834
それ以前に
文字列の初期化なし
入力妥当性チェックなし

838 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 12:29:04
>文字列の初期化なし
ってなんの話?

839 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 12:30:49
空の文字列入れるとか、memsetで埋めるとかしないと
何にも入ってない不定の状態での格納は危険じゃないかと。
あと、ch1〜ch4に入れるときのキャストがなんか気持ち悪い。

840 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 12:37:33
>>839
>何にも入ってない不定の状態での格納は危険じゃないかと。
どんな危険があるのですか?


841 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 13:12:06
0でターミネートし忘れた場合とかぬかすんだろどうせw

842 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 14:29:03
至急!!!!

任意個数の整数を標準入力(キーボード)から入力し、
入力された整数の個数
平均値(小数点以下 1 桁まで表示)
最大値
最小値
を標準出力(ディスプレイ)に表示するプログラムがわかりません。


843 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 14:29:52
ただし、9999が入力されたら入力を終了するものとし、9999は入力個数、平均値、最
大値、最小値には含めない。
また、最初に9999が入力された場合には、入力個数=0、平均値=0.0、最大値=0、
最小値=0が出力されるようにする。


844 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 14:37:52
>>842
わかりました!!!!

845 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 14:55:29
>>834
NULLだろうけど変数が多いね。
http://kansai2channeler.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/joyful/img/10593.txt
やりたいのはこういうこと?

846 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 15:01:03
>>842
まず、入力がなくなるまでループ
最初の1個目を最大値、最小値とみなす
2個目以降は最大、最小を調べる
合計値に順次足していってループ回数もメモっておく
ループ抜けたら最大値、最小値、平均値を出力しておわり

847 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 15:03:30
小数点一桁目まで出すのなら %.1f だっけ?

848 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 15:04:59
>>846
それができないから聞いてるんですけど・・・

849 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 15:27:07
>>484
なぜ出来ないか詳しく。
制限のためか、それともC言語を書けない為か?

850 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 15:35:03
ここまで書いたけど・・・とソース晒すとか、何がわからないのかを具体的・端的に説明するとかしない奴は
プログラムを自分で書く気はない。
宿題スレへ。

851 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 15:36:27
宿題スレどこ?w

852 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 15:48:34
死ぬがよい

853 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 16:44:46
課題で出たんですが
アルファベット1文字と整数型の数値 n を読み込んで,その文字の n 文字後の文字を表示するプログラムを書きなさい
とはどういうことでしょうか?アルファベットとは数値のことですか?全体的に問題の意味が
わからないんですが・・・

854 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 16:53:55
>>853
アルファベット1文字・・・A-Z a-z
整数型の数値n・・・0-99999999...

A + 0 = A
A + 1 = B
A + 2 = C ...

855 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 16:56:56
はぁ?アルファベットはアルファベットだろうが
つかCの話でもなんでもないじゃん

たとえば

a5 なら a から5番目→g
f3なら fから3番目→i
D1なら E ってことだろ

もらった文字に数字足して、zをこえるならAに残ったぶんを足すんじゃね?




856 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 16:59:21
a5 なら a から5番目→f だったwww
zまで行ったらAにもどるのめんどいなら
「そこに文字はないです」って言って再入力させるとか

857 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 17:40:08
うん?よくわかりません、アルファベットってのは数字に値するんですか?
どういう数え方ですか?アルファベットにアルファベットを足したら?
このプログラムの方法もよくわかりません。頭悪くてすいません・・・一応
今日も徹夜・・

858 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 17:49:22
>>857
アルファベットの文字コードのことなんだけどね。

char c = 'A';

という構文はわかる?
そして

c = c +1;
putchar(c);

とすると画面には B と表示されるんだけど・・・

859 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 18:03:43
>>857

アスキーコードでググれ
どのアルファベットがどの数字に割り当たってるのかわかるし
順番に並んでるのを見れば理解も早い

860 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 18:08:33
いろいろな操作を行って、例えばABCD\0が入っている文字配列Z[5]を
空にする(宣言直後の状態に戻す)方法はありますか?
例えばループ中で代入しようとするとエラーを吐いてしまいます。

まだかなり初心者だと思いますが、よろしくお願いします。

861 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 18:13:04
>>860
とりあえず、君が書いたコードを貼れよ

あと宣言直後は空でなく、デタラメな文字が入ってるよ。

862 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 18:28:58
>>860
memset( Z, 0x00, sizeof( Z ) );

863 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 18:29:58
>>860
for(i=0;i<=5;i++)としてないかな?
添え字は0から始まるので要素数5の場合は
for(i=0;i<5;i++)として0〜4の範囲を指定せねばいかんよ。

初期化の方法は
Cならmemset
WinAPIならZeroMemory
C++ならstd::fill
使い回さずにその都度宣言した方がいいと思う


864 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 18:31:35
宣言直後に入っている文字列を別の配列にコピーしておいてあとでコピーしなおせばいいんじゃないの?何がしたいのか分からんが。

865 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 18:39:44
>>860
*z = '\0';

866 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 20:21:33
>>865
君は C プログラマには向いてないから
BASIC 等をやったほうが良いんじゃないかな。

867 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 20:57:13
>>866
なんだって

868 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 22:16:02
シューティングゲーム作ってるんですが、int型とdouble型では
どちらのほうが計算速度が速いですか?

869 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 22:17:23
double型。

870 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 22:21:20
>>869
ありがとう!

871 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 22:22:40
んなわけないだろ。

872 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 23:03:44
いやdouble型早いから

873 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 23:16:39
今時のCPUならほとんど変わらない、まぁ、実測が基本
intからdoubleとかdoubleからintへの変換が多くあると急激に遅くなる
がんばって、固定小数にしてもそれほど早くもならなかったので、浮動小数でいいやとなった
これ以上速くしようと思ったらアルゴリズム改良するかGPUに支援してもらうか、はぁ

874 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 23:44:15
VIA の CPU なら整数演算でないと激遅

875 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 23:48:05
浮動小数点型はCPUによって微妙に数値誤差の出方が変わるので
リプレイ機能と相性が悪い聞く事がある
同じIntel系同士でもそうなるのかは俺は知らない

876 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 23:49:50
使う命令を切り替える実装を使うな

877 :デフォルトの名無しさん:2010/05/11(火) 23:56:58
アセンブラでCPUの拡張命令(SSEとか3D Now!!)を叩くしかない。

878 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 00:11:57
WINAPIのwsprintfでは実数が扱えなかったので、
sprintfを使いました。
そこからWINAPIのTextOut等で、ウィンドウに文字を表示したいのですが、
char *型からLPCWSTRへの変換が出来ないのでエラーになります。
何かいい方法ありませんか?



879 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 00:22:21
mbstowcsって言えばいいのかな?

880 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 00:41:05
>>858
char型って整数の範囲決まってませんでした?じゃぁnが大きいと
計算できないんじゃ?Aは65ってこと?
プログラムにはアルファベットとnを入力させるように作るのですか?・・
初心者に見せかけて相当理解力が弱いんで優しくしてください・・
まじわからんww

881 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 00:47:53
文字コードってのがあんだよ。
コンピューターは01しか理解できないから文字も01に変換して処理させてるわけ。

882 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 00:54:44
>>878
tchar.hをインクルードして_stprintf使え。
これでcharではなく、Windows APIのTCHARが使える(正確には、ちと違うが)。

883 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 00:55:21
>>878
TextOutA()

884 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 00:56:04
ASCIIコード表を見るといいと思うよ。

885 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 00:56:55
>>881
文字コードは01じゃないけどな。

886 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 01:00:07
2進数に直したら全部01だろ馬鹿か

887 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 01:00:51
直すからだろw

888 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 01:01:49
>>1
山手線符号化したら、全部駅名だろwwアホww

889 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 01:32:15
>>888
もしよろしければどこへの誤爆かおしえていただきたいのですがいかがですかね

890 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 01:41:51
>>882
TCHAR の意味解ってないだろ。

>>884
ASCII とは限らないだろ。

891 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 01:49:13
TCHAR?
ティーチャーって先生って意味ですよね。


892 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 07:40:39
>>880
文字コードの文字のところ一部抜粋。
#include <stdio.h>
int main(void)
{
int i;
for (i=61;i<123;i++)
{
printf("%c(%3d) ",i,i);
if((!(i%10))||(i==122))printf("\n");
}
return 0;
}

893 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 08:03:20
>>882
_stprintfから、swprintfの存在を知り、問題なく実数でも扱えて
処理できました。

ありがとう!

894 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 08:31:06
文字コード云々じゃなくてさ、問題の意味がわからないって質問だろ?
アルファベットにアルファベットを足すとか言ってるし、「整数 n」←このnをアルファベットだと思ってるんじゃないの?
入力されたアルファベットにnというアルファベットを足すってどういう意味って聞いてるんじゃないの?

895 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 08:58:14
初心者質問していい?

896 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 09:02:10
だめ

897 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 09:51:53
>>895
どうぞ。

>>894
>「整数 n」←このnをアルファベットだと思ってるんじゃないの?
その発想はなかったw

898 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 12:11:13
どうも元質問者は VBからの移行なのか variant型 が当然のようで

 変数 a に 文字の '1' を与える
 → 整数演算の時 値として 1 に評価される

という思考から抜け出せないでいるようだ

899 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 13:46:27
PHPとかその辺混乱しまくりw

900 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 15:29:52
いつの話してんだ

901 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 18:57:08
VC++2008を使っています.
画像を入れる配列を3つに増やそうとすると
'System.StackOverflowException' のハンドルされていない例外が ○○.exe で発生しました。
とエラーがでてしまいます.少し調べたところ,unsigned charしすぎて回帰の回数が増えたためなのかと思ったんですが,どうしても配列を3つ以上使いたいのですがあきらめるしかないのでしょうか?
以下エラーの原因と思われるソースの一部です.(main.cpp)
FILE *fp;
unsigned char header[54];
unsigned char screen[400][300][3];//読み込み用
unsigned char screenB[400][300][3];//保存用
unsigned char screenG[400][300][3];//保存用  //ここをコメントアウトしたらエラー消える
//unsigned char screenR[400][300][3];//保存用

/* 画像サイズ */
int yl=400;//y_long //呼び出し履歴によるとここでデバッグが止まる
int xl=300;//x_long

/* ファイルから読む */
fp=fopen("test.bmp","rb"); /* Windowsビットマップ形式 400*300ピクセル,24ビットカラー */
fread(header,1,54,fp); /* ヘッダ(54バイト)を飛ばす */
fread(screen,1,yl*xl*3,fp); /* 残りはデータ(最下行から順に入る) */
//fread(screenB,1,yl*xl*3,fp);
fclose(fp);


902 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 19:01:11
スタックがあふれるならヒープに取ればいいじゃない、ということで、
mallocとか使って動的にメモリを確保するんです。
多分その段階だとポインタになれてないだろうから、がんばれ、とエールを。

903 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 19:05:58
取り敢えず、スタックの割り当てを増やすのも手かと。

904 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 19:09:29
適当にテストするならグローバルにすればよころう。

905 :901:2010/05/12(水) 19:13:58
>>902
ありがとうございます.
もう一度調べなおしてみます.

906 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 20:06:33
>>901
>editbin /stack:1000000
とかやっとけば OK

907 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 20:38:04
>>906
なんでそんなひどいこというの?

908 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 21:43:28
>>894
質問したものですが
さすがにそれはないです。このスレでも意見分かれてませんか?
nをたくさんたすとzまでいってまたaに戻るとか。
アルファベトに数値をたすって意味が分からないんですよ。
たとえばAに1000足したら?
Aとはそもそも何か、16進数の10番目のやつか、何ちゃら
規格とかのコードなのか。それが分かりません

909 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 21:50:49
てst

910 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 21:55:19
>>908
> アルファベトに数値をたすって意味が分からないんですよ。
'A' は0x41や65の別表現でしかない。('A'==0x41==65)
全て内部的にはただの数値。
'A'+1==0x42==66=='B'


911 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 21:55:20
アルファベットに数字を足す問題ですが、
クラスの友達に聞いて解決しました。
ここの人たちは理解力がなさすぎだと思います

912 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 21:56:26
>>908
'a'+1='b'
これならわかる?

913 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 21:57:59
>>908
http://ja.wikipedia.org/wiki/ASCII

ここを読めば文字「A」が65に対応してることがわかるとおもうよ。

914 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 22:01:28
まぁ、普通はアルファベットに数値を足すと聞いたらアルファベットを並べて何文字か後のことだ。なんて思わない罠。

915 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 22:58:04
C言語初心者です。入力した整数の数だけ*を表示したいんですが、
エラー続きです。どこをどう直せばいいか教えて下さい。

#include <stdio.h>
int f(int);

int main(void)
{
int no;
printf("整数を入力:");
scanf("%d",&no);
return 0;
}

void(int n)
{
while (n-->0)
putchar('*');
putchar('\n');
}


916 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 23:01:23
#include <stdio.h>
int f(int);

int main(void)
{
int no;
printf("整数を入力:");
scanf("%d",&no);
func(no);     //☆
return 0;
}

void func(int n)  //☆
{
while (n-->0)
putchar('*');
putchar('\n');
}


917 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 23:02:57
×func
○f

918 :デフォルトの名無しさん:2010/05/12(水) 23:37:56
プロトタイプ宣言と定義で戻り値の型が喰い違っている。

919 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 01:18:41
>>915
#include <stdio.h>
#include <ctype.h>

/* function prototype */
void disp_char( int );

int main( void )
{
 char no;
 printf( "整数を入力してください:" );
 scanf( "%c", &no );

 if( isdigit( no ) == 0 ) {
  printf( "Error:数値以外の文字が入力されました\n" );
 } else {
  disp_char( no - '0' );
 }
  return 0;
}

void disp_char( int t )
{
 int i;
 char c = '*';

 for( i = 1; i <= t; i++ ) {
  printf( "%c", c );
 }
 printf( "\n" );
}

920 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 02:30:42
>>908
もっと単純に考えたら?
Aの次のアルファベットって何?って聞かれたら困るのかな。そういうレベルよ。
Hの3つ前のアルファベットは?

で、zの次は何?って聞かれた時に、
・ないわー
・最初に戻ってa
・小文字終わったからA
とするか、そこは問題に明記されてないから、あなたが決めなきゃならないという話

921 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 02:31:23
解決してタワーorz

922 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 03:55:38
成りすましにマジレスしなくてもw

923 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 09:44:49
Cでプログラム組んでます。
ファイルの扱い方で質問があります。

fopen、fread、fwrite、fseek、fclose
でファイルの読み込みや書き込みを行っているのですが
あるファイルを読み書き可能状態でfopenして
10バイトfwiteしたあと、fcloseせずに
書いたデータをファイルの最後から1バイトずつfseekして
freadして、その1バイトが特定の条件に一致した場合に
そこまで読み込んだデータを破棄して
10-fseekしたバイト数だけのファイルを作りたいのですが
そんなこと可能なのでしょうか?

fwiteする前に書き込みデータをチェックしたかったのですが
その部分には手を入れられないため、
1度書き込んだファイルの途中をぶった切れるのかが知りたいです。

■■■■■■■□□□

□を破棄して、■だけのデータを作りたいというようなイメージです。

924 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 09:55:29
chsize

925 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 09:56:49
>>923
ftruncate()が使えればできなくはないが、事情が許すなら別ファイルに書き出すのが無難。

926 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 10:00:44
>>923
fclose()した後に切り詰めたいなら>924かtruncate()、開いたまま切り詰めたいならftruncate()。
但し、後者はファイルハンドルをfileno()で取得する必要あり。

927 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 17:53:32
フィボナッチ数列を出力するプログラムを書いたのですが
どうもうまく動きません
どうすればいいでしょうか
#include<stdio.h>
#include<stdlib.h>
#define TERM 30
int main(void){
int fivo=0,n=0,temp;
FILE *fp;
fp=fopen("fivo.txt","wt");
if(fp==NULL){
fprintf(stderr,"ファイルオープンエラー");
exit(1);
}
while(fivo<=TERM){
if(fivo==1||fivo==2)n=1;
fprintf(fp,"F(%2d)=%10d\n",fivo,n);
fivo++;
temp=n;
n+=temp;
}
fclose(fp);
printf("正常に終了しました\nfivo.txtに保存しました");
return 0;
}

928 :( ○ ´ ー ` ○ ):2010/05/13(木) 17:56:12
( ● ´ ー ` ● )

929 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 18:02:42
すいません、配列を使ったら解決しました

930 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 22:20:15
x^2をaからbまで台形則を用いて数値積分する
台形則の分割数はnとし、a,b,nは入力できるようにする


助けてくださいwww

931 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 22:24:42
関数ポインタで一発

932 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 22:29:27
>>931
ほとんど何でもできない状態で。。。w

933 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 22:34:11
数値を入力する
分割数から刻み幅を計算する
ループを回して台形公式で足していく

934 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 22:34:22
>>930
#define f(x) x^2

double integral(double a, double b, int n)
{
double d = (b-a)/n;
double sum = 0;
for(int i = 0; i < n-1; i++) sum += (f(d*i)+f(d+(i+1)))*d/2;
return sum;
}

935 :934:2010/05/13(木) 22:36:58
#define f(x) ((x)*(x))

936 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 22:44:32
>>933
>>934
の方ありがとうございました
実は前後はこういう状態で、中身の数値積分の部分だけは分からないですww
前のコードをどうすればうまくその中にはめるのでしょうか

#include <stdio.h>

int main(void)
{
double a,b,sekibun,exact;
int n;

printf("x^2をaからbまで台形則を用いて数値積分します。\n");
printf("aとbを入力してください。\n");
scanf("%lf %lf",&a,&b);
printf("分割数nを入力してください\n");
scanf("%d",&n);

??????????????

exact=(b*b*b-a*a*a)/3.0;

printf("数値積分値は%20.15lfです。\n",sekibun);
printf("厳密値は%20.15lfです。\n",exact);
printf("誤差は%20.15lfです。\n",exact-sekibun);
return 0;
}



937 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 22:47:53
#include <stdio.h>
#define f(x) ((x)*(x))

int main(void)
{
double a,b,sekibun,exact;
int n;

printf("x^2をaからbまで台形則を用いて数値積分します。\n");
printf("aとbを入力してください。\n");
scanf("%lf %lf",&a,&b);
printf("分割数nを入力してください\n");
scanf("%d",&n);

double d = (b-a)/n;
sekibun = 0;
for(int i = 0; i < n-1; i++) sekibun += (f(d*i)+f(d+(i+1)))*d/2;

exact=(b*b*b-a*a*a)/3.0;

printf("数値積分値は%20.15lfです。\n",sekibun);
printf("厳密値は%20.15lfです。\n",exact);
printf("誤差は%20.15lfです。\n",exact-sekibun);
return 0;
}


938 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 22:50:24
>>934
それって何の冗談?

939 :937:2010/05/13(木) 22:50:28
for(int i = 0; i < n-1; i++) sekibun += (f(d*i)+f(d*(i+1)))*d/2;

940 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 22:50:37
>>937

何故かコンパイル失敗ですorz...

941 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 22:51:03
>>936
その前後は誰に書いてもらったんですかwww

942 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 22:53:04
>>941

それは。。。www

943 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 22:53:31
>>940
gcc -std=c99 -o hoge hoge.c

944 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 22:56:15
>>935
#include <stdio.h>

int main(void)
{
double a,b,d,sekibun,exact;
int i, n;

printf("x^2をaからbまで台形則を用いて数値積分します。\n");
printf("aとbを入力してください。\n");
scanf("%lf %lf",&a,&b);
printf("分割数nを入力してください\n");
scanf("%d",&n);

d = (b - a) / n;
sekibun = a * a + b * b;
for(i=1; i<n; i++) sekibun += (a + d * i) * (a + d * i) * 2;
sekibun *= d / 2;

exact=(b*b*b-a*a*a)/3.0;

printf("数値積分値は%20.15lfです。\n",sekibun);
printf("厳密値は%20.15lfです。\n",exact);
printf("誤差は%20.15lfです。\n",exact-sekibun);
return 0;
}


945 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 22:58:31
>>939
それって何の冗談?

946 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 22:58:41
>>944

ありがとうございました!これで一発成功!

やっぱり2ちゃん最強ww

947 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 23:01:05
>>946
いいんだよ

948 :944:2010/05/13(木) 23:04:24
>>947
お前は引っ込んでろw

949 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 23:06:37
>>948
バレタ><

950 :937:2010/05/13(木) 23:06:45
   ハ_ハ
 ('(゚∀゚∩ イインダヨー!
  ヽ  〈
   ヽヽ_)

951 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 23:10:36
aからbっていってんのに、0からb-aを計算してるアホは引っ込んでろw

952 :937:2010/05/13(木) 23:13:58
ホントだww

for(int i = 0; i < n-1; i++) sekibun += (f(a+d*i)+f(a+d*(i+1)))*d/2;

953 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 23:29:38
宿題スレではスレ違いとのことでしたのでここで質問させて下さい。

現在、3次元空間座標(x,y,z)の数値を与えると、
ロボットの関節の角度(A,B,C)を計算するプログラムを作成しています。

L1,L2はロボットの腕の長さでL1:69.8/L2:77.35が与えられています。

また、それぞれの変換公式は
C= ±(プラスマイナス) arccos(((x^2+y^2+x^2)-(L1^2+L2^2))/(2*L1*L2))
B= arcsin(y/(L1+L2*cos(C)))
A= arctan(x/(-z)) ±(マイナスプラス) arccos(((L1+L2*cos(C))*cos(B))/root(x^2+y^2))

で、ABCは動作幅が制限されています。
Cの動作幅は-30<= C <=127 [deg]
Bの動作幅は-15<= B <=93 [deg]
Aの動作幅は-120<= A <=135 [deg]

最初にCを出すと値が-Cと+Cの2種類が出るため、
条件(上の制限幅)に当てはまる値を選んで、radに変換した上でBに代入して計算、
Bの値をAに代入した上で、プラスの時とマイナスの時のそれぞれの値から条件に一致する値を選んで
結果を出力するのだと思うのですが、条件に一致する値を選ぶ操作に難儀しています。

最適値の選び出し方の動作アルゴリズムだけで結構ですので、ご教示願います。

954 :デフォルトの名無しさん:2010/05/13(木) 23:42:41
なぜ難儀するのかわからない。
高々数通りから条件に合うものを選ぶだけじゃないの?

955 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 00:22:05
>>934
それは下限が0, 上限が b - a の f(x) の定積分
下限が a, 上限が b の定積分ではない。
http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1269438098/612 を参照せよ。

956 :934:2010/05/14(金) 00:28:24
>>955
それは>>951が既に指摘している。

957 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 00:49:15
>>955
区分求積法と台形公式の区別もつかないアホは引っ込んでろw

958 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 01:03:33
>>956
ん、失礼しました。

>>957
ん、たしかに例にすべきじゃなかった。

959 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 01:21:07
1次元配列(number)にint型の整数が格納されています。
この配列(number)の配列番号に対応する配列(order_number)に、number配列に格納された数字の順位(小さい順)を格納したいのです。

説明が分かりにくくてすみません。
例えば下の例ではnumber[0]に格納されている3は3番目に小さい数ですので、order_number[0]には3を代入したいのです。

number[0]=3
number[1]=2
number[2]=5
number[3]=5
number[4]=0

order_number[0]=3
order_number[1]=2
order_number[2]=4
order_number[3]=5
order_number[4]=1




960 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 01:57:03
>>959
#include<stdio.h>

#define NITEM(arr) (sizeof(arr)/sizeof(arr[0]))

void swap_int(int *a, int *b){
int c;
c=*a;
*a=*b;
*b=c;
}

int main(void){
int number[]={3, 2, 5, 5, 0};
int index[NITEM(number)];
int order_number[NITEM(number)];
int i, j;

for(i=0;i<NITEM(number);i++) index[i]=i;

for(i=0;i<NITEM(number);i++){
for(j=0;j+1<NITEM(number)-i;j++){
if(number[index[j]]>number[index[j+1]]) swap_int(&index[j], &index[j+1]);
}
}

for(i=0;i<NITEM(number);i++) order_number[index[i]]=i+1;
for(i=0;i<NITEM(number);i++) printf("%d\n", order_number[i]);

return 0;
}

961 :959:2010/05/14(金) 02:47:55
>>960
ありがとうございます。


962 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 17:31:46
>>892
いやそれは数値とコードの対応表を出せっていうプログラムですよね?
僕がわからんのは、アルファベット1文字と整数型のnを読み込んで
nも事後の文字を表示するプログラムなんです・・・
どういう意味ですか?a,b,c,d・・・・zまでいったらaってことですか?
でもいっぱい足して残った分をまたaから足すっていうのは高度で、まだ
大学入ったばっかでありえないんですがw
誰か教えてくれたら・頼みます・・・

963 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 17:33:45
(ch - 'a' + n) % 26 + 'a'

964 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 17:34:04
大学に入ったと言うのにアルファベットの何文字か後の文字を抽出するのが高度なのか。
小学生の私の甥っ子でさえ判るレベルだ。
まぁ、zの後をどう定義するのかって議論なら別だが。

965 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 18:25:41
そんなに高度じゃないし(26で割ったあまりをたすだけでしょ)
やりたくないなら、「存在しません」って表示すりゃいいだけじゃん
むしろ、「そこまで気を使いました」って方がよくね?

966 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 19:07:13
>>964
いや、難しいと思うぞww
どんな数値を足そうが、常にアルファベットなんだから。
でも授業ってのは段階的だから、今までやってきたことで
できるってことだから、特殊な記号とか使わなくてもいいん
じゃないかな?それかzまでいったらaっていうのが問題の意味的
に間違ってるかだなwだとしたら問題はどういう意味なんだよww
ってことになるが・・wでどうなのよ・・・

967 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 19:17:35
AからZって順番保障されてないのってなんだっけか

968 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 19:29:41
>>967
EBCDICとその派生。

969 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 19:41:43
>>965
おっww光が見えてきたぞw
存在しませんって表示することのほうが高度だろw
どういうこと存在しませんって。どういうプログラムするの?
範囲を制限するってこと?
うん、なんかそんな気が。
A+3のときは
A+{(3+26)÷26の余)=D
A+27のときは
かw?
A+{(27+26)÷26の余}=E
でこの余りをあらわすプログラムならってねぇ
まじアホすぎてごめん。本当大学何て受かったことが
奇跡だったから・・

970 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 19:45:22
授業に出てないor出ても真面目に聞いてないのどちらかだな

971 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 19:47:18
>>969
C言語には四則演算の他にビット演算や剰余(割り算のあまり)を求める演算子があるよ

972 :705:2010/05/14(金) 21:18:06
C言語で
char型の足し算をしたいんですが上手くいきません、どこが間違ってます?
#include <stdio.h>
int main(void)
{
char i,input;
printf("アルファベットを代入\n");
scanf("%c",&i);
printf("数値を代入してください\n");
scanf("%c",&input);
printf( "%c + %c = %c\n", i, input, i+input);
return 0;
}
実行したら
アルファベット代入という表示→アルファベットを入れる→数値代入という表示→数値を入れる
→計算結果となるのが理想なんですが・・・・

973 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 21:18:42
>>972の名前欄は無視して下さい

974 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 21:21:21
改行も文字として扱われるから

975 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 21:48:34
>>972
>>802

976 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 22:21:06
>>972
#include <stdio.h>
int main(void)
{
char i;
int input;
printf("アルファベットを代入\n");
scanf("%c%*c",&i);
printf("数値を代入してください\n");
scanf("%d",&input);
printf( "%c + %d = %d\n", i, input, i+input);
return 0;
}

977 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 22:46:45
#include <stdio.h>
int main(void)
{
char i,input;
printf("アルファベットを代入\n");
scanf("%c",&i);
printf("数値を代入してください\n");
scanf("%c",&input);
printf( "%c + %d = %c\n", i, input, i+input);
return 0;
}


#include <stdio.h>
int main(void)
{
char i
int input;
printf("アルファベットを代入\n");
scanf("%c",&i);
printf("数値を代入してください\n");
scanf("%d",&input);
printf( "'%c' + %d = '%c'\n", i, input, i+input);
return 0;
}


978 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 22:54:16
>存在しませんって表示することのほうが高度だろw
>どういうこと存在しませんって。どういうプログラムするの?


入力されたアルファベット(のコード番号) + 入力された数字 > z(のコード番号)

なら存在しないじゃん

979 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 23:05:31
次スレ立てます

980 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 23:07:13
次スレ立てました
C言語なら俺に聞け(入門編)Part 64
http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/tech/1273846013/

981 :デフォルトの名無しさん:2010/05/14(金) 23:16:59
1000ゲット

982 :デフォルトの名無しさん:2010/05/15(土) 00:56:08
だれも埋めねえのか。
しょうがねえ、連投ではじかれるまで俺が埋めてやるか。

983 :デフォルトの名無しさん:2010/05/15(土) 00:59:26
980超えたら後は勝手に落ちるよ

984 :デフォルトの名無しさん:2010/05/15(土) 01:20:51
まじで?

985 :デフォルトの名無しさん:2010/05/15(土) 01:21:59
>>976
じゃできるけど
>>977
じゃできない・・・・・

何故だ・・・
違いは*cなんだろうけど
この*c初めて見た、てかプログラミング初めて1週間だが・・・
*cってなんですか?

986 :デフォルトの名無しさん:2010/05/15(土) 01:27:07
>>985
> *cってなんですか?

manpageより抜粋:

代入抑制文字 ’*’ (省略可能)。 scanf() は変換指定に指示された通り
入力を読み込むが、その入力は捨てられる。対応する pointer 引き数
は 必要なく、 scanf() が返す代入が成功した数にこの指定は含まれない。


987 :デフォルトの名無しさん:2010/05/15(土) 02:32:51
>>966
ちゃんとみんなのレス読めよ

988 :デフォルトの名無しさん:2010/05/15(土) 12:29:07
>>985
マニュアル見る癖つけろよ。man printf

989 :デフォルトの名無しさん:2010/05/15(土) 12:31:38
マンコマンド

990 :デフォルトの名無しさん:2010/05/15(土) 12:59:27
大学生でプログラムの勉強始めた3年生だけど、大学生でプログラミング勉強してる人って何目的?
俺は趣味だけど

991 :デフォルトの名無しさん:2010/05/15(土) 13:00:39
趣味だよ

992 :デフォルトの名無しさん:2010/05/15(土) 13:13:00
普通中学生から始めるからね

993 :デフォルトの名無しさん:2010/05/15(土) 13:16:33
中3の15%が経験済み

994 :デフォルトの名無しさん:2010/05/15(土) 13:50:43
趣味と単位

995 :デフォルトの名無しさん:2010/05/15(土) 13:52:18
プログラミング童貞

996 :デフォルトの名無しさん:2010/05/15(土) 14:01:09
「まだ私、Pythonまでしか行ってないの…」

997 :デフォルトの名無しさん:2010/05/15(土) 15:24:14
小さなバグを見つけたのでデバッグを始めたら、よりクリティカルなバグを発見してしまいました。
おかげでプロジェクト自体が危機的状態に陥る結果となりました。
デバッグは危険なので、極力避けるように勧告したほうがいい。

998 :デフォルトの名無しさん:2010/05/15(土) 15:42:53
バグ トゥ ザ フューチャー !

999 :デフォルトの名無しさん:2010/05/15(土) 16:01:40
>>996

なぜPython??

そこはつまらなくてもお約束の
A,B,Cを使うんじゃないの?
AとBはやりました、いま「はじめてのC」で勉強中です 見たいな感じで


1000 :デフォルトの名無しさん:2010/05/15(土) 16:15:51
GCCでエラーを出したい。
int main(){
int a;
a=10;
int b;
b=a;
return 0;
}

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

264 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)